凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

広角レンズの誘い  山手洋館巡り   

昨年から欲しいと思って 色々と調べていた 広角ズームレンズ
先週漸く納品され、このレンズの試し撮りのタイミングを窺っていましたが・・・・

この広角のレンズで写したかった風景の一つが 「山手の洋館」
暖かい春の様な日差しとこの新しい広角ズームレンズからの誘いに 山手界隈を散策して参りました  



ss-DSC_6812_20150222114713606.jpg
1月初旬に久しぶりに訪ねた 山手の洋館
その時使用したレンズとの画角の違いに ちょっと戸惑いました


ss-DSC_6826.jpg
外交官の家  この建物は広角レンズの特徴をとても分かり易く表現してくれました


ss-DSC_6879.jpg
山手十番館 外人墓地の正面に建つこの建物も広角のレンズで狙いたかった建物の一つ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






新春のカメラの一大イベント CP+
今年は都合が合わず、行くことができませんでしたが・・・
昨年もこのイベントに触発されて、欲しいレンズを2本購入しました

写したい被写体、撮りたい景色 新しいレンズ購入の強烈な動機付けになりますね(笑)
海、街並み、花、山、寺社、猫 ・・・・
望遠、マクロの次に どうしても欲しかったのが広角ズーム

出かけるシチュエーション、カメラとの相性、予算の縛り、ユーザーの評価等を勘案し
今回購入した広角ズームは

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED


街並み散策に いつも持ってゆく標準ズームが 24-85mmなので
この2本で、何処まで上手く街を切り取れるか ・・・・

山手、元町、山下公園、大桟橋 そして桜木町
総計で 18、000歩 の散歩道の始まりです


最初は、ブラフ18番館
1月に来た時に既に工事が始まっていましたが、この日は建物が全く見えませんでした
横浜に沢山の観光客がやってくる4月には、綺麗な姿が見られるといいですね

ss-DSC_6800.jpg



この場から写したこの写真で  このレンズの画角が凡そ把握できました
へぇ、あそこまで入っちゃうんだ と言う驚き

同じ景色を違うレンズで見る驚き、 広がった新しい世界 ・・・ やはり、嬉しくなっちゃいますね(笑)
ss-DSC_6801.jpg


広角レンズの特徴は広がり、遠近感、奥行き ・・・・
この外交官の家は、、このレンズのこうした特徴を把握するのに最適な対象物


ss-DSC_6807_20150222114711b46.jpg


多少デフォルメ気味に 広がりと奥行きが際立つ写真が狙えました
ss-DSC_6819.jpg


1月に来た時に、何処からどういったアングルで撮ったか ・・・・未だ覚えていたので レンズの違いがとても良く分かります

ss-DSC_6816.jpg


山手イタリア山庭園内にある「ブラフガーデンカフェ」の外にあるテラス席
みなとみらいを一望できる絶好の休憩場所
ss-DSC_6825.jpg



山手周辺はスケッチをされる方も多いのですが
この日、とても素敵な雰囲気の方が水彩画を描かれていました
持ち物も含めて、とてもお洒落でしょう
ss-DSC_6815_20150222114714f05.jpg


イタリア山庭園を抜けて、山手本通りに沿っての散策コース
この通りに沿って、素敵な建物、お庭、教会、カフェなどが沢山あります
ss-DSC_6829.jpg


前回の散策時にも写したカフェの道案内 
ss-DSC_6833.jpg


ベーリックホールも工事中で建物が全く見えません
お隣のエリスマン邸  桃の節句に因んだ飾り付けがとても綺麗でした

素敵な吊るし雛が沢山飾ってありました
ss-DSC_6844_20150222210538667.jpg
 


エリスマン邸からお庭を望む
大きな榎に守られた えの木ていがガラス越しに見えています
ss-DSC_6845.jpg


エリスマン邸前から 港の見える丘公園方面へと歩いてゆきます

赤い瓦屋根と白亜の壁がお洒落な えの木てい
木製の上げ下げ窓、冬は薪を焚く暖炉、150年以上も昔のアンティーク家具など
古き良き山手の雰囲気を漂わせるティールームだそうです

そして この榎の大樹 と えの木てい を並べて写したかったのです
ss-DSC_6856_2015022211474541a.jpg


榎の大樹を下から見上げてみます

1月に行った 二ノ宮の吾妻山公園の山頂にあった榎の大樹もとても印象に残っていますが
この山手の榎も見事ですね。
榎の木と言うのは、江戸時代に大きくなる樹として「一里塚」 として植えられたそうな ・・・・
ss-DSC_6863.jpg


60数年の歴史のある横浜山手聖公会
外形は大谷石を使ったノルマン様式の聖堂をもつ とても存在感のある建物です
ss-DSC_6871 (1)




そして 山手十番館
外人墓地の真向かいに建つこの建物
まっすぐに続く山手本通り とこの十番館をどう収めるか ・・・・ 1月に来た時には 大分悩んだ覚えがあります
ss-DSC_6881.jpg


広角レンズの誘い 山手洋館巡り編 でした

この日は、港の見える丘公園~111番館を回るのは止めて 急坂を下りて本町に出てみました

元町から、山下公園、中華街、大桟橋 ・・・・・
後半に続きます



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ  そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     
スポンサーサイト

7 Comments

土佐けん says..."こんばんは"
横浜の街はお洒落で美しいですね^^
広角レンズを上手く生かした素敵な画ばかりです!
ちなみに「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」
僕も同じレンズを使っています^^
が、最近、お家でお留守番が多いです(^^;

ポチッ全部!
2015.02.22 22:49 | URL | #tHX44QXM [edit]
keiko1203 says...""
広角レンズの広がりと奥行きが
余すところなく発揮されて、洋館の風景が
旅情をそそるようですね、
昔、神戸に家族旅行に出かけ、初日に旅先で入院してしまい、
結局神戸の異人館は見れずじまいだったのを
思い出しました(-^〇^-)
2015.02.22 22:49 | URL | #- [edit]
kite says..."鍵コメさんへ"
こんばんは。

そう云えば、105mmのマクロレンズを買ったのもほぼ同じタイミングでしたね。
昨年購入したもう一本のレンズは、旅行はこれ一本でカバーできる高倍率ズーム
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR です。
このレンズ、テレ端の解像度に関して評価が分かれていますが、海を写す時にはこのレンズがとても力になってくれます。

暫くは、広角で街並みを切り取る楽しさにはまりそうです。
2015.02.23 21:18 | URL | #- [edit]
kite says..."土佐けん さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

>横浜の街はお洒落で美しいですね

お洒落な街並みでしょう・・・
土佐けんさん、助手さんとご一緒に是非横浜の山手の丘を散策してみてください。
その際は、「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」をお蔵から出して、持ってきてください。(笑)

高倍率の望遠ズームで海を写した時の驚き、そして今回、超広角で此方の洋館を写した驚き
カメラって やはり楽しいですね。
2015.02.23 21:23 | URL | #- [edit]
kite says..."keiko さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

此方の山手の洋館の写真をご覧になった方、神戸の異人館を思い浮かべる方が多いようですね。
旅先で入院とは・・・大変でしたね。
今度は是非 横浜までおいでください。

大切に手入れされた山手の洋館、少しでも素敵な建物を感じてもらおうと、色々なアングルから眺めていると
この広角レンズ、とても自分の思いを表現してくれる・・・ 

このカメラと散歩すると、自分のイマジネーションを広げてくれそうです


2015.02.23 21:31 | URL | #- [edit]
Mogumogu Ringo says...""
こんにちは〜♪
kiteさんの西洋館フォト、再び見ることができて嬉しいです!!
多少コースは違うかもしれませんが、私も18000歩超えでした(笑)

広角レンズの感動がとっても伝わってきます。いいですね〜(^^)
後半の写真も楽しみにしてます♪
2015.02.24 13:36 | URL | #- [edit]
kite says..."Mogumogu Ringo さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

Mogumogu Ringo さんの様に洋館の中のものに光を当てて、西洋館の歴史、飾り付けの趣味性を
訴求するのもとても素敵だと思いました。

やはり18000歩歩きましたか?(笑)
山手の辺りは 平坦な道があまりないので、結構歩き出がありますよね。

今回の広角に限らず、新しいレンズの試し撮りって、新しい玩具を手に入れた子供そのまんま、ですね。
ファインダーを覗いて景色を切り取る時の新鮮な驚き、帰宅後モニターで確認する時のチョッとしたワクワク感・・・

レンズに手を引かれ、背中を押されて・・また、ふらふらと出かけたくなります。
2015.02.24 22:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/579-6f3d7c7c
該当の記事は見つかりませんでした。