凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅雨の合間の山歩き  奥多摩 御岳山・大岳山 (2) 


梅雨の合間の山歩き  奥多摩 御岳山・大岳山トレッキング 後編となります

後編では、
この日のコースの人気スポット 苔むす沢沿いに広がる 「ロックガーデン」 を抜けた所から
コースの最高標高となる大岳山に向かう登山路、そして其処から御岳山ケーブルカーまでのピストンルートまでのレポとなります


ss-DSC01252.jpg
大岳山が近付くにつれ、登山路は狭く、傾斜を増し、岩場が現れてきます
雨で泥濘んだ登山路を歩いてきたので、泥だらけのシューズは結構滑ります

ss-DSC01220.jpg
標高1267m 奥多摩三山の一座 大岳山の山頂からの眺めは素晴らしかった 

ss-DSC01277.jpg
大岳山から長尾平分岐に向かう登山路  整然と植林された杉並木はとても美しい


....................................................................





綾広ノ滝で、清流の爽やかなミストに染まったあと、ロックガーデン分岐まで緩やかな坂を登ります
 時刻は10時半、此処から大岳山まで約2.2キロ、予定通りに山頂でランチが頂けそうです



改めて、今回のコースの概要と、本ブログでのレポの範囲です

御岳山駅 → 御岳山 → 長尾平分岐 → 七代ノ滝 → 天狗岩 → ロックガーデン (※ 前回のブログ範囲)
(※ 今回のブログ範囲) → 芥場峠 → 大岳神社下 → 大岳山 → 大岳神社下 → 芥場峠 → 長尾平分岐 → 御岳山駅



ロックガーデン分岐の休憩所
杉木立に囲まれ中々の立地、この時間は空いていましたが、帰路に覗いたら人が溢れていました
ss-DSC01189.jpg


整然と植林された杉木立の中、緩やかな九十九折の登山路が暫し続きます
約20分後、山稜まで登りきると上高岩山方面への分岐点、此処が次の目標地点、芥場(あくば)峠です

この峠から少し歩くと、武蔵御嶽神社の奥の院、鍋割山を通るコースと合流します
此方のコースの奥の院傍でツキノワグマが目撃されたようですね
ss-DSC01195.jpg

この鍋割山分岐から大岳神社まで、とても変化に富んだ登山路が続きます  これが縦走路の醍醐味ですね
まずは美しい樹林の中を通ります 緑に囲まれ、とても気持ちのよい稜線沿いのコース
ss-DSC01198.jpg

雨で泥濘んだ場所もありますが、やはり土の上を歩く感触はいいですねぇ
雨に濡れた森の匂い、土の匂い ・・・ 初夏の奥多摩、自然を満喫できるトレッキングコースです
ss-DSC01258.jpg

次第に登りの傾斜がきつくなり始めました
大岳神社下に向かう登山路、難所の石場が間近に迫ってきます
ss-DSC01261.jpg

石場に入ると、壁面にクサリが張ってあります
このところの雨で一部登山路が崩落しているようで、余り端は歩けないので、下ってくる方とすれ違う時は要注意
こうして写真に撮ると、何処にコースがあるか判然としませんねぇ・・(笑)
ss-DSC01254.jpg

神社下まであと少し、此処が一番の難所でしょうか?
先を歩いていた年配の女性の方が、下りのクサリ場で少し苦労されているようです
ss-DSC01204.jpg

この石場、最初に足の置き場を間違うと少し苦労します
坂の下まで、左右の足を置く場所をざっと見積もってから降りてゆきます
ss-DSC01250.jpg

11時半、予定時間に大岳神社下に到着です
鳥居の前にベンチが幾つか用意されているので、此処で暫し給水休憩
ss-DSC01206.jpg

此方は休業中の大岳山荘
休業中との事ですが、屋根も傾き、確実に廃屋に向かっていますね
この山荘横にトイレが用意されています
ss-DSC01209.jpg

檜の巨木に囲まれた大岳神社
皆さん此処のお社の前で登山の安全祈願をしてゆきます
ss-DSC01248.jpg

あと少しで山頂!  でもこの山頂直下の最後の難所の岩場は中々手強い急坂でした

朝からの登山者の踏み跡で泥濘み、つかまる岩も、根も結構泥だらけ(笑)
更に、先に登ったグループが次々と降りてくるので、避ける場所を確保するのも大変でした

ss-DSC01214.jpg

最後の難所、岩場を通過するのに20分掛かりました
日本 200名山の一峰、標高1267m 「大岳山」 山頂です


ss-DSC01217.jpg

この日は朝の雨が上がった後、時折薄日がさすものの、ほぼ終日曇り

山頂からの見晴らしはいま一つでしたが、
晴れた日には、富士山、御前山を初めとする奥多摩の山々、丹沢山塊が一望できるそうです

山に掛かった雲が急速に動く様、雲が湧き、雲が流れ・・・ まさに、変り易い山の天候を見ているようです
ss-DSC01222.jpg

ss-DSC01240.jpg

ss-DSC01227.jpg

目の前に広がる山並みを見ながら、皆さん、ランチタイムです
此処は余り広い山頂ではなく、ベンチなども余りないので、それぞれ岩の上に座ってのランチタイム

美味しい空気、素晴らしい眺め、適度(笑)の運動 ・・・ 美味しいランチを頂く条件が揃っていますね
ss-DSC01232.jpg

この山頂から、御前山方面への縦走路が続いています
此方はかなりの上級者向けのコースのようです
ss-DSC01241.jpg


山頂でのんびりとした後、同じ石場の道を下り、大岳神社下に戻ります。

ガイドブックで推奨のトレッキングルートは、此処から急坂を駆け下りて白倉バス停、そこからJR五日市線の最寄り駅に戻るコース

私は車を御岳ケーブルカー駅に停めてあるので
大岳神社下 → 芥場峠 → 長尾平分岐 → 御岳山駅 と、約6キロを戻ります


折角のトレッキング、これまでは、同じコースを戻るプランはできる限り避けてきましたが ・・・
同じ道でも、行きと帰り、登りと下り、更に時間の経過に伴う光の変化
ずいぶん印象が変りますね  新発見でした。
ss-DSC01256.jpg

昼過ぎ、初夏の陽射しが零れてきました
山岳信仰の山では、森が深く、思わぬところに、見上げるような大樹を目にします
ss-DSC01269.jpg

東京に、これほどの自然が残っている事の喜び
奥多摩、高尾のトレッキングコースを歩くと、この豊かな自然の素晴らしさに驚くばかりです
ss-DSC01270.jpg

長尾平分岐まであと少し
この辺りの、整然と植えられた杉木立の景色は独特、少し歩いては、微妙に変る木立の景色を楽しみました
ss-DSC01275.jpg


ケーブルカーの御岳駅に午後2時に到着
行きは随分寄り道をしていたので時間を要しましたが、帰りは早かった(笑)


先週の、高尾山ー陣馬山縦走、そしてこの日の御岳山ー大岳山縦走
東京の人気の縦走路を2週続けて歩くことができました

身近にこれほど素敵なトレッキングコースがあったこと、本当に驚きでした

このトレッキングコース、四季折々、素敵な花の咲くコースだそうです
好きな花を探してのトレッキング、秋の錦に染まった山を歩くトレッキング ・・・・
チョッと時間を見つければ来られる利便性、素敵な時間を過ごす引き出しが増えて、とても幸せです

2週続けて東京の山だったので、この次の週末は西丹沢の少しタフな登山をしてこようかと思っています
でも梅雨時、お天気次第ですね


この日のデータです
最高標高 : 1267m (大岳山)
歩行距離 : 約13キロ
標高高低差 : 登り:1150m  下り:1460m
歩行時間 :5時間15分 (休憩時間含まず)
歩数(参考値) :26,500歩




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     
スポンサーサイト

4 Comments

りら says..."kite31さん"
3枚目のお写真
垂直に伸びた杉並木
それは大地から天空まで聳えるかのごとく感じます
人の手によって植林されたものであったとしても自然の恵みなしにはこの光景はありえないでしょう
自然と人間との協力によってなし得た芸術を感じます
それをそのまま描写されています

14枚目のお写真
石積の階段も魅力ですが鳥居に惹かれます
ここでも自然への祈りを込めて人が創造した芸術があります
自然と人との共存を想うことが出来るお写真です
2015.06.18 22:20 | URL | #sSHoJftA [edit]
yamatoumi says...""
おはようございます♪
あ~・・・わかります♪雨に濡れた森の匂い、土の匂い・・・大好きです!
kiteさんが書かれる文章にうん、うん、って、いつも、うなずいてしまいます。
雨の山もいいですよね(*^_^*)って、山は晴れてもいいし、雨でもいいし
なんでもいいって事ですかね?(笑)
大岳山山頂近くの岩場は急なので泥まみれになっていたら、
すごく滑りますね、怖いでしょうね。
どんどん経験を積まれてるkiteさん、次の週末も西丹沢、すごいな(*^_^*)
私は長野でハイキングです、ユルユルですよ~(^_^;)
2015.06.19 09:53 | URL | #- [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

これまで登った山では、必ずと言っていいほど植林された杉並木がありましたが、
この御岳山の杉の木立はとても印象深いものでした。

これが御岳山を形作る山容の一つ、りらさんの言われるように、自然と人の合作なのでしょうね。
あの場で感じた横への広がりを広角で狙ってみましたが、上手く伝わったならば嬉しいです。

>石積の階段も魅力ですが鳥居に惹かれます

ええ、この鳥居はとても目を惹きました

難所の石場を抜けて、この地にたどり着くと
陽を遮る檜の巨木、苔を纏った自然木の鳥居、不ぞろいの石段、そしてその奥のお社
とても敬虔な気持ちで祈りをこめることができました

山に入ると、その大きな自然の中に受け入れてもらっている、と言う安心感、「山の許容の大きさ」を感じます。
謙虚に、自然と人との共生、共存の大切さを忘れてはいけませんね。
2015.06.19 20:45 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

これまで、天候の悪い日の登山は避けてまいりましたが、流石の梅雨時はそうも行かず、雨上がりを期待してのトレッキングでした。
濡れる、汚れる、ぐちゃる・・、アウトドアですからと、これを許してあげると、凄く雨の日の山も楽しいですね(笑)
スパッツ、シューズ、タイツ、ソックス・・、皆見事にドロドロでしたぁ。
これでは、電車では帰れないかも(笑)

7月、8月に、少し遠出をしたいと考えています。
其処に向けて少しでも経験値を上げておきたい、と思っています。

西丹沢は沢があるので、雨の影響を見極めて、この週末に行けるか?判断する予定です。

長野でハイキングですか
いいですね、美ヶ原か霧ヶ峰辺りですか?




2015.06.19 20:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/616-a3fa658e
該当の記事は見つかりませんでした。