FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初めての中央アルプスへ 【速報版】

猛暑が漸く収まったと思ったら、週末には日本列島へ台風直撃の様子
この週末は花火を予定している自治体が多いとの事、(私も含め)暫くは天気予報から目が離せませんね

さて、今年の夏山計画の目玉の一つ、初めての【中央アルプスへの山旅】
灼熱の下界を逃れ、3000mの高峰の爽やかな風と中央アルプスらしい大らかな景色を堪能して参りました

初めての中央アルプス、千畳敷カール、木曽駒ヶ岳、そして宝剣岳へ
先ずはピンポイントの写真で綴る【速報版】からお送りします

ss-DSC02139_20180726064259238.jpg 千畳敷カールの代表的なアングルからの写真
カールの先には駒ヶ根の市街、その向こうには南アルプスの山々が見えています
....................................................................................




高低差950mのロープウェイを降りると.....
下界の暑さを忘れる【標高2612m】の千畳敷カールに到着です
残雪の消えた7月、150種類以上の高山植物の花が咲く、と言われる地上の楽園【千畳敷カール】
ss-DSC02087.jpg 
白い岩稜と高山植物の緑に囲まれた この雄大なカールの景色に暫し目を奪われます 
そして、ここからは登山路、当初の想定以上に急な「八丁坂」を登ってゆきます
ss-DSC02112_20180725214640fdc.jpg 

乗越浄土まで凡そ250mの高度差、この急な坂を一気に登ります
ザレタ石の多い登山路は良く整備されていますが....、17キロのテント泊装備が肩に食い込みます
ss-DSC02147_20180725214643c74.jpg 

稜線にある「乗越浄土」まであと一息、この辺りは急な階段が続きます
登るに従い、千畳敷カールを見下ろす視界が狭まってきます
ss-DSC02156.jpg 

乗越浄土(標高:2850m)に到着、此処から続く雄大な尾根への眺めは素晴らしい!
中でも目を惹くのが....、今回の山旅の一つの目標となっている「宝剣岳(標高:2931m)」
この山への岩稜アタックは明日2日目の予定なのでこの日は険しい山稜にご挨拶のみ
中腹に、赤い登山服の登山者の姿が見えます
ss-DSC02190.jpg 
 
乗越浄土から宝剣岳山荘を経由して....、
中岳(標高:2925m)と木曽駒ヶ岳(標高:2956m)の間にある「頂上山荘」のキャンプサイトへ
途中で巻き道に入り込んでしまい(苦笑)、中岳の険しい岩稜を下から見上げました
ss-DSC02207_201807252147010dd.jpg 
午後4時過ぎ、頂上山荘のテントサイトの到着です
サイトの背後の山が中岳です
ss-DSC02219_20180725214702dc5.jpg 

2日目の朝4時半
八ヶ岳、南アルプスが茜色の染まる中、木曽駒ヶ岳の夜が明けてゆきます
ss-DSC02242_20180725214701d16.jpg

2日目の朝、先ずは目前に見える「木曽駒ヶ岳」に登りました
振り返ると....、真下にキャンプサイト、正面には中岳、その向こうにピラミダルな宝剣岳が見えています
ss-DSC02271.jpg 
山岳信仰の盛んな木曽駒ヶ岳、山頂には3つの立派な祠がありました
そしてその祠の向こう側.....、 木曽の御嶽山(おんたけさん)の姿はとても神々しく感じました
ss-DSC02279.jpg 
木曽駒ヶ岳で暫し景色を楽しんだ後、テントの撤収に向かいます
山荘の前、右側のオレンジ色のテントが私のテントです
ss-DSC02291.jpg 
中岳で出会うのを楽しみにしていた「コマクサ」
昨夏、燕岳でみたコマクサの群生は緋色でしたが、此処木曽駒ヶ岳のコマクサオが真紅に近い鮮やかな色でした
ss-DSC02296_20180725214726389.jpg  
テントの撤収を終え、中岳からお世話になったキャンプサイトを見下ろします
正面の柔らかな印象の山が木曽駒ヶ岳です
ss-DSC02316_20180725214728805.jpg 
さて、本日のメインイベント「宝剣岳アタック」に向かいます
宝剣岳山荘に荷物をデポし、ヘルメットを装着して慎重に登る事にします
ss-DSC02326_201807252147273b8.jpg


登り始めて15分、あっけないほどの時間で宝剣岳山頂に到着です
※この登山記録は本編にて纏める事にします

狭い山頂に設けられた祠にて、今年の登山の安全を祈願いたしました
ss-DSC02348_20180725214744386.jpg 

宝剣岳アタックを終え、千畳敷カールを下ります
時刻は11時、涼しい山稜を目指し、凄い数の登山者が登ってきます
ss-DSC02382.jpg 
夏山の魅力
高山植物の深い緑、吸い込まれそうな真っ青な夏空、そして頬を撫でるさわやかな風
もう...、此処から帰りたくない(笑)
ss-DSC02391.jpg 

登山路の踊り場にて、登って来る沢山の登山者をやり過ごします
ゴールまで残りの登山路が見えるこのルート
青息吐息で、此処に来た事を後悔している様な登山者も沢山見かけました
ss-DSC02379.jpg


初めての中央アルプス、千畳敷カール、木曽駒ヶ岳、そして宝剣岳へ
先ずはピンポイントの写真中心の【速報版】をお届けしました

この後は、2日間の登山ルートに沿って本編を纏める事に致します
初めての中央アルプスへ 【本編1;:千畳敷カール】に続きます



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

2 Comments

さゆうさん says...""
こんにちは。
何時も素晴らしい絵を見させて頂いています。
今日もまた素晴らしい絵の連続で、山の絵を満喫しました。
北海道の山しか上った事が無いのですが、何時見ても心が騒ぎますね。
素敵な絵をありがとうございます。
2018.07.26 17:32 | URL | #- [edit]
kite says..."さゆうさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

北アルプスと南アルプスの違いは登ってみて凄く感じただけに、
今回初めて登る中央アルプスにはとても興味を持っていました

北アルプスの上高地が、神が降臨した地 と言う意味から名付けられたと聞きました

でもこの千畳敷カール、自然の造形物とはいえ、其処には神の手が入ったと思えるほどの見事さでした

さゆうさんも、
木曽の御嶽山はご存知でしょう?
木曽駒ヶ岳の山頂から見たこの御嶽山は、本当に神々しい姿をしていました
中央アルプスと云うのは、その山岳信仰をとても身近に感じる場所なのかもしれません

次から本編の写真をアップします
又、遊びに来て下さい
2018.07.26 23:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/997-1f951388
該当の記事は見つかりませんでした。