FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

晩秋の西沢渓谷トレッキング 後編:旧森林軌道を下って

先週から寒い日が続きますね
今日は「二十四節気」の小雪(しょうせつ)との事
確かに、11月始めの「立冬」から暦の上ではもう冬、来年の「立春」まで寒くなる一方なのでしょうね....

晩秋の西沢渓谷トレッキング「後編」は休憩ベンチで山ご飯、山コーヒーを楽しんだ後の時間、
素晴らしい樹林に囲まれ、トロッコの線路跡を辿る「旧森林軌道」の記録です

ss-DSC07695.jpg
Photo-1
奥秩父で人気の縦走路、その核心部となる甲武信主稜です
この日の景色を見て、来年はあそこから西沢渓谷を俯瞰したい!と思いました

.................................................................................




西沢渓谷のガイドマップをもう一度載せておきます
渓谷に沿って歩いた往路から、不動滝の急坂を一気の登って辿り着いた休憩地から始まる帰路
これが昔のトロッコ道、「旧森林軌道」ルートとなります

ss-西沢マップ 
西沢渓谷は森林浴のリラックス効果が実証され「森林セラピー基地」に認定されているほか、
「平成の名水百選」、「森林浴の森100選」、「水源の森百選」などにも選定されているとの事で
知る人ぞ知る景観美を誇る奥秩父の名勝

旧森林軌道に作られたトレッキングコースは、まさにこの「森林浴」を楽しむコースになっています
総距離約5キロ、高度差250mと言う「なだらかな下りのコース」を90分ほど掛けて降りてゆきます
Photo-2
ss-DSC07675.jpg 
タイミング的に昨年に比べて山の落葉がが進んでいる印象
その為に山の彩りは少し暗くなっていますが、
木々の葉が落ちたことでトレッキングコースからの眺めは昨年より良好です(笑)
Photo-3
ss-DSC07686.jpg 
「七ツ釜五段の滝」、昨年はこのコースからこれほど見えていなかった様に思います
滝の音を聞き、滝と渓流を想像していた昨年に比べ、この下りのコースの高度感を感じました
Photo-4
ss-DSC07678_201711212053279da.jpg 
渓流まで一気に落ち込むこの様な崖が、凄く当たり前の様に.... 横にあります
Photo-5
ss-DSC07688_20171121205328940.jpg 
昨年のトレッキングでもとても印象に残った眺め「大展望台」
「甲武信(こぶし)主脈」の雄大な山塊が目の迫ってきます
主峰の「甲武信ヶ岳(標高:2475m)」は目の前の「木賊山(とくさやま)標高:2468m」の後ろにあって此処からは見えません
Photo-6
ss-DSC07691.jpg 
左にある特異な山容の山が「鶏冠山(とさかやま)標高:2115m」
其処から右に延びる甲武信主脈の山並とその裾野に広がる圧倒的な原生林のボリューム
渓流と共に、西沢渓谷の風景として記憶に残る画です
Photo-7
ss-DSC07699.jpg  
全コース、木の葉の絨毯の上をのんびりと下るルートなので凄く和みます
Photo-8
ss-DSC07702_20171121205349fe7.jpg 
ガイドブックに「木漏れ日のセラピー効果」を楽しんでください!とありましたが
本当に気持ちのよい景色でした
Photo-9
ss-DSC07700_20171121205348efb.jpg

Photo-10
ss-DSC07705.jpg 
そろそろ中間地点、あの橋で向かいの山に移ります
Photo-11
ss-DSC07714.jpg 
このルートには沢山の橋がありますが、冬の豪雪から橋を守るために金網にはかなり「大きな穴」が開いています
その為、下を見ると穴から景色が見えて結構スリリング!
Photo-12
ss-DSC07719.jpg 
こうした沢山の沢から流れ出した水流が西沢渓谷の谷に流れてゆきます
Photo-13
ss-DSC07723_20171121205414e77.jpg 
橋を渡ると、進行方向に向かっての山と谷が逆転するので、木々の彩が微妙に変化します
Photo-14
ss-DSC07726_20171121205414c02.jpg 
青空をバックにした広葉樹の秋の彩りは美しい
Photo-15
ss-DSC07730.jpg 
これは、昔此処を走っていたトロッコの原寸大の模型
この森林軌道を大量の材木を積載し、ブレーキだけで下って行ったそうです
後期はエンジン付きの動力車になったようですが、それまでは長らくは馬がこの坂を引いて登ったとの事
Photo-16
ss-DSC07738_20171121205446e42.jpg 
木漏れ日と遠くに聞こえる渓流の川音に癒されながら歩くコース
この時間が終わってしまうのがとても惜しい....、そんな気持ちで登山路を歩いていました
Photo-17
ss-DSC07747_2017112120544812e.jpg 
橋に着いた番号をカウントしていると、もう直ぐこのトレッキングもお終いになる事に気がつきます
Photo-18
ss-DSC07766.jpg 
来年にはこの山脈の主である「甲武信ヶ岳」にも登ってみたいと思っています
Photo-19
ss-DSC07772.jpg 
旧森林軌道の終了を告げるゲートに到達しました
ここからは砂利の林道を下ります
Photo-20
ss-DSC07777_20171121205452c31.jpg 
このネトリ大橋を渡ると往路の渓流ルートと合流です、お疲れ様でした
Photo-21
ss-DSC07783.jpg 
ネトリ大橋からの眺めです 
Photo-22
ss-DSC07790_20171121205511730.jpg 
Photo-23
ss-DSC07795.jpg 
Photo-24
ss-DSC07797.jpg 
西沢ゲートに到着
休憩時間を入れて約5時間のトレッキングが終了です
少し昔まで此処は奥秩父の秘境と呼ばれていた地域、この一帯の樹林の美しさは本当に一見の価値があります
Photo-25
ss-DSC07800.jpg 

晩秋の西沢渓谷トレッキング でした
今年もこのトレッキングコースを歩いて見て、初めて此処を歩いた昨年と感動の度合いに遜色はありませんでした
何度来ても、和み、癒し、感激を与えてくれる素晴らしいコース
今年も山登りに明け暮れましたが(笑)、初夏に歩いた「美ヶ原」と並んでトレッキングの良さを教えてくれるコース
「西沢渓谷」.....、来年は早春の若葉の頃に訪問したいと思います



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました 
そっと応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ




スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31 様"
Photo-5
お写真拝見しても怖いくらいですね
Photo-6
大展望台からの景観がとても綺麗ですね
Photo-7
鶏冠山とうを見る皆さんの後ろ姿が印象的です
Photo-10
仰視撮影ならではの迫力ある表現ですね
Photo-11
橋のある景観はやはり好きですね
Photo-12
床にある手すりの影模様がいいですね
Photo-13
橋の影が芸術的です
Photo-14
左手の道にあるアールの枝が素敵です
Photo-15
最高に綺麗な秋色ですね
2017.11.22 21:33 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

西沢渓谷の後半、旧森林軌道に沿って、広葉樹林の中を厚くコースは
まさしく上質の森林浴を楽しむ時間でした

真下にある渓谷から聞こえる水音、美しい紅葉から届く木漏れ日、そして樹林の間から見える
甲武信主稜の山塊と裾野に広がる原生林のスケール
このトレッキングコース独特の魅力にタップリと染まりました

今年の初夏に楽しんだトレッキングコース「美ヶ原」が、見晴らす限りの草原...
と言う広い空間を楽しむコースだったのと対照的に、この西沢渓谷は木と水と山に囲まれた癒しの空間
人は広々とした空間にも、ギュッと季節の彩りが詰まった空間にも魅力を感じることができるものですね

もう暫く、今年の山の錦秋を楽しみたいと思います
2017.11.24 08:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/922-bd8e35e5
該当の記事は見つかりませんでした。