FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

師走のメトロポリス、初冬の彩りを探して(1) 皇居乾通り

12月初旬、街角の紅葉はフィナーレを迎え、クリスマスに向けてイルミネーションも始まりました

毎年恒例となっている私の【晩秋の東京 紅葉狩り】、
今年は皇居の「乾通り」、終盤を迎えた「外苑の銀杏」、そしてライトアップに惹かれて「六義園」を廻りました

初冬の彩りを探して(1)は、皇居「乾通り」散策です

ss-DSC08054.jpg
Photo-1
皇居の手入れの行き届いた樹木はその枝ぶり、葉の色が一味違います
間近に迫る冬を前に最後に開く花火の様な華やかさでした
..................................................................................





天皇陛下の80歳の卒寿を記念して2014年から始まった皇居の乾通りの一般公開ですが、
昨年4月の桜の時期以来工事の影響で一般公開されていなかったのですが、今年の「秋の紅葉」では一般公開が再開されました

【東京駅 ~ 坂下門へ】
昨年来た時も東京駅から坂下門に入るまで、かなり歩いた覚えがあります
1週間で20万人の人が押し寄せるので、門に入るまでに十分なスペースを確保してあるので仕方が無いですね
Photo-2
ss-DSC08021.jpg 
インバウンドの影響でしょうか、横浜でも随分「はとバス」を見かけます
此方は最近都内でよく見かける2階建てオープンバス「オー・ソラ・ミオ」、¥1800で1時間ほど楽しめる様です
Photo-3
ss-DSC08024_20171208162348461.jpg 
お濠に映る銀杏の葉の色をみると落葉間近、街はもうすっかり初冬の装いですね
Photo-4
ss-DSC08026_201712081623500f2.jpg 

「皇居乾通の一般公開」のルートは2つあります
昨年は入口「坂下門」・出口「乾門」と言う約750mの乾通りを歩きましたが
この日は入口「坂下門」・出口「東御苑」方向へと向かい、庭園を眺めた後「大手門」に抜けました

ss-inui.jpg 

【坂下門~乾通り】
坂下門から乾門までの約750mの沿道には、大事に手入れされたモミジ類やサクラ、マツなどが植えられています
Photo-5
ss-DSC08039.jpg 
重厚感のある建物と丁度見頃を迎えた紅葉のコラボレーション、とても見応えのある景色でした
Photo-6
ss-DSC08047.jpg 
「局門」
江戸城の中でもこの局門の奥は女性が中心だったエリアだそうです
Photo-7
ss-DSC08052.jpg 
 
「富士見多聞」
多聞とは城郭の石垣上に建てられた長屋で城壁よりも強固な防御施設
江戸時代の江戸城本丸にはこのような多聞が各所に築かれていましたが現存するのはこの富士見多聞のみ
今は見られませんが、かつてはこの富士見多聞から実際に富士山を望むことができた
との事
※宮内庁HPより抜粋
Photo-8
ss-DSC08057.jpg 
「門長屋」
この黒い板塀がとても印象的でした、この門長屋は写真素材としてかなり広く提供されているようです
Photo-9
ss-DSC08060_201712090624009ff.jpg 
落葉の時期を迎えた大樹もありました
葉を落とした事で隠れていた鋭角的な枝ぶりが青空をバックに晒されていました
Photo-10
ss-DSC08063.jpg

此処から散策ルートは二つに分かれます
昨年の春はそのまま乾門に向かって歩きましたが、見学者の群れは此処でほぼ均等に二分されます
今年は、東御苑を回ることにしました

【乾通り~東御苑】

西桔橋(にしはねばし)から乾濠越しに乾門方面を眺めます
Photo-11
ss-DSC08076.jpg 
東御苑は旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備された、との事
石垣の重厚、壮大さが一際目を惹きます
Photo-12
ss-DSC08081.jpg 
お城より石垣が好き!と言う方も多いと聞いたことがありますが
重厚な石垣を眺めながら、これを手積みした頃の様子を想像するとロマンを感じますね
Photo-13
ss-DSC08084_201712081624330d4.jpg 
東御苑の「本丸跡」から「二の丸雑木林」を散策してみました 
雑木林の雑多な彩の魅力、存分に味わってみました
Photo-14
ss-DSC08108.jpg 
Photo-15
ss-DSC08102.jpg

深く濃いこの彩りは何処から来るのか....、都心の真ん中にいる事を忘れてしまいます
Photo-16
ss-DSC08110.jpg 
細い枝先にまで艶やかな彩り.....、線香花火の繊細さを思い浮かべました
Photo-17
ss-DSC08114.jpg 
三の丸を通って「大手門」に抜けてゆきます
Photo-18
ss-DSC08115.jpg 
この東御苑はお濠や石垣がゆったりと配置されています
皇居東御苑の江戸城天守閣跡地が江戸最高のパワースポットで江戸風水の龍穴、との事
この地の樹木が伸びやかにそして艶やかである所以でしょうか
Photo-19
ss-DSC08118_201712081624552ec.jpg 
石垣と紅葉と....
石垣の眺めの素晴らしさに気付いた散策でした
Photo-20
ss-DSC08120.jpg 
Photo-21
ss-DSC08123.jpg 

師走のメトロポリス、初冬の彩りを探して(1)は「皇居乾通りから東御苑」の風景を纏めました
(2)では、少し盛りを過ぎた外苑の銀杏並木の様子を纏めます



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっと応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ











スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31様"
Photo-7
「局門」
Photo-8
「富士見多聞」
Photo-9
「門長屋」

一際印象に残りました
この建物群を撮影しましたがとても難しくてアップ出来ない程でした
お写真拝見させて頂き勉強になりました
有難うございます
2017.12.09 22:39 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

皇居の乾通りの一般公開、流石に普段見られない皇居の中を歩くと言う事で
独特の厳かな雰囲気の中での散策となりますが....

東御苑の本丸跡付近から大手門までの敷地は、江戸城跡として歴史を感じながら歩くことができました

石垣や様々な歴史的な建造物、もっとジックリ狙って写したかったのですが
人の流れを阻害しないように気を使うと、この群集ですから少し落ち着きませんね(笑)
2017.12.10 22:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/928-fe0627b4
該当の記事は見つかりませんでした。