凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

紅葉の見頃まであと少し ・・・ 西丹沢・丹沢湖

ブログの更新がチョッと滞ってしまいました
と云うのも、10月の下旬から週末のお天気、と云うか天気予報に振り回されている状況でした
事前に入念に立てた「紅葉前線の南下に沿った登山計画」が破綻してしまい、この週末からの計画を練り直しです

こうした中、秋晴れの「文化の日」に、11月の登山準備の一環として西丹沢まで紅葉の様子を見に行って参りました

ss-DSC_8481.jpg
一昨年閉鎖となった(旧)丹沢湖ビジターセンター跡地
キャンプサイト付近は紅葉の美しいモミジが植えられているので、既に鮮やかですが後ろの山を見る限り
本格的な紅葉まではもう少しかかりそうですね
..........................................................................................................................




東北から一気に南下してきた「紅葉前線」
しかし関東地方の紅葉の見頃は結構複雑で、例年この時期は「まだら模様」となります

目指す山の紅葉の見頃と自分の時間、そしてお天気(主に週間予報)と、三つの要素を見極めて立てた登山計画
直前の天気の急変続きで見事に破綻してしまいました
山登りは自然が相手なので、これはもう笑って計画を練り直すしかないですね
奥秩父最後のリカバリープラン、この週末に予定する「西沢渓谷トレッキング」だけは何とか行く事ができそうです


さて、11月中旬~12月中旬に掛けては、地元の丹沢、箱根、鎌倉の紅葉が見頃となります
その中で、今回初めて行く西丹沢の「ユーシン渓谷」は様子が分からないので、事前確認に行く事に致しました



「丹沢湖ビジターセンター跡地」
此処が「ユーシン渓谷」の登山口となりますが、シーズンには朝早くから駐車場は満杯になるようです

地名で言うと「玄倉(くろくら)」には、バス停、キャンプサイト、商店もあるので
丹沢湖畔の中では中々の賑わいを見せています
ss-DSC_8473_201611040759352e1.jpg

何時もは此処でUターンして引き返していたのですが、
この日は「林道」と云うそっけない看板のついたゲートが開いていたので、丹沢湖湖畔の反対側に車を乗り入れてみました

丹沢湖に流れ込む「玄倉川」の上流、此方はだいぶ色付き始めていますね
ss-DSC_8476.jpg


丹沢湖を半周したところで広い駐車場があったので入ってみると
此処は「千代の沢公園」、関東の富士見100景に選定された展望台があるとの事で山に中腹まで登ってみました

展望台に着くと、丹沢湖を堰き止めている三保ダムまでが眼下に広がります
ss-DSC_8501.jpg

「風紋」と云うと、砂丘にできた風の通り道
湖面にできたものは「波紋」と呼ぶようですが、其処を通った風の存在を強く感じるので、私はあえて湖面にできた風紋と呼んでいます
これは静かな山上湖でないと見られない風景です
ss-DSC_8495.jpg

静かな湖面をかき乱す(笑)バスアングラー登場
ss-DSC_8496.jpg

電気スクリューで静かに操船するバスアングラー
けたたましい音をたてるエンジン船ではなかったので、湖面の波紋も自然と調和して綺麗ですね

今回の撮影で気に入った一枚です
ss-DSC_8499.jpg

この展望台、関東の富士見百選の一つという事で、ロケーションは絶好なのですが、この日の富士は雲隠れ
息を吹きかければ飛びそうな雲なのですが・・・ あそこまでは息が届きませんでした
ss-DSC_8506_2016110408000581e.jpg


丹沢湖を中川温泉方面に遡上して、西丹沢自然教室に到着
この日も駐車場には30台以上の車が止まっています

パタゴニア(patagonia)のお洒落な登山ウェアを着た管理人さんに西丹沢の紅葉の様子を窺いました

● 今年の西丹沢(檜洞丸、畦ヶ丸、大室山)は、台風の影響で紅葉はチョッと残念な様子
● ユーシン渓谷は台風の影響は無く、あと1週間程度でで見頃を迎える筈
● 春まで停まれたゲート前の簡易駐車場は今後使えないので、旧丹沢湖ビジターセンター前に止める事

ついでに、何時も気になっている「冬の西丹沢の様子」なども色々伺うことができました

● 雪が降った時の丹沢湖畔の道路の除雪状況
● 西丹沢のお奨めの雪景色が見られる場所
● 例年雨氷が一番綺麗な時期、場所

何時も此方のHPを見て、参考にしている旨伝えたら嬉しそうでした
これからもタイムリーな西丹沢の様子をアップしてくれるそうです

ss-DSC_8530.jpg

夏には沢山のテントが張られ、子供達が水遊びに興じていた清流
西丹沢は流石に丹沢の秘境、晩秋に山の静けさを求めてくるキャンパーは少ないようです
ss-DSC_8521.jpg

このつり橋を渡ると畦ヶ丸への登山路
山頂に向かう途中に大きな滝が二つあるのですが、その周辺も今年の紅葉は駄目との事
滝と紅葉の組み合わせは素晴らしい被写体になるのですが・・・・ 残念でした
ss-DSC_8529 (1)


檜洞丸の登山路を過ぎると「ウェルキャンプ西丹沢」のバンガロー群
1Gp、BBQを楽しんでいましたが、やはりシーズンオフ、寂しいですね
ss-DSC_8533.jpg


何時も下の道路から見上げて通るだけだった「中川の箒スギ(なかがわのほうきスギ)」
この日は時間があったので、傍まで登ってみました

神奈川県足柄上郡山北町の中川地区に生育しているスギの巨木である
推定の樹齢は2000年以上といわれ、1934年(昭和9年)3月26日に国の天然記念物に指定された
関東地方では、千葉県鴨川市の「清澄の大スギ」(国の天然記念物)と並ぶスギの巨木といわれる
この名木は、大火と土砂崩れという2度の災害から付近の住民を守った経緯があり、地元の人々から崇敬の念を集めている
との事です
ss-DSC_8551.jpg


三保ダムの見学広場に到着、紅葉には少し早いのに、この日駐車場は結構一杯でした

素晴らしいお天気に誘われて、三保ダムまでの遊歩道をブルブラと歩いてみました
下に見えるのがダム広場
ss-DSC_8573.jpg

丹沢湖、三保ダムは神奈川の紅葉の見所として何時も上位にランクインしています
見頃まであと1、2週間ですね・・・
ss-DSC_8574.jpg

三保ダムは日本のダム湖100選に入っているそうです
ダムカードは「丹沢湖記念館」で配布しているとの事ですが・・・・ 
この種のカードは集め始めると止められなくなるので、できる限り目を背ける事にしています(笑)
ss-DSC_8575_2016110408010436f.jpg


向かいにある山に滝があるようです
ss-DSC_8580_201611040801091f4.jpg

あそこまではチョッと行けそうも無いですね
ss-DSC_8577_2016110408010734b.jpg

壁に絡まるアイビーの彩を見ると、秋の深さが分かりますね
丹沢が錦に染まるまで、もう暫くかかりそうです
ss-DSC_8587.jpg


西丹沢、三保ダムへのドライブ
やはり秋晴れの下、自然の中を歩くには気持ちが良いですね

この週末、奥秩父の名勝「西沢渓谷」を歩いてくる事にします
その後は、身近な丹沢・大山、箱根、鎌倉の錦秋を堪能したいと思います

秋晴れが続くと良いですね!




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31 様"
一枚目
水辺にある秋色が鮮やかですね
二枚目 三枚目
水面と山並みと空
それらが綺麗に調和を見せています
四枚目
背後の見える白のハープ橋が目を惹きます
五枚目
水面の輝きが素晴らしいですね
六枚目
左手に白のハープ橋 右手に白の橋
橋が大好きな私には最高ですね
七枚目
バスアングラー撮影 素晴らしいシーンとなりましたね
八枚目
山並みも雲も雄大ですね
九枚目
西丹沢自然教室の屋根が緑で個性的ですね
十枚目
清流は夏の思い出が一杯あることでしょうね

2016.11.04 21:14 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

西丹沢にある丹沢湖はかなりの深山にあるので、独特の雰囲気を持っています

丹沢の渓流から流れ込む山上湖なので、深い水の色に惹き込まれそうでしょう
周りを山に囲まれているので、湖面も凪いでいるので、見ているだけで和みます

三保ダムはダム湖100選に選ばれただけあって、見せ方を考えているようです
橋のかかり方なども綺麗ですね

西丹沢と云うのは古くから丹沢の秘境と呼ばれていましたが、今もタップリと自然が残っていて
魅力的な場所だと再認識いたしました

バスアングラーの写真
狙ったわけでもないのですが、想いの外面白い写真になりました
2016.11.05 20:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/797-5b5d3a3c
該当の記事は見つかりませんでした。