FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

今年初めての上高地へ(2) 【徳沢園へ】

今年初めての上高地へ(2) 本編1は今回のキャンプ地である徳沢園迄の記録です
上高地への入り口【釜トンネル】を抜けると上高地は未だ冬
雪、霰、山から降りて来る冷気....、身が引き締まります

ss-DSC_0609.jpg
Photo-1
河童橋から見る、今年最初の穂高連峰
※スマホの画像です
.................................................................................




今回の山旅の主目的は【残雪の涸沢カール】での写真撮影、
この為に昨年と同じ轍を踏まぬ様、涸沢の手前にベースキャンプを用意する事にしました

上高地BT → 明神 → 徳沢 → 横尾と、各休憩地迄は約1時間間隔の距離
 横尾にテントを張るのが一番楽ですが、徳沢園のキャンプサイトの独特の魅力も捨て難く
翌日少し早出をする事を前提に、徳沢園を今回のキャンプ地にしました

1日目は徳沢園でテントを設営するだけなので、朝7時の【さわやか信州号】で新宿から上高地へ
早朝の新宿駅は久しぶりで、とても新鮮でした
Photo-2
ss-DSC_5416.jpg


11時過ぎに釜トンネルを抜けると、其処はもう上高地の神域
空が曇ってきたと思ったら突然の雪
春から冬へ....、季節を一つ巻き戻して上高地に到着です

雪から霰、そして雨へと目まぐるしく変わるお天気を見ながら上高地BTで昼食
雨も止み、雲が流れ始めたので午後1時、期待一杯で山旅に出発です
 
チョッと時間を戻して.....
先月、西丹沢の檜洞丸から犬越路を歩いた時、山カメラのα6000の具合が悪くなりました
再現性の乏しい不良ながら、山で撮影チャンスの逃すのは嫌だし....
ソニーのサービスステーションと症状の確認をして修理に出す事にしました

なので、今回は重たいフルサイズの【D600】を持参しました
突然の雨の中でD600を使いたくないので、徳沢園までの最初の3枚はスマホの画像です

【上高地BT~徳沢園へ】

Photo-3
明神岳にも随分雪が残っていました
※スマホの画像です
ss-DSC_0614_2018051518542493f.jpg  
Photo-4
※スマホの画像です
ss-DSC_0618.jpg


明神を越えて徳沢へ
約5ヶ月間閉ざされていた上高地、今年は4月27日に【開山式】があったようです
梓川に沿って遡上する登山路は途中で何箇所か崩れていました
雪で倒壊した木があったり....、やはりこの地の冬は厳しい環境だったのですね

上高地BTから約2時間で徳沢園の到着
雨が落ちてこない内に、早々とテントを設営しました

早朝、テントから顔を出すと正面に穂高が見える!!
其処が私の徳沢園のテントサイトでのお気に入りの場所、無事に其処に入れました(笑)

テントの中を整理してから、早速穂高の写真を一枚
この景色がいつでもテントから見られます!
明日はモルゲンロート見られるかな....
Photo-5
ss-DSC_5424.jpg


午後3時を過ぎるとお天気が回復してきました
此方はお隣のご夫婦のテントです

穏やかな風が吹き始め、大好きな徳沢園独特の時間が始まります
Photo-6
ss-DSC_5423_2018051518544094c.jpg


早めに夕食の支度をして、明日に備える事にしました
天気予報では明日は素晴らしいお天気との事です
Photo-7
ss-DSC_5421.jpg  

今年初めての上高地へ(2) 本編第1章 【徳沢園へ】でした

この日、穏やかな夕暮れ時に騙されました(笑)
 夕食後、コーヒーを沸かしている時、冷たい風が山から吹き始め....
夜はこの寒気が上高地一帯を覆ったようです

 [快適使用温度] -11℃ [使用可能限界温度] -30℃ と言うお気に入りのナンガのシュラフに包まったのに
寒くて、寒くて、ダウンとフリースを重ね着して夜の寒さに耐えました
テント泊で一番寒い思いを致しました
翌朝起きると、何と!テントに降りた霜がパリパリに凍っていました

初夏の陽気から一晩で真冬に戻る!
改めて、高山の環境の厳しさを学びました 


今年初めての上高地へ(3) 本編第2章 【本谷橋へ】 に続きます



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

4 Comments

優 says...""
徳沢園のお気に入りのテントサイトに入れた喜びが
吹き飛んでしまう様な 大変な目に会いましたね。

今年は平地でも 目まぐるしくお天気が変わり 身体が付いて行きません。
ましてや高山の 気候の厳しさは想像を絶する感じがします。

ワクワク感と 恐れと入り混じった気持ちでブログを拝見しています。
2018.05.17 16:18 | URL | #- [edit]
りら says..."kite31様"
Photo-1
河童橋か望む穂高連峰はいつもながら美麗ですね

Photo-2
バスタ新宿からの出発だったのですね

Photo-3
空模様が幻想的ですね

Photo-4
左右からせめぎあうかのごとくの枝がいいですね」

Photo-5
お気に入りのスペースは自然が豊かですね

Photo-6
背後の大きな建物の前にある小さなテント・・・
その対比が楽しいです

Photo-7
明日へと期待が膨らみますよね

2018.05.17 18:04 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."優さんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

山では驚くような体験が色々できますね
想定外の自体が危険にならぬよう、自然から学ぶ姿勢の大切さを痛感します

桜前線の早まりに続き、今度は入梅も早まるかもしれませんね

優さんも今年は山小屋泊の登山デビューでしょうか?

この後の続編もお付き合いください
2018.05.18 11:01 | URL | #- [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

河童橋からの景色、
これ程雄大のスケールの景色ですと、微妙な光の加減、雲のかかり方で景色の印象が変化して
何回見ても飽きる事はないです

徳沢園のテントサイト
昔、此処は牧場だったそうで、その牧草の緑の上にテントが張れる喜び、
目の前に何時も穂高が見える贅沢さ...

そして、この徳沢園の【みちくさ食堂】で食べるソフトクリームや岩魚の塩焼き定食
五感のうち、目と舌に素晴らしい記憶が残っています(笑)




2018.05.18 11:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/977-1aa521e0
該当の記事は見つかりませんでした。