凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

川崎の工場夜景に萌え....  (3) 浮島編

 川崎の工場夜景に萌え....  (3)では「千鳥町」の隣に浮かぶ「浮島」のプラント撮影です

浮島、首都高の湾岸線やアクアラインを走るとこの「浮島ジャンクション」の道標を見る機会があると思います
多摩川を挟んで隣は羽田空港、この浮島のプラントは大規模な製油所と化学工場が並び
千鳥町の工場夜景とは一味違った夜景を見ることができました
 
ss-DSC_1535.jpg
Photo-1
東燃ゼネラル石油前
浮島のかなりの面積を占有している「東燃ゼネラル石油」、このタワーのようなプラントは一際目立っていました
.......................................................................................................................................





今回撮影した場所を(赤丸)マーキングしてみました
このマップにて、今回撮影した東扇島、千鳥町、浮島の三つの島の位置関係が把握できると思います
ss-川崎マップ


浮島では、ジャンクションに向かうメインの二車線道路は殆ど駐車できません
そこで、道路の両側に並ぶ大きなプラントを横目に見ながら、適当な撮影スポットを探してみました


まず最初の撮影ポイント、ジャンクションの手前の道路から南西に続くわき道から東燃ゼネラル石油へ
此処は浮島の中では穴場的な位置づけとの事、確かにチョッと分かり難いです

他の工場では見られない様な大規模な設備が並ぶこのプラントの迫力
比較的近い距離から見られるのでかなり圧倒されます
Photo-2
ss-DSC_1514.jpg

人の姿は全く見えないのに、大気を揺する様な音が稼動状態である事を知らせています
音、光、匂い..... SF映画に登場するプラントの様な臨場感を感じます
Photo-3
ss-DSC_1521.jpg

大規模な製油・化学プラント
運河沿いには大きな石油タンクが並んでいますが、其処から製油~石油化学プロセス~石油生成物
広大な敷地の中に幾つかエリアが区切られ、異なる雰囲気のプラントが稼動しています
Photo-4
ss-DSC_1532_201703250827290e9.jpg

このエリアもとても印象に残りました
24時間稼動している設備、プラントを照らす照明は定期的な点検で異常をいち早く知らせる為に必須との事
煌々と照明の灯ったエリアは、特にリスクが高いプラントがあるのでしょうか?
Photo-5
ss-DSC_1542.jpg

写真を撮りながら、フェンスに寄りかかって、そのプラントの機能美に見惚れてしまう瞬間がありました(笑)
Photo-6
ss-DSC_1536_20170325082730db7.jpg


東燃ゼネラル石油を離れ、少し内陸によって工場群を走ってみました
此方は日本合成アルコールのプラント
右後方で「フレアスタック」の出ている煙突は、東扇島・東公園から見えた煙突ですね
Photo-7
ss-DSC_1549.jpg

アルコールを精製するプラントとの事、少し雰囲気が違うような.... (笑)
Photo-8
ss-DSC_1552.jpg

アルコールプラントの向かい側にある石油・化学プラントです
Photo-9
ss-DSC_1557.jpg

Photo-10
ss-DSC_1558.jpg

Photo-11
ss-DSC_1559.jpg


最終章となる(3)は、浮島の規模の大きな三つのプラントを追いかけてみました

川崎、京浜コンビナートの中核として発展する過程で「公害」を中心とした負のイメージが付き纏っていました
そうした中、コンビナート→工場→公害 と云った連鎖から離れて、「工場の夜景の美しさを楽しむ」
と云った切り口で、街のイメージを変えて行った発想、企画力は凄いですね

風変わりな人が、夜の工場に潜り込んでそっと写真を撮るのではなく(笑)
市が率先して、「工場夜景」=「川崎の名所」としてプロモーション活動を行う

今回色々調べてみて、川崎市が観光活動の一環として工場夜景を売り込んでいる事に新鮮な驚きを感じました


以下は、川崎市の「産業観光」のHPの抜粋です

2008年、川崎産業観光モニターツアーの一貫として「ドラマチック工場夜景ツアー」を試験的に行いましたが
その反響は驚くべきものでした。 そこで2010年4月から民間会社の協力を得てバスツアーの定期運行を開始しました
また海上からも工場夜景を観たいという要望に応え、2010年1月より「工場夜景屋形船クルーズ」の定期運行も
開始されており、現在どちらのツアーも約1ヶ月前に予約でいっぱいとなるほどの人気を博しています

この工場夜景ツアーには市民ガイドの「工場夜景ナビゲーター」が添乗し、
参加される皆様に川崎の工場夜景の魅力をわかりやすくお伝えしています


との事、
このHPを眺めていたら、丸の内から「はとバス」も出ているのですね(笑)


さて、寒い間に行きたかった「川崎の工場夜景」、何とか間に合いました
次の冬、もう少し深い所から「工場夜景」を楽しめるよう、準備してゆきたいと思います



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

2 Comments

さゆうさん says...""
こんばんは。
石油プラントの工場、見事に再現され素晴らしいなーと感じました。
これらの工場の質感は、私には出せないなーと思いながら拝見しています。
2017.03.27 18:24 | URL | #- [edit]
kite says..."さゆうさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

工場夜景の撮影と云うのは少し特殊かな... と自分でも思っています
かなり非日常的な景色なので、どう表現するかの自由度がかなりあって、
逆にそれ故どれが正しいか?よく分からなくなってしまう(笑)印象です

工場の静的な物の中で、動的な炎と蒸気をどう扱うか?
ホワイトバランスの設定も、結構好みに左右されることが分かりました

色々反省点も出てきたので、次回に向けて勉強いたします
2017.03.27 21:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/841-3f3f7e25
該当の記事は見つかりませんでした。