凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初夏の百名山 「瑞牆山(みずがきやま)」へ  【速報版】

この冬は例年に無く雪が少なかったそうで、アルプスの山々では順調に山開きが進んでいるようです

でも本格的な夏を前に、雪不足→水不足 のニュースが流れていますね
水不足の解消に梅雨時の雨を期待する反面、梅雨の合間の貴重な「初夏の陽射し」を待ち焦がれる気持ちもあります


全国各地で真夏日を記録したこの週末
冬の間から登るのを楽しみにしていた奥秩父の日本百名山、「瑞牆山」に行って参りました

先ずは、印象に残った写真中心の【速報版】をお届けします

ss-DSC08451.jpg
Photo-1
絶景!!! 瑞牆山山頂から、奇岩のヤスリ岩を見下ろす
※ 岩壁の淵で腹ばいになって写しています
..................................................................................................




今年の夏山登山では、憧れの北アルプスの山々にも幾つか登りたいと思っています
その為、本格的な夏を前に前哨戦的な意味合いの登山を幾つか計画していますが
この日登った奥秩父の岩山 「瑞牆山」もその一つ

【瑞牆山】
深田久弥の『日本百名山』の一つにも選ばれ、北杜市のシンボルになっている瑞牆山
秩父連山の西端に位置する標高2,230mの花崗岩山です
まるでノコギリのようなギザギザ頭の山容は独特で
その大小様々な形の岩が切り立つ山頂は「奇峰」の名にふさわしく
大小の奇岩にはヤスリ岩、弘法岩、十一面岩などの名前が付けられています
(北杜市の観光案内より)



瑞牆山は標高:2230m、瑞牆山荘前の登山路から往復6キロ余りで
標準のCTは約5時間半、山頂付近は岩の急登が待ち構える登山となりま


 横浜の自宅から東名、圏央、中央高速を乗り継いで約200キロ

朝8時少し前に駐車場に到着しましたが、100台停められる駐車場もこの時間で空きが少なくなっています
事前調査では、山頂付近の岩場ではかなりハードな登山になりそうなので
早々に準備を整え登山開始です
※ 例によって登山レポートは本編に譲り、速報版は印象に残った場面の摘み食いです


登山口から暫くは、山梨の美林100選に登録された「ミズナラの美しい樹林帯」を登ってゆきます
最初の休憩ポイントの「富士見平」の山小屋の少し手前で稜線に出ます

稜線の樹林越しに「瑞牆山」の奇怪な姿(笑)が見えてきます
ガイドブックに「岩がニョキニョキと生えた・・・ 」と云う表現がありましたが
本当に凄く威圧感があります

この山、本当に登れるのかな?(笑)
何処から、どのルートで登るのだろう? と他の登山者の方と苦笑い
Photo-2
ss-DSC08329.jpg

ほぼCT通りに富士見平の山小屋に到着
水場やテント場のある明るい山小屋、此処から金峰山に向かうルートが分岐しています
Photo-3
ss-DSC08319.jpg

富士見平から約30分、涸れ沢を渡ると天鳥川出会
登山路の正面、ど真ん中からザックリと裂けたような巨岩は「桃太郎岩」です
Photo-4
ss-DSC08340.jpg

石楠花の咲く岩山
岩や木の根を掴みながら登る登山路はかなりキツイ!

突然、木々の間から顔を出した「大ヤスリ岩」
オ~! と思わず声を上げたくなる様なドラマチックな登場です
Photo-5
ss-DSC08388.jpg

大ヤスリ岩のハイピークルートのクライミングはとても人気があるそうです
この岩壁を登るなんて・・・ と思わず空を仰ぎます
Photo-6
ss-DSC08394.jpg

山頂まであと少し
隣にある大ヤスリ岩と見比べながら高度の確認です
Photo-7
ss-DSC08430.jpg

途中、チョッとしたトラブルもありましたが・・・ (詳細は本編にて)
何とか予定時間に「瑞牆山」山頂(標高:2230m)に到着しました

素晴らしい眺め!
この眺めの前には、最後のキツイ岩の登山路の苦労も消し飛びます

正面に見えるのが、瑞牆山と同じく奥秩父の日本百名山「金峰山」
次のテント泊登山の候補地です
Photo-8

ss-DSC08445.jpg

余り平らな場所の無い山頂
岩の淵は絶壁ですので、写真を撮るのにも結構気を使います
Photo-9
ss-DSC08448.jpg

此方に見える奇岩は弘法岩
この岩の先、遠く入道雲を被ったのが八ヶ岳です
Photo-10
ss-DSC08456.jpg


余り広くない山頂でしたが
登山者の皆さん、互いに気を使いながら此処で昼食を頂いています
山頂からの景色は素晴らしく、皆さん興奮気味で、写真撮影に余念がありません

ソロなので頼まれ易いのか(笑)、この山頂で6組の方の写真撮影を頼まれました
此処で約1時間、昼食を頂いた後も素晴らしい景色と高原の爽やかな風を楽しみました


これまでに登った山の中で、個人的な登山の難度から言うと ・・・
乾徳山 < 瑞牆山 ≒ 十二ヶ岳 かな

アルプス登山に向け、良い練習ができました

初夏の百名山 「瑞牆山(みずがきやま)」へ 【本編】に続きます




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
スポンサーサイト

8 Comments

りら says...":kite31さん"
Photo-1
俯瞰撮影された奇岩のヤスリ岩
迫力ある描写となっていますね

Photo-2
お写真にある険しい山並みには圧倒されました

Photo-4
桃太郎岩の個性 よく表現されていますね

Photo-8
緑も豊なのですね

Photo-10
絶景とはこのお写真のためにある言葉かのような景観ですね

初夏の百名山 「瑞牆山(みずがきやま)」へ 【本編】に続きます・・・楽しみにしていますね



2016.06.12 18:41 | URL | #sSHoJftA [edit]
にせきのこ says...""
相変わらず、写真綺麗ですね~。

富士見小屋にテント貼りますと1日目金峰山2日目瑞牆山と
百名山が2日連続で登れます。
秋は紅葉に囲まれ最高ですよ~!
2016.06.13 10:00 | URL | #- [edit]
Minnie says...""
kite31さま♪

こんばんは(*'▽')
巨大な岩峰大ヤスリ岩ですね、瑞牆山は2-3度登りましたが、何時も
北アルプスの前、石楠花の花が美しいころ登ります。
山頂の岩はゆらゆら揺れるでしょう?存在感のある山ですね。
晴れた日の瑞牆山は素晴らしいです。
2016.06.13 18:18 | URL | #bVLWGYXg [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

瑞牆山はその独特の山容がとても有名で、写真で幾度も見ていたのですが
実際にその姿を見ると、改めてその迫力に圧倒される思いでした

山岳信仰の盛んな山、古の人々がこの山の岩を仰ぎ見て、岩に名をつけその物語を創った・・・
間近に桃太郎岩、大ヤスリ岩を見て、そんな歴史を感じていました

ミズナラ、ブナ・・・、落葉樹の新緑が初夏の日差しを受けて輝いていました
これだけ落葉樹の多い森、きっと紅葉の時期には素晴らしい景色を見せてくれるのでしょうね

この次は、是非秋に登ってみたいと思いました

本編で、山頂空の景色、楽しんでいただけたらと思います
2016.06.13 20:08 | URL | #- [edit]
kite says..."にせきのこ さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

云われる通り、富士見小屋にテントを張っている方は、金峰山と瑞牆山の二峰を
狙うようですね

にせきのこさんは、よくテント泊をされるのですか?

私は、評判の良いキャンプ場、「廻り目平」にテントを張って、金峰山に登ってみたい
そして金峰山の山頂から、瑞牆山の奇岩を眺めてみたい!
と云う希望を持っています
夏の間に何とか行きたいと思っています

紅葉の季節も素晴らしいようですね
アレだけ新緑の美しい森があるならば、美しい錦秋が期待できますね

是非、秋にも出かけたいと思っています

2016.06.13 20:19 | URL | #- [edit]
kite says..."Minnie さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

Minnie さんは、色々な山に登っていますね
私が新しい山に登ると、其処にもうMinnie さんの足跡が残っている印象です(笑)

そうですね・・・、北アルプスの3000m級の山に登るための準備と云うと、
この奥秩父の、乾徳山、瑞牆山と云った岩山が候補に上がるようですね

そうなると、必然的に北アルプスの山開きの前=石楠花の花の季節・・、になるのですね
納得です

山頂の雰囲気は独特ですね
乾徳山は狭くて動けなかったので、余り危険が感じませんでしたが
瑞牆山は動いて写真が取れるので、岩壁の淵の怖さを感じることができますね(笑)

晴れて入道雲のかかる八ヶ岳も見ることができて、最高でした

Minnie さんの今年の夏山の計画はもう決まりましたか?
2016.06.13 20:27 | URL | #- [edit]
きさく says...""
瑞牆山、一度は行こうと思って機を逃している山です。
独特の岩峰はこの山のシンボルですね。
本編、楽しみに(羨ましながら^^;)楽しみにしてます。
2016.06.13 21:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
kite says..."きさくさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

瑞牆山の山容は人を惹き付けますね
高低差やCTが比較的小さいので、少し油断していたようで、山頂間近の岩場では結構苦労しました

奥秩父には結構魅力的な山があるので、もう少し調べて、計画を立てたいと思っています
でも此処まで来ると、私の自宅からですと、南アルプスに行くのと殆ど変わらなくなるので、チョッと迷います
2016.06.14 19:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/744-e8d059c0
該当の記事は見つかりませんでした。