凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

晩秋の富士山麓(2)   精進湖、そして西湖へ   

晩秋の富士山麓 紅葉巡り 第2章は 精進湖、西湖 編となります。


空気が澄んでいるうちに、大好きな精進湖からの富士の姿を見たくて
まずは富士吉田から精進湖へ、そして西湖から河口湖へと進むことに致しました。



ss-DSC_4159.jpg

富士五湖の中で一番小さな精進湖 でも、変化に富んだこの湖の景色、何時来ても印象に残ります





ss-DSC_4192_201411222214548b4.jpg

母なる富士山が、手前の山「大室山」をそっと抱いているように見える ・・・ 「子抱き富士」





ss-DSC_4232_201411222215090a5.jpg

ブラックバスの釣り場としては東日本一といわれる 西湖




ss-DSC_4251_20141122221514e1e.jpg

河口湖 紅葉トンネルの錦に染まる木漏れ日




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



早朝の山中湖  透き通った冷気の中で、真正面から富士山を眺めたみたい
富士吉田の恩賜林で 落葉松の香りを思いっきり吸いたい


そして
精進湖では 紫に染まる 子抱き富士 の写真を撮りたい


三番目のテーマ実現のため
河口湖、本栖湖をパスして、精進湖への道を急ぎました



精進湖 午前10時に到着です
湖の湖畔まで迫る樹海 此処も落葉松の葉が燃えていました

淡水の釣りの中でも熟練を要する静の釣り ヘラブナの釣り師が 長尺の竿を振っています


ss-DSC_4161.jpg




秋空を映した青い湖面 湖を取り囲むパッチワークのような樹海の紅葉
小さな湖ですが、変化に富んだこの湖の景色を愛する人は多い

ss-DSC_4163.jpg



湖畔に建つ 精進マウントホテル に関する逸話

日本に帰化した英国人 ハリー・スチュワート・ホイットウォーズ
彼は、富士山を最も美しく眺められる地を求めて、1年がかりで富士山麓を巡り
ようやくたどり着いたのが、この精進湖

この風光に魅せられたホイットウォーズはここを永住の地と決め、
日本有数の避暑地「ジャパン ショージ」として海外への観光宣伝に力を注ぎ
多くの外国人観光客が訪れた  とのことです。


ss-DSC_4174.jpg




ブルーと言うよりパープル
この精進湖から見る 子抱き富士 は何時も紫に煙っています

ss-DSC_4184.jpg




精進湖には山中湖や河口湖のような近代的なホテルや旅館はありません。
昔ながらの釣り客を泊める民宿と、キャンパー向けのキャンプサイト

でも、晩秋から初冬
早朝や夕暮れ時、「紅富士」の見られる時間帯は、湖畔には三脚が林ができるそうです


ss-DSC_4177.jpg




湖畔でキャンプをしている皆さんにお会いしました

岸辺から薪を集めてきて昼食の準備のようです
真っ青な秋空と錦の樹海に囲まれて食べる湖畔の食事 ・・・ 美味しそうですね


ss-DSC_4202.jpg





精進湖から、西湖へと向かいます

西湖は ヒメマスとブラックバスの釣り場として有名です
しかし、青木が原の樹海の囲まれた西湖は、富士五湖の中で一番観光化が進んでいないそうな


ss-DSC_4216.jpg





環境庁のレッドリストで絶滅種であった 「クニマス」
秋田の田沢湖から移植放流されたものの、絶滅したものと信じられていたが・・・

「さかな」君が、西湖でこのクニマスを発見した、と言うニュースは広く知られましたね

ss-DSC_4241.jpg




さて
河口湖の景色は、第3章 にまとめる予定でしたが・・・
流石に河口湖は見所が多くて  とても1回のブログ記事には収まりきれない

そこで、
河口湖の紅葉トンネルまでを本日のブログにアップいたします
最終章は、河口湖畔、大石公園、紅葉回廊、大池公園 の景色を中心のまとめる事に致します




紅葉トンネル

河口湖北岸の桑崎と扇崎の間にある、もみじの木々でつくられた天然のトンネルを称して
この名がついたそうです。


紅葉と赤松、そして落葉松のつくる 紅葉のトンネルと、此処から紅葉越しに見る富士山
河口湖の紅葉祭りを盛り立てる1シーンです

ss-DSC_4245.jpg



紅葉トンネル
紅葉街道と呼ばれる 河口湖畔の紅葉に彩られた道沿いの景色も素晴らしいのですが
何より、湖に迫った山の斜面に広がる錦の樹林の圧倒的な彩


錦に染まった葉を透かして落ちてくる この木漏れ日の中に入り込む
チョッと他では味わえない異次元体験(笑)です

ss-DSC_4258_201411222215307ac.jpg





兎にも角にも ・・・・・ 圧倒的な量の紅葉
赤松、紅葉 共に樹高のある老木  見上げる先に秋の陽射しに輝く 紅、黄金色 の葉、葉、葉・・・・

ss-DSC_4252.jpg




河口湖の湖畔が 紅葉の色付きに向いているのでしょうね
紅葉回廊、紅葉トンネル ・・・ 幾度来ても、この錦秋の彩りには 驚きを禁じえません

ss-DSC_4262.jpg





堆く積もった落ち葉をに足を取られながら、暫しこの原色の樹林を散策しました
林を抜け、湖畔出でると 青い空と湖がとても眩しく感じました

ss-DSC_4261 (1)



次回は、晩秋の富士山麓 紅葉めぐりの最終章

河口湖畔、大石公園から眺める富士山とハーブの園、
紅葉回廊 での 紅葉三昧
ポプラと落葉松に彩られた大池公園 

の3名所の景色をお届けいたします





【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     







スポンサーサイト

6 Comments

sora says...""
こんばんは♪
先日はメッセージをいただきありがとうございました。
精進湖の昼の景色堪能させていただきました。
山の紅葉がすばらしくて、きれいだったことを思い出します^^
夜明けの富士山があんなにきれいだとは想像以上でした
また機会があれば撮ってみたいです。

河口湖の紅葉もすばらしいですね
金色に輝くもみじが目の前で見ているようで感動しました
河口湖北岸のあたりは車で通ることはあるんですが
この林はちょっと中に入ったところなのでしょうか?
すごく綺麗なところですね!
2014.11.23 23:50 | URL | #Dv6DZoa6 [edit]
輪人 says...""
富士山麓の紅葉はスケール感が違いますね。
見事な紅葉です。

私事ですがブログをFC2からlivedoorに移転しました。
お手数ですがリンク先の変更を宜しくお願いします。
2014.11.24 21:06 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
kite says..."sora さんへ"
富士の山麓の紅葉を楽しんできた日に、偶然 soraさんのブログで、夜明けの精進湖の素晴らしい写真を眼にしたので、思わずコメントを入れさせていただきました 。

富士の山麓から見る、夜明けと夕焼けの富士山は素晴らしいようですね。
厳冬、静かな湖畔に泊まって、富士山の写真三昧というのも素敵でしょうね、とても憧れています。

河口湖の紅葉トンネルは素敵ですよ。
今は紅葉回廊がとても有名ですが、一昨年偶然に訪問したこの地の紅葉、特にこの林の中に分け入った時の驚き、お勧めの場所です。

場所がチョッとわかり難いのですが、河口湖北岸で中央にグリーンベルトがある場所、丁度紅葉のトンネルになっていますが、道路わきに林に隠れるように駐車場があります。
此処に車を止めて、湖に沿って進むとこの林に入ることができます。

是非、一度行ってみてください、
2014.11.24 22:20 | URL | #- [edit]
kite says..."輪人 さんへ"
横浜から往復で300キロを越すドライブになりますが、毎年此処を外すことができません。
秋色の山の中、マウンテンバイクで走っていますか?
この季節は、林の中にいるだけで気持ちよいですね。

ブログの変更、了解しました。
リンク先、変更しておきます。
livedoorに変更になると足跡が残らないので、気軽にコメント入れてください。
2014.11.24 22:25 | URL | #- [edit]
草笛 says..."素晴らしい"
まるで和服の模様を想起させますね。
こんなに美しいんだとあらためて感じ入っています。
いきたいなあ・・・箱根・・・
2014.11.25 18:43 | URL | #- [edit]
kite says..."草笛 さんへ"
和服の模様・・、確かに「和」の美しさは、日本の四季の彩りと強く繋がっていますね。

秋の陽光を透かして見る錦の葉の色
毎年この季節に見ているのに、綺麗だなぁ・・・と改めてその素晴らしさを感じます。

>いきたいなあ・・・箱根・・・

そうなんですよねぇ、私も他の方の素敵なブログを見ては、行きたいなぁ・・、来年行けるかなぁ・・、
とため息をついています。

でも、行きたい、見たい、と言う情熱は大切ですね。
2014.11.26 20:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/545-519fb898
該当の記事は見つかりませんでした。