凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

新春の吾妻山公園へ

大寒も過ぎましたが、寒い日が続きますね
でも早春の花の話題を目にすると、季節はゆっくりと春に向かって進んでいることを感じます 

ここ数年この時期の恒例行事となった「二宮:吾妻山の菜の花巡り」、今年も春を感じに行って参りました
ss-DSC_0567.jpg
Photo-1
穏やかな陽射しを受けて暖かくなった石垣に腰をかけ、菜の花越しに眺める西湘の海と富士山
二宮町・吾妻山はもう春の気配濃厚でした
.................................................................................................................................................................




吾妻山公園
年毎に有名になって、最近はこの公園の「菜の花の咲き具合」がTVニュースで流れるほどメジャーになりました

この吾妻山公園、ロードバイクの友人から紹介されて初めて登ったのが5年前
その頃は湘南、西湘の海辺をロードバイクで走って来て、最後は麓に自転車を停めてこの吾妻山公園に登る
と云うのがローディーの間で人気のポタリングコースになっていました
それ以来この公園から眺める景色・・・菜の花、西湘の海、富士山、丹沢が新春の風物詩となっています


先々週、冬の景色に憧れて、江川海岸の寒々とした景色を堪能した後
やはり、少し暖を取れるような景色が恋しくなって・・・ 先週末に吾妻山公園まで出かけてまいりました

Photo-2
急な石段を登り切ると、其処は水仙の花園
独特の水仙の香りに囲まれた散策路の眺めを楽しみます
ss-DSC_0548.jpg

Photo-3
水仙も沢山の種類があるようですね
この水仙は、花が小振りで副冠の色が純白、とても清楚な印象でした
ss-DSC_0556_201701262216406dd.jpg


Photo-4
吾妻山山頂までの階段、正月明けで運動不足の時には結構応えましたが
登山を始めてからは、流石に一気に登れるようになって来ました(多少意地もありますw)

山頂に到達してまず確認するのが富士山の様子
くっきりと姿を現していますが、残念ながら、頂に雲が掛かってしまっています
ss-DSC_0558_2017012622164200c.jpg


Photo-5
菜の花越しに眺める西湘の海岸、そして箱根の山並み、真鶴岬、伊豆半島・・・ この眺め、生き返りますね ss-DSC_0560.jpg

Photo-6
北を見ると丹沢山塊がはっきりと見えています
正面の少し雪を被った頂が塔ノ岳、そして左手の山頂を雪に覆われた山が西丹沢の檜洞丸
ss-DSC_0563.jpg


Photo-7
檜洞丸のアップです
今、この山の雪景色を撮りに行くタイミングを計っていますが・・ 登るのは二月になってしまうかな
ss-DSC_0566_201701262216596ca.jpg


Photo-8
菜の花の向こうにある桜並木を見て、いつも「今度は桜の季節に来て見よう!」、と思うのですが
桜の季節は行く所が多すぎて、中々此処に来る事ができません
ss-DSC_0571.jpg

Photo-9
東の斜面の芝生の広場、湘南の海まで落ち込むようでしょう
この日は江ノ島や三浦半島まではっきり見えました
ss-DSC_0573_201701262217032fa.jpg

Photo-10
いつも、菜の花が満開の報を聞いて暫くしてからこの公園に来ていましたが
今年は最盛期だったようで・・・公園に漂う菜の花の香りが凄かった
ss-DSC_0586.jpg

Photo-11
二ノ宮沖は鯵の好漁場 茅ヶ崎、平塚、大磯、小田原から釣り船がここに集まります
光る海、釣り船のシルエットの傍、流れ雲の影がくっきりと海に映っていました
ss-DSC_0598.jpg

Photo-12
吾妻山の山頂に佇立する「エノキ」の大樹
横浜の山手のえのき亭にある「エノキ」と共に、とても印象に残っています
暖かな陽射し、菜の花、青空、純白の浮雲・・・ 此処はもう春の気配濃厚ですね
ss-DSC_0627_201701262217257bf.jpg


Photo-13
遠く伊豆大島の島影も見えています
海、山、花、空、浮雲、そして笑顔・・・  ほかに何か要りますか?
ss-DSC_0651.jpg


江川海岸から吾妻山、季節は冬から春へ・・・ と思って山を降りたのですが
今年の冬は、想いの外厳しいですね



【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31 様"
Photo-2
水仙の背後からの撮影 それが新鮮です
背景の無数の玉暈けも綺麗です

Photo-3
副冠の色が純白・・・その清らかさが存分に表現されています

Photo-4
300段の階段 一気に登られたのですね
富士山の雲 それが富士山に陰影をもたらしています
とても素敵な表情となっていると私には思えます

Photo-8
今年は是非 桜の咲く頃 また吾妻山にお出で下さいね

Photo-11
吾妻山から望む二ノ宮沖の海
輝く海の中にある船舶がまるで海鳥のごとくに見えます
日本絵画かのようですね

Photo-12
吾妻山のシンボルツリー 榎
やはり存在感がありますね
えの木ていのガーデン席にある榎
記事拝読させて頂き懐かしい思いになりました

では 桜が咲き誇る頃お出でになりましたら 浅間山神社も撮影して下さいね
kite31様ならではの吾妻山公園の桜と浅間山神社 拝見したいと思います 
2017.01.27 20:00 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

水仙の花、人で言うところの「うなじ」にとても魅力を感じています(笑)
過去の写真も含め、水仙を狙うアングルは背後からが多いように思います

この白い水仙、とても清廉な印象を受けるでしょう
少し小振りの花でしたが目を惹きました

300段あったのですね
お年寄りの方のために途中にベンチや休憩所が用意されたり、色々工夫をしていますね
バリアフリーにすると言った噂を幾度か聞きましたが難しいのかな・・・
標高は160m程度なのですが、幾度見てもこの山頂からの眺めは素晴らしいです

東京湾で釣りをしていると、三浦半島や房総半島を見ながら・・となるのですが
相模湾で釣りをすると、群青色の海や波の荒さから此処が外海である事を凄く感じます
でも、吾妻山から見る釣り船はとても牧歌的ですね

榎の大樹、見事でしょう
芝生の斜面を少し下ったところから仰ぎ見るこの榎がとても気に入っています
この榎を見ていると・・・「キタキツネ物語」で、語り役をしていた樫の樹を思い出します

では、ご要望にお応えできるよう
桜の季節に吾妻山と浅間山神社、確りメモしておく事に致します(笑)
2017.01.27 20:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/822-8b475985
該当の記事は見つかりませんでした。