凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

秋バラに誘われて ・・・ 横浜イングリッシュガーデン

「秋たけなわ」の横浜イングリッシュガーデン

この日は、「ハロウィンのデコレーション」と「秋バラ」、二つのYEGの見物に誘われたのですが 
骸骨とバラの花は一緒にできないだろうな(笑) と思い、記事を分ける事に致しました

と云うことで
秋バラに誘われて ・・・ 横浜イングリッシュガーデン  です

ss-DSC_8368.jpg
ブラッシングアイスバーグ
一目で好きになった・・・ とても美しいバラでした
.....................................................................................................................................




横浜市の花は「バラ」との事

横浜イングリッシュガーデンのHPでは、
横浜の気候風土にあった草花や樹木を散りばめて、春の芽吹きから枯れゆく秋の自然の風景を何年もかけて育てています
特に香り高い四季咲きのバラをふんだんに使い、春から秋までバラを楽しむことができるイングリッシュガーデンです

秋バラの季節
オータムガーデンフェアの期間、1200品者、1600本のバラが咲き誇るそうです


シュウメイギク
此花のオシベの拡がりがとても面白いですね
ss-DSC_8330_201610260916447b3.jpg

アイリッシュエレガンス
八重咲きのバラはとても華やかなのですが、花弁の痛みが早い様で、中々被写体になってくれる花に遭遇せず・・・
そうした中、此花は一重の薔薇の中で殊更艶やかな印象でした
ss-DSC_8335.jpg


花の名前を覚えるのも、こうした花園を歩く楽しみなのでしょうが・・・ 新しく出会う花の多さに、最近はすっかり諦めています
スマホアプリの「Blippar」は、スマホで撮った花の名前をAIを駆使して調べてくれるそうです

群衆の中から特定の人物の顔を判別する技術があることを考えれば
花の種類くらいは簡単に分かるのでしょうね
覚える努力をしない言い訳としては弱いですが・・・ (笑)
ss-DSC_8358.jpg


この日、ハロウィンのデコレーションを写すために一周
秋バラを眺めながら一周、二周目で目をつけた花をマクロレンズで迫るためにもう一周
秋のイングリッシュガーデンを堪能致しました
ss-DSC_8360.jpg

この時期、沢山の公園でコスモスの花園が話題を集めますが
この日のイングリッシューデンでは端役でした
ss-DSC_8333.jpg

バラの花の高貴な華やかさ
このイングリッシュガーデンで大切に手入れされたこの花を見ると
香りを嗅ぐために、いきなり顔を近付け難いです
ss-DSC_8365.jpg


ss-DSC_8369.jpg

1200品種の薔薇の、1200種類の彩り・・・ その独特の色を指す名詞を知りません
ss-DSC_8374.jpg


ss-DSC_8380.jpg

大好きなボケの実
此花の実は、酒につけて薬酒として飲まれるそうですね
調べたら、酒に漬けるだけでなく、ジャムにもなるそうな・・ ボケジャム、どんな味なのでしょうね?
ss-DSC_8382.jpg


この日は終日雲が厚く、鮮やかなバラの花は写せませんでしたが
とても落ちついた発色のバラに癒されました
ss-DSC_8393.jpg


ss-DSC_8399_20161026091726b8c.jpg



秋バラに誘われて ・・・ 横浜イングリッシュガーデン


バラの花の名前を知らないが故なのか・・ バラ園に来ると男性は寡黙になりますね(笑)
そんな・・・ 少し寡黙なブログ記事でした




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31 様"
二枚目のお写真
花弁状の萼片の白
その白がそれは綺麗に表現されています
秋明菊の個性 素晴らしい描写だと感じます
やはり秋を思わせる花ですね

十一枚目のお写真
ボケの実の色が秋色になったようですね
実で秋を表現されています

十二枚目のお写真
白から薄紅色へとその色彩を変化させる可愛い小さな薔薇をその可愛さを余すところなく切り取られています
2016.10.28 21:45 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

秋明菊、此花の名前は漢字のほうがピッタリきますね
華やかなバラの花園にあっても、群生した此花の花弁がとても目を惹きました

ボケ、
此花は季節感が無一年中咲いているので、ボケと呼ばれるそうな・・
でも、りらさんが言われるように、実が秋色に染まり始めて・・・ ボケ自身は季節を知っていますよね(笑)

この日の曇りがちの天気ゆえか・・ 鮮やかな花色が今ひとつ映えず、白の清廉さが際立っていたように思います
周りにあったハロウィーンの派手なデコレーションの対比から、この純白に淡い緋色の入った花色が眼を惹きますね
2016.10.29 05:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/795-e74fdded
該当の記事は見つかりませんでした。