凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

冬日の横浜 夜景巡り 「大桟橋編」

昨年末、クリスマスイルミネーションを見る機会を逸してしまい、何処かで冬の夜景撮影に出かけてみたい.....
と機会を探っていましたが、漸く横浜のみなと周りの夜景撮影に行く事ができました

当日は他の都合との兼ね合いで重たい三脚を持参できず..... 冷たい海風の吹く冬日、手持ちで何処まで行けるか?
結構無謀な撮影となってしまいました

この日の散策コースは、
夕暮れ時の大桟橋から始めて、象の鼻パーク、赤レンガ倉庫、ワールドポータース、汽車道と廻ってみました
先ずは前編: 暮れなずむ大桟橋の景色から
ss-DSC_0974.jpg
Photo-1
この日は新しい夜景スポットも廻ってみました
汽車道を真下に見下ろし、川面に映る夜景がとても鮮やかでした
...........................................................................................................................................



沈む夕陽を大桟橋から見てみたい! と云うことで、大桟橋をこの日の撮影のスタート地点としました
随分早めに出かけてきたので、「くじらのおなか」の中で暫し待機です


Photo-2
くじらの背中、このウッドデッキを採用した方の勇気に乾杯です
デッキの維持には手間もお金も掛かると思いますが、季節、時刻を伝えてくれる「木のぬくもり」はとても素敵です
ss-DSC_0807_2017020718344349a.jpg

Photo-3
冬の陽射しは本当に斜めに射しますね
斜光を受けたウッドデッキの鈍い輝き、此処はくじらの背中の大好きなアングルの一つ
ss-DSC_0808.jpg

Photo-4
赤レンガ倉庫の桟橋から出てきた観光船の「シーバス」を見ていたら.....
変な船、いやバス?(笑)が動いています
水陸両用バス「スカイダック」だそうですが、山中湖の「kaba」のパクリかな
ss-DSC_0816.jpg

Photo-5
しかし、山中湖ならばそれなりに似合うのかもしれませんが、海の上では余りに無防備(笑)
溺れかけた犬が犬掻きで必死に泳いでいるようで、大桟橋のデッキから見下ろす観客の反応も微妙でした
ss-DSC_0820.jpg

Photo-6
この日は海からの冷たい北風が強く、外で夕陽をじっと待っているのはかなり辛い
暖かい「くじらのおなか」に退避、このガラス枠で区切られたMM21の景色もお気に入りの一つです
ss-DSC_0824.jpg

Photo-7
暫し読書に夢中になっていたら.... いつの間にか、大分陽が傾いてきた様です
冬枯れの芝生、色落ちしたウッドデッキを冬の陽が照らしています
ss-DSC_0827.jpg

Photo-8
くじらの背中で一番広いスペース、木目が寄木細工のように合わさって、迷路に入り込んだような気分になります
ss-DSC_0835.jpg

Photo-9
複雑な局面がうねって、独特の陰影を作っています
ベイブリッジ、その向こうは大黒埠頭、白く大きな車運搬用の輸送船が停泊しています
ss-DSC_0836.jpg

Photo-10
大桟橋ホールは改装中でしょうか... ホールの中に何も入っていないので、向こう側まで見通せました
くじらのお腹の中から.... くじらが欠伸をした瞬間、大きな口を通して向こうの景色を見た事になるのでしょうか
ss-DSC_0841.jpg

Photo-11
間もなく陽が沈みます
ss-DSC_0843_20170207183508054.jpg

Photo-12
今日は夕日が美しく見られる日のようです、良かった
ss-DSC_0846.jpg

Photo-13
夕焼け、凄い色ですね オレンジ色の空にMM21を影絵に様に浮かび上がらせています
ss-DSC_0851.jpg

Photo-14
これがこの日見たかった景色の一つ
少し色落ちして傷ついたウッドデッキの鈍い輝き
大桟橋の複雑なウッドデッキは、冬の斜光を受けた時、独特の輝きを見せてくれます
ss-DSC_0860.jpg

Photo-15
寒い冬日の夕暮れ時、海からの冷たい風の中を待った甲斐がありました
素晴らしいマジックアワー
ss-DSC_0866.jpg

Photo-16
夕陽が沈んだ後、暫し余韻を楽しむような光の空白時間があった後、徐々にMM2に灯が入り始めましたss-DSC_0873_20170207183529345.jpg

Photo-17
大桟橋埠頭ビル、氷川丸、マリンタワーのライトアップが美しいですね
ss-DSC_0902_20170207183543ed3.jpg

Photo-18
象の鼻パークのシンボル、スクリーンパネル
象の鼻パークの設計者曰く、「このパークの大きな風景をパネルの曲線で描きたかった」
開港記念日には特別色になるそうです、
マリンタワーまで入ったこのアングル、チョッと気に入りました
ss-DSC_0903.jpg

Photo-19
「Kの塔」、「Qの塔」、そしてランドマーク
波が静まっていると、海への映り込みが美しいのですが、この日の横浜港は荒れていました
ss-DSC_0908.jpg

Photo-20
赤レンガ倉庫の冬の風物詩、もう12回目のシーズンと言う事です
Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫
只今準備中、との事で夜景撮影の先を急ぐ事にしました
ss-DSC_0932_20170207183548a03.jpg

Photo-21
赤レンガ倉庫からクイーンズスクエアに向かう途中にある新港中央広場
枯れ掛けたパンパスグラスと芒の穂が周りのライトを反射してとても目を惹きました
この広場は360度 MM21を眺める事ができますね
ss-DSC_0937.jpg


冬日の横浜 夜景巡り 「大桟橋編」でした

当初の予定では、赤レンガ倉庫から新しくできた「MARINE & WALK YOKOHAMA」を通って
臨港パークまで、海沿いの散策路から夜景を写したかったのですが、この日はとても風が強くて断念
内陸のコースに変更いたしました

クイーンズスクエアから汽車道の夜景を写した後編に続きます


【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31 様"
Photo-1
汽車道俯瞰撮影 とても新鮮に感じます

Photo-2
構図の素晴らしさに魅了されました

Photo-4
水陸両用バス横浜 スカイダック 乗車してみたいですね

Photo-5
PLH-32・・・・あきつしま・・・海上保安庁の巡視船・・・撮影出来ましたね
私も以前 撮影しました

Photo-9
彼方に見えるベイブリッジを捉えています 素敵な景観ですね

Photo-10
大桟橋ホールは改装中ならではのお写真
心に記憶 お写真に貴重な記録となりましたね

Photo-19
クィーンの塔 キングの塔 横浜三塔都市伝説 ジャックの塔以外は撮影出来ましたね


2017.02.08 20:35 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

この日のみなと巡りですは、大桟橋と汽車道を中心に狙ってみました
大桟橋は、訪れる季節と時間によって随分印象が変わりますね

夕暮れ時になると、重そうな三脚を持ったカメラマンが沢山集まってきます
風の強い冬日、手持ちで写す夜景はやはりキツイですね(笑)

ランドマークタワーの沢山並んだ窓、此処に手ブレがもろに出てしまいます
次は、三脚持参でMM21を廻りたいと思います

巡視船あきつしま、船名までは知りませんでした
いつも、この桟橋に巡視船が停泊している事は承知していましたが・・・

少し調べたら、この「しきしま型巡視船」は、巡視船としては世界最大だそうですね
海上自衛隊のイージス艦に並ぶ規模との事

私も、少し注意して船の名前を見るようにしたいと思います(笑)
2017.02.09 20:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/825-09d2c3fe
該当の記事は見つかりませんでした。