凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

α6000 試し撮り 初秋の鎌倉巡り   

漸く、朝晩の空気の中に、秋の気配が感じられるようになりました。

α6000の試し撮りの第二弾は
初秋の鎌倉を 少し歩いて参りました


ss-DSC03637.jpg
Photo-1
彼岸花の咲き始める頃、お寺のお庭でこのホオズキの実をよく見かけます
北鎌倉東慶寺にて
.......................................................................................




盛夏の頃に咲く花
百日紅や凌霄花(ノウゼンカズラ)、共に花期が長いのには、何か訳があるのでしょうか・・・


秋の気配が感じられる今日この頃
そろそろ 秋の花が観られるかな・・・ 鎌倉のお寺を駆け足で回って参りました

北鎌倉の東慶寺
流石に北鎌倉の花のお寺、秋の可憐な花が迎えてくれました


深い緑の中に咲く 「仙人草」
果実に長いひげが出ていて、これを仙人のひげに見立てたそうな・・・・
実は有毒とのこと、要注意ですね
ss-DSC03626.jpg
Photo-2

秋の七草の一つ 女郎花(オミナエシ)の黄色い花がとても目を惹きました
ss-DSC03628.jpg
Photo-3

ミズヒキのこの直線的な枝を見ると 思わず触りたくなってしまいます
ss-DSC03632.jpg
Photo-4

鬼灯、酸漿、ホオズキ・・・ どの文字が此花のイメージに一番合いますか?

私の場合、子供の頃の思い出
夏になると、お祖母ちゃんが鉢植えのホオズキを街の花屋さんから買ってくるのを なんとなく覚えていて・・・
恐ろしい漢字を当てる気になれません(笑)  なので やはり「ホオズキ」かな
ss-DSC03633.jpg
Photo-5

東慶寺ではこの季節、熟す前の 宝石のように輝く山葡萄の実がお庭に沢山なっています
この実の色は何色と言えばよいのでしょうね・・・
ss-DSC03639 (1)
Photo-6

東慶寺のこの季節の名花になったような  夕顔、ユウガオ
此方も、カタカナのほうが易しい印象を受けますね
ss-DSC03643.jpg
Photo-7

最近鎌倉のお寺では、タマアジサイという、7月から9月に花の咲くアジサイを植えるお寺が増えているようです
此方はテマリタマアジサイ、これは手毬タマアジサイかな・・ (笑)
ss-DSC03650.jpg Photo-8

この花の名前が分かりませんでした
蕾の形を見ると ・・・ これはアザミの仲間なのでしょうか?ss-DSC03651.jpg
Photo-9

東慶寺 墓苑前
紅葉の頃、この墓苑のモミジと銀杏の大樹の織り成す錦はとても見事

くもが巣を低い場所に張る年は台風が多いとか ・・・・
風に揺れるくもの巣が、虹色に光っていたのですが
流石にその瞬間は撮れませんでした
ss-DSC03655.jpg
Photo-10

墓苑の傍にあった 山葡萄
此方は、葡萄色に近いですね(笑)
ss-DSC03663.jpg
Photo-11


北鎌倉から始める散策での(私の)定番コース
東慶寺の次に、海蔵寺に回ってみました

芙蓉の花には遅すぎて、萩の花には早すぎて
流石にノウゼンカズラの花の色は褪せてしまい、桔梗の花は残暑で弱っていました

と言うことで、海蔵寺では花の写真はなしです

灯篭にかかったくもの巣が、風をはらんで ヨットの帆のようです
ss-DSC03677.jpg
Photo-12

海蔵寺の名物かな ・・・ 鐘楼と野点傘
ss-DSC03681.jpg
Photo-13


海蔵寺から小町通りに戻る時
久しぶりに英勝寺にも寄ってみました

此方も、旬な花の時期を逃してしまいましたが
タマアジサイが宝石のような花粉を、お庭に広げていました
ss-DSC03682.jpg
Photo-14

この日、最後に寄ったのが 「宝戒寺(ほうかいじ)」
萩の寺として有名なこのお寺 白い萩の花がチラホラと咲き始めていました

お庭を散策すると、白と紅の彼岸花が咲いていました
もう彼岸花の季節ですね ・・・
ss-DSC03698.jpg
Photo-15


鎌倉の4つのお寺 駆け足で回ってみました
もう、秋のお花が咲き始めていました

山から帰ってきたら、少しのんびりと鎌倉の散策をしてみたいと思います

秋晴れの みなと横浜で写したα6000の写真
ハイキー気味に撮ったせいでもありますが・・・ 少しコントラストの強い 艶やか過ぎる印象

古都鎌倉に、この絵作りは似合わないなぁ・・ と少し抑え気味に
暫くは、色々と試行錯誤でしょうね



次は、北アルプスの女王 「燕岳(ツバクロダケ)」の写真がお届けできるかな・・・・



【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   



スポンサーサイト

2 Comments

りら says..."kite31さん"
Photo-1
ホオズキの中には小さなお姫様が眠っているかのように可愛い描写ですね
駆込寺としてもその名を知られる東慶寺
こんなところも悪人の王子から逃げてきたお姫様の隠れ場所になっているのかも・・・・
こんな無邪気な心にさせて下さる可愛い描写ですね
私も6ヶ月の眠りから覚めたばかりです
2016.02.24 20:10 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
お帰りなさい、コメントありがとうございます

りらさんからコメント頂いた記事を読み返し、残暑の厳しかった昨年の夏を思い出しました

この日は、立山で荒天の中で撮影を続け、逝ってしまった愛機NEX5Nを偲びつつ購入した新しい山カメラの試運転でした

ホオズキと云うのは興味深い被写体ですね
昨年の秋、スケルトンのホウズキを見て驚きました
子供の頃、祖母に教わってもどうしても鳴らせなかったホオズキ、この橙色の袋を見ると、いつも私を可愛がってくれた祖母を思い出します

無理せずに、先ずはマイペースで写真を楽しんでください。

2016.02.25 10:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/648-d15d8ad1
該当の記事は見つかりませんでした。