凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

  初夏の表丹沢へ  【その1】  

先週の週間天気予報の 「日曜日辺りは晴れ間が広がりそう・・・ 」との予報を信じ

晴れた日に山の上から「初夏の湘南の海」を見てみたい!
と云うことで、久しぶりに「丹沢の表尾根縦走コース」に出かけて見ました

※ 毎度のことですが、写真が多いので二回に分けてアップ致します


ss-DSC08698_20160627161421275.jpg
※ 表丹沢 三ノ塔山頂(標高:1205m)から西丹沢越しに富士山を望む


ss-丹沢表尾根0626
※ 当初の予定では、ヤビツ峠から塔ノ岳までのピストン
しかし暑さと久しぶりのアップダウンにギブアップ、政次郎の頭で引き返しました

.........................................................................................................................






塔ノ岳には過去3回登っていますが、コースは全て同じ
ヤビツ峠から塔ノ岳を目指し、其処から大倉尾根を一気に下ると云う人気の「表尾根縦走コース」

しかし、ハイシーズンのヤビツ行きのバスがかなり混む事と梅雨時、雨上がりの大倉尾根の下りは避けたい
と云う理由から、ヤビツ峠まで車で出かけ、ヤビツ峠-塔ノ岳をピストンで縦走する計画を立てました

しかし・・・ 詳細は後述しますが、暑さと混雑、それに想定以上の縦走路のアップダウンで途中で「ギブアップ」
縦走路の70%ほどの地点、「政次郎ノ頭」で引き返してまいりました

でも、雨上がりの表丹沢からの眺めは素晴らしかった!!
拙い写真ですが、初夏の丹沢からの景色をお届けします


駐車場の混雑の具合が分からないので、朝6時にヤビツ峠に到着
流石にこの時間では、ヤビツ峠を目指すサイクリストも余りいないで、途中の狭い峠道も走り易かった

梅雨時の登山路、特に沢山の登山者が登ると、泥濘と蒸し暑さが凄いのですが
この時間、山には殆ど人がいません
ss-DSC08577.jpg

先週、箱根外輪山でも白い花が沢山咲いていましたが
丹沢でも純白の「ヤマボウシ」が見頃を迎えていました
ss-DSC08594.jpg

整然と植えられた杉の樹林を1時間ほど登ると、突然樹林が途切れ一気に視界が開けます
二ノ塔まであと少し、此処から振り返ってみる景色が素晴らしいのです
初夏の濃い緑の山に咲くヤマボウシ、そしてこの日は湘南の海、江ノ島から三浦半島まではっきり見えました
ss-DSC08610.jpg

目の前に聳えるのは「大山」
夏山シーズン、ヤビツ峠からこの山を目指す登山者がとても多いのです
ss-DSC08620.jpg

ほぼ予定時間に「二ノ塔」に到着
此処から少し下った後三ノ塔に向かって登り返します
ss-DSC08626.jpg

縦走路でアップダウンは宿命ですが・・・
折角登ったのに何故に下る!(笑)  この下った分を直ぐに又登り返します
三ノ塔の山頂が目の前に見えていますのであそこで小休止
ss-DSC08627.jpg

二ノ塔から三ノ塔に向かう鞍部
此処から西丹沢越しに富士山が見えました
私はこのコースとの相性が悪くて、登ると何時も山頂はガスっていましたが
この日は本当に素晴らしい眺めを楽しめました
ss-DSC08629_2016062716132285d.jpg

西に向かって・・・ 西湘の海です
箱根の麓、小田原の街並みの向こうには、真鶴岬から伊豆半島、初島まで見えています
ss-DSC08642.jpg

何処までが湘南か? 色々な意見があるようですが(笑)
三浦半島、鎌倉、江ノ島、藤沢、茅ヶ崎、平塚、大磯・・・ 間違いなく湘南の海が眼下に見えています
ss-DSC08598_20160627161303bb7.jpg

西丹沢の向こうに見える富士山
富士の麓には雲海、と云うかあの高さなので霧ですか・・・ が広がっていますね
ss-DSC08644 (1)

此方は大磯から西湘の海を眺めます
大磯、二ノ宮、国府津、鴨宮、小田原・・・ そして伊豆半島へ
ss-DSC08654.jpg

三ノ塔直前で、今一度振り返って湘南の海を眺めます
この日持参した山カメラの望遠ではこれが限界ですが・・・ 三浦半島の向こう、東京湾から遠く房総半島まで見えています
ss-DSC08656.jpg

写真ばかり撮っていたので、少し時間がかかりましたが、ほぼ予定時間に三ノ塔に到着
この日は一眼レフ持参のカメラマンが多かった
ss-DSC08661.jpg

三ノ塔山頂から富士山を望む
表丹沢から西丹沢に続く山並み、そしてその向こうに幻想的な富士山の姿  この景色は見飽きません
素晴らしい景色を眺めながら、此処で行動食をいただきます
ss-DSC08662.jpg

ヤビツ峠に車を止め、この三ノ塔で景色を楽しみ、少し早いお昼を食べてピストンで戻る・・ と云う登山者も多いようです
この日は、塔ノ岳の山頂に向かって、縦走する稜線がくっきり見えています

三ノ塔から、クサリ場のある急坂を200m下った先が烏尾山、写真の下部の三角屋根の山小屋のある山です
その烏尾山から、行者岳、政次郎ノ頭、新大日、木ノ又大日、塔ノ岳と6つのピークを目指す事になります
※写真のほぼ中央、一番高い頂が塔ノ岳、山頂の「尊仏山荘」が見えていますね

この段階で気温が急上昇、飲み物の消費が予想以上になっています
まあ・・・ 行ける所まで行って、帰路の体力を残して戻ってきましょう
ss-DSC08666.jpg

檜洞丸から犬越路を見下ろす景色と並んで、大好きな丹沢の眺めです
200mの急坂の向こうに見える「烏尾山荘」、此処は休日のみ営業しています
山の斜面にはヤマボウシが沢山見えます
ss-DSC08691.jpg

この日は、行者岳から政次郎ノ頭、新大日、木ノ又大日、塔ノ岳と稜線上のピークをしっかり眺めることができました
何時ものコースのように、山頂から後は下り基調の下山路と違い、アップダウンがダウンアップ(笑)になって戻るので
帰りのコース分の体力温存がポイントです
ss-DSC08697.jpg


三ノ塔までで、過去3回の表丹沢の縦走では見ることのできなかった景色を十分堪能できました
やはり丹沢は面白い


この後、三ノ塔の下り坂から政次郎ノ頭までに往路と其処からの帰路を纏めた
 初夏の表丹沢へ  【その2】 に続きます



【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
スポンサーサイト

8 Comments

はかせ says...""
うん、いつもながら綺麗な写真です!
自分も丹沢はホームなので良く登ります。

でも、これからの季節は暑いので次は秋口
からですかね~。
2016.06.28 17:08 | URL | #Nh7TqP6U [edit]
freecat says...""
住走路にアップダウンは確かにつきものですが、こちらが初めて瑞牆山へ行ったとき富士見平小屋から天取川源頭へかなり下ったあと急登の連続には参りました。
阿弥陀岳南陵を詰め上がり赤岳から縞枯山へ縦走したときに感じなかったのに、それ以降あまり山に行ってなかったので体力もかなり落ちてたからでしょうが・・・
塔ノ岳へは馬鹿尾根にしろ相模湾が間近でこの時期天候にもよるでしょうが蒸し蒸ししてるんでしょう。
それでも梅雨時の山頂から富士山や相模湾が見えたのは幸運でしょうね。
どんなカメラを使ってるのか知りませんが真鶴半島と三浦半島でしょうか、くっきり写ってるのがいいです。
山に登れなくなった山屋としては、真鶴の三岩から見る大山もいいんですけどね~~~
2016.06.28 20:14 | URL | #hdScUxTA [edit]
kite says..."はかせさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

>うん、いつもながら綺麗な写真です!

ありがとうございます
山で素晴らしい景色に感激して、その写真を撮って帰ると写り具合がとても気になります
自分の見た素晴らしい景色を、何処まで忠実に伝えられるか?
気に入って頂けた様で何よりです

丹沢に良く行かれるのですか?

そうですねぇ・・・
丹沢の標高では涼しさはないし、海から吹く湿った空気で、夏の丹沢はきついです
昨年8月、灼熱の大倉尾根で熱射病に掛かりかけました

場所によっては山蛭も出てくるようなので、秋までは我慢かもしれませんね

はかせさんは丹沢以外はどちらの登るのですか?



2016.06.28 21:00 | URL | #- [edit]
kite says..."freecat さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

>瑞牆山へ行ったとき富士見平小屋から天取川源頭へ・・・

思い出しました
あそこでは、本当に何処まで降りてゆくのかと思いますね
次の登りも気になるし、ピストンの帰りのことを考えると、あまり降りてくれるな・・と念じますね(笑)

仰るとおり、表丹沢は相模湾からの湿った空気を受けるのでガスも発生し易いし、湿った空気で蒸し蒸しします
日曜日は昼過ぎに30度を越えていたので、かなり暑かったです

冬と違って多少透明感は落ちましたが、かなり遠くまで見えて感激でした
東は房総半島、西は伊豆半島まで見えたのには驚き

神奈川に居れば、何処からも見える大山、丹沢と云うのは特別ですね
横浜から塔ノ岳が見えるとき、あの山頂から見てみたいなぁ・・、といつも思っていたので
この日の展望には感激でした


2016.06.28 21:09 | URL | #- [edit]
りら says..."kite31様"
三枚目のお写真
ヤマボウシが大きな白い傘のごとく感じます
このヤマボウシの下で雨宿りしてみたい気分になりました
まるでジブリの世界感です
山はそんな甘いものではありませんよね ごめんね

十四枚目のお写真
直角になった木材が幾重にもなっています
それだけでも素敵な被写体だと思います
その上方にある山小屋風の家屋がとても可愛いです
実際には実用的な目的であり山に登る方にとっては大事な家なのでしょうが・・
登山の経験のない私にとっては絵本の世界のようです
やはり山はそんな甘いものではありませんよね ごめんね 
2016.06.28 22:47 | URL | #sSHoJftA [edit]
はかせ says...""
度々失礼いたします。
「はかせ」こと「ニセキノコ」です。

ブログ名は「はかせ」を名乗っていましたので、ついブログ名
で投稿してしまいました。

実はブログもやっているんです。
お時間ありましたら、訪問ください。

http://hakase.naturum.ne.jp/

ヤマレコよりこちらの方が長くやってます。

しかし、kite31さんのような綺麗な写真が撮れないのです!
2016.06.29 09:34 | URL | #Nh7TqP6U [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

ヤマボウシの花は見事でしょう
山で見かける花や樹は、街角のそれとは一味違いますね
ジブリの世界観と言うのは当たっていると思います

もののけ姫の舞台では
夜の山にデイダラボッチが現れる場面は白神山地、苔むした場面は屋久島だそうです
私も深い樹林の中を歩いていると、木の上に「コダマ」が現れそうな気がしますから・・・(笑)

りらさんの印象に残った烏尾山荘は、とても特徴のある建物で
「可愛らしい、絵本のような・・」、と云うのはとてもよく分かります

山に登る、と云うとストイックな趣味の様に感じるかもしれませんが
私が楽しんでいるのはトレッキング、山に咲く花を愛で、大樹に驚き、ユニークな山小屋の形を楽しむ
とても甘い、甘いアウトドアスポーツです(笑)

写してきた写真を見て、私が気がつかなかった「可愛らしさ、メルヘンチック」なものが有ったら
是非教えてください
2016.06.29 22:26 | URL | #- [edit]
kite says..."はかせさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

「はかせ」さんは「ニセキノコ」さんだったのですね
これで頂いたコメントの内容が繋がりました(笑い)

ブログを拝見いたしました
凄い多趣味なのですね

山やキャンプの記事、又楽しませていただきますね

また宜しくお願い致します
2016.06.29 22:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/751-3509d860
該当の記事は見つかりませんでした。