凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

西湘から新春の風をお届けします  吾妻山公園にて   

新春  春を待つこの季節
毎年楽しみにしている   春を呼ぶ花達との出会い


鶴岡八幡宮 「神苑ぼたん苑の冬牡丹」
 江ノ島 「サムエル・コッキング苑のウィンターチューリップ」  
城ヶ島 「水仙ロードに咲く水仙」

そして此処、二ノ宮の吾妻山 「早咲きの菜の花」 です



ss-DSC_5645.jpg
吾妻山への登頂路  水仙、桜、つつじ、紫陽花 ・・・・
季節の花が 道沿いに植えられています
菜の花を見に行くこの季節、何時も水仙と蝋梅の花が出迎えてくれます


ss-DSC_5677_20150118140600511.jpg
吾妻山公園
菜の花、西湘の海、そして遠く霞む伊豆半島
麗らかな陽射しの中、吾妻山にはもう柔らかな春の風が



ss-DSC_5744N.jpg
吾妻山のシンボルツリー  榎の大樹


ss-DSC_5747N.jpg
春の先導役  蝋梅の花


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




竹下内閣の時の行政施策 「ふるさと創生事業」 
その一環として、此処二ノ宮町ではこの吾妻山公園を整備したとの事

整備された最初の頃は、海に向かってすべる滑り台が話題になっていましたが・・・
何時しか、 早咲きの菜の花の名所としてすっかり有名になりました

私も4年連続の訪問、 年の始めの行事として定着した感があります



吾妻山公園に立つ 榎の大樹はすっかり有名になりましたが
公園に向かう途中にも、立派な榎がありました

先日、山手の「えの木てい」 の店先の榎の大樹にも見惚れてしまいましたが
とても存在感のある樹ですね

枝が多い、大樹に育つ、そして とても目立つ樹なので昔から一里塚に植えられた、との事
青空のグラデーション 榎の冬化粧とともに
ss-DSC_5648.jpg


そして此方は、吾妻山公園の頂に佇立する榎の大樹
バックの富士山や菜の花畑と比べても遜色のない、存在感を示します
ss-DSC_5655.jpg


家を出る時から分かっていましたが・・・
今日は富士山のご機嫌が悪かったようで、終日雲に隠れていました

カメラマンの皆さん、三脚を構えて少しでも顔を出すのを待っていましたが・・・・ 残念でした
ss-DSC_5656.jpg


標高130メートル余り  二ノ宮駅から約300段の階段を登ることになりますが
お年寄りの皆さんも沢山登ってきていました
ss-DSC_5667.jpg


夏に咲く向日葵もそうですが
厳しい季節、 黄色い花というのは元気を与えてくれますね
ss-DSC_5714_20150118140619272.jpg


この少し古くなった木のベンチ
此処が、菜の花、富士山、そして西湘の海と伊豆半島を一望の下に見る特等席
ss-DSC_5712.jpg


この日は昼近くなると、かなり強い風が吹いてきました
西湘の海、二ノ宮の沖合いにある鯵の名漁場 「瀬の海」 には、何時も沢山の釣り船が集まっていますが
この日は余り船が出ていませんでした

でも、潮目によって生まれる海のグラデーション パープルに霞む伊豆半島
この海の景色は人を惹き付けます
ss-DSC_5700.jpg


300mの望遠で目一杯
光る 「瀬の海」 に浮かぶ釣り船が2隻
輝く白波、ピンと張った釣り船のスパンカーから、海上の風の強さが伺えます
ss-DSC_5691.jpg


吾妻山から見る北方の景色
大山、丹沢の山並み 先日降った雪ももう消えたようですね
ss-DSC_5697.jpg


新春恒例となった 吾妻山 菜の花に囲まれた とても優しい時間
また ・・・・ 来年かな
ss-DSC_5717.jpg




登り坂の途中に咲く 愛らしい水仙と蝋梅
写真を撮るのは 「帰り道」 と決めていたので・・・・
ss-DSC_5754.jpg


蝋梅にも
「素心蝋梅」、「和蝋梅」、「満月蝋梅」などと品種がいろいろあるそうですが
此処に咲く蝋梅は、花弁がとんがっていて 光に透ける姿がとても美しい

ss-DSC_5751.jpg



最近、水仙の後姿にとても魅力を感じています
清楚な白い花びらと対照的な 「うなじの辺り」 の艶っぽさ
ss-DSC_5758.jpg



冬枯れの季節ならではの景色
葉を落とした木々の隙間から  光る西湘の海が見えています
ss-DSC_5761.jpg



光る海に浮かぶ釣り船を見ると ・・・・・
どうして我慢できなくなります(笑)
ss-DSC_5768.jpg


今年も  吾妻山公園の菜の花を愛でる事ができました

西湘 ・・・ 湘南生まれの私にとっては地元
二ノ宮ブランドの海の幸、山の幸の並ぶ 駅前の体育館 

即席のおみやげ物売り場
観光地特有の濃い雰囲気がないからでしょうか

とても、穏やかな時間を過ごすことができました




【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     
スポンサーサイト

8 Comments

優の水彩工房 says...""
こんにちは。
吾妻山公園は昨年行かせて頂きました。
富士山と菜の花畑と青い空が印象に残りました。
春を先取り!イッパイ元気を頂戴した感じです。
我が家から遠くて 今年は行かれそうも無いので
懐かしく拝見しました。
有難うございました。 ♪
2015.01.19 13:26 | URL | #- [edit]
らこさ says...""
こんばんは。

確か昨年もこの場所のお写真拝見しましたね。
あれから一年、早いですね。
kiteさんのお住まい周辺は、海に山に美しい夜景に・・・etc羨ましいです^^
2015.01.19 21:17 | URL | #- [edit]
萌猫 says...""
kite31さんが撮られた吾妻山の風景は素敵です。
菜の花もシンブルツリーも蝋梅や水仙もみんな素敵で勉強になりました。
有難うございます。
2015.01.19 22:59 | URL | #- [edit]
GOMA28/NewOrder says..."お久しぶりです"
まるで、青空に根を張っているような木の姿に、もう久しくじっくり木を見ていなかったことに気づきました。
相変わらず、静かな良い光景ですね。
2015.01.20 09:04 | URL | #- [edit]
kite says..."優さんへ"
こんにちは。

>吾妻山公園は昨年行かせて頂きました。

そうでしたね、優さんの家からはずいぶん距離があるのに、この吾妻山も全国区になったのかな。。。
と思ったのを覚えています。

私が ひたち海浜公園にネモフィラを見に行った距離感ですねぇ。

この場所の訪問には日程の融通が利くので、
菜の花が満開、海が綺麗に見える、富士山がくっきり見えるを条件にするのですが・・・
今年は富士山に振られてしまいました。

何時も変らぬ風景がある安心感
年の初めにそれを感じにやってくる場所です。
2015.01.20 10:03 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
こんにちは。

そうですね・・・
年の初めに此処にやってくると、1年と言う時間の流れを感じます。

4年前に最初に此処に来た時のような驚きはありませんが、去年と同じ景色がある安心感、
この美しい海も山も、此処にくれば見ることができる、身近にそうした場所があるのは、確かに恵まれているのだと思います。

でも・・・
今年はもう少し遠くの山を見てみたい、と願っています。(笑)
2015.01.20 10:12 | URL | #- [edit]
kite says..."萌猫 さんへ"
萌猫さんとは一日違いでしたね・・・

この時期に吾妻山公園に来るのは今年で4年目。
最初の年は勝手が分からず、ロードバイクを押して裏の坂道を登ってきて、管理人さんに叱られました。(笑)

最初の時に感じたような驚きはありませんが、この素晴らしい眺めの場所で
毎年同じ海を、山を、花を、樹を同じ様に撮る。
これはもう一種の信仰ですね。

毎年、年の初めに此処に立つと
次は桜の季節、青葉の季節、紅葉の季節に来たい、と思うのですが・・・・
やはり、自分では菜の花のイメージを壊したくないのかな(笑)

できれば、今年は別の季節、時間にも来てみたいと思いました。
2015.01.20 10:22 | URL | #- [edit]
kite says..."GOMA28/NewOrder さんへ"
こんにちは。
本当にお久しぶりでした(笑)

冬に葉を落とした大樹
太い幹に背を預け、箒のような枝を透かして見る青空は吸い込まれそうです

この吾妻山公園の頂に佇立する榎の姿は独特です。
背景に富士山、そして湘南の海、伊豆半島、丹沢・・・
神奈川の名だたる名勝を背にしても、その存在感が霞むことがありません

どんなに人が沢山集っていても
静かな風景ってありますね、此処もそんな場所のひとつでした。
2015.01.20 11:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/567-a7606a2b
該当の記事は見つかりませんでした。