凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

2016年 30座目の登山記録 十里木高原・越前岳

 横浜地方、2017年は風もなく穏やかなお正月を迎えました
このお正月のお天気のように、今年も穏やかで健やかな1年になって欲しいですね

さて、2016年最後の登山となったのは、冬の十里木高原・越前岳(標高:1504m)
年越しになってしまいましたので、早めにアップしておく事に致しました

ss-DSC_0123_20161231152240e88.jpg
越前岳の十里木高原側の登山路は北側となっているので、冬はかなり冷え込みます
駿河湾から昇って来る霧が見事な霧氷となって山頂を覆っていました
.................................................................................................................................




登山初心者の私が、冬の間に安全に登れる山はかなり限定されます
更に・・・どの様な登山にでも「楽しむべきテーマ」を決めて登りたいと思っているので、山選びが余計に面倒くさい(笑)

以前も少し記しましたが・・・ この季節の私の登山のテーマは三つ
                     ● 低山でも美しい「雪景色」が見られる
                     ● 景色の良い山頂で「温かい山ご飯」が楽しめる
                     ● 澄んだ空気の下で美しい「富士山」の姿が見える

この日登ったのは、裾野市の十里木高原にある越前岳
富士の三足の一つ「愛鷹山連峰」の最高峰の山で、富士に向かって最前衛に位置する山となります

一昨年の12月、大気がキーンと凍った様な寒い冬日に登り、正面に見えた「赤富士山」には感激致しました
更に、此処から見る富士山の特徴の一つ、大きな口を開けた宝永火口の迫力!

※ これは一昨年12月に此処から写した赤富士です
ss-DSC_3931.jpg


未だ夜明け前の6時に十里木の駐車場に到着
しかし・・・ 夜が明けるに従い見えてくる景色は雲と霧、残念ながらこの日は赤富士を見る事はできませんでした

でも、山頂で富士山が見られることを期待して、予定とおりに越前岳に登る事に致しました
標準のCT(コースタイム)で山頂まで三時間弱ですが、先ずはこの長~~い木の階段の先にある「展望台」まで20分ほど
ss-DSC_0158.jpg

階段の先にある展望台(標高:960m)からの眺めですが、やはり富士山は完全に雲の中
此処までは一般の観光客の方も登って来るそうです
ss-DSC_0034_20161231152207a02.jpg

この日、天気予報では晴れのはずでしたが・・・ 沼津の街並み、駿河湾も霞んでしまっていました
ss-DSC_0038.jpg

展望台の先、暫くは樹林の中を歩くので視界が利きませんが、馬の背(標高:1100m)」まで登ると
富士の裾野、十里木高原の広がりがとても気持ちよいです
ss-DSC_0045.jpg

この日に見た富士山のなかでは、これが一番露出度が高かったかな・・・
ss-DSC_0051.jpg

越前岳の北側を登る登山コースなので、この季節の登山路はかなり冷え込み、路の脇の霜柱が凄いです
ss-DSC_0064.jpg

昼過ぎに登ると霜柱が溶けてかなり悲惨な登山路になるようです
早朝、寒さはかなり厳しいですが、霜柱を踏む乾いた音がとても心地よいです
ss-DSC_0102.jpg
登山路は途中から駿河湾方面に廻りこむので、海からの湿った風が霧となってこの山の斜面を昇ってくるようです
この霧が冷えきった越前岳の樹林に霧氷の花を咲かせます
ss-DSC_0095.jpg

霜柱の砕けた登山路と霧氷に花をつけた樹林
3時間近く登ってきてもう直ぐ山頂ですが、寒さと疲れを忘れる風景でした
ss-DSC_0112.jpg

越前岳山頂です
この山は地元の方にとても愛されている山のようで
写真右にいらっしゃる二人の女性から、かなり詳細にこの山の魅力をレクチャーされました(笑)

山頂でバーナーでお湯を沸かす方もいらっしゃいましたが、見晴しも悪く、かなり寒いので少し休んで下山する事にしました
ss-DSC_0117.jpg

山の斜面に広がる霧氷、冷たい風を受けて見る間に霧氷が成長してゆくようです
ss-DSC_0124.jpg

一昨年、晴れた日に見た「駿河湾と伊豆半島」の眺めがとても印象的でしたが
駿河湾の光る海が微かに見えただけ・・・ 又別の季節に来たいと思います
ss-DSC_0135.jpg

帰りは登山路の霜柱を踏みながら、一気に下ってきました
南アルプスまで見通せるこのベンチ、晴れた日の眺めは最高なのですが、この日がそこそこの眺めですね
大きく広がる富士の裾野が見通せるせいか、何となく地球の丸さを感じる風景でしょう(笑)
ss-DSC_0141_2016123115230133a.jpg

1月下旬には途中の道路も凍結し、登山路はアイゼンがないと登れないと云う「越前岳」
昨年末、愛車にスタッドレスタイヤを履かせてみたので、此処で雪景色と赤富士を楽しむ事もできそうです

遅れ馳せながらの2016年の山の記憶「全三十座」、〆はこの越前岳でした


お正月、富士山や奥秩父で遭難が相次いだようですね
美しい雪景色に惹かれながらも、山のリスクが格段に上がるこの時期、先ずは「身の丈にあった山」を楽しみたいと思います




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



スポンサーサイト

4 Comments

輪人 says...""
あけましておめでとうございます。
すっかり山ブログになっちゃいましたね(笑
自転車ネタが無いのは少しさびしいけれど、楽しく記事を読ませていただいてます♪
それでは本年も宜しくお願い致します<(_ _)>
2017.01.03 16:52 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
りら says..."kite31 様"
1枚目
霧氷の芸術を見事に表現されていますね
2枚目
赤く染まる富士山 素晴らしい記念すべきお写真となりましたね
3枚目
丸太の階段を魅惑的に表現されています
7枚目
冠雪した白い富士山も素敵ですよね
8枚目
険しい道のりを行く登山者の方々の後ろ姿が印象に残ります


2017.01.03 19:17 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."輪人さんへ"
あけましておめでとうございます、新年早々のコメントありがとうございます

>すっかり山ブログになっちゃいましたね

そうですねぇ・・(笑)
新しい趣味を覚えたての頃と云うのは、ほぼ100%其処に向かってしまうので自転車に乗る機会が激減しました
釣りも行く機会が減って、船宿からの年賀状が減って、少し寂しい想いをしています

今年は、少しバランスを考え、釣りと自転車も楽しみたいと思います

此方こそ、本年も宜しくお願い致します

2017.01.03 21:49 | URL | #- [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

2016年の登り納め、できたら美しい赤富士が見られたらと思って早起きして出かけましたが、
霧氷と霜柱の冬景色が迎えてくれました

この越前岳、御殿場や沼津の方が良く登るようで、季節を変え、コースを変えて楽しんでみたくなりました
アイゼンがなければ登れない様な厳しい季節のこの山にも惹かれます

写欲をそそる山で、〆ができてよかったと思いました
2017.01.03 21:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/814-10ccb32e
該当の記事は見つかりませんでした。