FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

三度目の八ヶ岳  岩稜の横岳へ 【速報版2】

三度目の八ヶ岳  岩稜の横岳へ 【速報版2】

【速報版】に(2)があるのは邪道ですですが(笑).....
本編の写真整理が追いつかないので、2日目の印象深い写真を纏めた【速報版2】と致しました
今回だけの特例です

ss-DSC01734_20180629160830ac1.jpg

この日に見た印象的なものが殆ど網羅された写真かな....
朝日に輝く八ヶ岳の主峰赤岳、雲海の上に浮かぶ霊峰富士山、遠くに見える南アルプスの名峰達、
そして、足元の岩稜には可憐な高山植物達
..................................................................................................




今年初めての山小屋泊登山でした
今回歩きたいルートの制約から、今回は稜線上の山小屋:【赤岳天望山荘】に泊まりました
朝4時半、夜明けを待つ登山者が起き始めました
ss-DSC01678_201806291608233c9.jpg 

この天望荘はむき出しの岩稜の上に立つだけあって、何時も凄く風が強い
ss-DSC01682.jpg 
沸き立つ雲海の向こうに見えるのは奥秩父の山々
2週間前に登った瑞牆山(みずがきやま)も、あの山並みの中にあるはずです
ss-DSC01706_20180629160826b1c.jpg 
ビュッフェ形式の朝食を頂き、身支度を整えて朝6時半に出発です
振り返ってみるこの眺め、いつ見てもとても印象的な景色です
ss-DSC01723.jpg  
この日はピストンの帰路、横岳の7つのピークを越えて硫黄岳を目指します
早朝の空気の澄んだ山稜からの眺めは、此処に宿泊した登山者への大きなご褒美
北アルプスの山々が地平線に浮かんでいます、槍そして穂高....、8月頃に行けるかな?
ss-DSC01778_20180629160843257.jpg 

進路右手、奥秩父に連なる山々の麓に湧く雲海は見飽きません
ss-DSC01796.jpg 
さて、此処から岩稜の難度が上がります
昨日はかなり慎重に下った岩壁、一晩寝て元気回復した朝登ると、.....呆気ないほどでした
ss-DSC01745.jpg 
7つのピークを越える度に、振り返って赤岳の見事な山容を眺めます
バックには霞みのかかった南アルプスの山々です
ss-DSC01815.jpg 
予定時間まで掛からず硫黄岳山頂に到着
大タルミに向かう登山路に並ぶケルンは、イースター島のモアイ像のようでしょう
ss-DSC01866.jpg 

昨年この硫黄岳山頂でとても印象に残った「アメダスロボット雨量計跡」
後ろに見えるのは、北アルプスのオールスター達
ss-DSC01882.jpg 
硫黄岳の爆裂火口です
ss-DSC01890.jpg

硫黄岳→夏沢峠→オーレン小屋→夏沢鉱泉と下り基調の登山路を歩き、
車を停めた【桜平】の駐車場まであと少しです
シラビソの爽やかな香りが、麓に帰ってきたことを知らせてくれます
ss-DSC01923.jpg
  

三度目の八ヶ岳  岩稜の横岳へ 【速報版2】でした

三度目の八ヶ岳  岩稜の横岳へ 【本編】は、コースを3つ程度に区切って纏まる予定です
引き続き、お付き合いください


【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト

4 Comments

夕海 says..."はじめまして…"
訪問履歴から伺いました

モクモクと湧き上がる雲海を下に見下ろし
遠くに南アルプスや北アルプスが
まるで映画の世界にいざなってくれているようです。。
自分が登ってるようなドキドキ・ハラハラ…
どれも素晴らしい写真を堪能させていただきました。。

2018.06.30 11:56 | URL | #- [edit]
kite says..."夕海さんへ"
こんばんは、とても嬉しいコメントをありがとうございます

一昨年の9月にこの赤岳から見た雲海と富士山が忘れられず、今年は夜明けにゆっくりと見られる様に
この稜線に建つ山小屋に泊まりました

風の強い朝、雲が湧き、流れ、吹き上がる様はとてもダイナミックで、素晴らしい景色でした
私の腕ではかなり限定的な写真にしかなりませんが、少しでも雰囲気がお伝えできて嬉しいです

拙いブログですが、又遊びにいらしてください
2018.06.30 21:51 | URL | #- [edit]
葉月 says...""
ふり返ってみる景色、本当に素晴らしいですね!
遠くに富士山がチョコンと頭を雲の上に出し^^♪
こんなに離れていても、富士山は富士山なのがたまらなく好きです。
2018.06.30 22:12 | URL | #- [edit]
kite says..."葉月さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

普段から富士山の眺めに接している人にとって、山に登ると何処に、どんな風に富士山が見えるのか?
とても大きな関心事ですね

雲海の上の見える富士山はいいですね
これは、南アルプスや八ヶ岳から見る富士山の定番です

小さく見えても大きい富士山を感じますね
2018.07.01 19:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/991-83189f30
該当の記事は見つかりませんでした。