凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅の香りに誘われて..... 早春の古都鎌倉

 梅の季節と言うと2月
でも、今年は2月中に小田原の「曽我の梅林」には行けそうもないので
北鎌倉の東慶寺・浄智寺・明月院を巡ってき参りました

早いところでは河津桜も咲き始めたようで..... 桜に終われるようにして「梅の香りに誘われて 早春の古都鎌倉」です 

ss-DSC_1202.jpg
Photo-1
余りに有名な..... 明月院の丸窓 「悟りの窓」
この丸窓を通して後庭園の四季折々の景色を眺める事ができます
紅葉の頃はとても見事ですが、静かな冬枯れの景色、鉄瓶の似合う今の季節も和みますね
..............................................................................................................................................





【東慶寺】

時間があれば、円覚寺の「洪鐘弁天茶屋」まで登って、北鎌倉の梅の様子を俯瞰したかったのですが、
この日は明月院まで足を延ばすことにしたので、先ずは東慶寺から散策を始めました
Photo-2
ss-DSC_1067_20170212073730ac0.jpg

東慶寺のこじんまりとした山門を抜けた後のこの景色、此処に立つと、いつもとても落ち着いた気持ちになります
若葉、そして紅葉の季節のは墓苑を囲む林が主役ですが、花の季節はこの山門から本堂までの境内が華やかです
Photo-3
ss-DSC_1070_2017021321182803e.jpg

寺社で梅を楽しむ人達はとても静かですね
Photo-4
ss-DSC_1084_20170212073736f35.jpg

冬晴れのこの日、梅の花びらがとても綺麗に輝いていました
Photo-5
ss-DSC_1086.jpg

Photo-6
ss-DSC_1091.jpg

Photo-7
ss-DSC_1107.jpg


早春の使い「福寿草」
Photo-8
ss-DSC_1079.jpg

晩秋に紅葉した柏葉アジサイの葉が未だ残っていました
紅葉の遅い北鎌倉ならではの奇跡ですね
Photo-9
ss-DSC_1138.jpg

東慶寺から浄智寺に向かう散策路
小民家風のカフェや、お土産物を売るお店が点在しています
この店先にはつるし雛、そろそろ桃の節句ですか.....
Photo-10
ss-DSC_1141_2017021207381848b.jpg



【浄智寺】

鎌倉五山の第四位となる禅宗のお寺である「浄智寺」は、鎌倉街道から少し奥まったところにあります
立派な道標もありますが、この季節の目印はこの「蝋梅の花」
Photo-11
ss-DSC_1142_20170212073834f0d.jpg

浄智寺は、山門に向かって続く参道がとても印象的です
鎌倉石と呼ばれる、砂岩の一種で舗装された参道は、磨り減って時の流れを感じさせます
Photo-12
ss-DSC_1143.jpg

重層一間一戸の三門は上層が鐘楼を兼ねている珍しい形式との事
確かに、この門はこの浄智寺を特徴付けている様に思います
Photo-13
ss-DSC_1146.jpg


文化財が沢山残っている境内を暫し散策いたしました
Photo-14
ss-DSC_1154.jpg

Photo-15
ss-DSC_1155.jpg

鎌倉江ノ島七福神の一である布袋の石像をまつる洞窟に入ってみました
お腹をなでるとご利益があるとの事、沢山の人に撫でられて黒光りしています(笑)
Photo-16
ss-DSC_1157.jpg



【明月院】

昨年の晩秋、獅子舞の紅葉を見るために、この明月院の横を抜けて「天園ハイキング気コース」に行って以来
約三ヶ月振りの訪問となります
Photo-17
ss-DSC_1229.jpg


紫陽花の季節、「明月院ブルー」と呼ばれるヒメアジサイに囲まれる参道
この日は工事中でした
Photo-18
ss-DSC_1167.jpg

この季節、明月院で出合った花は「まんさくの花」と「蝋梅」
明るい黄色い花が境内を飾っていました
Photo-19
ss-DSC_1185_201702131050411f4.jpg

Photo-20
ss-DSC_1188_20170213105041fa5.jpg

Photo-21
ss-DSC_1177.jpg

「悟りの窓」
明月院の裏庭園が開放されるのは年に二度、次は菖蒲の季節になります
Photo-22
ss-DSC_1212_20170213105055d1a.jpg



梅の香りに誘われて..... 早春の古都鎌倉

北鎌倉の、東慶寺、浄智寺、明月院の散策記をお届けいたしました
2月ももう半ば、春一番の吹く季節になりました

春山シーズン前に、何とか雪山に出かけたいと思っています(笑)




【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31 様"
Photo-1
名高い明月院の丸窓
悟りの窓から望む 冬の樹木の枝も風情がありますね
上方 部屋の和の照明入れ込み構図が新鮮です

Photo-8
節分草や片栗と共にスプリング・エフェメラル「春の妖精」の代表格である福寿草
黄色い可愛い開花した花が二輪 まるで双子のように可愛いですね
日が陰ると花びらを閉じてしまう福寿草・・・
程よい日差しの中撮影出来ましたね

Photo-9
柏葉アジサイの葉の表現 芸術性豊です

Photo-10
吊るし雛 とても可愛いですね
私も撮影したいですね

Photo-18
明月院ブルーで有名な参道・・・この時期ならではの雰囲気が醸しだされています

2017.02.13 21:45 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

明月院のこの丸窓から見える景色
近景、遠景、そしてこの和の部屋にある小物、全ての調和を考えて手入れされているようです
人気のある景色ゆえ、余り長く見ていられないのが残念です

厳しい冬を越し、春を迎える喜び、それは人も植物も同じなのでしょうね
今年はカタクリを撮りに行きたいと思っています、上手くタイミングが合うと言いのですが・・・

吊るし雛、2月になると山手の洋館に色々なお雛様が飾られるので、今が狙い目かもしれませんよ

最近は、枯れた紫陽花が人気の被写体になっていますね
傍で見ると、もう淡い緑の芽が出ていました、春近し!ですね
2017.02.14 20:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/827-90702091
該当の記事は見つかりませんでした。