凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅雨の合間の山歩き  奥多摩 御岳山・大岳山 (1)  


関東地方も入梅から一週間、鬱陶しい天気が続きますね
先週末、梅雨の合間を見計らって、奥多摩を代表するトレッキングコース「御岳山・大岳山」に行って参りました。


ss-DSC01066.jpg
御岳山ケーブルカー滝本駅前 朝7時  雨脚は未だ強く、杉木立を叩く雨音が聞こえます


ss-DSC01174.jpg
御岳山・大岳山トレッキングの人気スポット 「ロックガーデン」
樹林、下生え、苔  雨に濡れて清々しい緑の三重奏




ss-DSC01218.jpg
日本200名山の一峰 大岳山(標高1267m) 山頂からの眺めは流石  雲湧く山脈に目を奪われました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




圏央道を使って、ケーブルカー滝本駅に朝7時に到着

この時間、奥多摩地方は未だかなり激しい雨が降っていました
車の中から暫く外の様子を見ていましたが ・・・・ 

レインウェアに身を固めた、山ガール、ファミリーの皆さんが、続々と滝本駅に向かってゆきます
やる気十分の皆さんに手を引かれ、登山準備を始める事にしました


さて、この日のトレッキングコース
「御岳山駅」を起点として、最高標高の「大岳山」 をゴールとしたピストン
往路は見所は全て見て、帰路は一気に戻るイメージで、歩行距離は約 12キロ のコースとなります


御岳山駅 → 御岳山 → 長尾平分岐 → 七代ノ滝 → 天狗岩 → ロックガーデン (※ 今回のブログ範囲)
(※ 次回のブログ範囲) → 芥場峠 → 大岳神社下 → 大岳山 → 大岳神社下 → 芥場峠 → 長尾平分岐 → 御岳山駅



では、梅雨の合間の「御岳山・大岳山」トレッキング 暫しお付き合いください

久しぶりに訪れた奥多摩地方、 雨に濡れたせいもありますが緑がとても濃く、深く感じます
山岳信仰の地故、登山路でご神木となる大樹を眺めるのも楽しみの一つです
ss-DSC01062.jpg

麓の滝本駅から約10分間で 御岳山駅(標高 836m) に到着します
ss-DSC01067.jpg


7時55分発と朝2番目のケーブルカーですが結構混雑していました


御岳山駅に着くと、雨が上がっていました!  最高のタイミング、よかった!
周りの山並みに掛かっていた雨雲が急速に流れ、薄れてゆきます
今日も気持ちよいトレッキングができそうです


御岳駅から宿坊や御土産物屋の並ぶ舗装路を歩いて行くと
約30分で最初の目標地点、長尾平分岐に到着

この日は初めての御岳山なので ・・・・ 往路は何でも観てやろう! と言う意気込みのコース設定(笑)

七代ノ滝まで急坂を下りて行きます
熊注意! 今年は何処の登山路でも熊を見かける様ですね
ss-DSC01083.jpg


長尾平分岐にある茶店、この時間、未だ開いていませんでした
先週歩いた高尾と対照的、この後のコース途中には茶店が全くないようです
ss-DSC01082.jpg

急坂注意とありましたが、下が全く見えないですねぇ・・・・
雨に濡れて滑るこの登山路を約600m下ってゆきます
ss-DSC01084.jpg

急坂の横は杉の植林地帯  凄く密に植えられた杉の木立が印象的でした
ss-DSC01089.jpg

七代ノ滝に到着です
昨夜からの雨で、沢の水が増えているかと思いましたが、想いの外、水が少なかった七代ノ滝
雨で濡れた岩場が滑りやすく、滝壺に近付くのにもかなり神経を使います
ss-DSC01112.jpg

折角の滝の撮影なので、シャッター速度をできる限り遅くしましたが ・・・・
この天気での手持ち撮影では無理がありますね(苦笑)
一番ぶれの少ない一枚だけアップします
ss-DSC01097.jpg


七代ノ滝まで下ってくる急坂
滑る急坂を下りながら、これをこの後登ってくるのは余り気が進まないなぁ ・・・と思っていたら
ロックガーデンに向かうコースは別で、この鉄の階段を登ることになります

雨の名残、岩も木の根も滑りやすそうでしょう
ss-DSC01117.jpg


鉄の階段を一気に上ると「天狗岩」に到着

この大きな岩の上に、天狗の像と祠があるそうな・・・・
登ろうか?暫し迷っていると、若い女性がクサリを伝わって降りてきました

「上はいかがですか?」 と声をかけると、特に見晴らしは良くないものの 登るのが楽しかったです!
との事。

再度、「お奨めですか?」と聞くと、はっきり「ハイ!お奨めです」 と明るく返されました(笑)
山ガールのお奨めに従い、ザックを置いて、この天狗岩登ってみました

クサリと木の根を頼りに岩登り
そして、これが天狗岩の頂上の天狗の像です
ss-DSC01128.jpg


この根とクサリ、この天狗岩に登った方が必ず写す写真です(笑)
その気持ち、よく分かります
ss-DSC01126.jpg


天狗岩を過ぎると いよいよロックガーデン

苔むした岩の間を流れる清流、美しい緑の樹林
朝のこの時間、此処を歩いている人も疎らで、森は静寂に包まれています
ss-DSC01144.jpg


四季折々、独特の景色を楽しむことのできる場所でしょうね
登山路は広く、緩やかになっていて、あの急坂を下りて辿りついた場所とは思えぬほど
ss-DSC01150.jpg


手付かずの自然、岩、苔、沢、樹林に囲まれて ・・・・
此処では、人は永遠のビジター
ss-DSC01162.jpg


東屋風の休憩所がありました
テーブルやトイレが整備されていて、此処で早めの昼食を頂いている方も ・・・・ 私はもう少し先まで我慢
ss-DSC01156.jpg


休憩所で、暫し給水休憩をした後
このロックガーデンの終点、綾広の滝に向かって緩やかな坂を登ります
ss-DSC01158.jpg


ss-DSC01172.jpg


「お浜の桂」と呼ばれる、桂の巨木が見えるとロックガーデンも終わりです
ss-DSC01176.jpg


落差 10mほどの 「綾広の滝」
武蔵御嶽神社の滝行がこの滝で行われるとの事
空気がひんやりとして、とても爽やか   体が火照ってきているので、チョッと去りがたい
ss-DSC01179.jpg


清々しい綾広の滝を眺めたら、坂を登り「ロックガーデン分岐」に至ります
ss-DSC01186.jpg


ロックガーデンを経由せず、長尾平分岐からまいて歩いてくると此処に出ます
帰路は、此処をまっすぐに御岳山駅に向かいます
ss-DSC01187.jpg


ロックガーデンをハイクする御岳山コースは此処まで
此処から、日本200名山の一峰として登録されている大岳山に向かって登ってゆきます


岩場、クサリ場 変化に富んで、結構大変な登山コースは、この後の後編に纏めます





【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     
スポンサーサイト

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.06.16 22:30 | | # [edit]
TaQ says...""
こんにちは!
ご無沙汰しております。

地元の山々だったので、すごく楽しく写真を見させてもらいました。
標識にも知っている地名や自転車で登った地名が出てくるので(たとえば、鋸山)、地理的な位置関係を考えつつ見入ってしまいました。

大岳山は地元青梅の小学校6年が秋の遠足で登る山なんですが、よく思い出してみると、相当に本格的な山だったと覚えています。
後半の大岳山編も楽しみにしています(^^)
2015.06.17 12:05 | URL | #jISoVqTc [edit]
kite says..."鍵コメさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

比較的歩き易い縦走路だったので、距離の割りにコースタイムが短いルートでした。
ただし、大岳山直下の登りは結構凄いコースですね。

どういう訳か、天狗岩は山ガールの皆さんに人気の様で ・・・ 岩場好きのお転婆の方が多いのでしょうかね(笑)
男性は暫し迷った後スルーのパターンが多かった様に思います。
確かに、雨で滑るクサリと木の根に伝わって下りてくるのは、一つ間違うと結構格好悪い!!姿を晒しますから。

続編、金曜日くらいにアップできるかな・・・
2015.06.17 21:35 | URL | #- [edit]
kite says..."TaQ さんへ"
こんばんは、此方こそご無沙汰しています。

先日、高尾に行った時の、大垂水峠、和田峠、そして奥多摩の風張峠、TaQ さんのブログに登場した
ヒルクライムだなぁ・・、などと思いながら登山計画を立てていました。

帰宅する時にも、アスリート系のライダーの方をずいぶん見かけました。
TaQ さんも、この辺りの峠で鍛えられたから、レースで好成績を残されているのでしょうね。

大岳山、
頂上に至る最後ののぼりは結構凄い岩場でした。
頂上の景色に惹かれるのでしょうね。
当日、中学生のグループ、年配の女性のグループの皆さんと、老若男女、かなりの方がチャレンジしていました。
皆さん、山頂に達した時の笑顔がいいですね。



2015.06.17 21:46 | URL | #- [edit]
優の水彩画工房 says...""
昔 国立市に住んで居たので 御嶽山 高尾山には 良く行きました
尾根伝いに 割と本格的な登山道を歩いた記憶があります
東京近郊で行ける 範囲で 割と本格的な登山を楽しめる山ですね

今では遠くて行け無いけれど 写真を拝見して懐かしくなりました
有難う御座います〜♪
2015.06.18 17:42 | URL | #- [edit]
kite says..."優さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

奥多摩、高尾、本当に東京の中に、これほどのトレッキングコースがあること、チョッと驚きです。
ケーブルカーがあったり、交通の便がよかったりで、チョッとしたハイキング程度の積りで出かけると痛い目にあいますね。
今回のコースも、本格的なトレッキングとして楽しめるコースでした。

秋、ロックガーデンは素敵でしょうね。
愛らしい花の咲く奥多摩の山の写真、また撮ってきたいと思います。
2015.06.18 21:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/615-90c91c20
該当の記事は見つかりませんでした。