FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

厳冬!  秩父の三大氷柱巡り (3) 【あしがくぼの氷柱へ】

厳冬!  秩父の三大氷柱巡り 最終章は 「あしがくぼの氷柱」となります

埼玉県秩父郡横瀬町にある「あしがくぼの氷柱」、西武秩父線の「芦ヶ久保駅」が最寄り駅になります
三十槌、尾ノ内の氷柱が奥秩父の山や渓谷に有ったのに比べ、この「あしがくぼの氷柱」は、街中の公園にある氷柱と云った印象でした

ss-DSC_4955(1).jpg
Photo-1
愛らしい青く丸い頭をしたキノコかと思ったら.... 鋭い牙を生やしたモンスターに変貌!
..............................................................................




あしがくぼの氷柱は整備された鑑賞通路を歩きながら、左右幅200メートル、高さ3メートルにも及ぶ
大迫力の巨大氷柱を目の前で鑑賞できるのがポイントです
此処も週末はライトアップされるそうですが、交通の便が良いのでかなりの混雑でしょうね


最初の氷柱はまるで「青いきのこ」がニョキニョキと生えている様な印象でした
Photo-2
ss-DSC_4872(1).jpg 
目の前に迫る高さ5mの氷柱の壁
此処まで育つと鋭い牙を持つアイスモンスター?  
或いは... 少しファンタジーを感じたら、水色のクラゲに見えるような気もします
Photo-3
ss-DSC_4901(1).jpg 

間近な撮影からズームアウトしてゆきます
Photo-4
ss-DSC_4906(1).jpg 
氷の壁と云っても其処には様々な形の氷柱が広がっているいて、まさに壮観です
Photo-5
ss-DSC_4915(1).jpg 
高台にある展望台に登りながら全体を俯瞰してゆきます
Photo-6
ss-DSC_4918(1).jpg 
時折西部秩父線の電車が横を通り過ぎてゆきます
Photo-7
ss-DSC_4923(1).jpg 
霧を吹きかけて、木々の上に氷の柱や氷の布を育ててゆきます
細かい水の粒が光ながら辺りに飛散しています
Photo-8
ss-DSC_4924(1).jpg 
水質の差なのかな...
此処の氷柱はずいぶん青い色を含んでいました
Photo-9
ss-DSC_4935(1).jpg 
人工的に作られたものだとわかっていても、どうやってこの氷が育ってきたのか?
展望台から見下ろしながら、アレコレ想像して見るのも楽しいでしょう
Photo-10
ss-DSC_4939(1).jpg 
管理している方から見ると、この氷柱は毎日少しずつ変化しているのでしょうね
Photo-11
ss-DSC_4946(1).jpg 
Photo-12
ss-DSC_4947(1).jpg 
鋭く尖った氷柱が集まると、氷の布の様に見えてきますね
Photo-13
ss-DSC_4949(1).jpg 
この氷が解けたらどの様な景色が現れるのでしょうね
Photo-14
ss-DSC_4951(1).jpg  
展望台には暖かいストーブが用意されています
地域の方がボランティアで管理している受付に行くと、無料で暖かい「甘酒」を頂けます
Photo-15
ss-DSC_4961(1).jpg 

秩父三大氷柱、秩父市大滝にある【三十槌(みそつち)の氷柱】、小鹿野町の【尾ノ内氷柱】、
そして横瀬町芦ヶ久保にある【あしがくぼの氷柱】
それぞれの地域で、ユニークで見応えのある氷柱を楽しむ事ができました

これにて奥秩父の氷柱巡りは終了です




【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっと応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

4 Comments

りら says..."kite31様"
Photo-1
雪で出来た雲みたいですね

Photo-2
凄い面白いです

Photo-3
確かにクラゲのようにも見えますね 巨大クラゲですよね

Photo-4
ズームアウトした方が見栄えがいいですね

Photo-5
鋭い刃のようですよね

Photo-6
やはり俯瞰撮影がこの光景は一際魅力的に見えますね

Photo-7
撮り鉄になった日・・・ですね

Photo-8
地元の方々のご努力の賜物ですね

Photo-9
青系は氷柱の魅力を増すように思えます

Photo-10
ご一緒に試行錯誤をしています

Photo-11
ご自分のお子さんを育てる思いでしょうね

Photo-12
トンガリ感と丸い感じの氷柱の個性の異なりがいいですね

Photo-13
やはり氷のドレスですね

Photo-14
冬将軍が去り春の女神が微笑む時 この地へ変化が楽しみになってきますよね

Photo-15
甘酒大好きです
飲みたい気分ですね
展望台には暖かいストーブが用意・・・気分まで暖かくなりました
地元の方々の心をも感じます
2018.02.16 20:56 | URL | #sSHoJftA [edit]
x都人x says...""
今晩は
え~此の絶景が人工的に作られてる何て、、

見る価値はありますよね^^
2018.02.17 18:39 | URL | #- [edit]
kite says..."りらさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

奥秩父、
横浜の私の家からは、どの様なルートを辿ってもかなり距離があって
山歩きを始めるまで出かける機会も殆どなかった場所でした


山歩きを始めてから、地図をよく見るようになりました
素晴らしい景色との出会いのありそうな山、そうした山との出会いは其処までのアプローチもとても重要なので
ルート、交通手段、その付近の環境、文化などを調べ始めます

奥秩父の氷柱もそうした山との出会いの中で見つけた催しでした

奥秩父の厳しい冬の季節、
訪れる人も限られたその季節に、沢山の人を集める魅力的な催し

でも、ワザとらしくなくて、過剰な演出もなく、地域の人達が大切にしている自然と共存する形での演出
そうした雰囲気が大きいのでしょうね....

3つの氷柱を訪問している間、とても穏やかな気持ちで周る事ができました

秩父市大滝にある【三十槌(みそつち)の氷柱】、小鹿野町の【尾ノ内氷柱】、そして横瀬町芦ヶ久保にある【あしがくぼの氷柱】来年もまたこの地を訪れたいと思いました
2018.02.18 06:18 | URL | #- [edit]
kite says..."都人さんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

横浜の自宅からこの地域に行くのはどのルートを辿っても結構大変なので
それなりのモチベーションが必要なのですが(笑)、行ってみてよかったです

人工的に作られた氷柱
と言う言葉で表現されると、「奥秩父」の持つ自然との組み合わせでチョッとネガティブなイメージを持ってしまうのですが
難しい事はチョッと横に置いて、まずはこの氷柱を見てください!
まずは百聞は一見にしかず!

冬の催しとしてはとてもお勧めだと思います
都人サンも是非行ってみてください

2018.02.18 06:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/950-af65d07b
該当の記事は見つかりませんでした。