凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

6つの島と7つの橋を渡る「しまなみ海道」の旅 【追憶編】  

NHK BSプレミアムで放送している「新日本風土記」と云う番組をご存知でしょうか?

日本各地に残された美しい風土や祭り、暮らしや人々の営みを描く本格的な紀行ドキュメント番組なのですが
この番組で、6月に「しまなみ海道」の特集が予定されているそうです。

NHK-BSでは、この放送にあわせ「しまなみ海道」活性化の為にポスターと絵葉書を作るとの事。
実は先日、この番組のポスター、絵葉書を担当されている方からブログにコメントを頂きました


「前略」・・・ 
ブログで拝見しました「しまなみ海道」の写真をポスターのビジュアルの一部としてお借り出来ないかと思い連絡させて頂きました

遠い憧れだった「しまなみ海道」、3年越しの夢が叶ったあの旅の記憶は今も色褪せてはいません
大好きな「しまなみ海道」の魅力を、より多くの方に伝えるお手伝いができるのならば・・・  と微力ながら協力する事になりました

と云うことで、ポスターの出来上がりを楽しみにしながら
改めて「しまなみ海道の旅」のブログ記事を読み返すと、色々云い足りなかった部分もあったので
改めてリメイク版(笑)  「しまなみ海道への追憶」 アップさせて頂きます
時期外れでごめんなさい


........................................................................................................................

6つの島と7つの橋を渡る 「しまなみ海道」の旅

旅の日時: 2014年 9月26日、27日

ss-DSC07566_20160523183856014.jpg

7つの橋を渡る「しまなみ海道の旅」 旅の最後を飾る橋は 「来島海峡大橋

この橋では、自転車でこの橋を登るためにループになった進入路を走ってゆきます
このループを登って行くと、橋の下に見えてきた来島海峡!

「一に来島、二に鳴門、三とさがって馬関瀬戸(関門)」とうたわれる 瀬戸内海最大の海の難所
早潮の証、潮流のしるしが、海の上に幾筋も残っています

..............................................................................................................






しまなみ海道を走っている時  所々で潮風に混ざって微かな金木犀の香りに気づきましたが
週明けの横浜、この金木犀の香りがすっかり広がっています
いよいよ、秋本番ですね


瀬戸内 輪行の旅の記憶(しまなみ海道、とびしま海道)
まずは、前半の「しまなみ海道の旅の記録」 から始める事に致します

新横浜朝6時半発の 「のぞみ」  ロードバイクを座席の後ろに置ける席を求め最後尾の16号車へ
ss-DSC07266_2016052318365730c.jpg


週末のこの時間、ビジネスマンの出張と旅行客でかなり混雑しています
新横浜駅、のぞみの16号車はエレベーターから ・・・・ 遠いss-DSC07264_201605231836543c5.jpg


【Departure】

2014/ 09/ 26(Fri)
3年越しの夢の実現  憧れの「しまなみ海道への旅」の始まりですss-DSC07269_20160523183657e7e.jpg

岡山でこだまに乗り換え、10時45分新尾道駅に到着

「しまなみ海道」の起点となるこの駅
週末なので幾人かのローディーに遭遇するかと思いましたが ・・・・ 予想外、独りでした

ベンチでバスを待つお年寄りの注目を集めながら、ピナレロの組み立てと調整を始めますss-DSC07293_20160523183658b8f.jpg

この旅にあわせ、ハンドルを新調、ホイールとペダルを輪行向けに交換 等々
愛車ピナレロ 「しまなみ海道仕様」 完成です
ss-DSC07294_20160523183659913.jpg

「新尾道大橋」は自転車でわたるのは危険とのアドバイスに従い
まずは約6キロ先の尾道港を目指し、其処から渡し船で最初の島「向島(むかいしま)」に渡ります
生活の足となっている渡し船、10分少々でしまなみ海道最初の島 「向島」に到着です

向島の渡し場から走り始めると・・・・
道路にくっきりとブルーのラインが引かれ、 「今治までXXキロ」 との表示がありました
今治までの走行中、これはとても助かりました
島によっては生活道路とサイクリングロードが交差し、迷い易い場所もある、と聞いていましたが
今回はこのブルーラインのお陰で 「迷いみちゼロ」 で今治まで走りきりました


尾道から今治へ、6つの島と7つの橋を巡るしまなみ海道の概略図です

ss-chizu.jpg



向島の海沿いに用意されたサイクリングコースは約7キロ  
爽やかで、心地よい瀬戸の潮風を受けながら、因島大橋に向かいます

向島にある兼吉地区のレトロエリア、映画のロケにも使われたそうで、観光スポットになっているようですが、
この先のコースの詳細が掴めていないので、まずは行程を急ぎます。


因島大橋(いんのしまおおはし: 全長1270m 桁下50m)

この橋は登る為に自転車用のスロープが用意されています
レンタルサイクルでも登れる様、しまなみ海道の橋のスロープは平均3%程度と緩やかな斜度になっています

でも・・・ 
3%の斜度とは100mで3m登る訳で、50mの桁下の橋では、約1700mの坂をずっと登ってゆくことになります
これが結構長く感じます
ss-DSC07336_20160523183712870.jpg


因島大橋は2層構造で、下層の網の中を自転車と歩行者が通行します
以前、レインボーブリッジをロードバイクで渡ったときも、この様な金網の中を走りましたが、中に居ると結構圧迫感があります。
ss-DSC07342_20160523183713d49.jpg

そしてしまなみ海道の2番目の島、「因島(いんのしま)」に到着です

因島のサイクリングコースは島を縦断するコースなので途中多少アップダウンのある峠道になります
しかも道が狭く、交通量が多くかなり走り難い、との事前情報
本当はハッサクの島、また本因坊秀作の囲碁の島 ・・・ そんな因島も見てみたかったのですが
未だ2つ目の島なので、先を急ぐことにします。

因島のダウンヒルを海に向かって下りてゆくと、生口島(いくちじま)が見えてきます


生口橋(いくちばし: 全長 790m 桁下 26m)

はっさくの島「因島」とレモンの島「生口島」を結ぶ スタイリッシュな斜張橋です
ss-DSC07360_20160523183715ca6.jpg


しまなみ海道、大きな橋を沢山渡るので、今は地味な印象になったこの「生口橋」
完成時には世界最長の斜張橋だったそうです

ss-DSC07366_20160523183716990.jpg


生口橋を渡り 海道3番目の島 「生口島(いくちじま)」へ


今渡ってきた生口橋ですが、橋の両端の島の風景の違い、光の違いによる海と空の印象 ・・・・
橋の反対側から見ると、ずいぶん印象が変って見えます

※ またしまなみ海道に来る機会があったら、是非ピストンで戻り、逆コースからの眺めを確かめたいと思います
ss-DSC07377_20160523183717baf.jpg


生口島は国産レモン発祥の地として知られています。
また、平山郁夫美術館や耕三寺、向上寺三重塔など見どころが多い島との事

しまなみ海道の観光スポットとしては、「大三島」かここ「生口島」が
一番の賑わいを見せているようです


生口島で一番賑わっている瀬戸田の街並に入ります
瀬戸田港からの眺め、 となりの「高根島(こうねじま)」 とをつなぐ鮮やかなオレンジ色の橋ss-DSC07387_20160523183732684.jpg


生口島の見所のひとつ、美しい砂浜が続くサンセットビーチ

しまなみ海道・・・、どこの島でも、海辺で釣り糸をたれる太公望の姿を見かけました
釣り好きには、瀬戸の海辺の環境はとても羨ましいですss-DSC07406_2016052318373386b.jpg



生口島はレモンの島と呼ばれていますが、
街路樹がレモンの樹、そして島のいたるところにレモンの畑がありました


このしまなみ海道に来る季節として、最初は春先に惹かれていたのですが、その理由は・・・
「レモンの花の香る島」 と言う キャッチフレーズ

5月頃、この島はレモンの花の香りに包まれるのでしょうね


しまなみ海道 4番目の橋は世界一の斜張橋
「多々羅大橋(たたらおおはし) :全長 1480m 桁下 26m」

ss-DSC07442_201605231837375de.jpg


「多々羅大橋」は、観光客に大人気の橋だそうですが、この日も歩いて渡る方を多く見かけました


橋の途中から見る瀬戸内の海   青い海と空、緑の島影
 やわらかい潮風、そして暗示に掛かったのか ・・・・ なんとなく風にレモンの香りを感じます(笑)ss-DSC07440_20160523183735cb8.jpg


多々羅大橋を渡ると しまなみ4番目の島「大三島(おみしま)」、そして此処から愛媛県です
大三島の面積は約65km²、しまなみ海道の島の中でも最大の島とのこと

橋を渡った先にある「道の駅多々羅しまなみ公園」、此処で昼食を頂くことにしました。

これだけ海を見てくれば、昼食は海の幸ですね
瀬戸内の早潮に揉まれた魚介をたっぷり乗せた、贅沢な海鮮丼を頂きましたss-DSC07452_201605231837513ef.jpg


大三島はかなり大きく、見所も沢山あるようですが
推奨のサイクリングロード(ブルーライン)は、海沿いを南に下って最短で大三島橋に向かっています



さて、ロードバイクにはスタンドがついていないので、
停車する時には壁に持たせかけるか、こうしたバイクラックを使うことになります

しまなみ海道を走行中、広島、愛媛両県共に「しまなみ海道」を走るライダーを確りサポートする姿勢を感じました
この橋の袂のバイクラックのほか、前述のサイクリングコースを示すブルーのライン

そして極めつけは、 「しまなみサイクルオアシス」
地元のコンビニや様々なショップが、自転車旅行者のためにスペースを提供し
ベンチ、給水、空気入の貸出、情報の提供、トイレなど、至れり尽くせりのサービスを行っていました

ss-DSC07460_20160523183755860.jpg



海沿いの5キロほどが大三島での走行になりますが、驚いたのは道路脇に見える海の潮の早いこと ・・・

川、それもかなりの急流の川の流れを見ている様
早潮が複雑な海の地形と相まって、至るところで渦を巻いています
これは瀬戸内以外では見られない風景ではないでしょうか

そして、しまなみ海道5番目に橋
「大三島橋(おみしまばし): 全長 328m」

柔らかなアーチ型のこの橋は、「鼻栗瀬戸」という海の難所の上に架けられています。
ss-DSC07456_201605231837537ff.jpg

しまなみ海道の唯一のアーチ橋である大三島橋
この橋の下を流れる急流と、アーチ型の柔らかな橋のイメージがとても対照的でした
ss-DSC07466_20160523183755da2.jpg


「鼻栗瀬戸(はなぐりせと)」

約 7ノットという激しい潮流が渦を巻く大三島と伯方島の間の幅約300mの海峡
進路が直角に曲がっているため船の難所といわれている鼻栗瀬戸

この瀬戸を抜けた海流が大島から今治に至る広い海域に流れ込んでゆきます

光る海、複雑に交差する潮目、遠くに浮かぶ船影
瀬戸内でなければ、眺められない海の風景

この景色、しまなみ海道に来たんだな ・・・・  と凄く感じた瞬間です
ss-DSC07471_20160523183749a71.jpg


そして5番目の島 「伯方島(はかたじま)」に到着です。
伯方島はしまなみ海道の6つの島の中で一番小さな島、でもこの島の名前、「伯方の塩」で有名でしょう

伯方での推奨サイクリングコースは3キロ程度の短いコース

少し走ると目の前にきれいな砂浜が広がっていました。
「道の駅伯方S・Cパークマリンオアシス伯方」 此処で休憩も兼ね少 し立ち寄ってみることにしました。


目の前には美しい「伯方ビーチ」が 広がっています
きめの細かな白い砂浜と透明度の高い海  この後で渡る「伯 方・大島大橋」 が見えました。
ss-DSC07493_20160523183835a4f.jpg


先刻、渡ってきた「鼻栗瀬戸」を抜けた海流が伯方ビーチの沖合いに広がっています
真っ青な海、潮目、漣・・・ 瀬戸内の造る「海のアート」ですねss-DSC07490_20160523183834836.jpg


5つ目の島「伯方島」 伯方ビーチ
今渡ってきた「大三島」、そしてこれから渡る「大島」に挟まれて

伯方島と大島の間の海峡は潮の流れが複雑でとても速い
幾つもの川の流れを集めてできたような海の姿が とても印象的でした ・・・・

ss-DSC07500_201605231838385ba.jpg


「伯 方・大島大橋」を渡ると、しまなみ海道の最後の島となる「大島」 です

大島では、海辺を離れて島を縦断するルートとなりますが・・・
実はしまなみ海道サイクリングコースの中で、この大島峠越えは難関と言われています


3~7%程度の斜度のだ らだらとした長い坂が続きます。
さらに大島を縦断する主要道路のためトラックや車の通行も多い事、この峠では海が見えるわけでもなく、景色があまり よくない事
3重苦の峠ですね(苦笑)
先行していた女性を交えたサイクリストのグループ、この峠では自転車を押していました


最後のダウンヒルを一に気下ると いよいよ来島海峡(くるしまかいきょう)
「道の駅よしうみいきいき館」から、しまなみ海道最後の橋「来島海峡大橋」を眺めます
ss-DSC07513_20160523183838653.jpg


6つの島、7つの橋で瀬戸内を渡る しまなみ海道

橋や橋の上から眺める海の景色
季節や時刻、天候で色々な表情を見せてくれるのでしょうが・・・
来島海峡大橋がしまなみ海道の中では最も雄大で美しい橋だと云われています


大小さまざまな島影の浮かぶ瀬戸内の海、その間を日本三大急潮といわれる来島海峡の潮の流れる景色
暫し、時間を忘れて この広漠とした海を眺めていました
ss-DSC07545_2016052318384038f.jpg


「来島海峡大橋(くるしまかいきょう おおはし) 全長 4105m」

正確には来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三大橋の総称との事。

これらは世界初の三連吊り橋であり、全長4105mもある橋の姿はまさに圧巻
4000m余りの橋を渡ってゆくと、まるで海の上でロードバイクで駆け抜けてゆくイメージ

東京や神奈川では、大きな橋は自転車で渡れなくなっているのと比べ
このしまなみ海道では、サイクリストの自主性をとても大切にしてくれて居ることを痛感します
ss-DSC07546_2016052318385228c.jpg

海で、潮の流れをこれほど美しいと感じたことはありませんでした

瀬戸内の複雑な地形、大きな潮の満ち引き の賜物ですね
秋の陽が西に傾き、海を黄金色に染めてゆきます
ss-DSC07554_2016052318385472a.jpg


しまなみ海道の旅

新尾道から今治のホテルまで 83km
獲得標高は 587m
消費カロリーは 2785 KCal

途中で撮影した写真は300枚余り(笑)
今回のサイクリングの友は、ミラーレスのNEX-5N

本当に、楽しかった・・・・・

素晴らしい自転車の旅、それぞれの島の景色を楽しみながら・・・

最後の来島海峡大橋をクライマックスに、旅の最後に向けて旅情が盛り上がるコース設定

車や電車では味わえない自然との距離感、五感に直接届くその土地の空気とひかり

自転車で巡るしまなみ海道の旅、自転車に乗れる方ならば是非一度走ってみて下さい。


しまなみ、とびしま海道 輪行の旅の後編
とびしま海道 ・・・・7つの島、7つの橋を巡る旅  に続きます

.................................................................................................................


※以上が2014年9月にアップした 「6つの島と7つの橋を渡るしまなみ海道の旅」のリメイク版です

昨年から、山に夢中になって、ロードバイクに乗る機会がすっかり減ってしまいましたが
見知らぬ土地を自転車で走る喜び、「輪行」と云う旅の形の魅力が私の中で薄れる事はありません

何時か、もう一度しまなみ海道を走ってみたい
その時には、渡る島の景色をもっとゆっくり見てみたい、あそこの海を別に時間に見てみたい・・・

やはり、今も「しまなみ海道」は、遠い憧れの地です




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト

9 Comments

りら says..."kite31さん"
NHK BSプレミアムで放送している「新日本風土記」と云う番組をご存知でしょうか?

日本各地に残された美しい風土や祭り、暮らしや人々の営みを描く本格的な紀行ドキュメント番組なのですが
この番組で、6月に「しまなみ海道」の特集が予定されているそうです。

NHK-BSでは、この放送にあわせ「しまなみ海道」活性化の為にポスターと絵葉書を作るとの事。
実は先日、この番組のポスター、絵葉書を担当されている方からブログにコメントを頂きました


「前略」・・・ 
ブログで拝見しました「しまなみ海道」の写真をポスターのビジュアルの一部としてお借り出来ないかと思い連絡させて頂きました

上記の記事拝見させて頂き とても嬉しかったです
6月に「しまなみ海道」の特集の放送日が決まりましたらまたブログにてお知らせ下さい
楽しみにしています
2016.05.26 20:48 | URL | #sSHoJftA [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.26 21:33 | | # [edit]
タコノアシ says...""
しまなみ海道を、自転車で走行した感じを味わいました。
いつかそれがしも輪行で行ってみたいですね。
2016.05.27 21:32 | URL | #hG7ZF4t. [edit]
kite says..."りらさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

NHK BS プレミアム「新日本風土記」でしまなみ海道の特集を放送するのは、
6月10日(金)の午後9時~10時、再放送が17日(金)の朝8時からのようです

番組の中でポスターの紹介があるのか?は不明ですが、しまなみ海道の特集なので、
楽しんでください

しまなみ特集の話が出てから、此処2,3回この番組を見ていますが、
風土と言う切り口なので、少し深堀し過ぎて馴染み難い印象もあるかと思います

昨夜、ポスターと葉書が贈られてきました
ポスターは部屋に飾る予定です(笑)




2016.05.28 07:05 | URL | #- [edit]
kite says..."タコノアシさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

ブログを読んだ方に、しまなみ海道の魅力が少しでも伝わったのならば嬉しいです
輪行で出かけるたびって、ロマンがありますよね・・・(笑)

極限まで荷物を絞り、行った先では自転車任せ・・・
夏休みやGW,あの輪行袋を持って駅を歩く若者が居ると、思わず足を止めてしまいます

秋には又輪行で何処かへ行きたいと思っています
2016.05.28 07:13 | URL | #- [edit]
葉月 says...""
NHKの宣伝ポスターに選ばれるってほんとスゴイ事ですよね?

ご自宅にポスターも届いたのですね。

もしかして番組のホームページでも見られるのでしょうか?

6月10日、私も番組を楽しみにしています。
2016.05.29 21:57 | URL | #- [edit]
kite says..."葉月さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

ポスターの担当の方にお聞きしたところ、番組のHPで1週間前から公開されるそうです。

また、NHK広島支局を中心に、しまなみ海道関係各所のホテル、観光施設等にNHKの営業の方が配布して回るようです。
しかし印刷部数が少数のため、なかなか目にするのは難しい様です

以前放送した尾道の時にも、ポスターを造ったそうですよ。

2016.05.30 20:23 | URL | #- [edit]
yamatoumi says...""
おはようございます♪
うわぁ!kiteさん、素晴らしいお話!!
ポスターですか?すごいです\(^o^)/おめでとうございます(*^_^*)
しまなみ海道の撮られたお写真、
どれも素晴らしいので、目に留まるはずですよね♪

それと、長い距離を走られてたんですね♪
やっぱり体力、持久力、すごいですね~
だから、山に変わっても、健脚なんですね!納得です(*^_^*)
2016.05.31 09:37 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

番組は知っていましたが、ポスターを作っていることは知らなかったので、
連絡を頂いて少し驚きました

改めて季節を変えて又行ってみたい・・・ しまなみ海道は素晴らしい思い出に満ちた
ローディの聖地でした。

海と云うのは水平線まで広がってて、潮は優しく流れているもの・・・
湘南育ちの私の海の概念をひっくり返す様な瀬戸内の海、
今になって思えば此処はこうして写したかった、光、アングル等々、
反省点が沢山思い浮かびます

ロードバイクですと一日100キロ程度は比較的容易で、三浦イチ(三浦半島一周)でも120キロ程度
走ります。
しまなみ海道は、比較的平坦な路で90キロ足らずだったので、楽しんで走ることができました

でもロードバイクと登山、使う筋肉が微妙に違って(笑)今も苦労しています

2016.06.01 11:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/739-6a837da0
該当の記事は見つかりませんでした。