凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

今年も春山登山は此処から ...... 

家の周りの街路樹の緑がすっかり濃くなってきました
遥かなる「北アルプス」は未だ雪に埋もれているようですが、低山は今、新緑がとても美しい季節

登山を始めて三年目の春、私の登山シーズンは今年もこの山から始まります
別名「雨降(あふ)り山」との呼ばれる丹沢山塊の一角である大山(おおやま)

この日は絶好の登山日和でした
ss-DSC03292.jpg
大山山頂まであと少し
正面には、南北に伸びる丹沢の山塊:「丹沢主脈」の山々が見えています
..............................................................................................................



湘南に生まれた私にとって、山と云うと遥か西に見える「富士山」と北にドッカリと聳える「大山」
子供の頃から見慣れたこの美しいピラミダルな山容の「大山」は私にとって特別な山でした

三年前に登山を始めた時、山支度を整えてて最初に登った山がこの大山
そして二年目の昨春、今年.... と、この大山は私にとっては始まりの山の様です



お天気に恵まれたこの日、秦野駅前の「ヤビツ峠行き」のバス停には長蛇の列、例によって臨時便が出る事になりました
老若男女、沢山の登山者を乗せて山道を登る事50分、午前九時過ぎに終点のヤビツ峠に到着です

ロードバイクでヒルクライムを楽しむライダーにとっての聖地になっている「ヤビツ峠」
この日もこの峠を目指すライダーが急坂を登っていました


さて、ヤビツ峠で降りた登山者は二つのグループに分かれます
一つは此処から「塔ノ岳」を目指す健脚の登山者、そして大山山頂まで比較的軽いトレッキングをする登山者
バスから降りた登山者、この日はほぼ半々でした


バス停横から整備された登山路に入ると、直ぐに目に眩しいほどの「新緑」の洗礼
真っ青な空に緑が映えます
ss-DSC03241

前日の雨の影響を心配しましたが、登山路の泥濘は皆無、とても気持ちのよいコースです
ss-DSC03246.jpg

この冬は丹沢も雪が多かったので大山の登山路も修復が大変だったと思いますが
綺麗に整備されていました
ss-DSC03251_20170513124258d6f.jpg

此処の樹林の切れ目からからヤビツ峠を目指すロードバイクを見るのが楽しみ
残念ながらこの日はタイミングが悪かったようでローディーは見当たりません
ss-DSC03258_20170513124300c30.jpg

この時間、少し霞んでいますが遠く西湘の海まで見えていました
ss-DSC03259_20170513124259fdb.jpg

かなり年配の方も登っていましたが、この登山路は途中に道標やベンチが整備されているので安心です
ss-DSC03261.jpg

眼下には「秦野」の街並みが見えています
この大山や丹沢の山並みから見る夜景はとても美しいそうです
いつか、丹沢の主稜か主脈の縦走をして丹沢山頂の山小屋に宿泊すれば、その夜景が見られそうです
何時になるかな・・・(笑)
ss-DSC03276.jpg

この辺り、一昨年、昨年と雪解けでかなりの泥濘を歩いた覚えがありますが
今年はこのように木道が確りと整備されていました
ss-DSC03283.jpg

ヤビツ峠から「大山山頂」までは高度差500m、コースタイムで一時間少々と言ったところ
木道が終えるともう其処からは、大山の山頂が見えてきました
ss-DSC03277.jpg

この山頂間近の空き地から見る「丹沢山脈」がとても美しい
大山を目指す登山者が足を止める場所です

初めてこのルートを登った時、此処から見る丹沢の山々は憧れでした
三ノ塔、塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、どの山も標高は2000mに満たないながら、その変化に富んだ登山路は中々厳しい
5月末には友人のKさんと久しぶりに塔ノ岳に登る予定です
ss-DSC03286.jpg

新緑の季節、山の緑と云うのは凄く沢山の色合いの集まりであることに気づきます
ss-DSC03287.jpg

ヤビツから塔ノ岳の登るルートの途中にある最初の展望台、「三ノ塔」の山頂です
「三ノ塔」の山小屋がはっきりと見えています
ss-DSC03290.jpg

三ノ塔の先に少し霞んでいますが、一際高い頂が「塔ノ岳」の山頂
山頂の「尊仏山荘」の形が微かに見えていますね
ss-DSC03291.jpg

ほぼ予定時間に山頂に到着
大山の山頂には巨大な岩石を御神体(磐座)として祀った阿夫利神社の本社(上社)があります
ss-DSC03295_20170513124343e23.jpg

山頂から見る南の方向、相模湾は霞んでいますが江ノ島、三浦半島は識別できました
ss-DSC03305.jpg

この山頂にある茶店にある看板、「振り向けば富士山」
でも、残念ながら此処から富士山が見えてた事は無いですね(笑)
ss-DSC03308.jpg

昼食は下山路の途中にある「見晴台」で頂く予定なので山頂では行動食のみ
20分ほど休憩した後、500mほど下ったところにある見晴台目指して下山開始です

途中、馬酔木(アセビ)の花を見かけました。 これから先、山には色々な花が咲き誇りますね
ss-DSC03327.jpg


本当に緑が美しい
ss-DSC03336.jpg

ケーブルカーの終点駅にもなっている「下社」が見えてきました
ss-DSC03333.jpg


山頂から約50分、見晴台に到着です

今月末にテント泊遠征を予定しているので......
バーナーに慣れておく目的もあって、この日は手早く準備できる(野菜とキノコ入り)ラーメンとコーヒーを頂きました
山で食べれば何でも美味しいですね(笑)
ss-DSC03344.jpg

見晴台から下社に向かう登山路、此処はとても気持ちのよいコース
木漏れ日の濃淡の強さ!、流石に紫外線の強い五月の山ですね
ss-DSC03348.jpg

見晴台から10分ほどで二重滝に到着
余り水量はありませんが、この辺りの景色は大山の自然の大きさを感じます
ss-DSC03360.jpg

二重滝にある「お社」です
ss-DSC03367_201705131244259e2.jpg

見晴台から30分足らずで下社に到着

過去二度の大山登山では、男坂と女坂をそれぞれ一度下ったので今日はどちらを下ろうか?
迷いながら下山してきましたが.... 新しいケーブルカーになってから乗っていないことを思い出し
この日は一番安易な選択、ケーブルカーで下山いたしました(笑)
ss-DSC03380.jpg


ケーブルカーで降りた後は、おみやげ物屋さんと名物の「豆腐料理のお店」の並ぶこま参道を歩いてゆきます
最近は車で登山口まで乗りつける登山ばかりでしたが、バスや電車を使った登山も良いですね


春の大山、新緑を目一杯ご馳走になりました
さあ、いよいよ本格的な登山シーズンの開幕です!

まずは来週末、雪の残る「涸沢」までテントを担いで出かける事に致しました
初めての雪中テント泊、はてさて どうなりますか....



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

4 Comments

aru says..."今晩は。"
新緑の大山とても良いですね。
一度は行きたいと思っていながら中々行く事が出来ません。
登って見たい神奈川の山の一つです。
残雪の涸沢、気をつけて行って来て下さい。
ザイテングラードも北穂沢も連休は雪崩が多発していたそうです。
今年は雪が多い年なので横尾からはたっぷり雪が有ると思います。
秋の涸沢も良いですが、私は5月が一番好きです。
登山記楽しみにしています。
2017.05.14 20:10 | URL | #ekCUXRGs [edit]
kite says..."aru さんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

大山は古くから信仰と山として栄えてきたので、アクセスもよく色々な登山ルートも
用意されています
昨年ケーブルカーがリニューアルされて話題になりましたが、何時来ても沢山の登山者と
出会う神奈川の人気の山、是非aruさんもお出でください

今年は雪が多くて、どこの山も昨年とは随分違うようですね
北アルプスのGW中の様子をみて、一つの遠征登山は6月に延期、この涸沢行きもも1週間ずらしました

ザイテングラード、北穂沢
その名を聞くだけでうっとりしてしまう憧れの響き(笑)
今回は雪中トレッキング、テント泊が目的なので、穂高を眺めて帰ってきます

素敵な景色に出会えたら...と思います
2017.05.15 06:55 | URL | #- [edit]
yamatoumi says...""
kiteさん!こんばんは
ほんとですね!大山はもう新緑の景色ですね。
グリーンのグラデーションと青空がとってもキレイです!
次は雪中テント泊ですか?すごいなぁ!
私は雪の上でのテントはしたことがないので、
今からkiteさんのレポがすごく楽しみてす。
底冷え対策と道中、気を付けて行かれて下さい!
雪のモルゲンですよね!楽しみにしています(*^_^*)
2017.05.18 19:59 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi  さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

昨夜、上高地から帰ってまいりました
速報版をアップいたしましたが、涸沢まで辿り着けませんでした(苦笑)

私には許容量を越えたザックの重みに潰されました

雪上テント泊、随分色々な情報を集めて準備をしたのですが、余計なものまで準備をして自分の首を絞めてしまいました
スノーアンカー、(竹ペグの代用の)長いジュラルミンペグ、底冷え防止の銀マット等々

涸沢に向けて準備した山道具編で少し纏めてみますね


2017.05.21 22:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/854-8f0c7590
該当の記事は見つかりませんでした。