凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

高原の秋色散策  箱根湿生花園にて    


仙石原のススキの中を歩いてみたい、と出かけた先週末
箱根の仙石原まで来たら、いつも・・・そのまま流れて箱根湿生花園まで行く事になります


ススキの原では、もう秋の風が吹いていました
高原の花園では どんな秋模様が楽しめるのでしょうか・・・・




ss-DSC_2630.jpg

箱根湿生花園の駐車場前にある花の咲くレストラン 「グレイン」





ss-DSC_2705.jpg

箱根の山が紅に染まる迄もう暫く
でも、湿生花園内の樹林では、もう鮮やかな彩りを楽しむことができました




ss-DSC_2728.jpg

木々から溢れる樹液や熟した木の実 ・・・ 高原の秋の風は 林から芳醇な香りを運んできます




ss-DSC_2745.jpg

残暑、深い緑の木々の木漏れ日に救われる想いでしたが
何時も間にか、高原はすっかり秋の装い  豊かな彩の散策路の空気はとても爽やかでした



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



駐車場から湿生花園に向かうプロムナード


此処にあるレストラン「グレイン」、私は何時も早朝来訪することが多いからでしょうね・・・
オープンのタイミングが何時も合いません
何時も、愛らしい花が咲いています


ss-DSC_2629_20141006173103840.jpg



湿生花園のエントランス
此処に置かれた鉢には、その時期見頃を迎える植物が展示されています


園内での主役は、そろそろ「秋の草花」 から ・・・・ もう色づいた紅葉に移っているようです


ss-DSC_2633.jpg




湿生花園では、秋の草花もそろそろ終盤を迎えていました。


この高原の花園
園内をゆっくり巡っても1時間掛からない小さな花園です


仙石原を借景にしたスケールの大きな景色、大きく8つに区分けされ独立したエリアの配置
此処でしか味わえない景色に根強い人気を誇っています



園内の最初のエリアは、落葉、広葉樹林区

枯れ葉とどんぐりの落ちた小径をぶらぶらと歩いてゆくと
見上げる広葉樹林はだいぶ色づいていました


ss-DSC_2650.jpg



この日は曇り空、透かした紅葉の鮮やかさは今一歩でしたが

いろんな葉っぱが織り成すグラデーション

秋色に染まり始めた樹林はやはり綺麗ですね

ss-DSC_2667.jpg



ススキの草原区 から 低層湿原地帯へ

水芭蕉の咲いていた湿原に掛かる木橋を渡りながら、道端の花を眺めます

ss-DSC_2685.jpg




ss-DSC_2662.jpg


この前、此処に来たのは水芭蕉の咲き始めた初春
季節は冬から春へ、あの時、この池には殆ど水草も生えていませんでした


でも今は未だ夏の名残 ・・・ ギンヤンマが水辺を飛んでいました

ss-DSC_2659.jpg



低層湿原地帯、ヌマガヤの草原を抜けると・・・・

高山のお花畑区域から 高層湿原地帯 に入ってゆきます


秋に咲く花、そして夏に咲く花の名残
水辺の散策路を歩くと、季節の移ろいを感じさせてくれます

ss-DSC_2708.jpg




ss-DSC_2710.jpg



仙石原の草原を通って ・・・・ この湿原を渡ってゆく秋の風

本当に爽やかで気持ちがよかった 秋本番ですね


ss-DSC_2713.jpg




昆虫達も 夏が行き、冬が迫ってくることを感じているのでしょう

花で蜜を集める蜂たちには、何やら必死さを感じました


ss-DSC_2716_201410061732042fd.jpg



水辺を飛ぶ赤トンボ

もう産卵を済ませたようですね ・・・  最後の季節を迎えた儚さを感じさせる姿


ss-DSC_2722.jpg



最後は仙石原の湿原を再現した区間


園路は低地から高山へ、初期の湿原から発達した湿原へと
順に植物を見てまわるようになっているとの事



散策路の傍に咲く 心惹かれた草花の写真を並べてみました

ss-DSC_2718.jpg




ss-DSC_2727.jpg




ss-DSC_2737.jpg




ss-DSC_2744.jpg





ss-DSC_2748.jpg




ss-DSC_2750.jpg




ss-DSC_2755.jpg



1時間足らずで一回りできる湿生花園


最近、私はこうした花園を訪問すると、2周することにしています

最初は望遠ズームを使って引いた風景、全容を眺めながら、2周目のマクロレンズの撮影場所選び
そして2周目・・・・ マクロレンズに交換して、近接撮影を楽しみます



混雑する前の午前中  気持ちのよい撮影ができました


ss-DSC_2759.jpg



湿生花園を出て、駐車場に向かう道すがら ・・・・・

此処にも眼を引く草花が咲いていました

ss-DSC_2769.jpg




ss-DSC_2771.jpg


箱根の湿生花園 11月末から来年の春まで 暫く閉園となります

11月の最後の週までに、もう一度 ・・ 訪問できるかな?


仙石原  大海を思わせる黄金色のススキの原
そして、晩秋への模様替えを急ぐ湿生花園 


箱根の高原では、もう木々は秋色に染まり始めていました
横浜、鎌倉が錦に染まるまで1月かな・・・・




【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     


スポンサーサイト

2 Comments

らこさ says...""
こんばんは。

箱根湿生花園はずいぶん秋色に染まり始めていますね。
私は黄葉のカツラが大好きです。
道脇の小さなお花たち、ホント可愛いですね。
kiteさんの一周目にズームレンズ、二週目にマクロの気持ちよーくわかります^^
2014.10.08 21:19 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
湿生花園の木橋をのんびり歩くと、道端に咲く草花との距離感が絶妙なことに感心致します。
微妙に触れない距離、でも写真を撮るには丁度良い場所に花があります。

同じ道を歩いても、レンズを換えると景色が変わりますね。
写真を撮る醍醐味、その場でレンズを換えたくても、まずは望遠の眼で景色を見ることにしおています。

よく言われる、鳥の目(望遠)、虫の目(マクロ)、魚の目(広角)流石に3周は大変なので(笑)
マクロまで・・
2014.10.09 20:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/527-494eae6d
該当の記事は見つかりませんでした。