凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

憧れの冬景色を求めて 江川海岸:海に続く電柱(2)

 憧れの冬景色を求めて 江川海岸:海に続く電柱
後編では、夕暮れ時の電柱をモチーフにしつつ、琥珀色に染まってゆく海辺の空と干潟の様子を撮影してみました

Photo-1:
暮れゆく空に海鳥達の群れ飛ぶ姿、最近は余り目にする事のなかった景色
海に続く電柱群の背景にピッタリでした
ss-DSC_0430.jpg

....................................................................................................................





人気の江川海岸、日没間近では、気に入った場所に入れなくなりそうなので、少し早めに江川海岸に戻ってきました

Photo-2
遠浅の海岸が作る広大な干潟、大きな鏡のような拡がり、やはり潮の引いた時間ならではの魅力を感じます
ss-DSC_0324_20170123093441be8.jpg

Photo-3
大きな夕陽が静かに西に沈んでゆく様子
影絵となった地平線の製鉄工場、琥珀色から鮮やかな橙色に変わってゆく空の色
夕陽を照り返す干潟の拡がり、干潟から海へと連なる電柱群・・・  静かに、そしてドラマチックに景色が変化してゆきます
ss-DSC_0411.jpg

Photo-4
電柱、そして干潟・・・ 背景にある製鉄所の巨大な構造物が、この景色にはとても似合うように感じます
ss-DSC_0417.jpg

Photo-5
西に目を転じると、遥かな丹沢の山並みを背景にして、MM21そして本牧のガントリークレーン群のシルエットが美しい
ss-DSC_0419.jpg

Photo-6
電柱の直ぐ先に、巨大な貨物船やタンカーが浮かんでいます
ss-DSC_0420.jpg


Photo-7
夕暮れの空、そして空を写す干潟・・・ 橙色が刻一刻と濃くなってゆきます
ss-DSC_0422.jpg

Photo-8
冷たい冬日、透き通った空気を透かしての富士山を期待しましたが・・・・
ガントリークレーンの向こう大きく、微かなシルエットで登場です
ss-DSC_0446.jpg

Photo-9
オレンジ色に染まる夕暮れ時、海鳥、工場、海苔棚、電柱 全てが影絵となって行きます
ss-DSC_0428.jpg

Photo-10
憧れの冬景色を求めて 江川海岸:海に続く電柱 最後の四景です
ss-DSC_0432.jpg

Photo-11
ss-DSC_0442.jpg

Photo-12
ss-DSC_0492.jpg

Photo-13
工場にも灯かりが灯り始めましたss-DSC_0501_201701230935270b8.jpg

Photo-14
夕暮れ時、沢山のカメラマンが集まってきました
この後で駐車場に戻ったら、驚いた事に大型のバスも停まっていました、流石に人気の江川海岸ですね
ss-DSC_0536_20170123093536236.jpg


陽が没した後、工場夜景を背景にした電柱群にも惹かれましたが、流石にもう根気が続かず・・・(笑)
この日、江川海岸で見られずに、見たかった風景の一つとして、次回まで残して置く事に致しました

冬に見たい景色、2017年最初の景色は「海に続く電柱」の撮影をして参りました
期待通り、此処江川海岸で非日常的な景色に驚く事ができました

次は・・・ 余りに有名になってしまいましたが、これを見ないと新しい年が始まらないので・・・・
先週末に出かけた「吾妻山公園の菜の花」をアップ致します



【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



スポンサーサイト

4 Comments

そら says..."拝見していると"
ほっと溜息がもれます。
見事なお写真に一息つかせていただき
読み逃げておりますわ。
ありがとうございますv-354
2017.01.25 09:59 | URL | #- [edit]
kite says..."そらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

アクアラインを渡って30分足らず、横浜の対岸にこの様な場所があったことが驚きでした
海に向かって並ぶ電柱を撮りに行ったのですが、広漠とした干潟の風景にとても癒されました

写真から、この景色の雰囲気が伝われば幸いです

又、気軽にコメント入れてください。
2017.01.25 20:26 | URL | #- [edit]
りら says...""
Photo-1
電柱が芸術的に感じることが出来るのは稀なことかと思います
今回の撮影地はその稀なる中にある光景ですね
夕陽の精に染め上げられた天空と海 そこの存在するオブジェ
素晴らしい感性で切り取られていますね

Photo-2
引き潮の時間帯ならばこその干潟
それは魅力的ですね

Photo-3
大きな太陽とそれが映り込む干潟
自然とかかくも美しいのだと感じます

Photo-4
工場群 私も一度は撮影してみたいですね

Photo-5
横浜湾のガントリークレーン群を思だしています

Photo-6
電柱の大胆な入れ込み構図が魅力的です

Photo-7
橙色の魅惑 存分に表現されています
綺麗な色彩美ですね


2017.01.26 19:04 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

江川海岸の電柱、余りに有名な被写体なので、寧ろ製鉄所や干潟、海鳥と云った
周辺の対象物にも目を向けたので、中々面白い写真が撮れたかな?と思っています

東京湾を挟んだ対岸から見る横浜もとても興味深かったので、今度は夜景を狙いに行きたいと思いました

そうですね、夕暮れ時、周りが橙色に染まってゆく時間と云うのは、
とても魅力的ですね

日没に向け、刻一刻と景色や色彩が変化する様子、大きな自然の中に入り込んで
息を潜めてずっとみていたい景色でした

ブログにアップする為に写真を整理すると、その時、其処で感じた感動が蘇ります
これも写真の魔術ですね
2017.01.27 20:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/821-2ad1f397
該当の記事は見つかりませんでした。