凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

山紫陽花に囲まれて ・・・ 入梅前の鎌倉散策 (2)

山紫陽花に囲まれて・・・ 入梅前の鎌倉散策
その(1)、北鎌倉の東慶寺から鎌倉宮散策に引き続き
浄妙寺散策、そして鎌倉ランチを楽しんだ後、光則寺での山紫陽花巡りの模様を綴ります

ss-DSC_6032.jpg
Photo-1
四季毎に美しい花に彩られる 花の寺「光則寺」
春の花海堂と初夏の山紫陽花、この季節この小さなお寺はとても賑わいます
※ 写真の山紫陽花は、日蓮の修行した千葉県の清澄山原産のヤマアジサイ「清澄沢」(きよすみさわ)
........................................................................................................................................




【  浄妙寺へ  】

鎌倉の駅から「段蔓」を鶴岡八幡宮前まで歩いて来ると、八幡宮前の交差点にぶつかります
この交差点を右に曲がると、古くは「塩の道」と呼ばれた金沢八景の塩田に続く金沢街道
この道に沿って「浄妙寺」や竹の寺「報国寺」と云った人気のお寺があります


鎌倉宮を後にして、次に向かったのは鎌倉五山の第五位「浄妙寺」です

浄妙寺と云うお寺、鎌倉の寺社の中ではでは少し異質かもしれません
このお寺の特徴(魅力?)は・・・
           ● 境内に枯山水庭園を楽しみながら抹茶を頂く事ができる喜泉庵があり
           ● 境内裏の高台にイングリッシュガーデンを眺め、石窯で焼くパンを提供するカフェ&レストランがあり
           ● 名前の付いた、由緒正しい野良君が何時も数匹居る猫の寺でもあります

と、よく分からないでしょう(笑)

さて、浄妙寺の山門を抜け、石窯ガーデンテラスに向かう坂路
盛夏、蝉の音を聞きながら、この鉢に植えられた蓮の花を見るのも、このお寺の楽しみの一つ
ss-DSC_5978.jpg
Photo-2
数年前、ガーデンテラスに向かう時、偶然に見つけたこの「山あじさい小径」
自然に咲いた山紫陽花の間を散策する小径です
ss-DSC_5979.jpg
Photo-3
鎌倉の絶景を楽しむハイキングコースとにして人気の「衣張山」
この山を正面に見る見晴台に続く坂路に沿って山紫陽花が咲いています

思わず足を停めてしまうほどの鮮やかな青
小さな山紫陽花もこれほど群生すると、人目を惹きますね
ss-DSC_5980.jpg
Photo-4
最低限の手入れはしているのでしょうが
山の斜面に沿って、かなり自然のまま、あるがまま そんな山紫陽花の姿がこの小径の魅力
ss-DSC_5983.jpg
Photo-5
私が山紫陽花を知るきっかけとなったこの花 ・・・ 「紅」
純白から真紅への「へんげ」が此花の魅力
ss-DSC_5994_20160606210103b71.jpg
Photo-6
紅の群生です
これだけの紅の花が集まると壮観ですね、此処でも暫し目を奪われました
ss-DSC_5986.jpg
Photo-7
ごく、極 小さな散歩道なので
アレ、もう終わりかな・・・ と云う所で途切れてしまう 「山あじさいの小径」

この小径の向かい側にある「石窯ガーデンテラス」を覗いてみます
柏葉紫陽花の純白の花が、初夏の日差しに映えるガーデンの緑にとても似合っています
ss-DSC_5999_201606062101033f0.jpg
Photo-8
何時来ても、気持ちのよい時間の過ごせるガーデン
自分がお寺の境内に居ることを忘れてしまいます(笑)

気分次第で、此方でランチを頂く選択肢もありましたが ・・・・
今日は若宮通りのイタリアンに行くことに致しました
ss-DSC_6005.jpg
Photo9

【  鎌倉イタリアンへ  】

鎌倉にはイタリアンの名店が沢山ありますが
今は色々なランキングがあって、些か情報過多ですね(笑)

パスタ、特にカルボナーラならば此処、と地元、鎌倉の方から推薦されていったイタリアン
初めて訪問したのはもう3年以上前、本当に美味しいパスタにびっくりしました

昨年、店内が改装され、スタッフも一部変わったようで・・・
チョッと難点だった、店の雰囲気と接客がとても良くなって、本当に居心地の良いレストランになりました
お店の名前は内緒(笑)


この日頂いたのは、一番安価なAランチ (このメニューでほぼ2000円で収まります)

最初は、オリーブオイルで頂く自家製パン6種
次に、豚肉の煮こごりとパテ、鳥レバーのクロスティーニ、タコのサラミ、サーモン、鎌倉の野菜、・・等々 15種類のオードブル
ss-DSC_6011.jpg
Photo-10
そしてパスタ、10種類ほどのパスタメニューの中から、お好きな一品を選びます

私の大好きな「生クリームを使わないカルボナーラ」
何時食べても本当に美味しい一品

食後に、カプチーノを頂きながら、午後の散策コースを検討致しました
ss-DSC_6016.jpg
Photo-11

【  光則寺へ  】

江ノ電の「長谷」の駅
駅から長谷寺や大仏殿のある高徳院へと続く参道は何時も沢山の観光客で賑わっています

長谷寺に程近い細い通りの突き当たりにある「光則寺」
ガイドブックを片手に探していても、通り過ぎてしまうほど、地味なお寺です
でも、6月始めになると、全国から集められた鉢植えの山紫陽花200種が境内に並びます

今では、すっかり山紫陽花の女王ですね 【紅】 
ss-DSC_6022.jpg
Photo-12
紫色の山紫陽花が沢山ありましたが、此花はとても綺麗な発色でした 【紫姫】
ss-DSC_6028.jpg
Photo-13
確かに、ナデシコの花弁の形にとても似ています 【ナデシコ】
ss-DSC_6039.jpg
Photo-14
名の由来・・・ 葉から砂糖の600倍~800倍ともいわれる甘味料が生成できるそうです 【大甘茶】
ss-DSC_6041.jpg
Photo-15
土佐は山紫陽花の交配が盛んのようで、土佐XXと言う名前がとても多いですね  【土佐の月】
ss-DSC_6047.jpg
Photo-16
赤紫色と青色のグラデーションが非常に美しく、色合いが微妙に変化して行くそうです 【紫紅梅】
ss-DSC_6051.jpg
Photo-17
白い花弁のミヤビがよく取り上げられているようですが、此方は紫   【ミヤビ】
ss-DSC_6053.jpg
Photo-18
赤紫色に白い絞りが入ります 【宵の月】
ss-DSC_6056_201606062101589b8.jpg
Photo-19
装飾花のガク片がピンクと青など複色でグラデーションになる場合、名前に虹と言う文字が入るそうです  【小田虹】
ss-DSC_6062.jpg
Photo-20

山紫陽花に囲まれて、入梅前の鎌倉散策 
2回に渡りお付き合い頂き、ありがとうございました

先週末から梅雨入り、本格的な紫陽花のシーズンがやってきて、今年も鎌倉は凄く賑わいそうです
折角なので、6月中に、もう一度鎌倉巡りをしてこようと思います


関東地方は例年より少し早めの梅雨入り
週間天気予報では、毎日曇りのマークが並んでいますね

6月のアウトドア、梅雨明けを待ち焦がれながらの夏山準備と
梅雨の合間を縫って、近場の山歩きかな・・・・




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   
スポンサーサイト

4 Comments

草笛 says..."頂きました・・"
光則寺の紫陽花のお写真とイタリアンレストランのお写真、
頂きます。何処かなあ・・?行きたいなあ・・。
みんなに見せて探してもらいます。m(__)m
紫陽花は、フェイスブックのプロフィールに使わせていただきますね。
2016.06.08 09:55 | URL | #- [edit]
kite says..."草笛さんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

> 光則寺の紫陽花のお写真とイタリアンレストランのお写真、頂きます。

了解致しました
紫陽花の写真は、鎌倉在住の草笛さんにお似合いでしょう


>何処かなあ・・?行きたいなあ・・。

先ずは、皆様でクイズ形式で盛り上がってください(笑)
ヒントは・・、このレストランは地下にあります

小さなイタリアンレストランですが、鎌倉の食べログ上位のイタリアンレストランと
食べ比べても遜色ないと思っています

紫陽花の季節、鎌倉は暫く混雑して、住んでいる方は大変ですね
2016.06.08 16:25 | URL | #- [edit]
りら says..."kite31さん"
光則寺 鎌倉の寺院の中 今まで行った中 一番好きなんですよ
紫陽花の季節には行っていません
お写真拝見してとても懐かしい気分になりました
光則寺には池があるでしょう
池には飛び石があるでしょう
その飛び石に乗って撮影したことがあります
頭上にある松の枝を入れ込んで撮影しました
池に落ちそうで怖かったです
私の小さな冒険でした
紫陽花以外に光則寺の本堂や庭 撮影されましたか・・・撮影されていたら拝見したいです

2016.06.09 21:04 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございました

光則寺がお好きなのですか?
小さいですが、独特の雰囲気の花のお寺ですね

あの池の飛び石ですか・・(笑)
やっている方を見たことないですねぇ

山門においてある手作りの花の案内書
読み取れないほど小さな文字で、その季節の境内の花々の名前が書かれています
紫陽花の季節、観光客を当て込んで色々やっているお寺の対極、
このお寺を参拝する方はとても静かで、お寺が訪問される方を選んでいるような印象を受けます

私はこのお寺では、本堂の前の石段に座って、のんびりと時間を過ごすのが気に入っています。


>紫陽花以外に光則寺の本堂や庭 撮影されましたか・・・

この日は、狭い境内に沢山の人が溢れていて、山紫陽花の接写の写真以外は撮ってきませんでした
6月中にもう一度鎌倉を歩く予定ですので、次回少し撮って来て見ますね
2016.06.11 04:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/743-e074eecd
該当の記事は見つかりませんでした。