FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

憧れの八方尾根 雪中トレッキング(1) 白馬村へ

冬に撮りたい景色は沢山ありますが、特に、夏に登った山々が【雪を纏った厳しい冬山の姿】に惹かれています
そうした景色の一つに八方尾根から見た「鹿島槍ヶ岳」、「五竜岳」、「白馬三山」があります
平野部では初夏の陽射しの春爛漫のこの日、白馬村まで「冬の忘れ物」を探しに行って参りました

憧れの八方尾根 雪中トレッキング 第一章は【白馬村へ】です

ss-DSC09709_201804060834527f3.jpg
Photo-1
「バスターミナルより八方に拡がる沢山のゲレンデを望む」
.........................................................................





この日のトレッキングコースの概要です
八方アルペンライン(ゴンドラ1、リフト2)で「八方池山山荘」まで行くと其処はもう標高:1830m
其処から石神井ケルン、息(やすむ)ケルン、八方ケルン....、丸山ケルンまでの何処かで戻る事にします

眺める山は、日本百名山の鹿島槍ヶ岳、五竜岳、白馬岳
更に、唐松岳、白馬鑓ヶ岳、杓子岳....、素晴らしい山容の山々が眺められるはずです

ss-hapmap.jpg


この時期、白馬・八方と言えばBC(バックカントリー)を含めたスキー、スノーボードが主体
トレッキングに来る人は少ないと聞いていましたが、この日は予想以上の登山者にチョッと驚きました
 
最初は白馬村に一泊してのんびり周る予定でしたが、雪中トレッキングで2日間は中途半端になりそうなので
深夜バス(社中一泊)を使った強行軍で計画を立ててみました

前夜11時にバスタ新宿を出た夜行バスは朝6時半に白馬八方のバスターミナルに到着
八方アルペンラインのゴンドラが運行される8時まで、暫し白馬村から写真撮影です

Photo-2
【五竜岳と白馬ジャンプ競技場】
電信柱の向こうに雪を纏った百名山の五竜岳、その手前に白馬ジャンプ台
憧れの山々の姿が、この白馬村では日常生活の中に溶け込んでいることに少し感動しました
ss-DSC09698.jpg 
Photo-3
【白馬三山】
右に目を転じると、昨夏に縦走して大きな感動を覚えた白馬三山が見えています
右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳
ss-DSC09699.jpg 
Photo-4
【五竜岳~白馬三山】
バスターミナルの前にある「白馬八方の湯」の駐車場からのパノラマ風景です
ss-DSC09702_20180406083449aea.jpg 
Photo-5
 【八方の湯にある足湯:和の湯】
無料では入れる足湯、登山靴を履いていなければ入ったのですが......
ss-DSC09703_20180406083453518.jpg 
Photo-6
【電信柱の向こうに見える杓子岳と白馬鑓ヶ岳】
2泊3日の縦走で最後に登った白馬鑓ヶ岳(左の頂)、其処から白馬鑓温泉小屋に下る難路も良い思い出です
ss-DSC09710.jpg 
Photo-7
【五竜岳】
唐松岳~難路の「牛首」を抜けて五竜岳に登った一昨年の夏山の記憶
初めての険しい岩稜アタック、そして五竜岳からの眺めは今も確りと記憶に残っています
ss-DSC09718_201804060835077c8.jpg 
Photo-8
【白馬三山】
家の裏手にこの名山が見られる贅沢さ!
バスターミナルのベンチからこの眺めを見ながらモーニングコーヒーです
ss-DSC09720_20180406083508a84.jpg 
Photo-9
【八方ゴンドラリフト:アダム】
約8分間の空中散歩
背中合わせの二座のペアシートで定員が4名の小型のゴンドラ
お隣は人懐こいオーストラリアから来た若いスノーボーダーでした
憧れの八方に3日間のショートステイで来たそうですが、朝から凄いハイテンションでした(笑)
ss-DSC09739_20180406083511cff.jpg

Photo-10
【兎平テラスからアルペンクワッドリフトを望む】
一昨年このリフトに乗った時、足の裏を夏草がくすぐる感触に感動した覚えがあります
ss-DSC09745.jpg  
Photo-11
【兎平テラス前】
お洒落な兎平テラスのオープンテラスは眺めが抜群とのこと
此処からはクラスに応じたスキーコースが沢山用意されています
ss-DSC09747.jpg 

憧れの八方尾根 雪中トレッキング 第一章は
 早朝の白馬村からアルペンラインゴンドラ:アダムを使って兎平までの景色でした

この後、2章では八方尾根をリフトを使って登ってゆきます
白馬三山が間近に見えると同時に五竜岳に連なる「遠見尾根」、そして冬の美丈夫「鹿島槍ヶ岳」の山容を眺めます



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっと応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31様"
Photo-1
憧れ・・・その言葉その心ならばこそお写真
白と黒が多い世界に青空が眩しいですね

Photo-2
電柱電線・・・時として自然の景観を損ねると思いがちですが・・・
憧れの山々の姿が、この白馬村では日常生活の中に溶け込んでいることに少し感動しました・・・
撮影者のその言葉こそに感動しました

Photo-3
白馬三山
右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳・・・
私の目に焼き付けましたよ

Photo-4
果てしなく続かのような山並みが魅惑的です

Photo-5
足湯する方の後ろ姿・・・
この地を表徴する素敵なポートレートともなりましたね

Photo-6
難路も良い思い出です・・・私は撮影者のそのプラス思考が好きです

Photo-7
撮影者の記憶は私の記憶でもあります

Photo-8
モーニングコーヒーの香りは忘れられないことでしょうね

Photo-9
ゴンドラが山のオブジェのごとくですね

Photo-10
足の裏を夏草がくすぐる感触・・・素敵な感触ですね
この地にきたからこそ・・・ですよね

Photo-11
影さえ芸術ですね
美しい世界に案内して下さり有難う

2018.04.07 14:02 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

北アルプスの中でも北部にある「後立山(うしろたてやま)」、険しくも素晴らしい山容の山々の集まる山塊

冬、登山者を寄せ付けぬ険しい山に変貌しつつも、その美しさを白馬村や八方のスキー場から見せてくれる
山岳写真家の方々の撮影するこれらの山の冬の姿、漸く眺める事ができました


早朝の八方・バスターミナルでバスを降りた瞬間から、ゴンドラ・リフトを乗り継ぎ、八方尾根に降り立った感激

其処から八方尾根に建つ沢山のケルンの傍らに立ちながら眺める名峰の数々
この後のトレッキング記、写真と文章でどう表現すれば良いのか...、悩んでいます(笑)

先ずは平常心、
余り力まずに  軽く、さらっと行く事にします
2018.04.07 21:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/963-192f7e8d
該当の記事は見つかりませんでした。