凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【速報版】

 早春のお天気は落ち着きませんね
先週末は「憧れの雪山登山」を計画していたのですが、「北関東の山岳部」は早春の嵐で大荒れとの事で断念しました

で、 Plan-B は晴れ予報の山の中から「富士山が美しく見られて適度に登り甲斐のある山」
と云うことで、御坂山塊の「十二ヶ岳~鬼ヶ岳」縦走を選びました

雪の残る難度の高い縦走コース、結構厳しい冬期登山でしたが.......  素晴らしい景色を楽しむことができました
御坂山地の難路「十二ヶ岳~鬼ヶ岳」縦走記 まずは【速報版】です

ss-DSC02179.jpg
Photo-1
十二ヶ岳山頂からの眺め
眼下に西湖、その先には足和田峠~紅葉台へと続く山並み
そして.... 美しい富士山が待っていてくれました
.......................................................................................................................................




富士山が美しく見えて、(そこそこ)登り甲斐のある山を・・・と探していて目に留まったのが
「河口湖~西湖」の北に連なる御坂山地の難所「十二ヶ岳」

昨年一月の無雪期、毛無山から十二ヶ岳を歩いた時の印象はとても強烈でした
コースに点在する難所の緊張感、山頂からの富士山と西湖の眺め
そしてこの登山の時に余裕があれば行きたかった「鬼ヶ岳」も残っているし.......
残雪期にこの難路(!)、念のためにエスケープルートも幾つか用意して出かける事に致しました

コース概要ですが、下記のMapにて
橙色のコースは、昨年1月に歩いた「毛無山~十二ヶ岳」のルート
そして今回の縦走コースですが、水色の登り が「桑留尾(くわるび)~十二ヶ岳」
緑色の縦走路、下山路 は「十二ヶ岳→金山→鬼ヶ岳→雪頭ヶ岳→根場」
ss-鬼が岳縦走

では、先ずは【速報版】にて印象に残った場面の景色を紹介してゆきます
※ 詳細の登山記は、【前編】、【後編】に分けてアップする予定です

日曜日の朝7時、西湖湖畔の根場(ねんば)の駐車場に到着
西湖の西のはずれ、この根場のボート乗り場から富士山のご機嫌を伺います
素晴らしいお天気、縦走している最中もこんな富士山が見られますように....... 
Photo-2
ss-DSC02057.jpg

「魚眠荘」前から十二ヶ岳登山口のある「桑留尾」まで、バスで移動します
このバス停前にある「釣り人の人形?」、昨年チョッと驚きましたが、今年も綺麗なまま展示されていました
後ろに見えるのが縦走路の最後の山「雪頭ヶ岳」  さて、何時に帰ってこられるかな
Photo-3
ss-DSC02052.jpg


桑留尾から十二ヶ岳山頂までの登山記は、「詳細登山記」前編に譲る事に致します
かなりの急登を苦労して登って3時間、「十二ヶ岳 山頂」です
桑留尾の登山路から登ってくる間、西湖の湖畔から吹き上げてくる冷たい風に悩まされましたが
この山頂から見ていると、今も西湖では風が舞い、湖面を激しく波立たせていますね
Photo-4
ss-DSC02181.jpg

湖面に描かれる風紋が見事なので、ズームインしてみました
手前の湖畔には、昨年の春に「テント泊デビュー」した西湖自由キャンプ場が見えています
Photo-5
ss-DSC02205.jpg

山頂でのんびりと昼食を頂きました
目の前には遮るもののない絶景が広がっています、素晴らしい時間と景色を独り占め
東からジェット機が飛んできました 富士山の上に伸びる飛行機雲、真っ青な冬空にとても素敵なアクセント!
Photo-6
ss-DSC02198.jpg

山頂で一時間近く過ごしてしまいました
十二ヶ岳山頂より、これから向かう「鬼ヶ岳」から「雪頭ヶ岳」の険しい山並みを眺めます
昨年はこの山容を眺めて、先に進むのを諦めました(笑) 「鬼」と名のつくもので優しいものなどないですからね
Photo-7
ss-DSC02234.jpg

「十二ヶ岳 標高:1683m」から、先ずは縦走路の最初の頂「金山 標高:1686m」まで
標高を見ると、まるで平らな場所を歩いているようでしょう(笑)
実際は断崖絶壁をロープで20m下り、其処から垂直な岩場を岩を掴みながら20m登る... なんてコースです  
※詳細は登山記で報告します

これは金山直前の稜線からの眺めです
西に向かって歩いてゆくと富士山の形が少しずつ変化してゆきます
Photo-8
ss-DSC02255.jpg


ここから今年の1月に登った「三ッ峠山 標高:1785m」が見えてきました
Photo-9
ss-DSC02248.jpg

穏やかで美しい稜線もあります(笑)
十二ヶ岳にてチェーンスパイクを履きましたが、コースの残雪とアイスバーンでとても役立ってくれました
Photo-10
ss-DSC02253_20170220201200e80.jpg

「金山」を越えて、「鬼ヶ岳」山頂に向かってよじ登った先の踊り場から眺める「十二ヶ岳」
山の向こうには河口湖から富士吉田の町まで見えています
Photo-11
ss-DSC02278_2017022020120198d.jpg

「鬼ヶ岳 標高:1738m」の山頂に到着です

鬼と呼ばれる山の由来、この奇岩が下から見ると「鬼の角」に見えるとの事
確かに、此処までのコースも含めて「オニ!!」(笑)の居る山でした

この縦走路は「鍵掛峠」~「王岳 標高:1623m」まで続きますが、この先のコースはまた今度のお楽しみ
しかしこの日は終日好天に恵まれました、鬼ヶ岳の山頂から見る空は青く!、近い!
Photo-12
ss-DSC02298.jpg

「鬼ヶ岳」から「雪頭ヶ岳」に向かうコースも、梯子、アイスバーン、ロープありのスリル満点のコース
古いマップでは鬼ヶ岳周辺は破線表示、つまり「難路指定コース」だったそうですが、納得です
でもこの素晴らしい眺めには騙されますね(笑)、誰かの写真を見たら来たくなる
後編に載せますが南アルプス、北アルプスも見ていました

此方は青木が原の樹海の向こうに「光る本栖湖」
王岳に連なる山脈、青い山並みのグラデーションがとても美しかった
Photo-13
ss-DSC02306.jpg

「雪頭ヶ岳」は高山植物の宝庫との事
この頂の横にチョッとした広場があって此処からの景色もまた美しい
西湖も風が収まった様ですね、真っ青な冬空を写した群青色の彩り、そして此処から見る「左右非対称な富士山」
雪頭ヶ岳から先、かなりきつい下り坂を2時間下ってゆきます
Photo-14
ss-DSC02332.jpg

根場までの下り坂はとても長い
アイスバーンから泥濘、ザレタ岩場、枯葉の積もった急坂... と、まあ色々ありました(笑)
でも、途中でこうした美しい林を歩くと疲れも癒されますね
Photo-15
ss-DSC02349.jpg


残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【速報版】でした

写真の整理が未だ済んでいませんが、早めに【前編】をアップしたいと思います




【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

6 Comments

りら says..."kite31 様"
Photo-1
十二ヶ岳山頂からの眺めはこれ程美しいのですね
眼下の西湖の水面の輝きに目を見張る思いです

Photo-4
冠雪した富士山の美麗さ・・・
西湖の水面の絵画のごとくの美麗さ
二つ並び 言葉に尽きせぬ思いで拝見させて頂きました

Photo-5
西湖自由キャンプ場は絶景地にあるのですね
お写真はそれを明確に示されています

Photo-8
Photo-4とはまた異なる姿には見えますが やはり美しさに変わりはありませんね

Photo-10
木立の背後に見える 稜線の白が極めて綺麗です

Photo-15
森林の中 一本の樹木に結ばれた赤い紐が印象的です

写真の整理が未だ済んでいませんが、早めに【前編】をアップしたいと思います・・
楽しみにお待ちしていますね
2017.02.21 18:33 | URL | #sSHoJftA [edit]
ノース says..."こんばんは。"
kite31さん、こんばんは。
十二ヶ岳山頂からの眺めは以前にも見せていただきましたが素晴らしいですね!!
それにしても西湖はほんと眼下ですね。
青い西湖と風紋そして冠雪した富士山、息を呑む絶景ですね!
残雪期の縦走も大変でしたね。
それだけに苦労して登った者だけがが見ることのできる数々の絶景の感動を味わえましたね^^
お疲れ様でした。
2017.02.21 19:05 | URL | #gGj3Lv6Q [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

昨年の冬、此処から見た景色が脳裏に焼きついていて、途中の登山路のキツサを忘れて
また出かけて来てしまいました(笑)

直下に西湖の見える景観、逆に言うと西湖から直登で山に頂に向かうことになりますから
これはもう仕方が無いですね

湖畔に立っていると余り見る事のできない湖面の風紋、
800mの高度差が、この風の舞いを素晴らしい距離感で見せてくれたように思います

富士山の姿、
山中湖、河口湖から見る富士は、左右対称、ずっと裾野まで拡がる山容はまさに優美、
それが、西湖の西に向かうに従い、その対象性が崩れ荒々しさが現れてくるように思います
でも冬の富士は美しいですね

この距離ですと、見るというよりも富士に会いに来た... そんな感じがします

樹林に結ばれた赤い紐、良いでしょう
これを専門に写している方もいるようですよ(笑)

2017.02.22 14:14 | URL | #- [edit]
kite says..."ノースさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

十二ヶ岳の景色、以前にアップした写真を記憶して頂いたとお聞きして凄く嬉しいです

真下に見える西湖、真正面に佇立する富士山、遠く青木ヶ原の樹海の向こうに、本栖湖の輝き
山頂の裏に廻ると、南アルプスの山々まで見通せます

昨年1月に登った時には全く雪が無かったのですが、この日は雪と氷の登山路を歩く事になりました
まあ、これは後に控える雪山登山の練習になったので良かったのですが...

しかし、やはりキツイ登山でした
きつかった記憶がスパイスになって、この絶景をより美味しいものにして居るのかもしれませんね
又来年も、辛さを忘れて、素晴らしい景色の記憶だけを頼りに此処にやってくると思います(笑)


2017.02.22 14:21 | URL | #- [edit]
ガーデンローズ says...""
こんにちは♪
冬の西湖には、愛犬たちと何度か行ったことがあり
根場の駐車場にも、車をとめたことがあるのですが
西湖を眼下に見る冬登山、
梯子、アイスバーン、ロープ・・そう聞いただけで
私は、眩暈がしそうです(^^
でも、それだからこその景色が待ってくれているのですよね^^
私には、見ることが叶わない景色を拝見させていただいて
幸せに思います*^^*

リンク、是非、ぜひ、よろしくお願いいたします*^^*
私も、リンクさせていただきます*^^*
いただいたコメントに、リコメをさせていただく前に
お邪魔してしまいました(^^
2017.02.22 15:00 | URL | #- [edit]
kite says..."ガーデンローズさんへ"
こんばんは、早速のコメントありがとうございます

山中湖、河口湖に比べ、西湖は自然の中にいる事を感じますね
この日、愛犬を連れて湖の傍で遊ばせている方を沢山見かけました
トリオ君達、喜んだでしょう

2000mに満たない山ですが、この十二ヶ岳、鬼ヶ岳は難度の高い山として
北アルプスを目指す登山者に人気の場所との事、でも素晴らしい景色がご褒美としてもらえるので、
登って損はありません

この後の詳細レポートで、又別の景色をお届けいたします

リンクの件、ありがとうございました
新しく始まった第二章のブログ、引き続き楽しみにしています
2017.02.22 20:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/829-a738a791
該当の記事は見つかりませんでした。