凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

山歩きDebut 新緑のヤビツ峠から大山へ   

山岳写真に憧れ、遥かなるアルプスへの憧憬から始めたトレッキング

千里の道も一歩から ・・・ 先週末、まずは山歩きの第一歩を記すことができました
早春の丹沢 ヤビツ峠から大山へ 山歩きDebut の記憶です



ss-DSC08794.jpg
ヤビツ峠に登って来る山岳路
晴天の休日のこの日、沢山のローディーたちがヤビツアタックをしていました


ss-DSC08861.jpg
大山山頂まであと少し
展望の開けた尾根から眺める 塔ノ岳へと連なる丹沢の表尾根



ss-DSC09008.jpg
大山山頂からの下山路
見晴台で昼食をとった後、木漏れ日を浴びた林道を下ってゆきます




ss-DSC09057.jpg
立派な本堂を構えた大山寺
ゴールの大山ケーブルのバス停まであと少し


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



4月12日(日)、小田急線の秦野駅からヤビツ峠行きのバスに乗って40分
朝9時に標高761mのヤビツ峠に到着です

ヤビツ峠
私には、この峠には3つの異なる想いがあります

丹沢の山塊にあるこの峠の名を初めて聞いたのは遠い昔の大学生の頃
ラリーに夢中の友人から、この峠の周りを走るコースの面白さを聞き、ヤビツの名が記憶の端に残っていました

次はロードバイクを始めた10年前
関東地方のローディーにとって、いまや聖地となったこの「ヤビツ峠」

この峠へ登ったか?、タイムは1時間をきったか?
アスリート系のローディーにとってはとても重要な経験値となったヤビツアタック

私もロードバイクでこのヤビツ峠に3回登りましたが・・・・
貧脚系ローディーの私は、この峠を中心とした丹沢の景観をロードバイクで楽しむのが主目的

そしてこの春、
トレッキング、山歩きを始めるに当たり
最初のコースとして選んだ大山への起点として、このヤビツ峠に来る事になった寄寓

この峠を楽しむ手段が 車→自転車→徒歩 ・・・ と、面白いですねぇ

恐らく、この後に続くであろう丹沢の山歩き
また幾度となく この峠にやってくることになると思います


ss-DSC08791.jpg


時刻は9時15分、空は真っ青に澄み渡っています
標高1252mの大山を目指して  山歩きのスタートです


ここ数日、雨や雪が降ったので、登山道はかなり柔らかくなっています
ss-DSC08803_20150415104418143.jpg


晴天に恵まれ、爽やかな空気の下を歩くと、若葉の香り、そして土の香り
本当に 気持ちよいですねぇ

少し登ったところで、ヤビツ峠に登る山岳路を見下ろします

ss-DSC08795_20150415104416f5f.jpg



雑木林の写真を撮っている間にも
老若男女 ・・・ 山を楽しむ方々が 目の前を通り過ぎてゆきます

流石に皆さん お洒落ですね
昔の むさ苦しい(失礼) 山男のイメージは過去のもの

ウェアもギアも、年をとっても楽しく山登りできるよう
凄く進歩していることを感じます

ss-DSC08813_20150415104417ef8.jpg




樹林に囲まれた尾根筋を暫く歩いてゆきます
この辺りは、未だハイキング気分で歩くことができました (笑)
ss-DSC08797.jpg




所々で 樹林が切れて 素晴らしい展望が開けてきます
進路右側には 秦野の街並み、その向こうには平塚から相模湾まで見渡せます
ss-DSC08808.jpg



横浜ではもうさくらも終わってしまいましたが
丹沢の山では、未だ見頃となっていました
薄い緋色のさくらの花は、何処に咲いても とても目を惹きますね
ss-DSC08816.jpg


もう少しで、大山山頂までの中間地点
九十九折の階段やぬかるんだ登山道もあり 次第に息が切れてきます(笑)

初心者の登山コース、写真を撮りながらもガイドブックに記載されたコースタイムに遅れないよう頑張ります
ss-DSC08829.jpg



「25丁目」の道標を過ぎると、かなり大きな石の転がる山道  ガイドブックの通りでした

下ばかり見ていると 下ってくる方と鉢合わせをしそうに・・・
何処にどう注意を向けて歩くか、暫くは勉強ですね
ss-DSC08879.jpg


そして11時 予定時間に大山の山頂に到着です
休日の丹沢の混雑、話しには聞いていましたが流石に凄い人 ・・・・
ss-DSC08909.jpg



相模湾の方向は春らしい霞が掛かっていましたが
西よりの富士山はかなりはっきり見えました

ss-DSC08910.jpg


この後、順番に登ってゆきたいと思っている丹沢の山々
三ノ塔、塔ノ岳、丹沢山 ・・・  何時までも見飽きない、気持ちのよい眺めです
ss-DSC08918.jpg


山頂広場の東側 冬の晴れた日にはスカイツリーまで見えるそうです
此方には、お洒落な山ガールの皆さんがお食事中

山ご飯の良い匂いが 山頂に漂っています

ss-DSC08930.jpg


未だ12時前なので、 下山途中の見晴台で昼食を頂くのが私の計画
山頂で暫し休憩し、ドライフルーツとお茶で疲れを癒します

此処からは 約1000mの下り
かなり膝と腰に負担が掛かる道筋なので、少し早めに出発します


ss-DSC08941.jpg


日当たりの悪い尾根の裏は 未だ新緑が萌えず 枯れ木のまま
まあ、物珍しさに写真ばかり撮っていますが ・・・ 帰宅後チェックしたら350枚、撮っていました(笑)

ss-DSC08947.jpg


初心者の下山中の事故の話をよく聞くので 十分注意して降りてゆきます
でも、降り始めると停まれない ・・・・ (笑)
結構凄い道がありました
ss-DSC08962.jpg


一部 ごろた石の多い場所もありますが、総じて整備された道を下ってゆきます
しかし ・・・ 想像以上に膝と腿にショックがきますね。(笑)

立ち止まると、膝が笑う感覚、久しぶりに味わいました
ss-DSC08988.jpg



大山山頂から約1時間 標高763mの見晴台に到着
道程の約半分、約500m降りてきたことになります

此処で、山のお楽しみ
お弁当とフルーツを頂くことにしました

山で食べるお弁当、本当に美味しいですね
これならば、色々材料を持ってきて 山ご飯を作る方の気持ちが良く分かります
次回は少し工夫してみます
ss-DSC08990.jpg


見晴台から大山の山頂を振り返ります
この見晴台で40分ほど休憩して 疲れも取れてきたので出発です
ss-DSC09001.jpg


ケーブルカーの来ている大山阿夫利神社下社からこの見晴台まで
比較的登山道が整備されているので、ハイキングでやってくる方も多いようです
ss-DSC09013.jpg


見晴台から大山阿夫利神社下社まで30分

此処まで降りてくると木々の様子も変化してきます
さくらの花と若葉の春の彩り
ss-DSC09034.jpg


大山阿夫利神社下社からケーブルカーで降りる事は可能ですが
昨秋、紅葉狩りに来た時にケーブルカーには乗ってみたので、この日は歩いて下山します

男坂と女坂があって ガイドブックでは女坂を推奨しています

遠い昔、中学生の頃の遠足でこの大山に来た時、男坂を登った覚えがありますが・・・
全く記憶に残っていません(笑)


しかしこの女坂、急な石段に要注意、とのことでしたが
本当に・・・・ 手すりもなく、膝の笑った状態で降りるとなると、チョッと怖いほどの急階段

ss-DSC09040.jpg


女坂の七不思議と言うのがあるそうで
坂の途中にパネルが立っていて 色々なエピソードが紹介されていました

こまで降りてくると 樹高のある木々が空を覆い 独特の景色が眺められます
ss-DSC09072.jpg


そして大山寺に到着
急な石段が続いて 本当に気が抜けません
ss-DSC09064.jpg



大山ケーブルの駅から こま参道を降りてゆきます

こま参道、
此処には大山の名産品である大山こまやきゃらぶき、大山豆腐、豆腐を使った豆腐料理のお店が立ち並びます。


そして午後2時半、大山ケーブルバス停 ゴール到着です

約7キロ少々
コースタイム 3時間50分 の道程


登山道の下り道の怖さを改めて痛感しました
普段使っていない筋肉を総動員して降りてきましたが ・・・・ 暫くは筋肉痛に泣きます


ウェアとギア、あと何が不足しているか?
そして何より、どの程度の体力、筋力が必要か?
それなりにつかめた 今回の山歩き

素晴らしい時間を過ごし、この後の目標もできたので、未だ筋肉痛も癒えないのに ・・・ 次のコースを選定中です(笑)



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ  そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     


スポンサーサイト

6 Comments

yamatoumi says...""
素晴らしい山々の景色で大山の魅力が伝わってきて、ワクワクしました(*^_^*)
やはりkiteさんが撮られる山の景色は素晴らしいですね、木々の光と影が素敵です♪
大山は観光地っぽい感じになってますけど、ゴロゴロの岩で急だったりしますよね。そこがまたいい感じで、私も好きな山です♪
350枚撮られていたんですね。わかります!私もそれぐらい撮ってしまいます(笑)
ケーブルカー使わずに下まで降りてきたんですね!さすかです♪
私も山始めた頃に大山に登って、数日、筋肉痛になったのを思い出しました(笑)
次はどちらかな?すごく楽しみにしています(*^_^*)
2015.04.16 20:20 | URL | #- [edit]
坂月沢蚊 says...""
初めての山デビューですか、これからが楽しみですね。
私は逆に山が先で最近は自転車です。
歩き慣れたら秦野駅から弘法山、大山まで歩いてみてください。
2015.04.16 21:49 | URL | #- [edit]
kite31 says..."yamatoumi さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。
新緑の季節、山の美しさに圧倒される想いでした。案の定、山の魅力にぞっこんです。(笑)

初心者向けのコースの中から、山の魅力を感じ取れるコースを選んでみましたが、本当にチョッとした鎖場があったり、大きな岩があったり、急坂があったり・・・、色々楽しめました。

週初めの2日間、かなりの筋肉痛で参りました。痛くなる場所が普段のスポーツと違いますね。
今回の山歩きの教訓の一つ、早速トレッキングポールを購入しました。

この週末はこのポールの試しを兼ねて、鎌倉アルプス(w)に出かけてみます。
楽しい記事満載のyamatoumi さんのブログ、参考にさせていただきます。
光泉のおいなりさん、食べられるかな・・・

2015.04.17 21:06 | URL | #- [edit]
kite says..."坂月沢蚊 さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

ブログを拝見しましたが、趣味の進み方が本当に私と逆ですね。
KHARMAはいい自転車ですね。私は2台目のロードバイクを購入する際、ピナレロと最後まで迷った覚えがあります。
境川SCや、宮ヶ瀬、私の走るコースと同じなので、どこかですれ違っているかもしれませんね。

当分は丹沢の色々なコースを歩いてみようと思っているので、またアドバイスをお願いいたします。
2015.04.17 21:12 | URL | #- [edit]
Mika says...""
kiteさん、おはようございます♪

山歩きデビューそして、ゴール!おめでとうございます^^
風を切って走る車や自転車も気持ちがよさそうですが
歩きだと風景の見え方、感じ方も違って、楽しさも特別でしょうね。

お写真拝見していて、数年前にハイキングした時のことを思い出しました。
特に頂上でのお弁当の美味しかったことを(笑)
大したところではなかったですがヘロヘロになりました(^^;坂道苦手なんです~。

次はどこを歩こうか、と計画を立てるのも楽しそうですね。
次回もお写真楽しみにしています♪
2015.04.17 22:18 | URL | #GmSQBN1s [edit]
kite says..."Mika さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

ロードバイクに乗っていると、100KM 以上の距離を移動することができるので、
トレッキングや山歩きの行動範囲の制約がかなり気になっていましたが・・・
山歩きの1歩は、何とも中身が濃いですねぇ。(笑)

秋までに脱初心者(笑)、まずは累積標高差1000m、移動距離10KM程度の山に登れるように、
頑張ってみようと思っています。

ハイキング、キャンプ、トレッキング・・・
これからの季節、景色の良い野外で食べる食事は本当に美味しいですね。

そうですね・・・
計画を立てている段階から、山歩きは始まっていますね。

2015.04.18 22:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/594-84a0d0aa
該当の記事は見つかりませんでした。