凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

冬の釣り人  北風の中、久里浜沖で黄金鯵を追う  

強い北風の吹き荒ぶ寒い週末でした
この寒空の下で今年の「釣り初め」  釣り友と白波の立つ東京湾に出かけて参りました


ss-DSC08589.jpg
浦賀 前田丸桟橋  ゆっくりと 冬の陽が房総半島に昇ってきます
この桟橋から、東京湾を行き来する船のシルエットを眺めるのがとても気に入っています


ss-DSC08622.jpg
日が昇り、海が黄金色に染まり始める中、東京湾を行き交う船のシルエットが浮かび上がります
海の上からでなければ見られない とても贅沢な眺め


ss-DSC08629.jpg
冬晴れの一日
空は真っ青に晴れていましたが、強い北風に泡立つ群青色の海 ・・・  やはり冬の釣りはキツイ! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




その年の 釣り初め
厳冬期、強い季節風に晒されながらの釣りは とても辛いのですが・・・・

「やはり1月に釣り初めをしなければ」、と釣り友と二人
1月最後のこの日、浦賀の前田丸さんから鯵釣りに出かけました


金曜日は朝から雪が降っていましたが
この日、土曜日は晴天ながら、強い北風が終日吹くとの予報
東京湾は ・・・・ かなり寒そう


これ以上ない、と言う最高レベルの防寒着に身を包み(笑)、 前田丸さんの桟橋に向かいます

朝6時半 桟橋から眺めると、この時間の東京湾は比較的静かな様子
このまま持ってくれると良いのですが・・・・

ss-DSC08590.jpg



浦賀の海には、海上に漁師の方の生簀が幾つも設置されています
そして夜明け、この生簀の浮いてきた魚を狙って、海鳥達が朝食に集まってきます
ss-DSC08598.jpg




そして、日の出 ・・・ 『天気晴朗なれど波高し』 かな(笑)
ss-DSC08604.jpg




7時20分 予定通りに浦賀港を出港です

いつもは観音崎から走水、速潮に揉まれた黄金鯵を狙うのですが、
流石にこの厳冬期ですから ・・・・ 深場に落ちていった鯵を狙います
先週から鯵が集まっていると言う 久里浜沖の100mの棚に向かいます

最近、東京湾でもトロール船をよく見かけます
資源保護の点から、東京湾でこうした漁法を採用しても大丈夫なのか?チョッと気になります
ss-DSC08609.jpg


漁を終えて 魚網を満載して帰港する漁船
ss-DSC08611.jpg


トロール船から零れる魚を狙ってカモメが群がっています
この季節、獲物が少ないせいか、カモメは釣り船から離れず、釣れた外道の魚を落すのを待っています
ss-DSC08612.jpg


この日の東京湾の天候
北からの季節風が終日強く(風速20mとの事)、東の房総半島には雲がかかっていましたが
西よりの三浦半島の上は快晴  富士山まで見えていました

ss-DSC08614.jpg



冬晴れで青空も見えているのですが  とにかく北風が強い一日
釣り座をきちんと整理しておかないと、持ち物がすぐに風にさらわれるほど
ss-DSC08619.jpg


 

8時に久里浜沖に到着
いつもの水深の倍以上、100mの棚を狙って仕掛けを落してゆきます

この海域は東京湾と言うより もう外海の太平洋に位置します
天気予報通りに次第に強まる風と波  船はピッチングを繰り返し、風で飛んだ飛沫が顔にかかります

しかし、今週に入ってからの好漁、雪の影響もなく続いているようです

仕掛けを入れ始めて数投目  コマセを振ると同時に竿先が沈み込みます
鯵のあたりです。

口元が弱く切れ易い鯵は、取り込むまで気が抜けません
特に、船のゆれが激しく、棚も深いので、巻き上げの速度をかなり落して慎重に巻き上げてきます

仕掛けが上がってきたので、群青色の海面を覗き込むと ・・・・・
居ました!! 綺麗な魚体の鯵が2匹
型は中型ですが、今年初めての獲物、大事に取り込みました

そして
これから約3時間(!)、 まさに入れ食いの時間が続きます

仕掛けを落し、コマセを振ると同時に竿先を振るわせるアタリ
しかも、毎回一荷釣り(2本のハリに同時に魚が掛かり釣れるこ)で鯵が上がってきます

ss-DSC08624.jpg


揺れる船の上、強い風に注意しながら
コマセを詰め、餌をつけ、仕掛けを落し、コマセを振り当たりをとる
かかった獲物を慎重に巻き上げ、船に取り込む

これをひたすら続けますが・・・
あたりが途切れたら、お茶を飲もう、おにぎりを食べようと思っても、あたりが途切れない

この時間だけで、20数センチの中鯵を中心に50匹を釣り上げました
ss-DSC08652.jpg

午後は当たりが止まったものの、今年の「釣り初め」 は大当たりでした

午後3時半に沖上がり  30センチを越す大鯵は2匹だけでしたが
20センチ台の中鯵が64匹と大漁です

帰宅後、魚好きのご近所に新鮮な鯵を配り大変喜ばれました


強い北風が吹き荒び、激しいピッチングを繰り返す船の上で7時間
寒い、冷たい、塩辛い(飛沫がかかる)、疲れた、おなか減った ・・・等々
好きでなければやっていられませんね (笑)

案の定、今日は朝から筋肉痛  肩と腰がかなり張っています


でも、この季節の獲れたての鯵、 とても美味しくいただきました
今年は、どんな釣りが楽しめますか ・・・・



【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ  そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     






スポンサーサイト

8 Comments

aunt carrot says...""
凄い大漁、おめでとうございます。
良く久里浜からフェリーで千葉に行くとき
釣り船を見かけますよ。
その中のおひとつにもしかしたらkiteさんが
いらっしゃるのかもしれませんね。
2015.02.02 01:45 | URL | #Hzu7QKvo [edit]
kite says..."aunt carrot さんへ"
こんばんは。

連日の寒さで、鯵が群れたところに当たった様で、年に幾度もない入れ食いでした。
いつもは、配りきれる30匹前後で竿を置くのですが、この日は動いていないと寒いので、
時間一杯釣ってきたので、配る先を見つけるのが大変でした。(笑)

確かに、東京湾フェリーの航路に沿って、結構いい漁場が有るので、何時も釣り船が集まっていますね。
私も2年前の今頃、南房総の水仙ロードをロードバイクで走るべく、このフェリーに乗った覚えがあります。
2015.02.02 22:52 | URL | #- [edit]
土佐けん says..."こんばんは"
釣りに行かれたんですね^^
大漁だったんですね!
鯵って美味しいですよね~~
焼いてよし、刺身でよし、
僕も大好きです^^
朝焼け、とても美しい風景です♪
2015.02.02 23:28 | URL | #tHX44QXM [edit]
keiko1203 says..."こんばんは"
日の出の海と空がとっても鮮やか
東京湾ってこんなに綺麗なんですね
大型船や漁船が行き交う眺めも、最高
いつも山を見て生活してるので新鮮です
大漁でよかったですね。
2015.02.03 22:16 | URL | #- [edit]
kite says..."土佐けん さんへ"
こんばんは。
今年の釣り初め、いきなり大漁でとても幸先が良かったです。
この調子が続くといいのですが・・・(笑)

鯵は調理方法も沢山あって、どれも美味しいですね。
何時も行く観音崎沖は潮の流れが速く、此処で釣れた鯵は走水の黄金鯵と呼ばれます。
西の関鯵、東の走水の鯵、肉厚でとても美味しいブランド鯵です。。

冬場は、夜明け直後に出港するので、朝焼けの房総半島を目指す風景がとても素晴らしいです。
2015.02.03 23:03 | URL | #- [edit]
kite31 says..."keiko1203 さんへ"
こんばんは。

東京湾もこの辺りまで来ると、水も澄んでいてとても綺麗です。
特に冬場、深い海の色はクレヨンの群青色のような色、晴れた冬空とこの海の色はとても印象的です。

東京湾ほど船の往来の激しい海域は余りないと思います。
釣り船、タンカー、貨物船、フェリー、水中翼船、
横須賀の軍港があるので、潜水艦や巡洋艦、時には空母が傍を走ってゆきます。

空気が黄金色に染まった時間、房総半島の傍を行く船のシルエットは素敵でしょう。
釣り人の私が、陸に居る皆さん(笑)に、ぜひ見て頂きたい写真の一つです。
2015.02.03 23:10 | URL | #- [edit]
yamatoumi says...""
こんばんは
棚、100mなんですか!そして、その棚に鯵ですか?驚きました。
この季節はそこまで深場にいるんですね。じゃあ、リールは電動ですね?(笑)
私は100mの深場はまだ経験したことがないです。

そして、アタリが途切れないんですね♪
以前、私も西伊豆の乗り合い船で入れ食いを体験しました!イサキでした。
おにぎりを食べる時間かないくらいで、
ルーチンワークのように作業になってて、漁師みたいと自分で思いました(笑)
kiteさんの文面を拝見して、ワクワクしました!入れ食いはいいですよね(笑)
そして、海の写真、どれも、見入ってしまう程、素晴らしいです!
2015.02.04 22:23 | URL | #- [edit]
kite says..."yamatoumi さんへ"
こんばんは。

何時も釣りをする東京湾内は50m程度の棚なのですが、久里浜沖はもう外海、流石に棚も深いし、海の色が違います。
此処は秋は青物、そして通年の真鯛の名漁場、電動リールと重い仕掛けは不可欠です。

入れ食いを一度経験するとその釣りから離れられなくなると言いますが、確かに船中一気にテンションが上がって凄いですね。
入れ食いの時にはとにかく手返し、効率的なルーチンワークができないと数が伸びないので、漁師さんになりきる様でしょう。(笑)
入れ食いタイムに当たると、本当に釣り人は食べるチャンスの逃してしまいますね。
この日も、船内の名人は130ほど釣ったようです。

イサキはいいですね。
私のお気に入りのフィールドにはイサキの良い漁場がないのですが、一度釣って見たいと思っています。
2015.02.05 19:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/573-4999be31
該当の記事は見つかりませんでした。