凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

二週続けての「雪の箱根外輪山縦走」  前編

二週続けての「雪の箱根外輪山縦走」 速報版に続いての本編となります

予想以上に深い雪に覆われていた箱根外輪山の縦走路、雪に見惚れて随分写真を撮ってきたので
前編と後編に分けてアップすることにしました

先ずは前編、
「桃源台」の駐車場をスタートしてから、ランチを頂いた「山伏峠」までの記録となります


三国山の山頂付近の樹林は、すっかり雨氷に覆われていました
ss-DSC05832.jpg


この日縦走したコース概要を記したマップです
(赤丸が主なポイント、ブルーのラインがこの日のコースです)

桃源台から深良水門まで湖畔を歩いた後は湖尻峠に登り、箱根外輪山の稜線を芦ノ湖スカイラインに併走して約9キロ
箱根峠から芦ノ湖の湖畔に降りた後、海賊船で桃源台に戻る ・・・ 約12キロのコースでした
ss-箱根外輪山2-2
...............................................................................................................





流石に箱根を巡る交通網はかなり充実しています
箱根登山鉄道、ロープウェイ、ケーブルカー、観光船、そしてシャトルバス、等々

そしてこの人気の観光地でお互いが共存できるよう、綿密なテリトリーの区分ができているようです
そうした棲み分けの結果なのか、あれほど充実した箱根のバスルートにも関らず
箱根町から桃源台に戻るには海賊船に頼る他ありませんでした

春節を控えたこの季節、中国からの旅行者でごった返す海賊船は避けたかったのですが・・・
仕方なく、最後は海賊船で戻るコースで計画をFIXしました


朝7時半、桃源台のターミナルも未だ開いていないこの時間
桟橋から望む静かな芦ノ湖は、私の大好きな箱根の景色の一つです

右手に見える山並みが今日縦走を予定している箱根外輪山、少し前に雪が降ったようですね
ss-DSC05695.jpg

芦ノ湖キャンプ場横の散策路を歩いて湖尻水門に向かいます
昔、このキャンプサイトには幾度かデイキャンプに来ましたが、最近は往年の輝きは無くなってしまったようです
ss-DSC05701.jpg

ハイシーズンには、今もこのバーベキュー場も賑わうようです
芦ノ湖と仙石原に挟まったこのキャンプサイト、箱根の豊かな自然に囲まれた景色には癒されますね
ss-DSC05712.jpg

観光コースから外れ、殆ど人目につく事の無いこの湖尻水門とその前に拡がる小さな公園
此処も昨秋見つけた 「お気に入りの箱根の一つ」
ss-DSC05715.jpg

ss-DSC05722.jpg

この景色、観光客で賑わう元箱根周辺から見る芦ノ湖の姿とは別物ですね
厳冬期の早朝、流石に釣り人も居ない湖には水鳥だけ
ss-DSC05719.jpg

昨年の晩秋に此処を歩いた時、湖に滴るような錦の彩りに圧倒されました
こうして柔らかい陽射しを受けながらこの景色を眺めていると、この先の登山路が雪に覆われているなど想像できませんね
ss-DSC05725.jpg

湖尻水門の北には仙石原の湿原が広がり、その先には金時山の頂が見えます
金時山から西に伸びる外輪山の稜線が先週歩いた縦走コース、無線アンテナの立つ丸岳が丁度良い目印になっています
ss-DSC05721.jpg

湖尻水門から深良水門に向かいます
その途中に湖尻峠に向かう分岐があります さて、此処から登山の開始です
ss-DSC05736.jpg

20分ほどで湖尻峠に到着
今日歩く縦走路は、この様に芦ノ湖スカイラインに接するようにして伸びています
「芦ノ湖と富士山の景観」がウリの芦ノ湖スカイライン、その横を縦走するコースなので、その景色は保証済み
ss-DSC05745.jpg

湖尻峠から三国山に向かって、樹林の中の登りが続きます

此処から一気の雪道、最近降ったばかりのようで明確な足跡は先行者一人分のみでした
真冬の箱根は登山をする場所ではない様で、人影が全くありません
私はこの日も軽アイゼンを持参しましたが、先ずはアイゼンなしで雪の感触を確かめて行くことにしました
ss-DSC05759.jpg

ドライブウェイや湖畔から見える景色と、この登山路の実際の様子、随分違いますよね(笑)
先週の金時山でも、麓からの景色に騙されました
ss-DSC05748.jpg

暫くは樹林に覆われて見通しが悪い登山路が続きます
樹林の切れた所から見下ろすと、スタート地点の桃源台の赤い桟橋や仙石原が眼下に見通せましたss-DSC05777.jpg

もうすぐ三国山山頂、この後に最後の登りが控えています

なんと、此処で先行者はアイゼンを装着したようです、しかも前爪のある本格的なアイゼンの様子
その横にあるのは、あまり大型でない犬の足跡でしょう
特に滑りそうな登山路でもないので、私はこのままで行くことにします
ss-DSC05788_20160208220041c3f.jpg

此処までは笹が多かった登山路ですが
これから先はブナの巨木が目を楽しませてくれます
ss-DSC05782.jpg

少しピンボケですみません
三国山の手前、此処は富士山の眺めが良い場所ですが、何せ坂の途中なので・・・・ (笑)
ss-DSC05791.jpg

柔らかい雪の積もった道が続きます
サクサク、気持ちの良い音が登山路に響きます 山の上はとても静かです
ss-DSC05793_20160208220103045.jpg

ss-DSC05800.jpg

このブナの大樹は見事でした
三国山の山頂付近は広葉樹の拡がる登山路、春の新緑の頃も気持ち良さそうです
ss-DSC05803_201602082201051db.jpg

ss-DSC05823.jpg

地形の関係なのでしょうね
この辺りから、登山路脇の木々に雨氷が目に付き始めました
ss-DSC05829.jpg

ss-DSC05830.jpg

午前10時、三国山山頂(標高:1102m)に到着
山頂はベンチと道標があるだけで、見通しもきかないちょっとした広場のみ
ゴールまで未だ9キロほどあるので、軽く行動食を食べて、昼食を予定する山伏峠に向かう事にします
ss-DSC05839.jpg

三国山から山伏峠に向かう縦走路は中々変化に富んでいます
ブナやヒメシャラの樹林帯の間から、芦ノ湖や駒ヶ岳が目に入ってきます
ss-DSC05855.jpg

進路右手には伊豆半島、駿河湾、そして三島の街並み
今日は少し霞んでいますね
ss-DSC05891_20160208220138cca.jpg

ほぼ予定通り、12時少し前に山伏峠に到着
此処は芦ノ湖スカイラインのドライブインと共通の休憩所となっています

幾度か車で来た事のあるお茶屋さん、「ああ・・、此処に出てくるのか」とチョッと驚き
このヤギ、完全に放し飼い(笑)  この草地は完全に彼のテリトリーらしく、写真を撮ろうと近づいたら凄まれました
ss-DSC05911.jpg

此処で少しのんびりと昼食を頂き、その後は下り基調の下山路をゆっくり芦ノ湖の湖畔まで戻る
との計画でしたが、色々と想定外の事態に直面してかなり慌しい午後の山歩きとなりました


二週続けての「雪の箱根外輪山縦走」  後編 に続きます


【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   



にほんブログ村
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/703-02ffcccf
該当の記事は見つかりませんでした。