凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

遥かなるアルプスへの誘い(いざない)  

 梅雨明けも未だなのに、暑い日が続きますね
美ヶ原の写真を整理していると、あの高原の爽やかな風を思い出して、直ぐにでも山に戻りたくなってしまいます

そこで、気分だけでも遥かなるアルプスへ
今年の夏山、登山計画(願望?)を整理しながら、憧れの山々へと思いを馳せてみました

ss-DSC00756_20170709220239fd2.jpg
Photo-1:    by kite
剱岳:この山に登るチャンスが何時か来るのか? 今は分かりません
昨年の立山縦走時、別山尾根から見た剱岳の山容は厳しくもとても美しかった
※ 剱岳は今年の登山計画にはありません、念のため(笑)




【お断り】
今回のブログの写真、既に一度登っている山の写真は過去の蔵出しの写真(by  kite)と致しましたが
未だ登っていない山の写真は Wikipedia より借用させていただきました ※文中明記しておきます


さて、今年の夏に登る山の計画を【Challenge】、【Return】、【New】にカテゴリー分けして見ました

【Challenge

文字通り、自分の実力から見て挑戦的な位置づけの登山を毎年エントリーする事にしました
昨年のチャレンジ登山は、欲張って「槍ヶ岳」、「赤岳」、「五竜岳」にしました
どれも登山二年目の初心者にはハードルが高い登山でしたが、入念な計画、準備を心がけた結果
強烈な記憶として残る、とても素晴らしい登山ができました

今年のchallenge登山として検討しているのが「奥穂高」、「鳳凰三山」、「白馬」

登山を始めた人達にとって、槍、穂高、剱の三つの山は遠い憧れですね
昨年の槍ヶ岳に引き続き今年は奥穂高に挑戦する予定です
涸沢にテントを張って翌朝奥穂高にアタック、ザイデングラードの難路はどんなでしょうね....
okuho.jpg

穂高連峰は、前穂高、奥穂高、北穂高、西穂高と4つの山があります
この写真は「北穂高から奥穂高」を眺めたものですが、北穂高も憧れの山の一つです
Photo-2  : ※Wikipedia
ss-北穂高から見る奥穂高


今年二番目の挑戦は南アルプスの鳳凰三山、特に地蔵岳山頂の「オベリスク」を間近に見てみたい
一昨年、甲斐駒ヶ岳に登った時、その中腹からみたオベリスクがとても印象に残っています
この距離では小さくて、探さなければ分かりませんが、写真で幾度も見たその「巨大な尖塔」の印象はとても強烈でした
Photo-3  : by kite
ss-DSC_2117_2017071020314146e.jpg 
鳳凰三山の山小屋、チョッと条件に合わないため、頑張ってテントを担いで登ってみる予定です
これが何よりチャレンジです(笑)
青空をバックにしたオベリスク、凄く印象的な尖塔でしょう
Photo-4 : ※Wikipedia
ss-オベリスク


三番目のチャレンジは、後立山連峰の名峰:白馬岳(しろうまだけ)
人気の山だけに色々なコースが考えられますが、高山植物、テント泊縦走、白馬大雪渓がキーワード
この山の優先順位はとても高いのですが....  行けるといいですねぇ(笑) 
Photo-5  : ※Wikipedia
ss-白馬岳白馬槍


【Return】

昨年登った山の中に、「その時の記憶が強烈」だった山が幾つかあります
槍ヶ岳、赤岳、五竜岳、立山、甲斐駒ヶ岳

その中からどうしても、今年も登りたい山を【Return】カテゴリーとしました
今年は、槍ヶ岳、立山、赤岳にもう一度登ってみる予定です

槍ヶ岳、本当は燕岳から登って表銀座を縦走したいのですが
其処までの実力は未だ無いので、昨年登った上高地~槍沢コースをベースに少しアレンジしてみたいと思っています
Photo-6  : by  kite
ss-DSC09744_201707092203085bf.jpg

山頂では、感激の余り思うように写真を撮れなかった気がします
今年は「槍ヶ岳の山頂からこの山を撮りたい」を明確にして登りたいと思います
Photo-7  :  by  kite
ss-DSC09684_2017070922030803e.jpg

立山は今年登ると三度目になります
でも、最初の年は雨と風と霧で何も見えず、縦走した実感がありませんでした
そして昨年、素晴らしい立山の景色にゾッコン、これは毎年登る山だな... と思い、早速今年も計画に入れました

一の越から雄山を目指す途中の景色、険しさの中に美しさを感じる風景ですね
Photo-8  :  by  kite
ss-DSC00402_20170709220239755.jpg 
縦走しながら見下ろす室堂平の景色もとても印象に残っています
二回ともチングルマの花はもう綿毛だったけど、今年は可憐な花が咲いている頃に行けるかな
Photo-9  :  by  kite
ss-DSC00817_20170709220240eed.jpg 

八ヶ岳の赤岳もとても印象的な山でした
昨年は重いテントを担いで行者小屋まで登りましたが、今年は人気の「赤岳鉱泉」にテントを張って
硫黄岳から赤岳を縦走してみたい... と思っています

Photo-10  : ※Wikipedia 右の高い山が赤岳です
ss-赤岳

赤岳展望荘から見上げる赤岳は険しかった
Photo-11  :  by  kite
ss-DSC01341_201707092202422d5.jpg

赤岳そのものにも感激しましたが、一番印象に残ったのは、広漠とした雲海の向こうに見えた富士山でした
Photo-12  :  by  kite
ss-DSC01351_20170709220305b81.jpg



【New】

昨年から登りたくて、計画まで作ったものの行くチャンスを逃した山々
どれも、決して楽な山ではありませんが、【Challenge】と云った意気込みでエントリーしてはいない山
それらを【New】のカテゴリーで纏めてみました

この範疇で今年登ってみたい山は三つ、「燕岳」、「蝶ヶ岳」、「金峰山」

「燕岳(つばくろだけ)」
白い花崗岩と緑のハイマツ、そしてコマクサ.... アルプスの女王と呼ばれる燕岳
一昨年の晩秋、計画を立て、山小屋・高速バスを予約したのに急な荒天で諦めた経緯があります
槍ヶ岳へと続く人気の縦走路の「表銀座ルート」の入り口でもある燕岳、夏の早いうちに出かけたいと思います

    Photo-13  :  ※Wikipediass-燕ヶ岳 
表銀座縦走路にある大天井岳(おてんしょうだけ)から眺める燕岳です
この縦走路、来年は歩けるかな....
Photo-14  : ※Wikipedia
ss-燕ヶ岳 大天上 
次は蝶ヶ岳
常念岳を中心とした常念山脈にある「蝶ヶ岳」
上高地の徳沢小屋から登山ルートが開かれていますが、この山からの眺めるアルプスの素晴らしさは有名です

槍ヶ岳、穂高連峰を正面に見据え、堂々たる風格の常念岳を横に見る絶景
晴れた日に、この山に登りたい.... (笑) 

  Photo-15  : ※Wikipediass-蝶ヶ岳 
蝶ヶ岳の朝、モルゲンロートに染まる空もこの山の魅力の一つ
Photo-16  : ※Wikipedia
ss-蝶ヶ岳モルゲンロート

このカテゴリーの三番目は、奥秩父の金峰山
隣の瑞牆山に登った時、次は金峰山... と思ったものの、登山コースの選定に迷って機を逃しています
新緑の季節とともに、秋の紅葉もすばらしいとのこと
夏山で登るか、錦秋に染まった金峰山に登るか... 又迷っています

Photo-17   
ss-金峰山


遥かなるアルプス・八ヶ岳・奥秩父への誘い(いざない)  
毎週のように山開きの報が入ってきて、いよいよ夏山も本番です

天気予報を見ながら、行ける時に即飛び出せるよう、準備は怠り無くしておく事にします

既に最初の山は決まりました
先ずは「蝶ヶ岳」、今年二度目の上高地からテントを担いで登る事にしました

今年は、素敵な山に幾つ出会えるのかな?

スポンサーサイト

8 Comments

さゆうさん says...""
こんにちは。
山岳写真は登った者が撮影いsないと見られない。
そんな意味で敬意を服したい。
本当にご苦労様でした。
一番感動した所は、雲海の向こうに見える富士山の姿の美しい事。
こんな遠くで見られるなんて、素晴らしいですね。
2017.07.11 11:43 | URL | #- [edit]
坂月沢蚊 says...""
素晴らしい写真を見ていると、また山に行きたくなります・・・
自転車で転んで鎖骨骨折中のため、今年は無理かなぁ~
2017.07.11 16:52 | URL | #- [edit]
kite says..."さゆうさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

そうですね
写真と云うのはある意味、実体験をベースに自分のセンスで作り上げてゆくものなので
山岳写真は実体験である登山の苦労の賜物ですね(笑)

こうして過去の写真を整理していると、景色の素晴らしさと其処に至る辛さが蘇ってきます

>一番感動した所は、雲海の向こうに見える富士山の姿の美しい事。

富士山が好きなさゆうさんらしいコメントですね
9月中旬の早朝の赤岳、稜線は強い風が吹いていてダウンを着ていても震えるくらい寒かった
強い風で涙目になりながら見たこの景色は震えるほど素晴らしかったです

又、この景色に会いたくて... 今年も同じ時期に八ヶ岳に行こうと思っています
2017.07.12 05:22 | URL | #- [edit]
kite says..."坂月沢蚊 さんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

>自転車で転んで鎖骨骨折中のため、今年は無理かなぁ~

ブログ拝見いたしました
大変な落車事故でしたね
土山峠は宮ヶ瀬に行く時に良く通っていたので様子は良く分かります

私も5年ほど前、湘南国際村からの下りで落車、
頭から落ちてヘルメットが割れ、体を守るために手を突いてグラブがボロボロ...
救急車を呼ぶのが恥ずかしくて、家族に車で迎えに来てもらい救急病院に行った覚えがあります

怪我のお写真を拝見する限り、暫くは静養が必要ですね

坂月沢蚊さんの「剱岳」登山のブログを読んで、羨ましく思った覚えがあります
山は逃げませんから、今年は無理せず... ですね

お大事に
2017.07.12 05:38 | URL | #- [edit]
きさく says...""
次行く山どこ、プランは尽きねどよぉ~♪って歌がありましたが、まさにそんな感じですね。
最近、脚を少し痛めて思うようにならず、高嶺の山は少し遠ざかりぎみです。
kiteさんの山行記録で楽しみますね。

2017.07.12 20:41 | URL | #mQop/nM. [edit]
りら says..."kite31 様"
Photo-7  :  by  kite
赤い屋根が目を惹きますね
Photo-8  :  by  kite
岩と山並みの緑が印象に残ります
Photo-11  :  by  kite
お写真にてもその険しさが伝わってきます
Photo-12  :  by  kite
夢を見ているかのよう美麗なる富士山ですね
Photo-17   
色調豊でとても綺麗です
2017.07.12 21:05 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."きさくさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

>次行く山どこ、プランは尽きねどよぉ~♪

手拍子が聞こえてきそうですね(笑)
この時期になると、アルプス、八ヶ岳の登山の本か沢山出ますね
昨年版と代わり映えしないのに、毎年これらを購入しては、この夏に出かける山を夢見ています

>最近、脚を少し痛めて思うようにならず...

どうされました?
先日、きさくさんの上高地の記事を読んだ時に、奥に入らないのかな...と思っていました
無理はできませんね
お大事に

代わりに... と云うのも変ですが(笑)、写真を沢山撮ってきますね
2017.07.13 15:11 | URL | #- [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

この槍ヶ岳の写真もそうですが、
立山、奥穂高... 人気の山の印象的な写真って、山小屋から岩壁を登った先で
真下に山小屋を見るアングルが多いように思います

樹林、岩壁、..山の自然の中に赤の彩りは殆ど無いのでとても目立ちますね

今回、Wikipediaの写真に頼った山々、どんな景色に出会えるか?楽しみです


2017.07.13 15:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/874-f6ee5209
該当の記事は見つかりませんでした。