凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

長月に ・・・ 秋雨に煙る古都鎌倉    

9月に入りました。

長月 ・・・・ 涼やかな秋の夜長を楽しみたいところですが
蒸し暑さ、復活ですね



さて、今年の夏は如何でしたか?

この夏の天候、随分と地域性があったようですが、
総じて、雨の多い異常気象の夏として記憶に残るのではないでしょうか



先週末、
爽やかな秋の鎌倉を散策する予定で出かけましたが、
まとまった雨に見舞われてしまいました


秋雨に煙る古都鎌倉散策です





ss-DSC_1895.jpg

雨の円覚寺 むくげの艶やかな 白い花びらが迎えてくれました







ss-DSC_2022.jpg 

東慶寺に向かう道筋  路傍に咲くノウゼンカズラ








ss-DSC_2010_20140904215921dc4.jpg

東慶寺の受付に置かれた 「ホオズキ」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




家を出るときから小雨がぱらつくお天気でしたが

9月に入ったことで、気分はもう秋
秋雨の北鎌倉を、のんびりと散策することに致しました




朝9時、北鎌倉の駅から円覚寺へ





ss-DSC_1883.jpg 




この季節の鎌倉 
この花を目当てに観光客が集まるような花は見当たりません


そうした中、この円覚寺のむくげ  いつも大ぶりの純白の花を楽しむことができます



ss-DSC_1890_20140904215805c01.jpg 




写真を撮っていたら ・・・・  何か飛んできた

分かりますか?

ss-DSC_1892.jpg 





シュウメイギク の鮮やかな緋色が
雨で薄暗くなった境内を明るくしています

とても特徴にある花ですね


アネモネの仲間で、ジャパニーズアネモネと呼ばれるそうですが、
そう云われると・・・ アネモネですね



ss-DSC_1896.jpg 






雨で鮮やかさを取り戻した葉の緑と 純白のむくげ



ss-DSC_1898.jpg 






この日の円覚寺  お坊さんが傘をさして行き来する姿を沢山見かけました



ss-DSC_1913.jpg 





晴れた日では少しきつ過ぎる構図ですが

雨空がバックですと チョッと面白い影絵が現れました



ss-DSC_1915.jpg 




羊歯と苔

暑い夏を耐え ・・・・ 秋雨に歌っています



ss-DSC_1923.jpg 





傘を撃つ雨垂れの音が急に大きくなってきました

流石にこれでは・・・・ 観光客の皆さん、山門横の休憩所に避難します



ss-DSC_1934.jpg 



お天気次第で、海蔵寺まで足を伸ばす予定でしたが・・・・

この雨では足元がかなり危なくなりそう


東慶寺を参拝し  のんびりとお昼を食べて帰路につくことにしました




花の寺 東慶寺もこの時期は花が少ないようです



オミナエシの黄色い花は とても映えますね


ss-DSC_1939.jpg 





東慶寺の境内には  ホオズキ が自生していました

鉢に植えられた観賞用の綺麗なホオズキと違って
痛んだ果実に 野趣を感じます



ss-DSC_1947.jpg 





夏から初秋

咲く花の少ないこの時期を補ってくれる 百日紅



ss-DSC_1951.jpg 








もう ・・・・ コスモスの時期ですね
 
葉の形に特徴のある 此方のコスモス


この時期、未だ少ない花を 周りから葉が守っている様子



ss-DSC_1957.jpg 





暑かった夏を耐え 漸く秋を迎えての秋雨

東慶寺の境内、 緑の葉がとても活き活きと感じられました


ss-DSC_1968.jpg 









ss-DSC_1970.jpg 






6月から楽しませてくれた柏葉アジサイ

最近は、アジサイをすぐに剪定せず、冬まで枯れた姿を残すお寺が増えたようです


ss-DSC_1979.jpg 




ルドベキア の鮮やかな花が 墓苑前を彩っていました

雨に濡れ、花びらの鮮やかさが増した様子


ss-DSC_1986.jpg 




東慶寺、海蔵寺、瑞泉寺、光則寺

鎌倉で花の寺と呼ばれるお寺


季節の花を 自然のままに 境内に咲かせてくれますが・・・
花の名前を調べるのが結構大変



花びらの形、色、枚数

名前を調べる際に キーとなるべきこれらの要素  結構変化してものがあるので厄介です


下記の2枚の写真  花の名前 お分かりになる方が居たら教えていただきたく・・・
よろしくお願いします


ss-DSC_2003.jpg 








ss-DSC_2006_20140904215920941.jpg 





此方は 柏葉アジサイですね・・・(きっぱり)



ss-DSC_2013_2014090421592327a.jpg 







東慶寺にもシュウメイギクが咲いていました


ss-DSC_2015.jpg 




東慶寺から北鎌倉の駅に戻り
其処から鎌倉に出て・・・ 昼食を頂きながら小町通りを散策してのんびり帰宅



そんな道筋を描きながら歩いていたら


鮮やかな橙色のノウゼンカズラ 本当に花期が長いですね・・・


ss-DSC_2017_20140904215926f78.jpg 




夏が逝き 夏の名残を見つけながら初秋の彩を楽しむ

散策にはとても気持ちのよい季節になりましたね











【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました

宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     


スポンサーサイト

10 Comments

草笛 says..."槿"
この花、こんなに風情があるんですね。
突っ立って咲いているし、わりあい埃っぽい場所にあるし、
でも、雨に濡れた白い槿、素晴らしい。

鎌倉は今日も雨です・・・
2014.09.07 11:16 | URL | #- [edit]
葉月 says...""
これだけ白をきれいに残せるなんてさすがですね。

それに濃い色のオレンジ色もとっても綺麗な色・・・。

どんな風にしたらこれほどの色が出せるのか知りたいです。

>ノウゼンカズラ 本当に花期が長いですね・・・

ほんにそうですよね?
夏のはじめに一端花を落としたはずなのに
こちらでもまたこの時期に花を咲かせていますよ。
2014.09.07 20:21 | URL | #- [edit]
kite says..."草笛さんへ"
むくげの花もそうですが、芙蓉の淡い緋色の花も、自宅の周辺で見かけると
余り印象にも残らないのですが・・・

鎌倉のお寺の境内で見る此花は別物の印象で居た
特に雨にぬれ、薄暗い境内、雨空をバックにしたむくげは本当に素晴らしく輝いていました。

草笛さんのお好きなノウゼンカズラも、流石にもう終盤ですね。

9月に入って、週末のお天気に恵まれませんね。
秋晴れのからっとした空気が待ち遠しいです。
2014.09.07 22:36 | URL | #- [edit]
kite says..."葉月 さんへ"
雨空、薄暗い境内だったので、このむくげの白、ノウゼンカズラの橙色が輝いていました。
木々や石垣が雨で黒くなり、花の色がとても映えた印象です。

百日紅といい、このノウゼンカズラといい
夏の猛暑の中で咲く花なのに、これほど長い期間に渡って咲くというのは面白いですね。

ノウゼンカズラの場合は、
花の新陳代謝が盛んで、鮮やかな花の道端に落としながら、新しい花が咲き誇る。

凄くパワーのある植物なのでしょうね。。。。
2014.09.07 22:44 | URL | #- [edit]
萌猫 says...""
このところ雨の日が多くて出掛けるのも考えてしまいますが
雨にぬれたお花は綺麗ですね。
秋明菊もコスモスも咲いてきて秋がすぐそばまで来ていますね。

お花の名前判らないのが結構あって何でも知っている方を尊敬します。
2014.09.07 22:44 | URL | #- [edit]
kite says..."萌猫 さんへ"
雨の日の情景・・、
凄く惹かれるのですが、家を出る前から雨模様ですと、其処まで行くのが億劫になりますね。

今は未だ、靴が雨に濡れても我慢できますからいいのですが・・・
かなりまとまった雨の中、傘を差しながらいろいろなアングルで写真を撮っていると、随分と濡れますね。(笑)

秋雨の鎌倉は少し肌寒いほど、
もう夏ではないことを、確りと感じ取りました。

花の名前の調べ方、
ネットのサービスも色々あるようですが、やはり図鑑を使って自分で調べるのが楽しいですね。

1年が終わるころ、今年調べて覚えた花の名前を振り返るのも楽しそうです。。。

2014.09.08 21:26 | URL | #- [edit]
kite says..."鍵コメ さんへ  "
コメント、ありがとうございます。

秋雨の鎌倉、
本当に、雨に濡れた緑がとても綺麗でした。

新緑の頃の、明るく眩しいほどの緑と違い、
夏の容赦ない陽射しに耐えた木々の葉が、慈雨によって蘇ったような・・、そんな深みを感じる緑。

こうした葉が、むくげの白い花をとても引き立ててくれた様に感じます。

雨に打たれて揺れるコスモスの葉に守られた花、
気に入って頂けた様でなによりです。

2014.09.08 21:31 | URL | #- [edit]
草笛 says..."酔芙蓉"
酔芙蓉も、是非、どこかで見つけてください。
朝昼晩と撮れたら最高ですよね。
八重咲きの白がなまめかしい・・・いまに紅色に成るかと思うとドキドキします。(^^ゞ
2014.09.10 07:10 | URL | #jSt4TPmo [edit]
kite says..."鍵コメ2番 さんへ"
お花の名前、ありがとうございました。
確かに、「シモツケソウ」でした。
他の方の画像を見ても、とても可憐な花ですね。大変勉強になりました。

PCがクラッシュとのこと。
大切な写真は大丈夫でしたか?
ハードウェアが壊れてしまうのは、宿命ですが・・・

ブロガーにとって、PCはとても思い出深い道具なのですよね。
お気に入りのPCが見つかると良いですね。

2014.09.11 00:06 | URL | #- [edit]
kite says..."草笛 さんへ"
酔芙蓉の花、素敵な名前と花の姿、写欲をそそりますね。

調べたら、
あしがらの里で、酔芙蓉祭りが行われるようです。

農道1kmの間に酔芙蓉700本と芙蓉100本が植栽されています。
酔芙蓉は朝咲く白い花が時間の経過とともに桃色を帯び夕には紅色へと色を変え、
まるで近くを流れる酒匂川の水に酔ったようだとのこと。

9月中に出かけてみようかと思います。
2014.09.11 00:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/513-ee5c55d3
該当の記事は見つかりませんでした。