凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

雪の鍋割山から大倉尾根へ  【速報版】

先週後半の冬の寒さで、丹沢の山々が雪に覆われました
丹沢山頂の山小屋からの積雪情報を得て、この日は鍋割山から大倉尾根の雪景色を楽しむ事にしました

先ずは、雪の鍋割山から大倉尾根へ 【速報版】 です

ss-DSC06785_201603130736110fc.jpg
大倉バス停から続いた林道が終わり、いよいよ雪の山懐へと入ってゆきます
....................................................................................................................................





2週間前、水墨画のような雪景色を期待して登った西丹沢の「檜洞丸」
真っ青な冬空を楽しむ事はできましたが、残念ながら、山の雪景色はいまひとつでした

でも、この時山頂からみた丹沢の表尾根が見事な雪景色だったので
鍋割山、塔ノ岳、丹沢山辺りに雪の降る機会を待っていましたが・・・ 漸く、この週末にチャンス到来です

秦野戸川公園の駐車場に車を停めて、朝8時半に出発です

いきなり山に入ってゆく大倉尾根のルートに比べ、鍋割山への登山路は途中、この様な里山の景色が楽しめます
すっかり雪化粧した山と冬枯れした木々がむき出しの山のコントラストが面白いですね

ss-DSC06736.jpg

本格的な登山路となる「二俣」まで後少し
林道には全く雪が無く歩き易いものの、隣に見える山はすっかり雪に覆われ、この後の雪山登山への期待が高まります
樹の種類により、雪の着き方に随分違いがありますね
ss-DSC06750_20160313073609353.jpg


「二俣」から登山路が始まります、先ずは「後沢乗越」の稜線に向かって斜面を登ってゆきます

すっかり葉を落とした広葉樹は、枝がすっぽりと雪や氷に覆われる
それに比べ、針葉樹の雪化粧は深い緑色の葉と雪のコントラストが美しい
ss-DSC06819.jpg

後沢乗越(うしろざわのっこし) に到着、此処から「鍋割山稜」を約1時間登ってゆきます
谷の向こう側には、檜洞丸から蛭ヶ岳、丹沢へと続く「丹沢主稜」の山並み、流石に雪が深そうです
ss-DSC06853.jpg

幾度と無く小ピークを越え、登山者の体力を奪う鍋割山稜、漸く木道、階段が現れました
時間からして、そろそろ山小屋が見えてくる筈(笑)
ss-DSC06871.jpg

12時少し前、ほぼ予定時間に鍋割山山頂に到着です
流石に休日の丹沢、この山にシーズンオフは無いですね
混雑の様子で名物の「鍋焼きうどん」を食べる予定でしたが、大分待つようなのでこの日はパスしました
ss-DSC06884.jpg

晴れていれば、湘南の海まで見通せる山頂、この日はすっかりガスに覆われていました
ss-DSC06876.jpg

登山路の積雪、凍結の様子で下山路を決める予定でしたが、大倉から来た幾人かの登山者と話をしてみると
金冷シ、大倉尾根の積雪も大したことがない様なので、予定通り大倉尾根を下ることにしました

鍋割山から小丸、大丸の小ピーク越えて金冷シまで約1時間、すっかり雪に覆われた稜線を歩きます
今日はこの1時間の雪の回廊、稜線歩きが、一番印象に残りました
ss-DSC06905_20160313073629046.jpg

昨年の春、初めて歩いた時にもとても気持ちの良かった鍋割山稜
時たますれ違う登山者が離れて行くと、聞こえるのは自分が雪を踏む乾いた音だけ・・・ 静かに雪山を楽しめました
ss-DSC06915.jpg

午後2時、「金冷シ」に到着
此処から大倉バス停まで、高度差1100m、距離6キロ余り 「バカ尾根」と呼ばれる(笑)大倉尾根を下ります
晴れていれば此処からの景色も素晴らしいのですが、この日は何も見えませんss-DSC06937_20160313073702da5.jpg

凄いスピードで駆け降りてゆく猛者も居ますが・・・
膝、太ももにストレスのかかるバカ尾根、皆さん自分にあったマイペースで降りてゆきます

尾根に雪は殆ど無く、途中からは泥だらけ(笑)
スパッツ、シューズ・・・ 凄い!見事に泥だらけになりました
ss-DSC06959_2016031307370495e.jpg

午後4時、大倉の駐車場に到着

大倉バス停(標高:290m) - 鍋割山(標高:1272m) - 金冷シ(標高:1368m) - 大倉バス停
雪の積もる山を約7時間半、高度差1000mの登山、下山は流石に疲れました

でも、憧れの「丹沢の雪景色」、すっかり堪能できました


雪の鍋割山から大倉尾根へ  【本編】 に続きます



【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   


スポンサーサイト

4 Comments

りら says..."kite31さん"
里山の景色を楽しまれてから雪道を登り・・・・
聞こえるのは自分が雪を踏む乾いた音だけ・・・ということはお一人で登られたのですよね・・・
静かに雪山を楽しめました・・・・お写真にある登山道は険しいように思えます
それでも心にゆとりを持ち かつ撮影もされています
日頃から体力を鍛えているのでしょうね
晴れていれば、湘南の海まで見通せる山頂・・・・・それが見えなくとも・・・でも、憧れの「丹沢の雪景色」、すっかり堪能できました・・・
清々しさがお写真と文章から伝わってきます

2016.03.13 16:50 | URL | #sSHoJftA [edit]
yamatoumi says...""
kiteさん!こんばんは♪
どちらに登られたのかな?と楽しみにしていました!
雪の鍋割山、いいですね~♪
ガスの景色も幻想的でいいですよね。
下山の泥・・・キューブは無事でしょうか?
本編、楽しみにしています(*^_^*)
2016.03.13 20:49 | URL | #- [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

山登りやサイクリング、好きな場所で写真を撮ったり、好きなコースを選んだり
他の方と行くと、その方の事が気になって、結局自分のペースで行動できなくなってしまうので(笑)
ソロで動くことが多いです

未だ1年の経験ですが、山は厳しいです
好きな景色を見たり、写真を撮ったりすると結構時間が掛かるので、その分の余裕を見込んだ計画を立てるようにしています

体はある程度鍛えている積りですが、こう在りたい!と云うイメージからは程遠いです(笑)

>清々しさがお写真と文章から伝わってきます

ありがとうございます
雪国で生活している方には当たり前の風景なのでしょうが
樹林の雪化粧、雪の積もった登山路を歩く感触、すべてが新鮮で、その美しさに舞い上がっていました
2016.03.13 21:48 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございました

天気の良い日には家から丹沢が見えるのですが、此処暫く視界が利かずに様子が分かりませんでしたが
山小屋の情報を頼りに登ってきました

雪の鍋割山、とても良かったですよ
先日のyamatoumi さんの記事に触発されました(笑)
あそこの尾根では確かに擬似ピークにだまされますね
yamatoumi さんのブログにあった鍋焼きうどんも食べたかったのですが、随分混んでいたので今回は諦めました

>下山の泥・・・キューブは無事でしょうか?

冬から春の大倉尾根の「泥んこ祭り」は有名なようで、とてもキューブを履いてゆく勇気はありませんでした(笑)
大倉のバス停でシューズが洗えるのですが、洗うとため息が出るほどの凄い泥・・ 
キューブでなくてよかったと強く!思いました

2016.03.13 22:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/714-e021612f
該当の記事は見つかりませんでした。