凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初夏の富士山麓 長者ヶ岳・天子ヶ岳へ   

初夏の暑さに見舞われた先週の週末
富士山の大沢崩れを正面に、そして眼下に田貫湖を望む天子山塊の二座
長者ヶ岳、天使ヶ岳に登って参りました。



ss-DSC00273.jpg
初夏 早朝の田貫湖の桟橋にて  アングラーと黒猫と


ss-DSC00347.jpg
長者ヶ岳山頂(標高1336m)より  富士山の大沢崩れを正面に望む


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回の登山の計画、4座続いた丹沢の山並みから少し離れた場所を、と言うことで
富士山を眺めるコースとして人気もあり、初夏の田貫湖の風景にも惹かれる「天子山塊」の二つの山
長者ヶ岳(標高1336m)と天子ヶ岳(標高1330m)を歩いて参りました


この後の予定として、5月中に西丹沢の檜洞丸に登りたいと思っていて
それに先立って、車を使った登山の経験、天子ヶ岳にも咲くシロヤシオの様子を見ておく
そんな目論見もあっての登山計画となります

朝5時、早起きのしじみに見送られて家を出ました
車での登山は時間の制約から解放されるのがとても大きなメリットですね

新東名高速の新富士ICを降りた後、富士の山麓を暫く走ると田貫湖、目当ての駐車場には7時に到着


湖畔の長閑な景色に惹かれて、暫し撮影タイムです
登山口のある北バンガロー 湖畔に桟橋が2本
其処には2人の釣り人とニャンコが1匹


ss-DSC00277.jpg


遠い昔、学生の頃に「ヘラブナ釣り」に夢中になった頃、この田貫湖まで来たことがあります
今も此処ではヘラブナ釣りが主流のようで、ルアーのアングラーは少ないようです

でも、ヘラブナもルアーフィシングも、獲物は原則キャッチアンドリリース
待っていてもニャンコは餌にありつけないと思うのですが・・・・ 辛抱強く待っていました


ss-DSC00293.jpg



バンガローの裏手から東海自然歩道として長者ヶ岳に至る登山路に合流します
この一帯、檜の樹林はとても綺麗に整備されていました
ss-DSC00295.jpg


前日に降った雨のため、登山路は全般にウェット
この日の登山は、この蒸し暑さと湿気で湧いた虫の多さに閉口しました
初夏の登山は春とは又別物のようです
ss-DSC00299.jpg


暫くすると、富士休暇村からの登山路との合流点
此処は富士山と田貫湖を見下ろす絶景の見晴台となっていて、テーブルやベンチが置いてあります

横浜から見る富士山は未だ雪に覆われていましたが、大沢崩れの影響なのか、
此方から見る富士山はもう夏の装い
ss-DSC00309.jpg


久しぶりに訪問した田貫湖
すっかり綺麗に整備されていて、高原のリゾート地に生まれ変わっていました
ss-DSC00316.jpg


田貫湖と富士山麓に広がる朝霧高原の遠景
気持ちのよい高原ですね
ss-DSC00318.jpg


この地点で標高は約1000m
この風景を見ていると、此処はもう雲の高さに近いことを感じます
ss-DSC00329.jpg


この長者ヶ岳へのコース
初心者が迷い込むと最後の急坂が大変です、と案内されていましたが
この道標から次第に坂が厳しくなってきます
ss-DSC00337.jpg


丹沢の登山コースに比べ登山者も少ないためか
全般に案内が少なく、何処を歩くのが良いのか?少し迷う場所もありました
ss-DSC00336.jpg



杉木立を抜けると、新緑が美しい広葉樹林の中を歩く登山路
この先がかなりの急坂になっています
ss-DSC00343.jpg


午前10時コースタイム通りに 標高1336mの長者ヶ岳の山頂に到着です
バンガロー横の登山路から、丁度約2時間の行程でした
ss-DSC00356.jpg



山頂に用意されたテーブルとベンチ
未だ時間が早いので昼食を取る方は少なく、皆さん、写真を撮って少し休憩すると天子ヶ岳に向かってゆきます


私は朝が早かったので ・・・・ 此処で昼食をいただきました
何時の日か、ブログにアップできる「山ご飯」を目指して工夫したいと思っていますが
当面はその余裕なしです(笑)

富士山を正面にみて、お昼ご飯をいただきました
ある意味、日本一の山ご飯(笑)
ss-DSC00349.jpg




この長者ヶ岳の山頂
東側から南アルプスを眺めることができます

長者ヶ岳は山梨100名山の一つとのこと
山梨だけで100名山 ・・・ やはり、山梨は山が多いのですね。
ss-DSC00351.jpg


実はこの後の天子ヶ岳
事前に調べたガイドブックにも書かれていましたが・・・・
苦労の割に見所が少ない、と余り評判がよろしくない様子

で、残念ながらこの評価を確認する事になってしまいました

結果として
後半のコースの写真が極端に少ないので、富士山の写真を少し多めにアップしておきます
ss-DSC00357.jpg



ss-DSC00368.jpg



長者ヶ岳から天子ヶ岳へ
急な下り坂を下ると、其処からまた約100mを登り返す山道

痩せた尾根は広葉樹の新緑と、ツツジとシロヤシオを楽しむ事ができる
とありましたが・・・
ss-DSC00376.jpg


急な坂道にはつつじとシロヤシオの無残な花びらが
残念ながら、天子ヶ岳のシロヤシオは盛りを過ぎていました
ss-DSC00390.jpg


登山路に落ちた花びらを、未練たらしく眺めながら(笑)歩いていたら
坂の途中に未だ花を咲かせた 貴重なシロヤシオの花
ss-DSC00392.jpg


午前11時 天子ヶ岳到着です

非常にそっけない山頂(笑)で・・・・
休憩できるベンチもないので、先客のお二人、地面にじかに座ってお食事していました
ss-DSC00405.jpg



山頂から少し離れた場所にある「富士見台」と言う見晴らし場所
残念ながらこの時間、富士山の周りには雲が広がっていました
ss-DSC00414.jpg



此処から800m近い下り坂となりますが
噂に違わず かなりの急斜面が待ち構えています

丹沢ではクサリが用意されていても不思議ではない場所もありましたが
木の根、枝や、登山路の石につかまりながら降りてゆきます

途中、トレイルランニングのトレーニングをしている方が抜いてゆきましたが ・・・・ 流石に早い
習熟者中心のコースなので、クサリもロープもないのでしょうね
ss-DSC00428.jpg


視界が限られているせいか、かなり長く感じる下り坂
檜、さくら、ブナの樹林、登山路は爽やかな山の空気に満たされています
ss-DSC00430.jpg


天子ヶ岳から約1時間の下り坂も終盤
この後は田貫湖分岐で林道に沿って 田貫湖までもどります

しかしこの林道が長かった
舗装路、砂利道の登り基調の林道を4キロ余り歩きます

途中に道標がなく、多少不安を感じて、天子ヶ岳から降りてきた登山者の方2名とご一緒させていただきました
この4キロはつまらないね ・・・とぶつぶつと (笑)

林道の途中で見かけたグライダーの飛行場跡地
ss-DSC00433.jpg



午後1時半 予定した時間に田貫湖畔の休暇村 富士に到着です
此処から湖を半周して駐車場に戻ります

田貫湖畔から、改めて登った二つの頂を眺めてみました

ss-DSC00438.jpg


田貫湖畔にそそり立つ長者ヶ岳と天子ヶ岳
湖畔から見上げると、この二つの頂はとても立派です

天子ヶ岳からの長い稜線 あそこを一気に降りてきたのだなぁ・・・


初夏の田貫湖畔は、キャンパーや休暇村の宿泊者の方がサイクリングや湖畔の散策を楽しんでいます

駐車場で車に荷物を置き、キャンプサイトで暫し休憩しました
季節はもう初夏、高原の爽やかな風に吹かれながら こうして湖を見ているだけで心地よいです

夏休みに又来たいな
この日の田貫湖、そんな感想を持つほど、人の笑顔に溢れていました




ss-DSC00449.jpg





本日の登山データ

最高標高:  1336m(長者ヶ岳)
歩行距離:  14.5キロ (内一般路4.2キロ)
累積標高差:  登り 997m 下り 1069m

実績: 5時間半  (休憩30分 含まず)
参考までに万歩計をつけて出かけましたが 28,000歩でした


天子ヶ岳からの800mの下り坂を一気に降り、かなり脚に負担をかけましたが
翌日、朝起きると ・・・・
すっかりお馴染みになった筋肉痛がありません!

少し、進歩したかな(笑)


さて、次は西丹沢!!!!

 



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ  そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     

スポンサーサイト

13 Comments

輪人 says...""
富士山も見事ですが、私にはトレイルの方が気になっちゃいました(^_^;)
でもMTBが乗り入れ禁止だったりして(苦笑
2015.05.18 19:52 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
坂月沢蚊 says...""
人気のない静かな山歩きも良いですけどずっと誰とも会わないと道を間違ったんじゃないかと不安になりますよね。
すっかり山歩きに慣れたようで、これからが楽しみですね。
この2つの山は行ったことがありません。また山歩きをするようになったら行ってみようかな。
2015.05.18 21:16 | URL | #- [edit]
ろまんすぐれー says...""
kite31さま、こんばんはo(_ _)o
何時も当方ブログへのご来訪ありがとうございます。
「凧と浜風」サイトで素敵な風景の数々を、楽しませて頂いております。
今回アップ記事の「アングラーと黒猫」は何時にも増して、
冴え渡るカット!感服です。
当方ブログにリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
2015.05.18 21:56 | URL | #- [edit]
keiko1203 says..."こんばんは"
山登りに目覚められたんですね
山梨なのに山ばかり(-^〇^-)、なんですね
ウチの主人も20年前に、日本百名山を完登したみたいですが、
今では、膝を痛めて麓の山も登れません
怪我をなさらないで楽しんでくださいね。
2015.05.18 23:22 | URL | #- [edit]
yamatoumi says...""
kiteさん、こんばんは
桟橋にて、アングラーと黒猫、なんて、素敵なシチュエーション!
そして、その貴重なタイミングを素敵に撮られていて、素晴らしいお写真ですね♪

美しい木々と素晴らしい富士山、曇も素敵ですよね~♪
ところで、毎週行かれてませんか?kiteさんのお気持ち、よく分かります。
私も始めた時は山にとりつかれてましたので(笑)
その頃の気持ちを思い出し、kiteさんのブログを拝見していると嬉しくなるんです(笑)
夏は是非!高山植物か咲く!森林限界へ♪
更に、更に、感動があると思います(*^_^*)
焚き付けて、スイマセン(^_^;)
2015.05.19 20:13 | URL | #- [edit]
kite says..."輪人 さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

何と!、実は長者ヶ岳の山頂にて、マウンテンバイクをベンチに立てかけて休憩しているライダーの方をお見かけしました。

天子ヶ岳の方から登って、ピストンで下ってゆきましたが・・・
登山者の皆さん、バイクが降りてゆくほうを見て、目が点になっていました。(笑)

あの急坂をどうやって登ってくるのですか?
2015.05.19 20:29 | URL | #- [edit]
kite says..."鍵コメさん へ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

未だ初心者の私ですが・・
丹沢を中心とした人気の山、コースもかなり整備されているので、それなりの準備をして時間をかけて登れば、素晴らしい景色を楽しむ事ができますよ。

頂上を狙う登山でなく、素敵な自然のなかを歩くトレッキング、無理のない自由なコース設定で
楽しむ事ができる・・・
中高年にトレッキング人気が高まっている所以、と思います。
2015.05.19 20:35 | URL | #- [edit]
kite says..."坂月沢蚊 さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

コースの整備された丹沢に甘えていたら、地図を読み、地形からコースを確認するスキルが向上しませんね。(笑)
一緒に下ったお二人と、GPSで場所を確認したりしてコースを探しました。

長者ヶ岳はお薦めですよ、天子ヶ岳は余り薦めませんが・・・(笑)
この日は少し煙っていましたが、晴れた日に此処から見る大沢崩れは、富士山が割れる!と思うほどの迫力とのことです。
2015.05.19 20:46 | URL | #- [edit]
kite says..."ろまんすぐれー さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

黒にゃんが桟橋で待っている写真、自分でも気に入っています。(笑)
猫が入るだけで、写真の雰囲気が大きく変りますね。
お陰で、いつも感じる「登山前の緊張感」が大きく緩みました。

リンクの件、了解いたしました。
私のほうからも相互リンクとさせていただきます。
2015.05.19 20:57 | URL | #- [edit]
kite31 says..."keiko1203 さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

そうですね・・
まさに、年甲斐もなく目覚めた、と言う感じです。(笑)

ご主人、日本百名山を完登ですか?凄いですね。
登った山のお話などされるのですか?

私は、グレートトラバースと言う百名山を巡るドキュメンタリーの再放送を楽しみにしていますが、
百名山、日本全国の名だたる山だけに、毎週放送されるその素晴らしい山容に憧れています。

これから先、この名山のうちの幾つ登ることができるかわかりませんが、
先人の足跡を少しでも辿れたらと思います。

>怪我をなさらないで楽しんでくださいね。

そうですね、山には危険な場面が沢山ありますから、無理せず楽しみたいと思います。
2015.05.19 21:09 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

登山の支度を済ませて、アングラーの竿を振る音に惹かれ、湖畔に降りてみたら・・・
竿の音に釣られた先客がいました。(笑)

アングラーとの適度な距離感、この黒にゃん、只者ではないと思います。

>ところで、毎週行かれてませんか?

ご明察の通りです。(笑)
新しい趣味を始めた時の「のめり込み方」は過去に経験済みなので・・・
暫し、放任されています。

新緑の後は山ならではの花、高山植物との出会いに惹かれますね。

樹林越しの登山路から、森林限界を超えた稜線へ ・・・・ 憧れますね。
2000m級の山をどこかで経験したいと思っています。

あと、yamatoumi さんのように、ブログにアップできるような素敵な山ご飯を楽しむ、
と言う体験も是非したいと思っています。(笑)

焚き付けだけでなく、自然発火状態なので(笑)、夏に向けて確り優先順位をつけないと・・・


2015.05.19 21:24 | URL | #- [edit]
Mogumogu Ringo says...""
こんばんは!
1枚目の写真が特にお気に入り♥
素敵な構図と景色ですね〜。

田貫湖へは1度だけ行ったことがあるのですが、
こんなに綺麗な場所があるとは!!
富士山も見事ですね。

kite31さんの写真を見て、また行ってみたくなりました♪♫
2015.05.21 23:21 | URL | #- [edit]
kite says..."Mogumogu Ringo さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

そうですね、
湖畔に下りたときのアングラーとニャンコの配置、湖面の静けさ・・・
1枚目の写真は、ただシャッターを押しただけ、こんな事ってあるのですね。(笑)

二つの桟橋、ヘラブナとバス、静の釣り人と動のアングラー、
このニャンコの桟橋の選択、私にはとても良く理解できました。

田貫湖
私もダイヤモンド富士を撮るために此処を訪問した友人に薦められ、山歩きの地に選んだのですが
富士山も田貫湖もとても美しかった。

初夏、あるいは晩秋がよさそうですね。


2015.05.22 20:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/607-48f24c5b
該当の記事は見つかりませんでした。