凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

雪の日本百名山 憧れの赤城山へ 【前編】

 雪の日本百名山 憧れの赤城山へ 【速報版】に続いての【前編】となります

この前編では、大洞の駐車場から全面凍結したカルデラ湖「大沼」を巡って「赤城神社」へ
そして神社の傍にある「黒檜山登山口」から山頂に至る高度差450mの登山の様子を纏める事に致します  


さて、今回登った【赤城山】のプロフィールですが、
赤城山は一つの大きな火山体の名称であり、同名の峰は存在していない
「榛名山」、「妙義山」と並び、上毛三山の一つに数えられ、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれている
中央のカルデラの周囲を1200mから1800mの峰々が取り囲み、その最高峰は「黒檜山」(くろびさん、1,828 m)となっている
※ wikipedia より


ss-DSC02458.jpg
Photo-1
こうして見ると、凍結した大沼の何処で「ワカサギ」が良く釣れるのか?分かりますね
冬空の青、純白の氷と雪の広がり、そして赤城の山を覆う木々の黒、其処に赤城神社の紅一点
今回の登山でとても心惹かれた風景でした
.................................................................................................................................................

雪の日本百名山 憧れの赤城山へ 【速報版】

 この冬の間にやっておきたい事の一つは、
「雪に覆われた山に登り、雪山の美しさを堪能したい.... 」と云う first experience

昨年末から色々と候補地を探し、最終的に白羽の矢を立てたのは日本100名山の一つである群馬県の「赤城山」
二月から荒天で二度計画を延ばしていましたが、三月最初の土曜日の昨日は絶好の登山日和に恵まれました

雪の日本百名山 憧れの赤城山へ 先ずは【速報版】をお届けいたします
ss-DSC02553.jpg
Photo-1
黒檜山(くろびさん 標高:1828m)から少し歩いた場所にある展望台からの眺め
山座同定はできませんでしたが、この展望台からは北関東の名だたる山々が見通せるそうです
......................................................................................................................................

雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【後編】

 雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走  最終章となる【後編】は、
十二ヶ岳山頂 → 金山 → 鬼ヶ岳 → 雪頭ヶ岳 → 根場駐車場  標準CT:約四時間の下山の記録です

此処は初めての下山ルートですが、今回の登山の「核心部」となる山歩き、苦労した様子を纏めてゆきたいと思います

ss-DSC02296_20170224093420a53.jpg
Photo-1
鬼ヶ岳山頂(標高:1738m)からの景色
「鬼ヶ岳」の名前の云われと云われる鬼の角に似た奇岩、そして美しい霊峰富士、と対照的な山容の 山の2-Shot

....................................................................................................................................

残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【前編】

残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【前編】では、
西湖の西にある根場(ねんば)駐車場に到着後、バスで十二ヶ岳登山口のある桑留尾(くわるび)へ移動
其処から「十二ヶ岳山頂」に至る登山記録を纏めてみました

昨年1月に「毛無山から十二ヶ岳」を歩いた際、この十二ヶ岳からルートを下ってきた筈なのですが
登山と下山、目にする景色の印象が随分違った様に感じました

ss-DSC02175.jpg
Photo-1
十二ヶ岳山頂から見る富士山
何も遮るものの無い山頂からこうして富士山に正対すると、見ると言うより富士山と対話しているような気分になってきました
......................................................................................................................

雪山への憧憬 .....  前哨戦は久しぶりの丹沢・鍋割山

山の魅力に染まって三度目の春を前に..... 
二月末までに「今年の登山計画」の概要が纏まりそうですが、春山シーズン前にどうしても出かけてみたい「雪山」
と云っても、軽アイゼンで登れるレベルの「雪山」ですから、余り選択の余地はありませんが
先月から色々と調べて、漸く目標の雪山が決まり、入山の準備に入りました

その準備の一環としての前哨戦の場に選んだのは、昨年美しい雪山の風景に酔いしれた「鍋割山」
横浜にも雪が降った後の週末に出掛けてみる事にしました

雪山の為に用意したギアーの確認、そして年明け後に鈍った体に活を入れる(笑)目的で出かけた山行の記録です
ss-DSC01974.jpg
Photo-1
鍋割山山頂まであと少し、山稜から素晴らしい景色が開けてきました
目前には雨山から秦野峠に至る山並み、遥か遠くには雲に隠れた「富士山」そしてその右には南アルプスまで見えています
..................................................................................................................................

このカテゴリーに該当する記事はありません。