凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初冬の富士山に会いたくて  紅葉台トレッキングコース縦走記  【その1】

初冬の富士山に会いたくて  紅葉台トレッキングコース縦走記  本編その1は
夜明けの河口湖から始まるトレッキング  足和田山、そして其処から三湖台に向かう稜線場の景色の記録となります


ss-DSC_3410_20151125103653fbb.jpg
道の駅「勝山」の前に広がる小海公園
富士吉田方面から登った朝日が対岸の山肌を茜色に染め上げてゆきます


ss-紅葉台1121
今回のトレッキングコース(緑色のライン)です

道の駅「勝山」(標高:834m) - 羽根子山(標高:912m) - 足和田山(五湖台 標高:1354m) - 三湖台(標高:1238m) 
- 紅葉台(標高:1165m) - 西湖民宿村バス停 - シャトルバスにて道の駅「勝山」へ
歩行距離 約13キロ  コースタイム 約4時間
..................................................................................................................................




11月の初旬、箱根の金時山の登山計画を作成中に「富士の三足」と言う言葉に出会いました

曰く・・・
富士山の麓には、あたかも従者を従えるごとくに3つの山をもっている。
山梨県富士河口湖町の「足和田山」、神奈川県側の愛鷹(あしたか)山、そして足柄の金時山
訓読みで「アシ」なので、この3山を「富士の三足」という。


金時山に登った時から、機会を見つけてこの「富士の三足」 全てに登って、其処からの富士を見てみたいと思い
今回の足和田山から紅葉台へのトレッキングコースを計画した次第です

この後は、愛鷹(あしたか)山を計画したいと思います



朝6時に道の駅「勝山」の到着
夜が明けきらぬ河口湖の湖畔から、静かな夜明けを待ちます

河口湖も、西湖寄りのこの辺りは人影がとても少ない様です
ss-DSC_3399_20151125103649359.jpg

水鳥達が飛び立つ音だけが湖面に響きます
ss-DSC_3401_20151125103652f42.jpg


暫し夜明けの景色を楽しんだ後、トレッキング開始です

今回のコースは休憩時間、撮影時間を加味しても4時間半程度
下山後、西湖の民宿村からシャトルバスで車を停めた勝山に戻るので、此処に戻る時間を午後1時頃と想定

と言うことで、今日は「山ご飯」はなし
山を降りた後で、山梨名物の「ほうとう」を楽しみたいと思います

河口湖湖畔の登山口から100mほど一気に上ると、最初の頂の羽根子山
小さな神社のある広場から河口湖を見下ろします
100m登っただけでも見晴しはよいですね
ss-DSC_3414.jpg


此処から暫くは、稜線に沿ってアップダウンを繰り返します
稜線の河口湖サイドの樹林は紅葉を終え、もう初冬の景色に変わっています
富士山側は針葉樹林が密生して視界を遮っています
ss-DSC_3475.jpg

でも、所により秋色の彩が残った樹を見かけます
河口湖湖畔は紅葉回廊に代表されるように、紅葉の発色が良いですね

これならばもう少し早く来て、ブナ、ミズナラ・・ 広葉樹林の紅葉を楽しめばよかった ・・・・
来年は、1,2週間早めに来ることにします
ss-DSC_3435.jpg


幾つかの頂を越え、見通しの良い場所に出ました
ベンチの置かれたこの広場から東を見ると、河口湖大橋、富士急ハイランドのジェットコースターも見る事ができました
河口湖の街には緑がとても多いようですね
ss-DSC_3445.jpg

そして南に目を転じると・・・・ 富士山に会えました

富士五湖周辺まで来て、富士のその壮大な姿に出会うと、「見る」と言うより 「会う」と表現したくなります
と言うことで、初冬の富士山にお会いできました(笑)
ss-DSC_3491.jpg

広場の北側から見下ろすと河口湖の西の端が目に入ります
この日は風もなく、湖面が鏡のようでとても綺麗
ss-DSC_3497.jpg


最初の目標地点 足和田山山頂です
この山頂は足和田峠を経て4方向から登る登山路が出会っています

開けた広場から見上げる秋晴れの空 真っ青な空に飛行機雲 山に登ると空が広いですねぇ・・・・
ss-DSC_3499.jpg

展望台から西を望むと ・・・・
広大な青木ヶ原の樹海 そしてその向こうには竜ヶ岳と本栖湖、本栖湖の後ろには南アルプスの山並みまで見通せました
ss-DSC_3506.jpg

感覚的には、もう河口湖を過ぎて西湖の湖畔に来ている筈なのですが、展望台に向きの関係で未だ河口湖を見下ろしています
ss-DSC_3510_20151125103731823.jpg


この足和田山(五湖台)は、ベンチも沢山用意されていて、ランチを頂くのにはとても良い場所です
五湖台という名前、富士五湖の真ん中に位置する、と言うところからついた名前との事
どう考えても、此処から山中湖は見えないはずなので、少し悩んでいました

此処から先、富士山が当たり前のように併走してくれます(笑)
ss-DSC_3511.jpg

葉を落とした樹林を通して西湖が見えてきました
落葉した広葉樹林、これが皆 秋色に色付いていたら見事でしょうね
ss-DSC_3517.jpg

進路左にはいつも富士山が・・・・ 
此処は本当に贅沢なトレッキングコースですねぇ
ss-DSC_3524_20151125103736db0.jpg

漸く開けた場所から西湖が見えました
いつも観光客で賑わう河口湖に比べ、西湖はキャンパーとアングラーの世界

チョッとスケール感がなくて、湖畔が草原のように見えますが、この湖は立派な原生樹林に覆われています
湖上に点のように見えるボートとの対比で、大きさを感じてください
ss-DSC_3532_201511251037502be.jpg

麓は晩秋の彩り、そして冠雪して間もない初冬の富士
この日は少し歩くと汗ばむほどの好天気、どれ程の人がこの富士山を眺めたのでしょうね・・・
ss-DSC_3540_2015112510375114a.jpg

三湖台に近付くと、コース横の樹林の彩が結構残っています
錦の樹林から透かし見る富士山
ss-DSC_3542.jpg

樹高のある木々に寄りかかって空を仰ぎ見る愉悦
とても静かな時間、汗ばんだ頬を乾いた高原の風が撫でてゆきます
本当に素晴らしいトレッキングコースですね 
ss-DSC_3545.jpg


時刻は午前11時、三湖台に続く最後の坂が見えてきました



初冬の富士山に会いたくて  紅葉台トレッキングコース縦走記  【その2】 に続きます


【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   
スポンサーサイト

2 Comments

aunt carrot says...""
ご訪問とコメントをありがとうございました。
私のほうは毎回、黙って拝見するばかりで不愛想です(苦笑)
美しい富士山の姿に会えましたね。
富士山のみえる風景は本当に良いですね。
今回は山飯セットがでてきませんでしたね。
おにぎりでしたか?
三渓園、行ったのは一週間前で、急に冷え込んできましたから、
そろそろ変化があるかもしれませんね。
紅葉情報などHPで出してくれるといいなと思ったりします。
2015.11.25 23:47 | URL | #Hzu7QKvo [edit]
kite says..."aunt carrot さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

雪を確り纏った富士山も好きなのですが、その頃の富士山麓は中々入り込めなくなるので
今頃の時期、紅葉とあわせて楽しむのが良いですね

今回のコースでは、昼頃に下山できてしまうので、少し我慢して山梨名物の「ほうとう」を頂いてきました

三渓園、紅葉の見ごろは12月に入ってからですかね
少し注意して見守ることにします
2015.11.26 22:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/676-02e3f448
該当の記事は見つかりませんでした。