凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

山の記憶 2015  第二章:アルプスへのPreiude編

2015年も間もなく終わり、いよいよカウントダウンが始まりましたね

ブログを始めて4年半、
毎年この時期に、1年を振り返る記事を纏めていますが・・・・  
いつも時間ギリギリで滑り込みが年中行事になっています

今年も先に「山旅の目次」を作ってしまったので(笑)、何とか予定通りに仕上げます


     第一章: 登山 Debut  編  既報
                     : 4月に登山を始めてから、丹沢を中心に山登りの経験を積む過程を中心に纏めます
                     : 対象の山は、表丹沢、西・東丹沢、富士山麓、高尾、奥多摩

     第二章: アルプスへのPreiude編 
                     : 初夏の尾瀬で初めての山小屋泊を経験、その後夏の丹沢を経て、立山縦走に挑戦するまで
                     : 対象の山は、尾瀬、西丹沢、丹沢表尾根、そして北アルプス:立山

     第三章: アルプスに魅せられて編  
                     : 錦秋に染まる秋の山へ 憧れの上高地・涸沢、そして南アルプスへ
                     : 対象の山は、上高地・涸沢、丹沢、甲斐駒ヶ岳

     第四章:来年の登山計画に向けて準備編
                     : 山の秋はあっという間に過ぎ去り季節は冬、来年に向けての準備登山です
                     : 対象の山は、丹沢、箱根、富士山麓



ss-DSC02653_20151226162232665.jpg初めて尽くしの「尾瀬への山旅」
100名山 至仏山から見下ろす尾瀬ヶ原の眺めは、今年最も印象に残った景色の一つです
 
ss-DSC03354_20151226073939952.jpg
憧れの北アルプスへの第一歩 立山三山縦走
荒天のなかの縦走、色々な意味で(笑)強烈な印象の残った山旅
釣り、ロードバイク、そして山・・・  いつも傍に居た愛機「NEX-5N」を亡くしてしまった旅でもありました
................................................................................................................



    

    
では、第二章:  アルプスへのPreiude編の始まりです

夏山への誘い ・・・ 春の終わりから沢山の登山のガイドブックが発刊されます
4,5,6月と山に登り続け、更にこうしたガイドブックに触発され・・・ 未だ見ぬ山への憧憬は深まるばかり

この夏の目標として、登山バス、山小屋を利用して「初めての尾瀬へ」
そして、様子を身ながら(笑)・・・・ 北アルプスへの第一歩を記せたら最高!
これが6,7,8,9月の予定(目標)でした
はてさて、如何だったでしょうか? 



※ 各登山記の見出し(アンダーライン部)に、ブログ記事へのリンクを張ってあります


(11)  初夏の丹沢表尾根縦走記  2015.06.29

6月初旬から「7月の尾瀬への山旅」の準備を開始いたしました
初めて尽くしの山小屋泊の旅、久しぶりに感じる「心躍る期待と未知の領域への不安」


尾瀬に向け、先ずは自分の基礎体力を向上させるべく、梅雨時も休むことなく山に登る事にしました
春に登った「憧れの塔ノ岳」、再度の挑戦です


ヤビツ峠から少し坂を下り、表尾根への登山口に到着
此処に建つこの「チップトイレ」にて、登山者は最後の準備を整えます
私にとって、表尾根への象徴的な建物


ss-DSC01678_20151226073751148.jpg

この日は、曇り時々雨の予報
ヤビツ峠でバスを降りた時から、丹沢は深い霧に覆われていました
ss-DSC01691_20151226073754e44.jpg

2度目の表尾根、前回の登山での大凡のコースと印象的な景色は覚えていました
春に登って、とても印象的だった景色の一つ、二ノ塔に向かう最後の登山路に出てくる樹のトンネル
ss-DSC01721_20151226073755e97.jpg

二度目の塔ノ岳も山頂からの眺めに恵まれず
滑りやすい下り坂ですが、大倉尾根を一気に下ります
終日天候には恵まれませんでしたが、霧に包まれた樹樹林帯の雰囲気はとても気に入りました
ss-DSC01887_20151226073756caa.jpg

梅雨時の登山で、雨や霧の中の行動も経験できたし
それなりに体力も向上した様ですし、心置きなく遥かな尾瀬への山旅に向かえます
  



(12) 初夏 初めての尾瀬への山旅  2015.07.13

ミズバショウの時期を過ぎ、ニッコウキスゲが盛りを迎える少し前
尾瀬が落ち着きを取り戻した時期を狙って、ソロの山旅に出かけることにいたしました


初めての夜行バスでの旅
新宿を夜11時に出て、大清水に着いたのは翌朝5時前

ヘッデンの灯りを頼りに、未だ見ぬ尾瀬への旅をはじめました

沢の川音を聞きながら、深い針葉樹林を歩いてゆくと
目の前に、朝日に輝く尾瀬沼が現れました

真っ青に晴れ渡った夏空をバックに そそり立つ燧ヶ岳
ss-DSC02037_2015122607375864a.jpg

尾瀬沼の周りの手付かずの樹林
朝の清々しい高原の空気を吸いながら歩いた尾瀬沼、今も強い印象が残っています
ss-DSC02053_2015122607382046f.jpg

尾瀬沼の北岸を抜けて「沼尻」へ
沼からの風が吹き抜ける「沼尻の休憩所」は、とても心地よかった
この辺りでワタスゲの白い穂を見つけ大喜びしていました(笑)
ss-DSC02133_20151226073823e62.jpg

予定時間より早く「尾瀬小屋」に到着
山小屋の方にご挨拶を済ませ、荷物を置かせて貰って尾瀬ヶ原を暫し散策

今年は「ニッコウキスゲ」が少し遅れているそうで、見頃は翌週辺りになりそうとの事
折角なので、ニッコウキスゲと木道と至仏山と ・・・ 初夏の尾瀬独り占め
ss-DSC02209_20151226073822058.jpg

初夏の夕暮れ時
至仏に沈む夕陽を見たかったのですが、湿原には深い霧が下りてきました
夕陽は見られなかったけど、明日の早朝、幻想的な霧の湿原が見られそうとの事・・・・・・
ss-DSC02296_20151226073823330.jpg

尾瀬では水が豊富なため、山小屋でお風呂に入ることができました
夜8時の消灯、この日は朝が早かったので泥の様に眠りました

そして翌朝、日の出の大分前に目を覚まし、尾瀬の湿原へと出かけてゆきました
燧ヶ岳に登る朝陽の光が至仏山を茜色に染め上げてゆきます
湿原を流れる朝霧がとても幻想的な風景を生んでいます
ss-DSC02355_201512260738257f3.jpg

優しい山容の至仏山が朝陽に染まります
湿原に集まった登山者、東西南北・・・ 何処を見ても素晴らしい景色が広がっていて少し混乱気味
夢の中にいるような、幻想的な夜明けの景色を見ることができました
ss-DSC02368_20151226073837715.jpg

至仏山に登った後、帰りのバスの便が固定されているためこの日は早めに動きました
朝食をお弁当にしてもらい、夜が明けたばかりの時間に山小屋を出発
朝靄の広がる湿原の中、初めて白い虹を見かけました
ss-DSC02401_20151226073839379.jpg

至仏山の登山口「山の鼻」までの木道が続きます
霧の流れる尾瀬ヶ原を独り占め 
ss-DSC02424_20151226073840e07.jpg

高校時代に中ば強制的に登らされた(笑)富士山を除くと、私にとって初めての百名山「至仏山」
滑りやすい蛇紋岩の岩場を上りながら、振り返ってみた尾瀬ヶ原の景色は本当に素晴らしかった
ss-DSC02600_20151226073842d75.jpg

至仏山から小至仏山へ
荒々しい至仏山、残雪、そして谷から吹き上げてくるガス
暫し時間を忘れて見惚れていました
ss-DSC02715_20151226073844c64.jpg

予定時間に鳩待峠に到着
尾瀬戸倉まで行き、午後3時半発の「尾瀬号」 で新宿へ

全て予定通りだった「初めての尾瀬への山旅」
その全てが素晴らしかった山旅、「また早く尾瀬に戻って来たい」、強い思いを抱いての帰路でした



(13)  盛夏!丹沢 大倉尾根ピストン登山記  2015.08.06


尾瀬の素晴らしい記憶 暫くはその記憶に浸っていましたが、
尾瀬への山旅を契機に、何とかこの夏に北アルプスに足を踏み入れてみたい、との想いを強く致しました

その為に、暑い夏ではありますが、先ずは地道にトレーニングに励みました
最初は、灼熱の大倉尾根往復
唯でさえキツイ大倉尾根のピストン、連日30度を越す夏日に登るのは大変でした


渋沢駅からバスで大倉へ
この暑さの中、結構な数の登山者が登っていました
ss-DSC02751 (1)

無限に続くと思えるほどの大倉尾根の階段
この尾根、これまでに2度降りて来ましたが、登りに使うのは初めて
ss-DSC02800_20151226073900f91.jpg

ゴールまであと少し、「花立山荘」に到着です
樹林が途切れた灼熱の尾根を歩いてくると・・・・
この坂の天辺に、鮮やかな「氷」の幟がはためいているのがとても印象的でした


ss-DSC02827_20151226073900340.jpg

流石に真夏の登山、花立山荘に着いた時に軽いめまいを感じ少し慌てました。
無理をせず、氷を食べた後(笑)、大倉尾根を此処で引き返すことにしました
本当は塔ノ岳迄行く予定でしたが、後30分の登りを諦めました
山荘からは、三ノ塔の避難小屋がとてもよく見えました
ss-DSC02828_20151226073901ecd.jpg

無理せず、その時々に適切な判断をすること
これからも幾度も直面するであろう、中止、撤退の判断
この日の灼熱の大倉尾根登山で学びました

天候、地形、体力、気分(笑)・・・ 自分に問いかけながら歩く大切さ、重要ですね



(14)  夏の暑さを忘れて ・・・ 西丹沢 畦ヶ丸登山記  2015.08.16


遥かなる北アルプスに向けてのトレーニング第二弾

前週の大倉尾根での熱射病は軽く済んだものの、夏日の丹沢の尾根は体への負担が大きいので
深い樹林に囲まれ、沢の傍を歩く「涼しげな登山」コースの西丹沢 畦ヶ丸に登ることにしました

西丹沢自然教室から、幾つもの沢を越えて、畦ヶ丸の山懐に入ってゆきます
ss-DSC02994_20151226073916d1b.jpg


途中、2箇所に大滝を眺める事のできる場所が用意されています
真夏日のこの日、滝の下で飛沫を浴びる快感
ss-DSC03077_20151226073917807.jpg

流石に西丹沢
山頂に至る稜線はとても変化に富んでいました
ss-DSC03138_20151226073919e82.jpg

登山路には結構切り立った崖もあり、暑い夏に登るにはとても楽しめるコースです
ss-DSC03190_20151226073920d33.jpg


西丹沢の山、これまでに檜洞丸、大室山、畦ヶ丸と、3座登りましたが
どの山も登り応えのある山、登った後には心地よい疲れと充足感を味わうことができます

憧れの北アルプスに向け、良いトレーニングができました



(15)  憧れの北アルプスへの第一歩 立山三山縦走記  2015.08.30


4月に登山を始めた時、何時かは北アルプスに登ってみたいと
遥か遠くの目標としてみていた北アルプス

調べてみると、準備を十分にすれば、初心者でも登れるコースも幾つかあることが判明
そうした中、私は北アルプス Debut に選んだのは立山三山

人気のアルペンルートを上手く使って北アルプスに登り、帰りには数年前から行きたかった「おわら風の盆」を観る
かなり欲張りの計画、でも細部まで考え抜いた綿密な計画の下
私の初めての北アルプスへの山旅が始まりました

新宿から夜行バスで、朝5時扇沢に到着
天気予報では曇り一時雨の予報でしたが、夜明け前の扇沢は強い雨に煙っていました


トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイを乗りついて、登山口の室堂に至る旅
ケーブルカーに乗り継ぐ時に通った黒部ダムの迫力は圧倒的でした



ss-DSC03254_201512260739226e6.jpg

室堂につくと、其処では嵐の洗礼
おみやげ物を売るテントが飛ばされるほどの風と雨、そして室道平は霧の中

暫し風の止むのを待ち、登山の案内所に相談の上、予定したコースを一部変更
浄土山の登山は諦め一の越から雄山(オヤマ)を目指すことにしました

歩き始めると麓の霧が少し流れ、写真で幾度も見た立山の景色が少し見え始めてきました 
ss-DSC03320_20151226073936f59.jpg

沢山の高山植物が登山路の脇に咲いていました
ガスの間から憧れの立山が垣間見えてきますが、全体は見通せない
山頂はあの辺かな・・・ と想像しながら一ノ腰に向かいます
ss-DSC03349_20151226073938529.jpg

残雪は殆ど無いとの情報でしたが、此処で雪渓に出会いました
数十mでしたが、北アルプスらしい登山路に感激です
ss-DSC03363_2015122607394026b.jpg

「一の越(標高:2705m)」の山小屋前の到着、此処から標高:3003mの雄山まで急坂を登ってゆきます
荒天の中ですが、多くの登山者が雄山までピストンしている様子
山小屋で少し早めの昼食を頂き、登るタイミングを計りました
ss-DSC03371_20151226073942455.jpg

一ノ腰の登山、風は収まっていましたが雨で滑る岩を掴みながらの上り坂
岩にペイントされたマーキングを、レインウェアのフード越しに確認しながらの登山
初めての立山登山は、冷たく、辛く、不安に満ちた幕開けとなりました

お天気のよいときには、山頂の雄山神社にて登山の安全祈願をお願いできるそうですが
この日は酷い悪天候、山小屋の中にある神棚の前でこの祈願を受けることができました
「登山の安全祈願」、本当にありがたい想いでお祓いを受けました
ss-DSC03400_20151226073954504.jpg

この山小屋で暫し休憩の後、立山三山の次の頂き大汝山(標高:3015m)に向かいます

かなり強い風が吹き上げてきて、雨がレインウェアを激しく叩きます
特に霧と雨で視界の利かない登山路、足元に注意して、コースを誤らないように細心の注意を払います
ss-DSC03405_20151226073955153.jpg


立山は、全て岩でできているのだなぁ・・・ と改めて感じながら登山路を踏みしめて進みます
森林限界を超えた稜線、風と雨から守ってくれるのは岩陰だけ
風裏になる岩陰で休憩をしながらコースを進みます
ss-DSC03406_201512260739574af.jpg

レンズが濡れて、曇って・・・ ヒドイ写真ですが、こんな感じの場所を歩いていた と言う記録(笑)
本来ならば、急峻な崖が室堂平らに向かって落ち込み、前方には大汝山から 富士ノ折立が見えるはずなのですが・・・
ss-DSC03430_20151226073959c0b.jpg

谷から吹き上げてくる風、フードを叩く強い雨、でもマーキングを見逃さぬよう細心の注意で岩場を歩きます
内蔵助山荘までの距離、時間を計りながらひたすら我慢の苦行です
ss-DSC03480_20151226074000bfc.jpg


何とか日没前に山小屋に着きたい、と途中の登山路を刻んできましたが(コースタイムのほぼ倍の時間)
予定時間の午後3時に「内蔵助山荘」に到着
途中のコースでは人っ子一人見かけなかったのに(笑)、山小屋には、沢山の登山者が休んでいました

食事も美味しく、優しいオーナーと山小屋の若者、内蔵助山荘はとても素敵な山小屋でした
夕食を終え、登山路での緊張が漸く解けました

翌朝、昼食のオニギリを準備していただき、朝6時半に山小屋を出発
残念ながら、この日も立山は雨でした

この日の予定は、「真砂岳」まで戻った後、「別山」、「劒御前小屋」
此処から雷鳥沢に沿って下り、「雷鳥平」、「ミクリガ池」を通って室堂ターミナルに戻ります

劒御前小屋に向かう急坂、吹き上げてくる強い風に思わず岩陰に退避しました
岩陰からふと横を見ると、隣の岩陰に雷鳥が居ました

厳しいアルプスの自然の中で毎日に過ごしていることに驚嘆
雷鳥の元気を貰い、下山路を目指しました
ss-DSC03535_20151226074014ae8.jpg

劒岳に向かう分岐点に建つ「劒御前小屋」
お天気がよければ、この分岐点から少し劒岳に向かい間近で劒岳を見たかったのですが・・・・
雷鳥平らから凄い風が吹き上がってきて飛ばされそう

小屋で暖かいコーヒーを頂き、山小屋のオーナーから劒岳に登る登山者の話を伺いました
ss-DSC03540_201512260740145e8.jpg

劒御前小屋でこの後のコースをアドバイスして頂き、雷鳥平に無事に降りてまいりました

でも、この下山の最中に愛機「NEX-5N」の電源落ち
ビニールで保護して雨対策をしましたが、この日の荒天はカメラにかなりの無理を強いたようです
帰宅後、祈るような思いで修理に出しましたが、内部への浸水腐食で修理は無理とのことでした

漸くたどり着いた室堂で暫し休んだ後、アルペンルートで富山に向かいました

楽しみにしていた「おわら風の盆」
頼みのカメラを亡くしたものの、この目に焼き付けようと夕刻を待っていましたが・・・・
夕暮れ時から急に振り出した雨、バス停の係りの方に聞くとこの雨では祭りは中止とのこと

最後まで天候に見放された旅でした(笑)

期待した立山の眺望
残念ながら見る事はで来ませんでしたが、ほぼ予定通りのコースを縦走できた満足感
この山旅も本当に良い思い出を残してくれました




(16) 無念!! 燕岳はDNS   2015.09.16


尾瀬の山旅では帰宅後暫くはその余韻に浸り、至福の時間を過ごしましたが
立山の山旅も強烈な印象が残りました

緊張の連続の中で歩いた縦走路、風と雨を避け、慎重みコースを刻んだ時間
本当に、かって経験したことの無いほど密度の濃い時間でした

そんな思いに背中を押されるように(笑)
今一度 北アルプスへ


色々な制約条件の中でしたが、9月中旬に北アルプスの女王と呼ばれる「燕岳」登山を計画しました

しかし・・・
前日に燕山荘から送られてきた最新の天気予報を聞き
本当に、とても残念、無念ながら ・・・ この日程での登山をキャンセルすることにしました

無念の DNS  ( Did Not Start )  です



もっと、良いコンディションの日に改めて行く計画を立てる事とし、
泣く泣く、予約を全てキャンセルいたしました

この景色、来年こそ!!!!
20150916210722125_2015122708531700b.jpg

 【Down Load写真  燕岳】


7月の尾瀬、8月の立山
4月に登山を始めた時には、想像もできなかった「山の世界」に迷い込んだこの夏

今振り返っても・・・・ もう病気ですね  登山熱(笑)
でも、今年の夏は素晴らしかった!!



第三章: アルプスに魅せられて編 に続きます




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   



にほんブログ村




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/688-fb19f619
該当の記事は見つかりませんでした。