凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

晩秋の芦ノ湖 トレッキング  山ご飯編

私にとって今年は登山元年
4月の春山シーズン開始から、色々な経験をする事ができました

そうした中、
来年に向けて早めに経験しておきたかった事の一つが山ご飯
揃えた道具を持参して、先ずは箱根のトレッキングにて「山ご飯デビュー」です


ss-DSC_3340.jpg
テーブルの上に山ご飯の道具等目一杯広げてしまいました
この後、バーナーに火が入ると一気に忙しくなっててんてこ舞い、写真を撮る余裕もなかった・・・(笑)

..............................................................................




来年は山でテント泊に挑戦したいと思っています

テントに泊まるとなると、色々な装備を準備しなければいけませんが
衣食住のうち、衣と住は装備主体の準備で何とか行けそうですが、食は前準備が結構大変

山頂でバーナーを使ってお湯を沸かしたり、パスタを作ったり・・・・ を間近で見てきて
いつかは山ご飯(笑)・・・と思っていたので、山で暖かいものが欲しくなるこの季節にやってみる事に致しました


【道具準備編】

先ずは、最低限必要なバーナー、クッカー、マグカップ
どれも定番と言われる商品がある様なので、迷わずにこれ!と決めました


(1) バーナーは、PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
火力、防風性、剛性、耐久性、重量の基本性能に優れたバランスの良いバーナーとの評判

3_20151111082023cbb.jpg


(2) クッカーは、スノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008
バーナーが収納できる、熱効率が良い、スノーピーク製品の信頼性と云った理由で評判が良いようです

1_20151111082020368.jpg


(3) シェラカップは、スノーピーク(snow peak) チタンシェラカップ E-104
クッカーとシェラカップがあれば結構色々なメニューを作れそうなので、これも定番品をチョイス
此方は直接火にかけない用途を考えてチタン製

ss-31c-1iemIhL.jpg


(4) マグは、スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 フォールディングハンドル MG-042FHR

やはり山で美味しいコーヒーを飲みたいのでマグを購入
サイズ、材質、構造、メーカー
マグ一つでも、山に持ってゆくとなると、人それぞれ拘りがあるようです
これは現物を見て決めました
ss-5.jpg
(5) 登山料理用のナイフは、VICTORINOX(ビクトリノックス) ソルジャーCVAL

釣り用のお気に入りのフィッシングナイフは持っていますが
やはり山に持ってゆくナイフと言うことで、人気のソルジャーナイフを購入しました
2_20151111082021ec2.jpg


【食材編】

今回のトレッキングに持参した食材ですが・・・・

山ご飯のレシピ、色々調べてみましたが、凄く共感できたのが
シェルパ斉藤さんの「ワンバーナークッキング」

バックパッカー、サイクリスト、カヌーイスト向けに、ミニマム装備の食事のヒントを
纏めたものですが、その極意は以下の5点

● スーパーやコンビニで購入できる常温保存可能な食材を上手く使う
● 短い調理時間を心がける 時間は精々10分程度
● 直ぐ覚えられるシンプルなレシピで調理
● 食器に盛り付ける必要なし
● 味付けは全て目分量


家で料理を作るのも好きなのですが、山ご飯は前提条件が全く違うので、この極意はとても参考になりました



(1) 白米

山ご飯と言うと必ず話に出るアルファ米
一度も食べたことがなかったので、今回初挑戦しました
ss-img_shiromeshi.jpg


お湯を沸かす(5分)、アルファ米のご飯を準備する(15分)
これだけで随分時間を要するので、今回は下記の3つの缶詰とフリーズドライのなめこ汁をメインとし、
ご飯のお供として、山で食べて美味しいピクルス、ミニトマト、小梅、青じそをトッピング用に持参

そして食後のコーヒー
山で入れるコーヒーについては、薀蓄がネット上に膨大にありすぎて当日までに絞りきれなかったので
今回はドリップコーヒーを持参しました。


缶つま シリーズ と ほていの やきとり缶
本来は酒のつまみですが、ソロの食事には量が丁度良いです
ss-0317618.jpg
ss-0417260.jpg
ss-0010000000552.jpg


バーナーの火力が強いのでお湯は直ぐに沸きました
でもアウトドアーでは直ぐに冷めてしまうので、暖かい食事をするならば時間との競争!
本当に忙しかった(笑)

バーナーでお湯を沸かしアルファ米を作るところまでは家で予習してきましたが
やはり野外の環境下で火を使うのは神経を使います

事前準備を中心とした段取りの重要性を痛感しました


アルファ米をシェラカップに盛り付け、家から持参した食材をトッピング
なんとも華がないので(笑)、写真はなし
少し冷めちゃいましたが、なめこ汁はとても美味しかった
ss-DSC_3343_201511110821073bd.jpg


で、初めての山ご飯の感想ですが・・・

● 個人的には、アルファ米はやはり今ひとつ(特に風味、香)、選ぶならば五目御飯やカレーの方がよさそうです
● 手間がかかってもトッピングの食材を事前準備する価値あり ※青じそとピクルスが美味しかった
●「 缶つま」はかなり味が濃いので、そのまま食べるより少し調理をしたほうがよさそう
● フリーズドライでも、なめこ汁は体が温まってありがたい
● 山で飲むコーヒーはやはり最高です



オートキャンプ全盛時代、コールマンのホワイトガソリンバーナーでバーベキューを楽しんで以来
本当に久しぶりの屋外でのクッキングでした

バーナー、クッカー等 装備の進化は素晴らしいですね

様子が分かってきたので、次回はもう少し上手く作ってみたいと思います



スポンサーサイト

4 Comments

きさく says...""
山ご飯デビューですか。
最近は綺麗な空気と広がる展望をおかずにラーメンばかりでちょっとカロリー取り過ぎ君です(^^;)。
アルファ米も昔はちょっと癖がありましたが、最近のは美味しいですね。
食後のコーヒー、特に山の水で沸かしたら美味しいです。
私みたいにお手軽ですまさず、いろいろメニューを考えて楽しめたらいいですね。
2015.11.14 21:55 | URL | #mQop/nM. [edit]
kite says..."きさくさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

山で食べるラーメンにも憧れています(笑)
ラーメンを食べている方結構多いですよね、私も棒ラーメンなるものを始めてみました
登山でカロリーを大分消費するので、これから寒くなる季節はラーメン一押しでしょう。

そうですね・・・
山の水場の水が使えると、美味しいし、ザックの軽量化もできるのですが・・・
神奈川の水の源流がある西丹沢に行ったら、山の水で沸かしたコーヒーを飲みたいと思います

元々家で料理つくりを楽しんでいるので、少し余裕ができたら、色々挑戦してみたいと思います
2015.11.15 21:29 | URL | #- [edit]
yamatoumi says...""
おはようございます♪
kiteさん、色々、リサーチされてて、すごいです!
バーナーのp153は私も愛用してます♪軽くてコンパクト!いいですよね(*^_^*)
そうそう、標高が高かったりすると着火がつかなくなる時があるので、
マッチかライターを持って行ってます(*^_^*)
私が初めての時は簡単にお湯沸かして、カップラーメンでした(^_^;)
kiteさんは色々調べられるので、これから楽しみですね♪
スーパーに行くと、山目線になりますよ(*^_^*)
2015.11.16 09:31 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

釣り、ロードバイク、写真、そして登山
新しい趣味が増える度に、色々な装備を揃えると言う、楽しくもお金のかかるプロセスを通ってきているので
勘所を掴み、比較的上手に「失敗しないお買い物(笑)」ができていると思います

バーナー153は評判がいいですね
yamatoumi さんのレポもしっかり読ませていただいています
使ってゆくうちに着火の問題、安定性の問題がありそうですね

クッカーでお湯が沸くのを見ているだけでもワクワクしますね
メニューは色々考えたのですが、先々幾度もアルファ米のお世話になる筈なので、少しこの味に
慣れる事にしました。

この先はラーメン、パスタ、ドリアと色々やってみたいのですが、
山ご飯を美味しく食べるために山に登る、と本末転倒の登山になりそうです(笑)

山目線、なるほど・・・既にその気配はありますね


2015.11.16 23:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/672-4d28c07f
該当の記事は見つかりませんでした。