凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

風薫る薔薇の花園  横浜イングリッシュガーデン   


私の5月の花巡り、すっかり恒例となった「横浜イングリッシュガーデン」の薔薇の花園
今年も薔薇の甘い香に誘われて 出かけて参りました


ss-DSC_8723.jpg



ss-DSC_8932.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




横浜イングリッシュガーデンでは、薔薇の最盛期に早朝(朝8時)から開園する
「早朝プレミアム開園」と言う催しがあるのですが ・・・・
この日は出遅れてしまい、10時からの一般見学の時間に到着

ゲートに到着すると、其処は凄い行列
このイングリッシュガーデン、すっかり横浜の名所として定着したようです


エントランスから続く名物のローズアーチ
この日の余りの人の波に・・・ アーチのみトリミングさせてもらいました。(笑)
ss-DSC_8689.jpg


真紅のビロードのような薔薇の花びら

私にとって、この真紅の薔薇の花びらの感触とその下に隠れた尖った刺、と言うのが
薔薇の花に関する原体験(笑)
ss-DSC_8703.jpg



ガーデンいは1,200種類にも及ぶ薔薇が植えられています
とても名前を覚えることはできませんが、その場でネームプレートを記録した薔薇を中心に
少々ご案内いたします(笑)


「ウィンドソング」 

大きな花弁が風に揺れる姿から名付けられた、との事
アプリコット色の花びらがとても印象的でした
ss-DSC_8718.jpg


「パーパ・ジョン・ポール・Ⅱ」

ガーデンには白い薔薇も沢山ありましたが、この純白の薔薇はは本当に見事でした
ss-DSC_8721.jpg



「ビューティー&フレグランス」

美しさと香の名花で、世界各地の薔薇展で受賞している、との事
アプリコットとピーチの合わさった彩り、とても不思議な色ですね
ss-DSC_8762.jpg



「ジュード ジ オブスキュア」

強香種が多いイングリッシュローズの中でも特に強香とされる品種だそうです

この薔薇についてネットから拾ったコメントが面白かったので抜粋、
【欠点としては花が開かないでボール状になってしまうことが多い。
多い・・・というか、春は殆ど全部ボール状になって開花しなかったといっても過言ではない。

だそうです。(笑)
ss-DSC_8764_20150516154358836.jpg



「アイリッシュ・エレガンス」

【サーモン・ピンクの一重咲きで、数輪もしくは大きめの房になって開花します。
首は細く長く、枝もすらりとした印象のため、全体として優しげな印象をもちます。】
と紹介されていましたが、本当に優しい印象の薔薇
ss-DSC_8791.jpg



「ピエール・ドウ・ロンサール」

これは、私もよく知っている薔薇(笑)
ランス・ルネサンス期を代表する詩人、ピエール・ド・ロンサールにちなんで名づけられたそうですが
やはり人気の薔薇、傍で写真を撮るのが難しいほど・・・
ss-DSC_8797.jpg


ss-DSC_8876.jpg



「ドリームタイム」

緋色の薔薇も沢山ありましたが、この薔薇の大輪の花は人を惹き付けます
ss-DSC_8800.jpg



「デンティ・ベス」

柔らかい緋色の一重の大輪の薔薇
此花もとても目に付きます
しべの濃い色もこの花の特徴とか・・・・
ss-DSC_8806_20150516154414a6f.jpg


初夏のような陽射しを受けて
もうすぐ、このイングリッシュガーデンも君が主役
ss-DSC_8832.jpg




えぇと ・・・・ 此処から先は、人混みと暑さで息が続かず(笑)
花の名前と、それに伴うコメントはありません

ss-DSC_8869.jpg


ss-DSC_8894_2015051615443267c.jpg


ss-DSC_8929.jpg


ss-DSC_8910_2015051615443536f.jpg


本当に薔薇と言う花は人を集めますね・・・

此処暫く、山で樹林の香りばかりかいでいたので
薔薇の芳しく、芳醇な香はとても新鮮でした


さてもうすぐ6月
いつの間にか、今年も紫陽花の季節ですね
このイングリッシュガーデンでも、沢山の紫陽花を見ることができます

梅雨時の鬱陶しい気分を晴らしてくれる紫陽花
まずは早咲きの山紫陽花からでしょうか

いざ 鎌倉 !




【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ  そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     












スポンサーサイト

2 Comments

草笛 says..."もう紫陽花?"
イングリッシュガーデンはいつも花の無い時に言ってしまいます・・・
残念ながら。

紫陽花が終れば、大好きな妙本寺のノウゼンカツラですね。
鎌倉は花が多い。たぶん湿気と陽光の所為でしょうが・・
その分、草抜きと伐採剪定に追われます。。
2015.05.21 11:09 | URL | #jSt4TPmo [edit]
kite says..."草笛さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

そうですね、
イングリッシュガーデン、薔薇のシーズンの人手が凄くて、それを避けると
余り見る花がない・・と言うことになりますね。

最近は、春の薔薇が終えると紫陽花、秋の薔薇が終えるとコスモス、といった
形で、花園を満たしてくれますが、あそこは何故あれほど暑いのか(笑)
初夏は辛いです。

これから雑草の成長も激しいので、お庭の手入れは大変ですね。
2015.05.22 20:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/606-906f55ca
該当の記事は見つかりませんでした。