凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

春爛漫  東京さくら巡り その3 【皇居・乾通り】 

春爛漫  東京さくら巡り 最終章は皇居・乾通りとなります 

皇居の乾通り、このあと予定される樹木の植え替えの関係で、次の春の一般公開は平成30年とのこと
暫く見る機会がない様なので、千鳥ケ淵のさくらを見た後で乾通りに行く事にしました

ss-DSC_4825.jpg
乾通りの中ほどにある門長屋(もんながや)と枝垂れさくら
.............................................................................................................................





過去の東京さくら巡り、目黒川と千鳥ケ淵は外したことがないのですが
もう一箇所回る余裕がある時には、その日の気分で(笑) ・・・ 
新宿御苑、六義園、ミッドタウンに行った事があります

今年は、朝のTVニュースで見た「皇居の乾通り」の雰囲気に惹かれ、千鳥ケ淵を見た後で回ってみる事にしました

今年は皇居のさくらの時期が少し遅れたため、公開の期間が少し延びたようですが
最終的に10日間で50万人を超す来場があったそうです

私と同じく、暫く見る機会がなくなるので・・・ と云う方も多かったのではないでしょうか

公開されているコースは、坂下門から乾門までの乾通りと呼ばれる皇居の真中を通るコース
地下鉄の二重橋駅を出た後、玉砂利の広場をコーンで指定されたコースを歩き、持ち物検査を受けると坂下門の到着です
ss-DSC_4794.jpg

平日の昼過ぎと云う時間だったので、特に混雑に見舞われること無く散策することができました
でもこの乾通り、さくらの満開には少し早かったようです

坂下門を入って直ぐに目に付く「富士見櫓」
幕末に再建されたそうですが、周りの近代的なビルとの対比が面白い
ss-DSC_4799_20160405100154251.jpg

乾通りでは、「トウカエデ」の複雑怪奇な枝振りがとても目を惹きました
場所によっては、さくらより存在感があります
ss-DSC_4802.jpg

青空をバックに、トウカエデとさくら
紅葉の頃、見事でしょうね 
ss-DSC_4808.jpg

局門(つぼねもん)
非常に重厚な佇まいの門がありました
ss-DSC_4812.jpg

松の大樹、古びた塀・・・ この辺りも。紅葉の季節に訪問したいですね
ss-DSC_4810_20160405100158a9f.jpg

乾通りに沿って植えられた木々はかなりの樹齢ではないでしょうか
この局門に植えられた松、剥がれて落ちそうな樹皮がとても目を惹きました
ss-DSC_4813.jpg

鎌倉の瑞泉寺、屋根の瓦の間に積もった枯葉、枯れ木を掃除をせず、そのまま残している風情がとても好きなのですが・・・
この皇居の局門、同じような印象を受けました
ss-DSC_4816_2016040510021355b.jpg

お城の「石垣が好き」と云う方も多いそうですが
古く、苔むした石垣の積み上がっている様は面白いですね
石垣の上の建物は富士見多聞と呼ばれる長屋で、江戸時代は武器庫だったそうです
ss-DSC_4819.jpg

乾通りで見られるさくらはソメイヨシノが多いとの事でしたが
この日の皇居、ソメイヨシノには少し早く、枝垂れさくらが美しく咲いていました
ss-DSC_4821.jpg

門長屋(もんながや)、江戸城の中を管理する人達が住んでいたそうです
長屋の古びた板塀が枝垂れさくらを引き立てます
ss-DSC_4826.jpg


ss-DSC_4842_2016040510023302c.jpg


この塀の向こうには、広大な吹上御苑(ふきあげぎょえん)の森が広がっているそうです
東京の真ん中とは思えませんね
ss-DSC_4838.jpg

山吹の花がとても綺麗に咲いていました
ss-DSC_4840.jpg

石垣や樹齢の高そうな樹の佇まいから、遠い江戸時代を感じることができました
ss-DSC_4844.jpg

この橋から皇居東御苑(ひがしぎょえん)へも行けるそうですが、私は乾通りをまっすぐに進みました
ss-DSC_4846_201604051002461cb.jpg

終点の乾門が見えてきました
歩く距離は800m程と短いものの、荘重な皇居の空気を吸うことができ、とても良い時間が過ごせました
ss-DSC_4848_20160405100248216.jpg


乾門を出てから、色々なコースを歩くことができますが
気持ちの良い春の風に誘われ、東京駅までお堀端を歩くことにしました

外国人観光客には人気のスカイバス(Sky Bus)
ss-DSC_4856.jpg

皇居のお堀には白鳥が居るのですね
ss-DSC_4861.jpg

ss-DSC_4862.jpg



目黒川、千鳥ケ淵、皇居・乾通りと3回に渡ってお伝えした 「春爛漫 東京さくら巡り」

満開まであと少し・・ と云うタイミングでしたが、今年もさくらを満喫することができました
この後、散り際・・・ さくら吹雪か花筏 何処かで写せたらいいですね



【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   
スポンサーサイト

2 Comments

りら says...":kite31さん"
一枚目のお写真
門長屋の前にある枝垂れ桜の入れ込み
とてもセンスが良いと感じます
素敵ですね

四枚目のお写真
個性ある枝の描写が素晴らしいです
迫力ある表現で魅了されます

十九枚目のお写真
スカイバス
私はこのバスが大好きで何回も乗車しています
二階から 撮影したことがありますが・・・・
見慣れた街も異なって感じ とても新鮮です
温かくなってきたのでまた 乗車したいと思います
2016.04.06 22:01 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

よく手入れされた古びた板塀って、とても味が有りますね
淡いさくらの色がとても似合うと感じました、この場のさくらはソメイヨシノより枝垂れさくらですね

さくらの華やかさとの対比で、
葉を落とし樹皮が不規則にめくれたトウカエデの枝はとても魅力的でした
この樹は新緑の頃もいいでしょうね

2階建てのバスはよく見るのですが、2階の屋根が完全にオープンになっているこのスカイバスはいいですね
さくらや色々な街路樹の植えられた道路を見上げながら走る快感!
これからの季節、一番爽快でしょうね

次回乗車したら、是非ブログに写真をアップしてみてください

2016.04.08 11:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/723-8ff8c7db
該当の記事は見つかりませんでした。