凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

酔芙蓉の小径 ・・・ 酒匂の風に頬染めて

鎌倉のお寺でで見かけた酔芙蓉の花
此花のしっとりした美しさに惹かれて、少し調べてみたら


南足柄市にある酔芙蓉の郷
酒匂川に沿って伸びる農道に酔芙蓉700本と芙蓉100本が植栽されて居るとのこと


丁度、この時期始まった「酔芙蓉まつり」に誘われて出かけて参りました。




ss-DSC_2510.jpg

朝、花が開き一日で花は萎む一日花 の酔芙蓉
白い花が、昼を過ぎると花にほんのりと緋色が加わり、夕刻になると紅に色付く





ss-DSC_2506.jpg

南足柄の 酔芙蓉農道 ・・ 酔芙蓉に囲まれた農道が こうして1キロ余り続きます





ss-DSC_2491.jpg

農道脇の畦は彼岸花が満開
花の上を蝶が飛び、池ではトンボが産卵の時期を迎え、そして畦には飛蝗が遊ぶ
秋深し ・・・・・





ss-DSC_2486.jpg

酔芙蓉に囲まれた農道はとても気持ちのよい散策路ですが・・・・
この小径から離れてみると  稲穂の黄金色、彼岸花の赤 酔芙蓉の花の色

足柄の里山風景が広がります


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


酔芙蓉の花と聞くと

石川さゆりさんの「風の盆恋歌」、そして同く高橋修さんの小説『風の盆恋歌』
を思い出される方が多いとか・・・・・


おわら風の盆
富山おわらの郷に300年以上続く民謡行事ですが
その唄と踊りは叙情豊かで気品高く 粋と艶


いいですねぇ・・・・
いつか訪問してみたいと思っています 






ss-DSC_2517.jpg







この日は秋らしく 抜けるような青空が広がっていました

酔芙蓉の花、 白から緋色へ、そして夕暮れ時には赤く染まって命を終える


ss-DSC_2457.jpg







南足柄の山間の地
刈り取りを待つ稲穂、畦に咲く彼岸花、青く抜けるような秋空

澄んだ空気を思いっきり吸い込みながらの散策路 ・・・・ 気持ちいい
他ではチョッと見られない風景

ss-DSC_2466.jpg






傍を流れる酒匂川(サカワガワ)
この川の酒の匂いで、酔った芙蓉が頬を緋色に染める ・・・・

そんなサイドストーリーがあるようです


ss-DSC_2511.jpg





酔芙蓉祭りの会場の ふくざわ公園
祭り担当の地区会長さんと テントで暫し談笑させてもらいました

この酔芙蓉農道は地元の方たちの誇りだそうで、とても大切に育てているとのこと


ss-DSC_2480.jpg





酔い易く、染まり易い花と 酔いには滅法強い花があるようですね ・・・・・  (笑)


ss-DSC_2487.jpg





今年は彼岸花を沢山写しました


ss-DSC_2488_2014092308165558d.jpg





八重の酔芙蓉は、寄って写すのがとても難しい

少し引いて 農道に咲き誇る酔芙蓉と稲穂、そして足柄の山の風景が気に入りました


ss-DSC_2492.jpg





一日花の酔芙蓉
でも、沢山の蕾が控えていますね
早めに酔って 潰れちゃった花は 真っ赤になって丸まっています

酔いと絡めると、少し気高い此花も擬人化しやすく、馴染み易くなってきますね(笑)

ss-DSC_2509.jpg





贅沢な農道でしょう

このような景色が1キロ以上も続いています


ss-DSC_2495.jpg





刈り取りのすんだ田から 稲の香りを風が運んできます

爽やかな秋風に揺れるススキ 気持ちのよい季節になりました
西湘から足柄の郷は すっかり秋の気配

青空と稲穂と酔芙蓉

贅沢な初秋の一日を過ごすことができました

ss-DSC_2503.jpg







【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     










スポンサーサイト

5 Comments

mama says..."はじめまして"
とってもキレイですね~ 酔芙蓉も、彼岸花も
酔芙蓉、2色になってる所が、とっても綺麗♪
彼岸花に、綺麗な蝶、良い瞬間ですね~(*^▽^*)
2014.09.24 13:42 | URL | #- [edit]
sasamint says...""
こんにちは。
芙蓉の花もすてきですね。
色も白、ピンク、でも赤もすてきですね。
青空に花もすごくあいますね♪
ポチ
2014.09.24 15:52 | URL | #- [edit]
kite says..."mama さんへ"
はじめまして、コメントありがとうございます。

八重の酔芙蓉、とても儚げで、美しい花ですね。
白から緋色が入り、最後は赤く染まる、なんとも艶っぽい花姿、
演歌の歌詞や小説に登場させたくなる気持ちが分かります。

足柄の山間を縫って流れる酒匂川に沿って広がる田園地帯
黄金色の稲と酔芙蓉、そして彼岸花、
初秋のとても心地よい一日でした。


2014.09.24 21:47 | URL | #- [edit]
kite says..."sasamint さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます。

秋の抜ける様な青空、足柄の山の緑、刈り取りを待つ黄金色の稲田
こんな背景の中、優しく咲いた酔芙蓉の農道が1キロ余りも続きます。

酔芙蓉、淡く、儚げな花ですが、
此花の名をつけた人は凄いですよね。。。。八重の花の気品の中に妖しさを見出すのは
この花の名前ゆえでしょうか?

これだけ群生した酔芙蓉は国内では、此処だけとのこと。
とても気持ちのよい時間を過ごせました。

2014.09.24 21:53 | URL | #- [edit]
kite says..."鍵コメさん へ"
コメント、ありがとうございました。

豊穣の秋、
黄金色の稲田の広がる里山風景は、日本の美しさの原点ですね。

私の場合、どうしてもシャープな写真になってしまうので、
曼珠沙華の妖しさを写し取るのは難しい。(苦笑)
2014.09.24 21:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/520-a281275b
該当の記事は見つかりませんでした。