凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

晩秋の東丹沢  錦に染まる仏果山へ

11月も もう半ば、紅葉前線が大分南下して来ましたね

先週は箱根、芦ノ湖湖畔の紅葉を楽しんできましたが
この日は宮ヶ瀬湖に程近い経ヶ岳、仏果山、錦秋の東丹沢を歩いて参りました

ss-DSC04071.jpg
仏果山山頂(標高:747m)の展望台から、宮ヶ瀬湖、高取山の艶やかな彩り望む


ss-n1.jpg
半僧坊バス亭(標高:103m) - 経ヶ岳(標高:633m) - 半原越(標高:482m)
- 仏果山(標高:747m) - 野外センター前バス停(標高:176m)
総歩行距離:9.4キロ、累計標高差:登り1025m、コースタイム:5時間10分
...........................................................................................




この日は、以前から登山を始めたいと云っていた友人のKさんの「山歩きデビュー」

自分の数少ない登山経験を参考に、適度に達成感を味わえて、この時期の紅葉が美しそうな山
と言うことで、東丹沢の経ヶ岳、仏果山に登ることにいたしました

東丹沢は「相州アルプス」とも呼ばれるようですが
標高700m台の低山ながら、登山口からの高度差は500m以上
経ヶ岳、仏果山のコースでは、歩行距離9.5キロ、累積標高差は1000mを越え
ガイドブックでは中級コースになっています

初めての山歩きのKさんには少しキツイコースだったかもしれませんが、歩くペースを落として
錦秋の山歩きを楽しんでもらいました


経ヶ岳の登山口となる「半僧坊バス停」を8時少し前に出発

登山口にほど近い砂防ダムで、木陰に隠れた道標を見落とし20分ほどのロスタイム
此処で迷う方も結構多いようで、誤った2つの沢に踏み跡が集まっていたので無駄に混乱してしまいました(苦笑)


麓に向かってのびる尾根
標高によって紅葉の色付きが変化して行くのが面白いですね
ss-DSC03994.jpg

天気予報では、この日は曇り時々晴れの筈でしたが、残念ながら終日寒い曇り空でした

でも、前日の雨と冷えた大気のお陰でしょうか、見晴しは想いの外良かった
横浜のMM21 ランドマークタワーがかなりはっきり見えました
ss-DSC03979.jpg

経ヶ岳山頂までの高度差500mは結構キツイ登り
九十九折の坂を無理せずに登ってゆきます

麓から続く杉林を抜けた辺りから東丹沢の秋の彩が眼を楽しませてくれます
ss-DSC03968.jpg

春に登った時、とても印象に残っていたこの「根の張り出した尾根」
街では普段見ることのない、山特有の風景の一つ
ss-DSC03983.jpg

稜線に出ると、表丹沢の山並みの横から湘南の海 江ノ島まで見えていました
ss-DSC03989.jpg


大山、三ノ塔、塔ノ岳、丹沢 ・・・・
雲に隠れていますが、正面に表丹沢の山並みが迫ってきます  Kさん、次は表丹沢かな

南に目を転じると、厚木から平塚の街並み、そして湘南平まで見通せました
ss-DSC04002.jpg

経ヶ岳の山頂に到着
此処には山名の由来になった経石があります
弘法大師が経文を収めたと伝えられる大きな岩、この横を抜けてゆきます
ss-DSC03995.jpg

経ヶ岳から急な坂を150mほど下って「半原越」の林道へ
其処から300m程登り返します

この先、この仏果山までのコースに補助ロープの張られた少しスリリングな「痩せ尾根」がありますが
この尾根から見下ろす宮ヶ瀬湖畔の景色が素晴らしいのです

春、新緑の宮ヶ瀬湖畔の素晴らしい景色に、思わず痩せ尾根に座り込んで写真を撮った事が思い出されました
仏果山から延びる尾根越しに宮ヶ瀬湖が見えてきました
ss-DSC04028_20151114171001a9d.jpg

宮ヶ瀬湖に落ち込むこの尾根の樹林
春の新緑のシーズン、微妙に違う緑の濃淡が織り成す不思議な彩りになっていましたが
山が錦に染まったこの日も、独特の彩を見せてくれました
ss-DSC04037_201511141710038f1.jpg

両側がザックリと落ち込んだ痩せ尾根の上なのですが
暫し、此処からの景色に目を奪われました
ss-DSC04040.jpg

痩せ尾根の最後は、補助ロープの張られた岩の急坂が待っています

初めての山歩きにはチョッときつかったかな・・ と思いましたが、
Kさん、何事もなく岩場を越えて仏果山の山頂に到着です
ss-DSC04047.jpg

岩場の上から振り返ると、経ヶ岳から此処までに越えてきた山が見えて
チョッとした縦走気分が味わえるのも、この相州アルプスの美味しいところです
ss-DSC04053.jpg

登山口から4時間半 ほぼ予定時間に仏果山山頂に到着です

さて、この日は生涯2度目の山ご飯(笑)
先週の箱根での山ご飯とほぼ同じメニューを効率的に、そして少しだけ美味しく作るのがこの日の目標

箱根での山ご飯から主な変化点は
アルファ米を別のメーカーの品に変えた他、缶つまの品目を変え、なめこ汁を豚汁に変更
大して変わっていないですね
ss-DSC04057.jpg

アルファ米の待ち時間(計20分)がやはりネック
 先にお弁当を食べ終えたKさんに大分待って貰いました(笑)

シェラカップに盛り付けるとこんな感じ  
温かいご飯は嬉しいのですが ・・・ 手順等を少し工夫してみましょう

そして食後に飲んだコーヒーには二人とも大満足
これからの寒い季節、このコーヒーだけの為にバーナーとマグをもってくる価値がありそうです

素早く、綺麗に片付け、ゴミ類がザックの中に零れぬようパッキングしてみましたが
食後の片付けにも、もう一工夫が必要ですね
ss-DSC04060.jpg


仏果山山頂にある展望台は、初めて見るとチョッと驚くほど立派なもので、高さが13mあるそうです
ss-DSC04094.jpg

展望台から見ると、高取山の山頂越しに宮ヶ瀬湖が見えています
ss-DSC04062_20151114171111249.jpg


雑木林の秋の彩り
雑多な木々が織り成す錦の山は、変化に富んでとても艶やかでした
ss-DSC04068_201511141711110b0.jpg

13mと言うと結構高いですね
真下に、先刻食事をしたテーブルが見えています
ss-DSC04092.jpg


展望台からの景色
700m程度の標高でこれほどの景色が見られる  ハイキングコースとして仏果山が人気の所以ですね
この日は丹沢の山並み、スカイツリー、横浜のランドマーク、湘南の江ノ島まで・・・ 360度の景色を楽しめました
ss-DSC04072_201511141711295ba.jpg


ss-DSC04080.jpg


ss-DSC04082.jpg



この日は午後になってもあまり日が差さず、山頂では肌寒さを感じるほど
1時間ほど山頂で過ごした後、ゆっくりと山を下ることにします

流石に登り坂の連続で足が大分張ってきたと言うKさん、無理ないですね
明日の筋肉痛が怖いでしょう・・・・(笑)

カンフル剤のアミノバイタルを飲んで元気に出発します
ss-DSC04098.jpg


帰路は山頂から600mほど下ることになります
この下り坂は落ち葉のクッションがあり、また周辺の景色も変化があるので
山道を楽しみながら降りてゆくことができます
ss-DSC04108.jpg

漸く薄日が差してきました
紅葉はやはり日が差した方が美しいですね
ss-DSC04127.jpg

ss-DSC04129.jpg



午後3時、ほぼ予定時間に麓の愛川村の駐車場に到着です
山では見かけませんでしたが、駐車場では蔦の葉が真紅に染まっていました

蔦や銀杏、街角の紅葉も そろそろ始まりますね
ss-DSC04130.jpg



若葉の美しい季節、秋の紅葉の時期に此処にきたらどれほど美しいだろう ・・・。
そんな思いを抱いて登った山々

秋に又来るよ、と約束した山へ 

鎌倉、丹沢、富士山麓、高尾、御岳 ・・・と結構あるけど
紅葉の時期の間に間に合うかな(笑)





【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   


スポンサーサイト

2 Comments

yamatoumi says...""
おはようございます♪
だいぶ、色付いてきて、木々がキレイですね(*^_^*)
私が登った時は曇りのち雨(笑)、眺めがあまり見えなかったです。
江ノ島まで、見えるんですね!
そして、山ごはん、美味しそうですよ~♪
一緒に登られた方も楽しかったでしょうね~(*^_^*)
2015.11.16 09:55 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

丹沢の紅葉の見頃はもう少し先ですが、宮ヶ瀬湖は比較的早く色付くとか・・・
そこで宮ヶ瀬湖畔に当たる東丹沢に行って見ましたが、正解でした。

仏果山と言うのは、私が初めて登った「中級クラスに位置づけられる山」なので、
事前にかなり調べました。
yamatoumi さんの仏果山登山記も、暗記するくらい幾度も読んでいますよ(笑)

江ノ島も驚きましたが、スカイツリーやランドマークまで見える事は今回初めて知りました
曇り空でも視界良好ってあるのですね

山ご飯
やはり白いホカホカのご飯って、気持ちが和みますね
これからは暖かいものがありがたい季節、昼食の時間を少し余分に取るくらいのつもりで
初冬の山を楽しみたいと思います。

>一緒に登られた方も楽しかったでしょうね~

ええ、とても喜んでいました、もう次の山を計画中です。
でも家の階段の上り下りで悲鳴を上げているようです(笑)


2015.11.16 23:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/673-afe46b90
該当の記事は見つかりませんでした。