凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

人気の高尾を縦走  初夏の高尾山、陣馬山へ    


4月に山歩きを始めて以来
早い時期に、一度登ってみたかったのが「高尾山、陣馬山」
初夏の陽射しの溢れたこの日、念願の高尾縦走してまいりました


ss-DSC00982.jpg
流石に人気の山、何処の登山路も整備され気持ちよく歩くことができました
削れた登山路の深さが、此処を歩く人の多さを物語っているようです



ss-DSC00948.jpg
この季節の高尾の花は、ウツギとヤマボウシとの事でしたが
深い緑に映える「ヤマボウシ」 コース脇を華やかに飾っていました



ss-DSC00993.jpg
相模湖を挟んで丹沢山塊を裏から見る絶好のロケーション
そして、富士山まで55キロ  沢山の山並みの向こうに 顔を見せてくれました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




これから本格的な夏に入ると、南関東の低山の登山コースは歩くのが大変きつくなるとの事
そこで入梅前のこの日、人気の「高尾山から陣馬山の縦走路」 歩いて参りました


朝7時、高尾駅前のコインパーキングに駐車して、高尾山口駅に向かいます

この日の予定コースは
高尾山口駅 → 高尾山 → 一丁平 → 小仏城山 → 小仏峠 
→ 景信山 →堂所山 → 明王峠 → 陣馬山 → 和田バス停 → 藤野駅 → 高尾

歩行距離:約17キロ  コースタイム:6時間半 の縦走となります



遠い昔、中学校の遠足で来た高尾山山頂の写真が残っていますが
記憶には全く残っていない高尾山(笑)

ミシュランの三つ星認定の人気のトレッキングコースとの事で、期待が高まります
高尾山山頂まで、沢山ある自然研究路の中から、自分の目的、実力に合わせてコースを選定するようです
この日は先が長いので、最短で高尾山を目指しました


先ずは高尾山の山頂に到着
素晴らしく整備された山頂で、暫しその眺望を楽しみました
ss-DSC00851.jpg


富士山とその左隣には大室山
大室山の左に落ち込む鞍部が、2週間前に行った西丹沢の犬越路
ss-DSC00852.jpg


富士山から目を東に転じると、美しい稜線、これは丹沢主稜の山並です
神奈川の最高峰 蛭ヶ岳、そして丹沢山 ・・・ この夏、これらの主稜を縦走したいと思っています
ss-DSC00866.jpg


そして美しい三角形の大山、その左には仏果山・・・経ヶ岳、 4月に初めて中級クラスの山として登った印象深い山々
ss-DSC00863.jpg


この日は海までの見通しはききませんでしたが
眼下には東京の街並み、 これならば夜景が素晴らしいでしょうね
ss-DSC00868 (1)


高尾の山頂から、気持ちのよい登山路を降りてくると「一丁平」
此処から相模湖や大垂水峠への分岐路があります
ss-DSC00883.jpg


この日は快晴  真っ青な夏空が丹沢の山塊を飾ります
こうして山から見る景色、樹林を渡ってくる風の匂い ・・・ もう、夏山の季節ですね
ss-DSC00893.jpg


この一丁平、綺麗なベンチやトイレが用意されています
高尾のケーブルカーを使えば、此処は誰でも来られる素敵なピクニックコース
ss-DSC00886.jpg


この広場には、見事なヤマボウシの花が咲いていました
この後の登山路でも、この真っ白な花が目を楽しませてくれました
ss-DSC00888.jpg


目の前に並ぶ丹沢山塊
4月初め、大山からみたこの「丹沢の山並み」は 未だ遠い憧れでした
漸く、登った山を幾つか数えることができるようになって ・・・ 少し嬉しいです(笑)
ss-DSC00896.jpg


高尾山の縦走コースの中で、名物茶屋と言われる「城山茶屋」
此処のなめこ汁が絶品とガイドブックに書かれていましたが、この時間、未だ休憩に早はいので水分補給のみ
ss-DSC00907.jpg


此処から、小仏峠に向かいます

中央高速を走っていると、いつも渋滞の名所として記憶している「小仏トンネル」
このトンネルの上を歩くことになります
ss-DSC00912.jpg


眼下に、中央高速と相模湖が見えてきました
ss-DSC00917.jpg


今回の縦走路、最高地点が陣馬山(標高855m)と比較的高低差の少ないコース
余り構えることなく登山路の景色を楽しみながら歩くことができます
流石に人気の山、登山路を行き交う人の多さ、「挨拶疲れ」し始めますね(笑) 
でも、行き交う登山者の挨拶と笑顔は気持ちが和みます
ss-DSC00921.jpg


縦走の醍醐味
自分の歩いてきた稜線を振り返り、景色を確認する楽しさ ・・・ 山に登るまで知りえなかった体験です
ss-DSC00934.jpg


相模湖が見えてきました
幾度かロードバイクで登ってきた相模湖  あの時、湖畔から見上げた山の上に私が今いる不思議さ
ss-DSC00941.jpg


景信山 山頂です

ガイドブックによると、
「高尾山~陣馬山の縦走路のほぼ中間にある
山頂は広々としていて、相模湖を挟んで富士山をはじめ丹沢や道志の山々の眺めが素晴らしい」
との事

山頂のヤマボウシがとても見事でした
ss-DSC00947.jpg


この日の山ご飯
折角沢山の御茶屋の並ぶこの縦走路、何処かのお茶屋さんで頂くことにしていました

特に目当てがあるわけでもないので、時間とお茶屋さんの様子とお腹の空き具合で決めることにしましたが
この景信山 山頂、立派なお茶屋さんがありましたが、未だ余りお腹が空いていない・・・・
ドライフルーツ&ナッツを軽く食べて、少し先に行くことにします


山歩きのガイドブックを読んでいるとよく目にする「分岐や巻き道があるので・・・」と言う表現
この高尾では特に多く目にしました
単なる別道というより、頂を回避してショートカットするルートをさす場合が多いのですね
ss-DSC00956.jpg


歩きにくいけど、見る分には大好きな 根道です(笑)
ss-DSC00968.jpg


西丹沢や富士山麓
乾いたガレ場を歩く機会が多かったのが、此処高尾では湿った土の登山路が続きます
この登山路、晴れた日の山歩きでは足にとても優しい反面、雨が降るとぬかるんで最悪のようです
ss-DSC00976.jpg


初夏の強い日差しも樹林が遮ってくれると優しい木漏れ日にかわります
足を止めると、麓の相模湖側から登って来る風は涼しく、本当に気持ちのよいトレッキングルート
ss-DSC00984.jpg


明王峠の茶店に到着です
この茶店は、休日のみの営業という事で、平日のこの日は空き家になっています

その結果、昼食は陣馬山しか選択肢がなくなったので(笑)、少し急ぐことにします
ss-DSC00988.jpg


気持ちのよい尾根道を歩き、最後に木の階段を登ると、この日最後の頂、陣馬山に到着です

一気に視界が開け、 丹沢、富士山、南アルプス、大菩薩、奥多摩の山々と大展望が広がります
見事な景色に暫し、時間を忘れます
ss-DSC01008.jpg


陣馬山の有名なモニュメント「白馬」です
ss-DSC01007.jpg


時刻は1時半 ・・・ 流石にお腹が空きました
茶店の女将さんに聞くと、この時間ではメニューの選択肢は殆どなく、お奨めのうどんを頂く事にしました

で、
このうどんがとてもおいしかった!!(笑)
甘辛いシイタケ、歯ごたえのある山菜、ねぎの風味、出汁のうまみ、うどんのコシ ・・・ う~ん、美味しい
個人的には、4月に食べた鍋割山の鍋焼きうどんより美味しかった
ss-DSC01012.jpg


食事を終えて時計を見ると 時刻は13時50分
ゴールとなる麓の和田バス停、藤野駅までのバスの便が悪いので要注意との事でしたが・・・
調べると、14時51分のバスを逃すと1時間待ち !

此処からバス停まで、コースタイムが何と1時間 ・・・ ギリギリですね
うどんの丼を返却して、休む間もなく、急いで山道を降り始めます

コースタイムがどの程度の余裕を見込んで設定されているか?
登山路から和田バス停まで簡単にいけるか?
不確定要素も多いので、かなり急いでこの急坂を下りてきました

約30分で登山路入り口に到着
ss-DSC01023.jpg


此処からバス停まで0.5キロ

間に合いました(笑)
バスの到着まで 20分ほど時間の余裕がありました

15時に中央線の藤野駅に到着
陣馬山から色々なコースを降りてきた方が此処に集います

藤野駅から二駅で高尾駅 
お疲れ様でした
ss-DSC01022.jpg


最後がとても慌しかったものの
全コース通して、とても気持ちのよいトレッキングコース

紅葉の時期に、是非又訪れたいと思いました


この日のデータです
最高標高 : 855m(陣馬山)
歩行距離 : 17.5キロ
標高高低差 : 登り:1198m  下り:1124m
歩行時間 :6時間10分 (休憩時間含まず)
歩数(参考値) :31,200歩




【凧と浜風】   お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ、そっと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     
スポンサーサイト

2 Comments

yamatoumi says...""
kiteさん、おどろきました(*^_^*)
檜洞丸に続き、また17.5キロ歩かれて・・・すごいです。
素晴らしい天気で青空と山々、そして木々がとてもキレイです♪
写真撮られながら、17.5キロを6時間で歩かれるのですね。すごいと思います!
陣馬山のうどん、美味しそうですね(*^_^*)


2015.06.05 20:13 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます。

夏になると陽射しの下でのハードワークはきつくなるので、梅雨入り前に駆け込みで近くの山を巡っています。
高尾山から、自分の登ってきた丹沢の山並みを眺めると、登った山の記憶が蘇ってきて感無量。
登った時のきつかった、苦しかった記憶はすっかり飛んで、素晴らしい景色、眺めの記憶しか残らない・・・(笑)
これは何なのでしょうね。
喉もと過ぎれば・・・いや違うな(笑)、辛い記憶に素晴らしい記憶が上書きされている感じなのかな・・・

できるだけ手間を掛けずにカメラを取り出して写す、このスキルが少し向上したように思います。
でも、未だ山にニコンを持ち込む勇気はないですね。

うどん、本当に美味しかった。
食べ終わって「とっても美味しかった!」、と言って丼を返した時の女将さんの笑顔がとても素敵でした。

チョッとした気持ちの交流、山のお茶屋さんの良さですね。
2015.06.06 08:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/612-a65b6e34
該当の記事は見つかりませんでした。