凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

満を持して・・・  錦の西丹沢・ユーシン渓谷へ

冬に向かって行過ぎた季節が少し後戻り
11月本来のカラッとした陽気の恵まれた土曜日、西丹沢のユーシン渓谷に行って参りました

丹沢湖に注ぐ玄倉(くろくら)川に沿って伸びるユーシン渓谷
いつの頃からか・・・ この渓谷の玄倉(くろくら)ダムの透き通った水を「ユーシンブルー」と呼び
新緑の緑、紅葉の錦の山とのコントラストを楽しむ様になりました
ss-DSC_9340_2016111317170489a.jpg
コースで一番長い隧道「青崩隧道」を抜けた先には絶景が広がっていました
...........................................................................................................................

紅葉の見頃まであと少し ・・・ 西丹沢・丹沢湖

ブログの更新がチョッと滞ってしまいました
と云うのも、10月の下旬から週末のお天気、と云うか天気予報に振り回されている状況でした
事前に入念に立てた「紅葉前線の南下に沿った登山計画」が破綻してしまい、この週末からの計画を練り直しです

こうした中、秋晴れの「文化の日」に、11月の登山準備の一環として西丹沢まで紅葉の様子を見に行って参りました

ss-DSC_8481.jpg
一昨年閉鎖となった(旧)丹沢湖ビジターセンター跡地
キャンプサイト付近は紅葉の美しいモミジが植えられているので、既に鮮やかですが後ろの山を見る限り
本格的な紅葉まではもう少しかかりそうですね
..........................................................................................................................

  初夏の表丹沢へ  【その2】 

初夏の表丹沢へ(1) に続いての続編となります

横浜も真夏日となったこの日、丹沢の標高(1200m前後)では高原の様な涼しさは望めず
湘南の海から吹く湿った空気を浴びる表丹沢は本当に蒸し暑かった

その(2)では、この蒸し暑さの中の縦走の後半
三ノ塔山頂から烏尾山、行者岳、政次郎ノ頭まで行って、ピストンでヤビツ峠に戻るまでの記録です
ss-DSC08710.jpg
表尾根縦走路のルートの中で一番好きな景色

三ノ塔から烏尾山への急坂、チョッとした渋滞が発生します
昨年、木の階段を作ったようで大分楽になりましたが、階段の先にあるザレタ急坂は要注意です



ss-koudo_20160628192302fd5.jpg
オレンジラインが歩いたコース、グリーンラインが未踏のコース
高度表を見ると、大分楽して戻ったことが一目瞭然(笑)
三ノ塔から烏尾山、新大日から塔ノ岳の坂が急な事も分かると思います

.............................................................................................................................

  初夏の表丹沢へ  【その1】  

先週の週間天気予報の 「日曜日辺りは晴れ間が広がりそう・・・ 」との予報を信じ

晴れた日に山の上から「初夏の湘南の海」を見てみたい!
と云うことで、久しぶりに「丹沢の表尾根縦走コース」に出かけて見ました

※ 毎度のことですが、写真が多いので二回に分けてアップ致します


ss-DSC08698_20160627161421275.jpg
※ 表丹沢 三ノ塔山頂(標高:1205m)から西丹沢越しに富士山を望む


ss-丹沢表尾根0626
※ 当初の予定では、ヤビツ峠から塔ノ岳までのピストン
しかし暑さと久しぶりのアップダウンにギブアップ、政次郎の頭で引き返しました

.........................................................................................................................

シロヤシオに誘われて西丹沢  四度目の檜洞丸へ   

毎年、新緑の美しい頃になると
西丹沢では、その年の「シロヤシオ」の咲き具合が話題になるようです

檜洞丸(ひのきぼらまる)に初めて登った昨年、シロヤシオの裏年との事で、咲き具合はいまひとつでした
でも・・・ 今年は、本当に素晴らしい花の景色を見せてくれました

ss-DSC08196.jpg
標高1400mを越すと見事なシロヤシオの花が登山者を迎えてくれます
此処まで登ると、西丹沢の深い山並みの向こうに富士山も顔を見せてくれました
.....................................................................................................................

このカテゴリーに該当する記事はありません。