凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

シロヤシオに誘われて西丹沢  四度目の檜洞丸へ   

毎年、新緑の美しい頃になると
西丹沢では、その年の「シロヤシオ」の咲き具合が話題になるようです

檜洞丸(ひのきぼらまる)に初めて登った昨年、シロヤシオの裏年との事で、咲き具合はいまひとつでした
でも・・・ 今年は、本当に素晴らしい花の景色を見せてくれました

ss-DSC08196.jpg
標高1400mを越すと見事なシロヤシオの花が登山者を迎えてくれます
此処まで登ると、西丹沢の深い山並みの向こうに富士山も顔を見せてくれました
.....................................................................................................................






昨年の5月中旬、「純白のシロヤシオが山を覆い尽くした」と云う前年の景色に憧れて
西丹沢の主峰、青岳とも呼ばれる檜洞丸(ひのきぼらまる 標高 1601m)に登ってみました

登山口からの標高差1100m余りと、登山を始めたばかりの私にはとてもきつい登山でしたが
山頂付近のバイケイソウの群生を渡る木道、立ち枯れしたブナの大樹、山頂から見下ろす西丹沢の山並み、
そして難所の犬越路に向かう稜線の険しさ ・・・・
この年はシロヤシオは裏年と云うことで咲き具合は今一つでしたが、素晴らしい山容のこの山の虜になってしまいました

この昨年5月の初登山以降
初めての涸沢カール行きの前に予行演習として登った秋の9月
西丹沢の水墨画のような世界に惹かれて、軽アイゼンを履いて登った冬の2月
どれも印象的な登山でしたが、今回は「シロヤシオに期待して」、4回目の檜洞丸への登山となりました


一緒に登るKさんを新松田の駅で拾って西丹沢を目指します
朝7時に西丹沢自然教室に到着、平日にも拘らず既に沢山の車が止まっています
檜洞丸のシロヤシオは、すっかり有名になった印象ですね

7時半、ツツジ新道入り口から、少し薄暗い沢沿いの登山路に入ります

ss-DSC08009.jpg

表丹沢の登山路に比べ、山の荒々しさを感じる西丹沢
皆さん、沢に向かって急峻に落ち込む谷に注意しながら、険しい登山路を登ってゆきます
ss-DSC08010_201605210823087f1.jpg

「ゴーラ沢出会い」にほぼCT通りに到着
此処から、本格的にキツイ登山路がずっと続いてゆきます

西丹沢自然教室の掲示板には、標高1400m付近から「シロヤシオ」が見頃とありました
なので、こうした登山路をあと800m程登らないとシロヤシオには出会えないようです
ss-DSC08024_20160521082311ffb.jpg

標高1100mの「見晴し台」付近から、ポツポツとシロヤシオの花が目に付き始めました

一つの樹に咲く花の数が、昨年に比べて圧倒的に多い!!
これならば、山頂付近が期待できそうです
ss-DSC08035.jpg

初夏の陽射しが新緑の葉と、シロヤシオの純白の花を透かして、とても美しい
ss-DSC08056.jpg

印象的な葉の色と形、シロヤシオは五つに分かれた葉の形からゴヨウ(五葉)ツツジとも呼ばれ
「敬宮愛子内親王」  愛子様のお印の花としても有名です
ss-DSC08060_20160520200015d9b.jpg

少し早めに盛りを迎えた「東国ミツバツツジ」 と 「シロヤシオ」が、登山路の横に咲き乱れています
ss-DSC08090.jpg

「ウィキペディア」のシロヤシオの説明では、
大木に一面に咲くのは美しいが、花は葉の影に咲く上に、白いので遠くからは目立たない
多数の木が群生している場合には、その下に入って観賞すると美しい
・・・ との事
その通りなのですが、何か随分そっけない説明(笑)

驚くほど沢山の花をつけていても、奥床しさを感じる花なのですね

麓の公園で見かけても目立たないかもしれない
険しい山に登った先にあることで、この清涼さ、可憐さが登山者の心を惹く
これは、山で出会う可憐な高山植物を愛でるのと同じ心理なのでしょう

私の写真で、ブログを通じてこのシロヤシオの美しさが伝わるのかなぁ・・・・ (笑)
ss-DSC08092.jpg


石棚山稜分岐点(標高:1400m)
掲示板にあったとおり、この辺りからシロヤシオの花が見頃、まさに満開でした

沢から吹き上げる心地よい風を受けながら、シロヤシオの花に酔いしれました
ss-DSC08124.jpg

驚くほど沢山の花をつけたシロヤシオ
樹の幹は決して太くないのですが、これで樹齢は100~200年との事
ss-DSC08126_20160520200023a04.jpg

檜洞丸の稜線から見る、大室山とシロヤシオ
ss-DSC08150.jpg

犬越路に向かう稜線とシロヤシオ
やはり、この白い花には山の景色が似合います
ss-DSC08151.jpg

確かに、こうして樹の下から仰ぎ見ると、この花の美しさが引き立つようです
初夏の青空をバックに若葉とシロヤシオの競演
ss-DSC08152.jpg

この辺りから、木道と階段が続きます
山頂まで、暫くは若葉とシロヤシオの回廊の様な風景を楽し事ができます
ss-DSC08155_20160521082311bad.jpg

木漏れ日を浴びると、この花の白さが引き立ちますね
ss-DSC08171.jpg


標高1400m~1500m、シロヤシオに染まった登山路から、登山者の歓声が上がります
皆さん、この花に会いにキツイ坂を1000m登ってくるのですね・・・

この辺りで、随分お年を召した女性のグループを幾つか見かけました
凄く確りとした様子で登ってきていました
此処でシロヤシオの花を見て沢山の元気を貰ったそうですが、皆さん顔が輝いています(笑)

ss-DSC08179.jpg


標高1500mを過ぎると、一気に視界が開けます

西丹沢の深い山並みの向こうには富士山が顔を見せてくれました
「シロヤシオ」 と 「バイケイソウ」 と 「富士山」、 私の中ではとても檜洞丸らしい風景です
ss-DSC08215.jpg

この辺りは鹿の食害でブナの大樹がかなり枯れたり、倒れたりしています
冬には結構殺伐とした風景なのですが、この日はシロヤシオの華やかさがとても印象的でした
ss-DSC08208.jpg

長かった登山路の最後の坂に入ります
此処でいつも頂上を仰ぎ見るので、青空をバックにした「立ち枯れのブナ」も、私の「檜洞丸の象徴的な景色」の一つ
ss-DSC08218.jpg

正面から美しい富士山が眺められる・・・  これは、西丹沢の山のウリですね
ss-DSC08222.jpg

途中での撮影に随分時間を使ってしまいましたが、12時前に檜洞丸山頂に到着

沢山の登山者が休んでいます
ベンチを相席させて頂き、Kさんと此処で昼食
この日はコンビニで購入したサンドウィッチとオニギリ、それと携帯食なので写真はなし
初夏の陽気だったので、水を2リットル少々持ってきましたが、下山までの間にほぼ使い切りました

下山のルートですが、Kさんの疲労の具合と山の様子で、難所の犬越路を下るか、ツツジ新道をピストンするか
決めることにしていましたが、先ずは犬越路に向かう登山路を観に行きます

此処から眺める景色は、(私の中では)丹沢の景色のベスト5です
ベンチに座ってしばしこの景観を楽しみます
ss-DSC08235.jpg

ss-DSC08237.jpg

ss-DSC08239.jpg


この後は約1100mを下ることになるので、足の疲労度と所要時間を考慮して、この日はツツジ新道をピストンする事にしました

登ってくる時に随分写真を撮ってきたので、下山時には記憶に刻んで行くことにします
ss-DSC08263.jpg

西丹沢自然教室から歩き出した時、見上げていた沢山の西丹沢の山々
それらの山をこうして見下ろすと、西丹沢で一番高い頂まで登って来た事を実感する瞬間です
ss-DSC08268.jpg

午後4時少し前に、西丹沢自然教室の駐車場に到着
大分車は少なくなっていますが、臨時駐車場の空き地の端まで車が止まっていました
この週末は凄い混雑でしょうね


予定した犬越路を降りてくる事はできませんでしたが、シロヤシオに酔いしれた素敵な登山を満喫できました

その場所で見るからこそ、その姿が一際美しい
或いは、その場所に咲いている姿を見たくて、その季節になると其処に出かける

それが、この時期に檜洞丸に登る人達の心模様なのでしょう


いつの間にか、季節は初夏、入梅も間近ですね

5月末に予定していた「廻り目平キャンプ場から登る金峰山(きんぷさん)」は
スケジュールが調整できず、6月に持ち越し
梅雨空を睨みながら、次のテン泊の計画作りを楽しむことになりそうです



【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   
スポンサーサイト

9 Comments

りら says..."kite31さん"
一枚目
シロヤシオの花が見事ですね
彼方に見える世界遺産の姿も美しいです

私の写真で、ブログを通じてシロヤシオの美しさが伝わるのかなぁ・・・・
多くのお写真にシロヤシオが登場していますね
私は実際にはシロヤシオは見たことがありません
しかしながら お写真にて充分にその美しさ私の心に届きました

2016.05.21 20:35 | URL | #sSHoJftA [edit]
きさく says...""
シロヤシオ、写真に撮るには難しい花ですね。
アカヤシオや山ツツジみたいな派手さは無いですが、不思議と何となく目立つって感じです。
その存在感を写真で表そうとすると....大抵は失敗(^^;)。

先日、私もたっぷりシロヤシオに囲まれて山に行ってきましたが。
難しい~~。
2016.05.22 12:29 | URL | #mQop/nM. [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

シロヤシオ、寄って撮るか、群として離れて撮るか・・
富士山と共に、この西丹沢の山容の中にシロヤシオを写しこむのが一番自然かな。。。
と感じました

>しかしながら お写真にて充分にその美しさ私の心に届きました

ありがとうございます
写した時の手応えとすこしギャップのある写真も多かったので、
りらさんにそう云って貰えると嬉しいです。

朝早くから厳しい登山路を登って、漸く此処に来て観ることのできるシロヤシオ
この清廉な花には、辛い登山路を忘れさせてくれる、そんあ魅力があるのですね

西丹沢から、初夏の訪れを知らせてくれる花、シロヤシオをお届けしました


2016.05.22 21:39 | URL | #- [edit]
kite says..."きさくさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

この日、私はミラーレスの山カメラで写したのですが、
フルサイズと三脚を持って登ってくる方もカメラマンも多かった

山の斜面に入り込んで、様々なアングルからシロヤシオを狙っていましたが、
一つの花をアップで写しても、いま一つ映えないでしょうね・・・

本当に難しい花ですね
逆に言うと、写真を見てこんな筈ではない・・と感じる、写真写りが悪いと感じる(笑)
と云う事は、山で見たシロヤシオはもっと、もっと素晴らしかった!と云うことなのですね

少し拡大解釈ですが・・・
やはり 野に置け 蓮華草  かな(笑)

きさくさんの地元にも、シロヤシオの見事な山があるのですね
2016.05.22 21:50 | URL | #- [edit]
にせきのこ says...""
初めまして。

なんとなくたどり着いたブログの写真に魅せられてしまいました。
素敵な写真ですね!

自分も毎年、檜洞丸にシロヤシヲ、トウゴクミツバツツジを見に行くのを
ルーティンにしてましたが、今年は時期を逸してしまいストレスが
溜まっていたとこでした。
なんとなく登った気になりストレスが解消されました~(笑)

よろしければ参考までにお使いのカメラの機種とレンズなどを教えていただければ
嬉しいです。

因みに私のヤマレコページです。
お暇でしたら、見てください。
過去の檜洞丸のツツジが出ています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-644828.html
2016.06.03 09:43 | URL | #- [edit]
kite says..."にせきのこ さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

にせきのこさん、はじめまして
ヤマレコの記事、拝見いたしました。
何と、昨年檜洞丸に登った日にちが私と一緒、登りのコースが違いますが、犬越路への下山ルートも一緒
何処かですれ違っていたかもしれませんね(笑)

昨年檜洞丸のシロヤシオは裏年、一昨年の噂を聞きつけてやってきた登山者の皆さん、チョッとがっかりしていましたね
表、裏と来れば今年は表と期待していましたが、本当に見事なシロヤシオを楽しめました

私のシロヤシオのブログ記事、写真で楽しんで頂けたのならば何よりです

私の山で使うカメラとレンズですが、
丹沢を中心に少し余裕のある登山ができる時と、紅葉の真っ盛りの勝負時には(笑)
ニコンのD600、レンズは AS-F NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR を持ってゆきます

キツイ登山や荷物が多いときには、ミラーレスの山カメラ
ソニーの α6000、レンズは SELP1650 16-50mm F3.5-5.6 OSS
今回の檜洞丸の写真は、この α6000で写しています

又、山のお話などさせて頂きたいので、気軽に遊びに寄ってくださいませ

2016.06.03 21:59 | URL | #- [edit]
m_hiro says..."シロヤシオ"
こんばんは。シロヤシオきれいですね。
私は18日に檜洞丸に行ったのですが天気も良くてとてもきれいでした。
シロヤシオのトンネルに日が差して見事でしたね。
シジュウカラやオオルリのさえずりに癒されつつ撮りまくりでした。

シロヤシオを求めて那須にも行ったのですが時期が合いませんでした。
でもヤマツツジが見ごろで新緑と濃オレンジがきれいでしたよ。
那須マウントジーンズの那須ゴンドラ山頂から北温泉に降りるルートに
凄い数のシロヤシオがありました。
見頃時期はきっと凄いとおもいます。那須一帯もツツジがたくさんあるんですね。

今年は雪が少なかったせいか花の見頃のタイミングがむずかしいですね。
尾瀬にも行きたいなあ。

2016.06.07 22:54 | URL | #I4ItglUE [edit]
kite says..."m_hiro  さんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

m_hiro さんとは、昨年の晩秋、尾瀬の草紅葉の景色の話をして以来ですね
お久しぶりです(笑)

今回一緒に檜洞丸に登ったKさん、実はこの1週間前に那須に登ってツツジを見てきたそうです
那須ではゴヨウツツジと呼んでいたので、シロヤシオの花の名に最初はピンと来なかったと言っていました

檜洞丸の写真、沢山撮られましたか?

m_hiro さんの散られた写真へのアクセスはできませんか?
昨秋、草紅葉の尾瀬の写真なども見せていただけたらと思います

今年は尾瀬行きの計画は如何ですか?
私は7月の初旬に行く積りで、計画を立てています

m_hiro さんは、昨年竜宮小屋に泊まられたと言っていましたね?
今年は此方に泊まろうかと思っているので、小屋の様子を窺えたらな・・と思っていました

又気軽にコメント入れてください
2016.06.08 16:35 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.06.13 00:23 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/738-8290a9a3
該当の記事は見つかりませんでした。