FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

御坂山脈の難路 厳冬の鬼ヶ岳縦走記(4) 鬼ヶ岳~鍵掛峠~根場(登山口)

御坂山脈の難路 厳冬の鬼ヶ岳縦走記  第4章は、鬼ヶ岳~鍵掛峠~根場(登山口)間での記録です

時間的な余裕が有れば、「王岳」まで縦走してから根場に戻る予定でしたが
登山路のコンディションが予想外に厳しく、少し余裕を持って鍵掛峠から下山する事にしました

ss-DSC09259.jpg
Photo-1
鬼ヶ岳山頂より北方の眺め
甲府盆地の甲州、笛吹、甲斐の街並みと雪を纏った奥秩父の山々、遠くには霞んだ八ヶ岳まで見えていました

......................................................................................................





記憶にある通り、鬼ヶ岳山頂からの眺めは素晴らしかった

正面(南)には雪頭ヶ岳越しに富士山の雄大な姿
そして東には、険しい山並の十二ヶ岳~三ツ峠山に続く御坂山脈、その麓には河口湖と山中湖まで見えています
北を向くと、甲府の市街の全景と雪を纏った奥秩父、八ヶ岳、南アルプス
最後に、これから進む西には御坂山脈、本栖湖、其処から続く天子山脈

先ずは鬼の角越しの秀峰富士です
Photo-2
ss-DSC09255.jpg

足元には足和田峠~紅葉台へ続く山稜と光る西湖湖の湖面
Photo-3
ss-DSC09213.jpg 
鬼の角と「十二ヶ岳」そして一番遠い頂が「三ツ峠山」
御坂山脈の山々は、2000mに満たないながら、どの山も個性的且つ魅力的です
Photo-4
ss-DSC09257_2018022818270125c.jpg 
   四方を山に囲まれた甲府盆地、遥かなる八ヶ岳が霞んで見えます
Photo-5
ss-DSC09260.jpg 
南アルプスも切れ目なく見ることができました
右端にあるピラミダルな頂の「甲斐駒ヶ岳」、雪を纏った連山は「北岳」、「間ノ岳」、「農鳥岳」の3000mトリオです
Photo-6
ss-DSC09261_201802271938435cb.jpg 
この後縦走する鍵掛峠までの山稜です
真ん中の少し高い頂の向こうに「鍵掛峠」の分岐点があるはずです
Photo-7
ss-DSC09246.jpg

この日の縦走で出会った登山者は、この先で写真を撮っていた中年男性だけでした
確かにマイナーなコースですから....、山頂の標識も少し寂しい(笑)
Photo-8
ss-DSC09268.jpg 
鬼ヶ岳から、かなり深い雪の残った登山路を駆け下りてきました
その先も、ごらんの通りかなり深い残雪の登山路
Photo-9
ss-DSC09273_2018022719385039a.jpg 
一山下って「鬼ヶ岳」を振り返ります
少し右手に見える頂が「雪頭ヶ岳」の山頂ですね
Photo-10
ss-DSC09296_2018022719385138d.jpg 
やはり富士山は大きい...、少しくらい歩いてもその姿は不変
一方、手前の西湖は西よりの湖畔が見えてきました
Photo-11
ss-DSC09311_20180227193907a3c.jpg 
写真、左上から右下に横切る登山路が「雪頭ヶ岳」に向かって登ってきた最後の稜線です
Photo-12
ss-DSC09308.jpg 
登山路は途中から結構険しくなってきました
左下に少し写っている登山者の方、ロープを伝わって崖を下っている最中です
Photo-13
ss-DSC09319.jpg 
余り傍で写すのも憚られたので、少し下ったところで一枚写させて頂きました
このロープを伝わり10m程下る事になります
Photo-14
ss-DSC09321.jpg

漸く鍵掛峠の分岐点に到着です
此処からは標準CTで1時間少々下ると、根場の民宿村に到着です
登山路は岩場と残雪が混在していますが、かなり傾斜が急なのでチェーンスパイクは履いたまま降りることにしました
Photo-15
ss-DSC09327_201802271939132a0.jpg  
九十九折の登山路、雑木林に差し掛かるとホッとしますね
途中で先刻の登山者の方を追い越したので、少しお話させていただきました
やはり、厳冬期の御坂山脈の魅力に惹かれて毎年登っているとの事
王岳を諦めて下山した、と言うのも私と同じで....、来年この辺りで又会うかもしれませんね、などと話しました
Photo-16
ss-DSC09342.jpg 

午後3時、根場の駐車場に到着しました
約7時間の山歩き、結構緊張感を強いられるコースでしたが、とても楽しかった

西湖の北に連なる御坂山脈
「毛無山」、「十二ヶ岳」、「節刀ヶ岳」、「鬼ヶ岳」、「鍵掛峠」を3年掛けて縦走しました
次の「王岳」迄で西湖湖畔は終了
次は、精進湖、本栖湖の湖畔にある山々を縦走しながら富士山、南アルプスの山々の姿を楽しみたいと思います

速報版~第4章まで、お付き合い頂きありがとうございました



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっと応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31様"
Photo-1
鬼ヶ岳山頂からは奥秩父の山々まで見えるのですね

Photo-2
巨岩鬼の角と富士山コラボレーション最高です

Photo-3
西湖湖の湖面は別世界ですね

Photo-4
三ツ峠山・・・すっかりお馴染みになりましたよ

Photo-5
霞立つ八ヶ岳もいいですね

Photo-6
3000mトリオ・・・ですか・・・最高のトリオですね

Photo-7
「鍵掛峠」の分岐点があるはずです・・・
必ずありますよ・・・

Photo-8
風情があるかと思いますよ 私は好きですよ

Photo-9
雪に描かれた枝模様が綺麗です

Photo-10
山頂を想い私もドキドキですよ

Photo-11
綺麗で溜息が毀れます

Photo-12
最後の稜線は名残惜しかったことでしょうね


Photo-13
左下に少し写っている登山者の方を写し込んだことはお写真の成功ですね

Photo-14
最高のポートレートです

Photo-15
標識が分かりやすいですね

Photo-16
登山ならではの一期一会ですね
2018.03.01 20:45 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

御坂山脈の中でも、この日登った鬼ヶ岳からの景色が一番魅力的だと思います
南には素晴らしい「富士と西湖」が見えていて、その存在感は揺ぎ無いものなのですが...

富士と反対側に見える、甲府盆地、南アルプス、奥秩父そして八ヶ岳、この眺めの素晴らしさは鬼ヶ岳ならではのもの
そして御坂山脈の中間地点に位置するので、東の三ツ峠山、西の天子山脈が等距離に見えるのも感動ものです

鬼の角(つの)が鎮座する狭い山頂、この日は私が独り占め、誰もいない山頂でその感動を声に出していました(笑)


2000mに満たない山ですが、険しい登山路もあるので、誰にでも推薦できる...と言う訳にはゆきませんが
私の写真を見て、その魅力に惹かれて、登ってみよう!と思う登山者がいたらうれしいです




2018.03.02 19:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/955-b81334c2
該当の記事は見つかりませんでした。