凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初夏の 横浜山手西洋館巡り  


ブログで、いつも素敵な水彩画を拝見している「Hudson Terrace」さん
先週から、横浜山手の洋館「ブラフ18番館」で初めての個展をされるとの事

街並み散策にとても気持ちのよい季節、生で素敵な絵画が見られる機会を得て
横浜山手まで出かけて参りました



ss-DSC_8986.jpg
春先の化粧直しを終え、美しく蘇ったブラフ18番館



ss-DSC_8960.jpg
重要文化財に指定された「外交官の家」
ブラフ18番館と外交官の家のあるイタリア山庭園 何時来てもほっとします



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




JR石川町駅から、急な坂を登ってイタリア山庭園へ

ブラフ18番館の入り口に、個展の案内が出ていました
私も使った覚えのある 懐かしい「スケッチブック」を使った案内板、 流石にお洒落ですね
ss-DSC_8946.jpg


山手の洋館 この前に来たのは3月でした
その時には、ブラフ18番館、ベーリック・ホールが工事中で残念な思いを致しました

2ヶ月ぶりの洋館巡り
この日は汗ばむほどの陽気、イタリア山庭園の木々の緑がとても美しかった


いきなり個展にお邪魔するのも・・・・(笑)
と言うことで、その前に庭園を暫し散策することにしました

ss-DSC_8947.jpg



庭園の紫陽花の花 もうこんなに大きくなっていました
この週末は、今年の紫陽花の様子を観に  鎌倉まで行くようです
ss-DSC_8952_20150527173601808.jpg


ブラフ18番館
フランス瓦の屋根、暖炉の煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、南側のバルコニー
瀟洒な洋館そのもの 洋館の中でも、特に私がとても好きな建物

此方のホールが個展の会場になっています

ss-DSC_8950.jpg


イタリア山庭園から横浜のみなとみらいをのんびりと眺めながら、外交官の家へ
何処から眺めても、シャッターを押したくなる魅力的な建物

建ててから100以上経っているのに、その美しさは色褪せません


ss-DSC_8959.jpg


イタリア山庭園は、すっかり春の彩り
この高台にある庭園から眺める横浜の街並み ランドマーク、インターコンチネンタル、ベイブリッジ、マリンタワー
う~~ん 気持ちいい

3月に来た時には、工事の車や機材が庭園の横にあって落ち着きませんでしたが
補修工事を終えると 洋館はこれほど美しく蘇るのですね







ss-DSC_8962.jpg


写真を撮りながらお庭を一周して、個展の会場に向かいます
洋館の横にある透明のガラスに囲まれたホールが、今回の展示会場との事

ブログで、いつも溜息をつきながら眺めていた横浜や鎌倉の街並みのスケッチ
生で見る素敵な水彩画の微妙な彩りを楽しませて頂きました

 初対面の Hudson Terrace さん
熱心なお客様と談笑中だったので、目礼と記帳で失礼させていただきました
初夏の一日、とてもお洒落な時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました

ss-DSC_8992.jpg


折角山手に来たので、港の見える丘公園までぶらぶらと歩く事にしました

いつも気になっているレンガの塀と建物
元気一杯の紫陽花が 路に乗り出しています
ss-DSC_8999.jpg


Hudson Terrace さんの水彩画にもあった 「喫茶 エレーナ」
山手の街並みにとても似合っているカフェ
ss-DSC_9005.jpg


3月にきたときは、改装工事中で全く建物が見えなかった「ベーリックホール」
此方もとても美しく蘇りました

この日も、お庭でスケッチされている方が多かった
ss-DSC_9009_20150527173651032.jpg


ベーリックホールで見かけたふわふわした植物
家に帰ってから調べたら ・・・・
白熊(はぐま)の木、英名ではスモークツリー(smoke tree) と言う植物だそうです
ss-DSC_9012.jpg


山手234番館
できた当時、外国人向けの共同住宅だったようですが、今は1Fが山手の総合案内所になっています
開放的で、公共性の高い建物の趣が感じられます
ss-DSC_9028.jpg


外人墓地の前にあって、山手のシンボル的な趣のある「山手十番館」
いつも此処で写真を撮っているのですが ・・ 何か雰囲気が違う

入り口の張り紙によると、3月から暫く休館との事

山手十番館のHPにある この建物の紹介

明治百年祭を記念して昭和42年に開館致しました。
緑に囲まれた高台の眺めを背景にティールームとレストラン、
そして時を告げて詩情を誘う時計台からは 「赤い靴」のメロディが流れて、
 訪れる人々を異国情緒への憧れへといざないます。

此処も、早く、元気に蘇って欲しいですね
ss-DSC_9033.jpg


山手外人墓地です

いつも、墓地の側の歩道から写真を撮っていましたが、
先刻見てきた Hudson Terrace さんの水彩画のアングルにヒントを得て
通りを渡った 少し先の交差点から写してみました

この方がいいですね・・・(笑)
ss-DSC_9035.jpg


港の見える丘公園に併設された「ローズガーデン」
園内に入ると、薔薇とハーブ 芳しい香を潮風が運んできます

ss-DSC_9041.jpg

今年の5月は暑いですね
初夏の陽射しを受けて、コントラストが強く映える山手の洋館

素敵な水彩画とお洒落な洋館、そして5月の花の彩と香
毎週続けている山歩きの疲れを一気に癒してくれる ・・・ そんな素敵な一日でした



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ  そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     


スポンサーサイト

10 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.05.28 15:54 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.05.29 15:56 | | # [edit]
Mogumogu Ringo says...""
こんにちは!
再びの西洋館巡り!!いいですね~♪
どれも綺麗なお写真で、素敵です。

なかなか気軽に現地へ行けないのが残念ですが、
kite31さんの写真のおかげで、5月の山手西洋館を楽しむことができました。
これからも、いろいろな景色を楽しみにしております!
2015.05.29 18:10 | URL | #- [edit]
kite says..."鍵コメ1番 さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

案内に使われたスケッチブックに思い出がある方も多いのではないでしょうか?

紫陽花のご挨拶・・・ 誰も邪魔扱いもせず、家の方も無理に刈り取らない、
山手の街並み、ゆったりした時間が流れているようです。
2015.05.29 21:23 | URL | #- [edit]
kite says..."鍵コメ2番 さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

個展にいらっしゃった時、他の西洋館巡りはされましたか?
確かに石川町からの急坂は初めて登ると、何処まで続くのか・・・と嫌になりますね。(笑)

この日も、ブラフ18番館以外の洋館で、個展や展示会が行われていました。
西洋館は人気の場所ですので、かなり競争が激しいようですが、ご自分の趣味をこうした場所で展示できたら
素晴らしいでしょうね・・・

2015.05.29 21:30 | URL | #- [edit]
kite says..."Mogumogu Ringo さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

確か、私が3月に洋館巡りをした時と前後して、Mogumogu Ringoさんも此方にいらっしゃったのでしたね。
あの時には2つの洋館が工事で見学できず、またお庭に工事の車両や工具が置かれていて
少し見栄えが悪かったところもあったかと思います。

本格的な観光シーズンに向けてのお色直し、
100年近い時に流れを感じさせないほどに、美しく蘇っていました。

ご一緒した気分で、楽しんでいただけたなら何よりです。
2015.05.29 21:35 | URL | #- [edit]
りら says..."kite31さん"
1枚目
ブラフ18番館正面入り口方面撮影されていますね
階段を上がった外交官の家との間の道での撮影のように見えます
ブラフ18番館の白の外壁 緑の鎧戸 オレンジのスペイン瓦の魅力が存分に表現されています
6枚目
正面から左手山下が見えるぎりぎりのところまで下がり撮影されています
ブラフ18番館の側面の魅力が描写されています
9枚目
階段を降りられブラフ18番館の前庭からの撮影でしょうか
さほどの奥行のないブラフ18番館の前庭を広角レンズで建物全体を表現されたように思えます

ブラフ18番館は撮影場所が限られてしまいます
前庭以外に建物の周りの敷地にゆとりがないからです
それをよく考慮され 撮影位置またアングルまたレンズを考慮されています
素晴らしい感性だと思います

2枚目
ブラフ18番館の入り口付近まで入れ込み 外交官の家の東側から北側角の建築美を描写されています
7枚目
ブラフ18番館敷地内から撮影された外交官の家
この階段を上ったブラフ18番館と外交官の家との間の道からのこのアングルでの撮影はしたことがありますが
階段下での撮影は思いつきませんでした とても新鮮です
8枚目
イタリア山庭園 外交官北側の幾何学の庭園はそれは見事です
その庭園を入れ込み 外交官の家で一番の美麗である北側を撮影されています
それは美しいです

外交官の家の玄関側はアップされていません
ほぼ南側にあるそれは 今回撮影されたブラフ18番館側から見た建築美 北側の建築美からすると平易なデザインに感じます
敢えてそれを感じ撮影されなかったのか それともアップされなかったのかは存知ませんが・・・
撮影者の建築に対する美意識の高さには 感嘆しました

他の建物も素晴らしいです
コメントさせて頂きたく思いますが 写真番号を間違えそうです
次回 追伸コメントさせて頂きたく宜しくお願い致します
お返事はお時間が許す時 ご無理のない時にして下さいね
2015.08.23 21:25 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

りらさんからコメントを頂いて、そのブログの記事を改めて読むのが、とても楽しみです
中々きっかけがないと過去の記事って読まなくなっていますから、嬉しいです。

山手の洋館巡りの中でも、このブラフ18番館と外交官の家のあるイタリア山庭園は素敵ですね
建物の中から表を見たとき、微妙な窓ガラスの歪みが「時」の経過を知らせてくれますが、建物そのものは
全く古さを感じさせず、とても美しい
大切に管理された西洋の街が数百年経っても色褪せない・・・この建物を見ているととてもよく分かります

ご明察の通り、この一連の写真は広角レンズを使っています

新しい広角レンズを買って、最初に写したかったのがこの西洋館
制約の多かったアングルに、広角レンズがかなりの自由度を与えてくれました

>外交官の家の玄関側はアップされていません

ええ、正直なところ玄関サイドからの景色は一つ惹かれなくて(笑)、外交官の家はいつも同じアングルになっています

>コメントさせて頂きたく思いますが 写真番号を間違えそうです

すみません(笑)、最近のブログには番号を入れるようにいたしましたが、以前は手を抜いていましたので・・・
りらさんのコメント、とても楽しみにしています。
2015.08.24 12:03 | URL | #- [edit]
りら says..."kite31さん"
12枚目
横浜山手西洋館の中一番の規模を誇るベーリックホール撮影ですね
ご存知のように 横浜山手聖公会 山手111番館と同じくJ.H.モーガンの設計です
横浜山手聖公会や山手111番館とは同じ設計者とは思えない程個性あるデザインですよね
ベーリックホール南側庭 ぎりぎりに下がり 広角レンズで建物全体を捉えているようです
東西に長い建物は アングルの考慮が大変ですよね
左上に樹木の葉が見えますよね
この構図だとどうやっても入ってくることが何回か撮影してみて分かりました
東側の居間の窓からもその二階にある婦人の部屋から続くサンルームからも隣に建つ アントニン・レーモンド設計 エリスマン邸が望めます
山手西洋館7館の中 私の最も好きな建物です
お写真から パームルームからも望めるエリスマン邸を想うことが出来嬉しかったです

13枚目
その東西に長いベーリックホール スモークツリーを手前に入れ込み前暈けを造ることにより 斬新な構図になっています
実際にはスモークツリーは写真から感じる程大きな植物ではありません 1階の窓の上くらいの高さかと思われます
それをアングルを考慮され まるで二階まで届くかのごとく撮影されています
その撮影センスには驚く程です

16枚目
山手外人墓地・・・・
いつも、墓地の側の歩道から写真を撮っていましたが・・・
私も同じくです
15枚目の山手十番館を通り過ぎたところで撮影したのですね
私はそれが思いつきませんでした
彫刻の施された門扉 それがJ.H.モーガンであることが気になり その門扉ばかりを撮影したくなってしまいます
J.H.モーガンが眠るお墓を撮影出来なくとも見て手を合わせたいです
ベーリックホール 山手111番館 外国人墓地門扉
素晴らしい文化遺産を横浜に残してくれました
ベーリックホール 外交人墓地門扉
それを素晴らしい感性で写して下さった撮影者にも感謝ですね
有難う
2015.08.27 21:49 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、山手の洋館巡りへのとても丁寧なコメント、ありがとうございます

りらさんのブログを拝見して感じるのは、
訪ねた場所のプロフィール、歴史をとてもよく調べていて、そうした知識と自分の感性が捉えた印象が
とても上手く結びついている、と言うこと

そうしたバックボーンを持って、写真を撮っているので、見ていてとても分かり易く、りらさんの
コメントにシンパシーを感じることができます

そうした知識に裏打ちされたコメントを頂いているので、自分の写真ながら「そうだったなぁ・・」と、
今更納得している部分もあります(笑)

私の場合、どちらかと言うと感覚的な動機付けでシャッターを押していて、
家で見返してから、「?」と思ってことを調べている場合が多いので(笑)、りらさんのコメントがとても勉強になります

しかし、写真から私の歩いたコースや、写真を撮ったアングルまで推測できてしまうのは凄いです(笑)

りらさんのお気に入りの場所へ幾度も通い詰めて写した写真、
それらと少し違った切り口の写真があって、それを楽しんでいただけたなら嬉しいです。
2015.08.27 23:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/610-9d0893c1
該当の記事は見つかりませんでした。