凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(3)【硫黄岳~横岳 途中撤退】

雪の南八ヶ岳連峰へ 本編第三章は
硫黄岳~横岳に向かう途中で途中撤退を決め、硫黄岳に戻って来る迄の記録となります

ss-DSC07449.jpg
Photo-1
硫黄岳から鞍部になっている「大ダルミ」まで下ってきました
広い登山路、ガスで視界が利かない時、崖に落ちない様に大きな「ケルン」が等間隔に並んでいます
この大きなケルンは少し無骨で、何となく....、イースター島の「モアイ象」を思い出しました
.......................................................................................

雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(2)【赤岳鉱泉~硫黄岳へ】

11月に入りました
天気概況報告によると今年の10月の雨の多さは記録的だった様です
本格的な紅葉の季節の到来、10月の埋め合わせに晴天の日が続いてくれるといいですね

さて、雪の南八ヶ岳連峰へ 本編 第二章は【赤岳鉱泉~硫黄岳】
予定する縦走路の様子を見ながら最初の頂である「硫黄岳」に登った記録を纏めてみました

ss-DSC07284.jpg
Photo-1
シラビソの森が少し疎らになり始めると樹間から周りの景色が見え始めます
こちらは麓の原村から茅野の市街でしょうか...、 この時間、乳白色の朝霧が街の上に広がっています
...............................................................................................


雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(1)【美濃戸~赤岳鉱泉へ】

平野部でも木枯らしの吹く季節になりましたね
秋が目の前を駆け足で通り過ぎてゆく事を感じます..... 
こうなると私のアルプスを中心とした「高峰への山旅」は終了となります

今年の登山計画も終盤ですが近場の山で冬景色を楽しむ前に、今年最後のテント泊登山を「八ヶ岳」、「奥秩父」で計画しました
「今年最後のテント泊(奥秩父かな)」の「一つ前のテント泊(笑)」、それが今回の八ヶ岳への山旅です

雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(1)は【美濃戸~赤岳鉱泉】、テント場へのアプローチ編となります

ss-DSC07214.jpg
Photo-1
間近に迫る南八ヶ岳の険しい岩塊、前日の降雪を受けて、その姿は近寄りがたい印象でした
.............................................................................


雪の南八ヶ岳連峰へ 【速報版】

2週続けて週末の台風到来
この台風の影響で本日予定されていた「横浜マラソン」も中止との事
エントリーしていた28,000人の参加予定者、さぞやガッカリしている事でしょうね
10月の下旬、アウトドアに相応しい秋晴れの日が続くと良いのですが.....

さてこの台風の到来前、ギリギリのタイミングで南八ヶ岳に行って参りました
晩秋の八ヶ岳を楽しむ予定でしたが、例年より早い寒波の襲来を受けてすっかり雪山に変わってしまった八ヶ岳
前日降った雪が凍った「アイスバーンの山稜」のお陰で、硫黄岳→横岳→赤岳と縦走する予定が横岳手前で撤退して参りました
まずは、印象に残ったポイントを辿った【速報版】をお届けします

ss-DSC07454_20171029092937c50.jpg
Photo-1
硫黄岳山頂から人気の縦走路を望む
横岳、赤岳、そして阿弥陀岳、何処まで行けそうか?この後の登山路の様子で決めることにしました
........................................................................


久しぶりの 「ズーラシア(ZOORASIA)」

テレビニュースで上野動物園のシャンシャン(香香)の愛らしい姿を度々見ている内に
久しぶりに動物園に行って見たくなりました

私の一押しは横浜の「ズーラシア(ZOORASIA)」
動物園(ZOO)と広大な自然をイメージしたユーラシア(EURASIA)の合成語から名付けた動物園で
生息環境展示や世界の気候帯・地域別にゾーニングすることにより、園内を周りながら世界旅行ができると、と言うのウリになっています

ss-DSC_4047.jpg
Photo-1
今回、その気高い姿にすっかり惚れ込んでしまった「オオワシ」
今日のブログの表紙を飾ってもらいます
.....................................................................................