FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

御坂山脈の難路 厳冬の鬼ヶ岳縦走記(3) 鬼ヶ岳山頂へ

御坂山脈の難路 厳冬の鬼ヶ岳縦走記 第三章は「雪頭ヶ岳から鬼ヶ岳山頂」への行程です
秀峰富士を正面に見据え、360度遮るモノのない絶景!  この景色を見たくて今年もこの頂にやって来ました!!

ss-DSC09254.jpg
Photo-1
雪を纏った鬼ヶ岳山頂(標高 1738m)
山頂にあるこの特異な形をした岩塊が「鬼の角」に見える事から、「鬼ヶ岳」との名がついたそうです
..................................................................................





「雪頭ヶ岳」から「鬼ヶ岳」の山頂まで、コンディションの良い季節ならば標準CTで10分の距離
しかし厳冬期、残雪が凍った登山路をロープを伝わって降り、
両側に絶壁を見下ろす痩せ尾根の雪道を登山路の場所を確かめながら渡り、
最後は冬空に向かって伸びる梯子を登って辿り着く鬼ヶ岳山頂.... 結構スリリングでした

この山域は、マップで見ても等高線がかなり狭まり、急峻な地形であることが分かります
ss-鬼ヶ岳2


雪頭ヶ岳から正面の富士山と対峙します
急峻な崖の上に位置するこの頂、だからこそ西湖がまさに眼下に見える事になります

富士山の手前を横切る足和田の稜線
この地形ゆえなのか.....
いつも西湖の湖面で強い風が漣を立て、光る湖面に風紋を残してゆきます
Photo-2
ss-DSC09171.jpg 
左下に見える湖畔の集落は、早春によく利用する「西湖自由キャンプ場」です
Photo-3
ss-DSC09174.jpg 
青木ヶ原の樹海を取り囲むようにして伸びる御坂山脈の連なりは、微かに見えている本栖湖で終わります
其処から先には富士山の西に連なる天子山脈、遥か田貫湖に向かって伸びています
Photo-4
ss-DSC09183.jpg  
西湖の河口湖寄りは常に風が舞っていますが、今朝気嵐を見た根場の辺りは風裏になっているようです
Photo-5
ss-DSC09200.jpg 
雪頭ヶ岳の山頂にはこうした草地が広がっているので、休憩する場所としては最適です
この日も山ご飯は手抜き(笑)、山専ポットに熱いお湯を用意して来たのでカップラーメンと山コーヒー
この景色を見ながら啜るカップラーメンはとても美味でした
Photo-6
ss-DSC09220.jpg 
30分ほど休憩した後、北の崖を下って鬼ヶ岳に向かいます
鬼ヶ岳から鍵掛峠に向かう稜線の向こうに甲府の街並みと南アルプスがクッキリと見えていました
Photo-7
ss-DSC09236.jpg 
雪頭ヶ岳と鬼ヶ岳の鞍部からみる十二ヶ岳
此処から見ると、この山も険しい表情をしていますね....、十二ヶ岳の後ろには三ツ峠山の頂も見えています
Photo-8
ss-DSC09227.jpg 
鞍部から見たこの後向かう「鍵掛峠」に連なる稜線です
かなりアップダウンがありそうですね
Photo-9
ss-DSC09234.jpg   
さて、もう一息で鬼ヶ岳山頂です
昨年は鬼ヶ岳からこの梯子を下ってきましたが最上部に少し空間があって要注意です
Photo-10
ss-DSC09244_20180225100249706.jpg 

梯子を登りきり、雪頭ヶ岳越しに富士山を眺めます
左の岩の横に見える木々の先がチョッとした絶壁になっていて、凍ったこの登山路に少し手を焼きました
Photo-11
ss-DSC09245 (1) 
鬼ヶ岳山頂から眺める富士山です
Photo-12
ss-DSC09205_20180225100117e8c.jpg

御坂山脈の難路 厳冬の鬼ヶ岳縦走記 第三章は雪頭ヶ岳から鬼ヶ岳山頂に向かう景色でした

次の最終章では、鬼ヶ岳山頂からの眺めと、其処から鍵掛峠に向かう山稜、根場に向かう下山路の様子を纏めました
もう暫くお付き合いください


【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっと応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

4 Comments

りら says..."kite31様"
Photo-1
鬼ヶ岳はその名のごとくの形状ですね
そこにある白が綺麗です

Photo-2
湖面の風紋の美 憧れです

Photo-3
湖面の色調の美しさに暫し見とれました

Photo-4
本栖湖しっかり見えていますよ

Photo-5
前暈けが幻想感を演出しています

Photo-6
この光景が一番の御馳走ですよね

Photo-7
南アルプスの姿は本当に凛とした美しさがありますね

Photo-8
三ツ峠山・・・懐かしい程です

Photo-9
下方には雪 残雪の上で撮影されていたのですね

Photo-10
山頂の空の青が鮮やかですね

Photo-11
左手の大岩は迫力ありますね

Photo-12
富士山の美ここにあり・・・ですね

次の最終章を楽しみにお待ちしていますね
2018.02.26 20:47 | URL | #sSHoJftA [edit]
優 says...""
こんばんは〜♪

素晴らしいの一言です。
冬のキリリとした富士山も 素敵ですね!

山コーヒーとカップラーメン 私の憧れです。
次回も楽しみにしています〜♪
2018.02.26 21:37 | URL | #- [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

御坂山脈は、富士山に相対し、河口湖、西湖、精進湖の北側を横に伸びていますが
この日登った「雪頭ヶ岳」~「鬼ヶ岳」は南から北に登るコース
なので、登山路の場所によっては山の北壁に有るので、雪が凍ってかなり厳しい場所にも直面しました

冬場はチョッと危ない場所もあるので登山者も少ないのですが
この景色は冬、それも雪の降った後の寒い冬晴れの日が一番美しい!
此処三年、少し緊張感を強いられるこの山に惹かれてやって来てしまっています

多分、来年は最後の「王岳」へのコースを登ってコンプリートかな....

次の4章に纏めますが、山頂からの眺めで、富士山と並んで南アルプスの遠望も素晴らかったです

雪山の美しさを味わうのも後一月、来月は少し遠い山を狙っています
2018.02.27 19:15 | URL | #- [edit]
kite says..."優さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

この素晴らしい景色に惹かれて、3年連続で厳冬期にこの御坂峠に登っています

西湖の畔は朝7時で-12℃、残雪が凍り、結構スリリングな場所もあるのですが、
日当たりの良い南向きの斜面の草地の座り、富士山と向かい合ってのカップラーメンよ山コーヒー
やはり最高でした!

2018.02.27 19:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/954-60deddcf
該当の記事は見つかりませんでした。